政治家の問題

政治家の問題

複雑に入り組んだ現代社会、日々新たなトラブルが発生しております。
上記のリストに入ってないトラブルもたくさんいらっしゃいます。
例えば、最近増えているのが子供のイジメ行為です。我々もイジメの解決についてお問い合わせが後を絶ちません。
子供のイジメというのは大人とは違いとても陰湿なものが多くまた手段が豊富かつその多くが学級や学校全体で行われておりとても閉塞した空間であることから表になるのは取り返しのつかない状態になってからのものが多いようです。

政治家の問題は政治家だけの問題ではなく、選挙で選んだ有権者の問題です。

地域政党「大阪維新の会」が上西氏を除名処分
衆院本会議欠席問題 維新の党も処分を検討へ

維新の党の上西小百合衆院議員(31)=比例代表近畿ブロック=が衆院本会議を欠席した問題で、地域政党・大阪維新の会は4日、上西氏を除名処分にすると発表した。大阪維新の橋下徹代表(大阪市長)が街頭演説で明らかにした。維新の党も処分を検討する。

 

上西氏は先月13日、ウイルス性胃腸炎との診断書を党に提出し、2015年度予算案を採決する衆院本会議を体調不良で欠席。今月3日の記者会見で、診断書を受け取った後の12日夜、先輩議員らと会合で居酒屋など3軒をはしごしたことを認め、「体調がよくなったから会合に行った。ソフトドリンクしか口にしていない。体調管理の甘さは真摯(しんし)に反省する」と陳謝していた。

これについて橋下氏は4日午前、大阪市内の街頭演説で、「予算採決前日に、診断書を取っておきながら飲みに行ったのは許せない」と批判した。

上西氏は「本会議欠席直後に旅行した」と週刊誌などで報じられたが、3日の会見で「15日に京都府宮津市へ仕事で行った。私的旅行ではない」と否定した。

橋下氏は1日、「14、15日に旅行へ行ったと聞いている。議員辞職した方がいい」と述べていたが、3日の会見では「14日に旅行に行った事実は確認できない」と釈明していた。

社員トラブル

社員トラブル

 

お金が絡むと、倫理観が無くなることがあります。

誰にでも起こりえる欲です。
東大研究費詐取
東京大学政策ビジョン研究センターを巡る研究費詐取事件。
東京地検特捜部に詐欺容疑で逮捕されたセンター教授のA容疑者(55)が、妻が役員の会社に研究費を移していたにもかかわらず、大学側に報告していなかったことが関係者への取材で分かったようです。
特捜部は妻の会社の存在が発覚しないよう発注先となった6業者を介在させていた疑いもあるとみて調べている。
A容疑者の逮捕容疑は、2010年3月~11年9月、システム会社など6業者の役員らと共謀し、国から東京大学や岡山大学に支給された研究費計約2180万円をだまし取ったとされる。
関係者によると、詐取したとされる金は、手数料などとして業者側に支払われた後にA容疑者の妻が役員になっている医療関連のコンサルティング会社に移されていた。
A容疑者の弁護団によると、6業者は妻が役員の会社に対し実際に発注しており、「研究に使われている。架空請求ということはない」と反論している。
下請けに出したことについては「倫理的な問題として言われることはあるかもしれないが、私的流用ということはない。ノウハウを持っていて特殊な技術を有しており、他にできるところがなかった」と説明しているそうだ。

 

明確にこの対策をしてくださいと言えない場合でもトラブルになっている以上対策を考えることが必要となってきます。その様な時にはヒアリングから始めてください。当社では無料相談など一切行っていません。無料でできることは問い合わせのみです。ヒアリングの依頼、その決断が早期解決へと繋がります。

社員トラブル解決なら

アイ総合コンサルタント

0120-007-808

集団ストーカーでお困りの方は、
対策を依頼してください。

アイ総合コンサルタント

0120-007-808

~岡山 詐欺被害解決~

詐欺被害トラブル相談の受付ています。

泣き寝入りをするまえに、どうぞご相談ください。

アイ総合コンサルタント

0120-007-808

ブラックバイト!

ブラックバイト

ブラック企業の問題もさることながら、アルバイトでも問題が起こっています。

ノルマを達成しないと自費で商品を買い取り、授業や試験の予定を無視してアルバイトに働かせるといったことがブラックバイトとして問題になっています。

ブラックバイトとは、「学生であることを尊重しないアルバイト」が定義です。
低賃金であるのに、正社員並みの義務や学生生活に支障が出るほどの重労働を強いられることも多いのです。

 

ブラックバイトの闇!辞めたいけれど辞められない!

条件が合わないのならば辞めればいい!
アルバイトなのだから、正社員とは違うだろう!
そう思う方も多いでしょう。しかしこのブラックバイトの背景には様々な経済事情があるのです。
正規雇用の減少や、仕送りが減り学生が簡単にバイトを辞められなくなっています。
辞めることでまた何十社もアルバイト先の面接に時間をとられ、それでもなかなか次のアルバイト先が決まらない学生が多いのです。これは、フリーターの数が増え、彼らとの競合で次のバイトが簡単には見つからないという事情があるのです。

 

初めてのバイト先がブラックバイト!何が基準なのか知らない無知の悲劇!

このブラックバイトの被害に陥る彼らは、人生で初のアルバイトであることが殆どです。
社会経験の浅い彼らは、通常の会社での勤務経験もないため
こんなものだろうと言われるがままに使われるのです。
結果、授業に出られないことから成績が落ちて単位が取れない状態になったり、
試験にすら出ることが出来ない学生もいるのです。
このような問題は昔から全くないわけではありませんが、これだけ社会現象になっていうと言うことは
現代ならではの問題ではないでしょうか。
弱者を踏みつぶす時代になっていることを痛感します。

無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。お問い合わせは無料です。