パワハラ職員懲戒

パワハラ職員懲戒

パワーハラスメントも深刻 です。

「なぜ私だけが・・」「仕事へ行きたくない・・」

と思いながらも耐え続けてしまう自分がいて、心が傷 つき精神的苦痛を感じながら一日をやっとの思いで過ごしているという方がいます。復讐することを考えた り、事件になるようなことになってからでは遅いのです。

大津市は19日、市民部の課長級の男性職員(53)が部下を大声で叱るなどパワーハラスメントを繰り返したとして、同日付で減給10分の1(3カ月)の懲戒処分にした。また、管理不足として当時の上司だった市教委の次長級職員(58)を減給10分の1(1カ月)、市民部の部長級職員(58)を戒告処分とした。
市人事課によると、男性職員は昨年5月から今年3月にかけてほぼ毎日、約20人いる部下それぞれに対し、自らの机の前などに立たせたりして30分~2時間近く、仕事の進め方や書類の不備などを大声で指導、叱っていたという。4月には採用したばかりの臨時職員が起案した資料をくしゃくしゃに丸めてごみ箱に捨てたという。
市は昨年6月に事態を把握し、当時の上司らに指導を求めた。昨年12月にはハラスメント防止のチェックシートも作成したが、改善されなかったという。今後、ハラスメント防止の研修などを強化するという。
上記のような状況の中で、一人でなんとかしようとしても思うようにはいかいことが多いのです。

一人で 悩む必要はありません。当事者間では解決が難しい案件もアイ総合コンサルタントへご依頼ください。
セクハラ被害は、泣き寝入りの果て、退職に追い込まれたり、ウツになって社会復帰が厳しくなると言った二次被害も起こっており、

早期対応が望ましと言える案件です。