ストーカートラブル

ストーカートラブル

無くならないストーカートラブル。

他人任せでは解決できない現状を認識すべきです。いのとを奪われ空では遅いにです。

52歳女性が刺され死亡 逮捕男、娘にストーカー行為などトラブル

同じアパートの男に襲われ、女性が死亡した事件で、男は、この女性の娘にストーカー行為を繰り返すなど、度々トラブルを起こしていた。

近所の人は「特に若い人に興味があるみたい。娘さんがターゲットだった」と話した。このように他人が見ても明らかなストーカーが行われていました。

63歳も年下の女性に、つきまとい行為を繰り返していた84歳の男が、最悪の事態を引き起こした。

1階に女性が、実家に戻っていた娘と2人でいたところ、突然、男が刃物のようなものを持って部屋に侵入してきた。

被害者の娘は「いきなり男が侵入してきて刺した」と話した。

そして、男は、女性の胸のあたりを刺し、娘は外に逃げ、助けを求めた。

通報を受けた警察官が現場に駆けつけると、女性は、部屋の中で胸から血を流して死亡していた。

そして警察は、アパートの2階に住む加害者(84)を、殺人未遂の現行犯で逮捕した。

加害者について、近所の人は「お酒飲むと、気性が荒くなる。(アパートの前で)火を使っていろいろ燃やして、警察に補導されたこともある」と話した。

近所で、度々トラブルを起こしていた加害者。

川上さん親子も標的になっていた。

加害者は被害者の娘に卑わいな言葉をかけたとして書類送検され、起訴猶予処分となっていた。

しかし、その後も娘に、つきまとい行為を繰り返していたという。

高齢者ストーカーの特徴として、警察も裁判も全く気に掛けないということが多いのが特徴です。

ストーカーのトラブルでお困りなら当社に相談ください。