DVから逃げる

DVから逃げる

今夜もブログを読んでくださってありがとうございます。
DVに悩む女性の相談は、当社でも多い案件です。
人探しをする探偵社だからこそ、
逆に、旦那から逃げたい、DVから逃げたいという要望があります。
暴力や、性的な行為の問題も絡み、誰にも話せず一人で悩んでいる方も多いと思います。
夫らからの暴力や性犯罪、ストーカーなどの「女性に対する暴力をなくす運動」が12日から始まります。
毎年恒例の運動で期間は25日までの2週間です。
内閣府男女共同参画局では期間中、人気漫画家のキャラクター原画を使ったポスターの配布や、全国主要タワーの紫色ライトアップなどを実施する予定。
DV被害経験を持つ人気漫画家
西原理恵子さんの「毎日かあさん」のキャラクターを使った啓発ポスターが使われます。
自らもDV被害の経験を持つ西原さんの漫画のキャラクターを打ち出すことで、DVの主な被害層である20代、30代、40代の女性に、女性への暴力の問題への関心を高めてもらうのが狙いだそうです。
今回の起用を受け、西原さんは「暴力を受けているあなた! シェルターに逃げてください!! 子どもと一緒に、今、逃げることが大切です。そうでないと、暴力は子どもに連鎖します」とメッセージを寄せている。
しかし、現実はいくら逃げても解決には至りません。
シェルターの場所は、だいたい分かるものですし、
逃げても逃げても、居場所を見つけられてしまいます。
解決方法は、いろいろありますが、
被害者に共感するだけでは解決なんてできません。
コーチングを受けたり、自らを見直す事も大切です。
当社は、無料相談は受け付けていません。
真剣に解決しようと思う方のみご連絡ください。
 
アイ総合コンサルタント
相断ダイヤル 0120-007-808
 
 
ストーカー相談
あなたは、ストーカーに悩まされていませんか?
つきまとわれたり、いつも見られている・・・
盗聴されているなどから、
頻繁なメールや電話、どんどんエスカレートしてくる内容に
恐怖を覚えることになってきます。
リベンジポルノ被害にあう方も増えています。
事件に発展する事も多いストーカー問題は、
ご依頼ください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

混浴 盗撮

次の記事

再生医療トラブル