盗撮

盗撮

女性の盗撮被害は深刻な問題に発展することがあり見逃せことはできません。盗撮犯人のところにあなたの画像があるという事は、どのような悪事に利用されるかわかりません。過去の例ではリベンジポルノ、セクストーションに利用されていたケースもありました。

 

トイレ盗撮の白バイ隊員

 

性的興奮とは、生殖活動に伴う興奮状態であるが、動物の多くが発情中の異性の臭気や特異な行動によって引き起こされる一方で、人間を含む霊長類に至っては、様々なシンボルによっても興奮することが確認されている。

人間では、様々な抽象的シンボルや、さらには自身の空想からでも、性的興奮を呼び起こすことも可能では在るが、あまりに先鋭化し過ぎると、いわゆる変態性欲の範疇に入ってくる。しかし人間の場合、非常に様々なシンボルに性的興奮を喚起させる能力に恵まれていることもあり、様々に様式化されており多種多様な性的興奮の対象が存在する。
停職6月の懲戒処分に
京都府警の白バイ隊員が警察施設のトイレなどで女性職員らを盗撮した事件で、府警は9日、交通部交通機動隊巡査、長田淳被告(31)=府迷惑行為防止条例違反罪で起訴=を停職6カ月の懲戒処分とした。長田被告は同日付で依願退職。「不快な思いをさせ反省している」と話したという。今年に入り府警が懲戒処分をしたのは7人目。

府警によると、長田被告は、平成25年8月ごろから約1年10カ月にわたり、コンビニや書店などで盗撮行為を繰り返していたという。自宅から押収したハードディスクには、約1600点の盗撮動画が保存。「盗撮サイトでスカートからのぞく下着に性的興奮を覚え、リアリティーを求めて撮るようになった」と動機について話したという。