男女トラブル

男女トラブル

男女トラブルの基本原因は固執です。当然固執していることに当事者間で何とかしようとしても問題が悪化してしまう事になります。

付き合い始めは、毎日楽しくて仕方がない、というのは皆様も経験があると思います。しかし時間が経つにつれ、相手の事をたくさん知っていくと、不安などが出てくるのも事実だと思います。そんな時、相談できる相手というのは中々見つからない方も多くおられます。そんなあなたのお役に私たちは立てますので一度ご相談下さい。
東京都中野区の自宅マンションでアルバイト店員が殺害された事件で、7月下旬に知人に会った際に「暴力をふるわれた」などと話していたことが、捜査関係者への取材でわかった。捜査本部は交友関係にトラブルがあった可能性があるとみて、事件との関連を調べている。

捜査関係者によると、7月中旬、部屋から男女の口論するような声や食器の割れるような音がしたため、付近の住民が110番する騒ぎが起きていた。警察官が現場に駆けつけたが、ストーカーなどの被害相談はなく、男女間のトラブルとして処理した。

一方、捜査本部がマンションの自室を現場検証したところ、携帯電話2台は見つかったが、鍵や財布がなくなっていることも判明。26日夜に遺体で見つかった時、玄関や窓は施錠されており、捜査本部は犯人が持ち去った可能性があるとみている。携帯電話には25日未明に無料通信アプリ「LINE(ライン)」で知人とやりとりした記録が残っていた。居酒屋のアルバイトを無断欠勤しており、捜査本部は25日未明から同日夜までに事件に巻き込まれた可能性が高いとみている。

トラブルは放置していても問題が悪化するケースも多くあります。

15歳未満の出生数

15歳未満の出生数

ニュースで子供を出産しときながら、「いらない子だった」などと言っている成人がいる今、10代での望まれない出産は当然のことであろうか。あらゆる教育をもっとすべきではないかと最近思っている。

性教育

性に関する生物学的,生理学的な知識を与えるだけでなく,基本的人間関係の一形式としての性の意義を理解させ,またこれに対する態度を正しく導くための教育。性については「自然に理解し,習得すべきもの」という見解は改められ,積極的な教育の必要性が認められるようになってきたが,内容,方法について一致した見解は成立していない。
10代は、早期ではなく中期以降の中絶が多い傾向…望まぬ妊娠につながってしまうことも
女性の晩婚・晩産化に伴い、20~30歳代での出生数は減り続けている。一方、15歳未満での出生数は減っていない―そんなことが、日本産婦人科医会の調べによって分かった。

 

10代の妊娠には「本人たちに十分な性・健康の知識がないのだから、仕方がない」では済まない、多くの問題があるという。2013年度に報告された人口動態統計を見ると、15歳以下の人工妊娠中絶率(中絶数を出生数と中絶数の合計で割った数)は約85%に上る。
さらに、中絶を行う妊娠週数は、20歳未満では他の年代に比べて早期(妊娠7週以前)の中絶が少なく、中期以降の中絶が多い。妊娠12週以降の中絶となると陣痛誘発など出産と同じで、「若い人ほど体に負担の大きい中絶手術を受けていると言える」。

中期以降の中絶が多い背景には、「まさか自分が妊娠すると思わなかった」「つわりがなかった」「膣(ちつ)外射精でうまくいっていた」「月経中しか性交していなかった」「太ったと思っていた」など、月経や妊娠に関する誤った知識や思い込みがあると分析する。

性病の恐怖

性病の恐怖

妊婦2万人超がクラミジア感染

 

クラミジア感染症は、クラミジア・トラコマチス(Chlamydia trachomatis)により発生する性行為感染症 (STD)。
クラミジアの1種であるクラミジア・トラコマチス(CT)が尿路や性器に感染することで起こる。なお、性器クラミジア感染症を引き起こすのはCTのうちのD – K型であり、A – C型とL型は別の疾患を引き起こす。

 

性交・オーラルセックス・キスなどにより粘膜に感染する。感染部位は咽頭、尿道(男性のみ)、膣内(女性のみ)。相手が咽頭感染している場合通常の口づけでは感染する可能性は低いが、ディープキスの場合は感染率が高くなる。

国内の妊婦約32万人を対象にした大規模調査で、流産や早産につながる恐れのある性感染症「性器クラミジア」に2・4%が感染していることが、公益財団法人「性の健康医学財団」(東京都)の集計で20日までに分かった。年間約100万人が誕生していることから妊婦全体ではおおむね2万4千人が感染していると推計されるという。

性器クラミジアは自覚症状がないことが多く実態把握が難しかったが、若年層で割合が高いことも判明。同財団の熊本悦明札幌医大名誉教授(泌尿器科学)は「若い妊婦を中心に想像以上に広がっている。妊婦以外の一般女性も相当数が感染していると推定される」と話した。

男女トラブル

男女トラブル

出会った時には大好きな相手だったのに ? 近年男女トラブルに関するご相談が増加しております。また恋愛相談から、交際相手との金銭トラブル、浮気、離婚についての話し合い、セクハラ、ストーカー行為、DV(暴言・暴力)リベンジポルノ、画像、映像脅迫など様々な問題を抱えられています。そんなお悩みを私たちが一緒に解決のお手伝いをさせて頂きます!

元交際相手宅に侵入

元交際相手宅のマンションのベランダに侵入したとして、兵庫県警東灘署は22日夜、住居侵入容疑で、宝塚市消防本部の消防士大東史明容疑者(27)=西宮市=を現行犯逮捕した。 逮捕容疑は22日午後11時10分ごろ、神戸市東灘区のマンションで、2階によじ登って女性会社員(36)が住む部屋のベランダに侵入した疑い。 東灘署によると、玄関のインターホンが鳴った午後11時ごろ女性が110番。署員が駆け付けた際、ベランダに大東容疑者がいたという。「交際について話をしたかった」と容疑を認めている。 宝塚市消防本部によると、当時は非番の時間帯だった。 男女トラブルは、女性にとっては大きな悩みのタネとなるので日頃から気を付けておく必要があります。いい関係の時は起こらなかったトラブルも、別れる際に出てくるのです。そして、別れ方によっては相手がストーカーになったり、愛情が恨みに代わることもあります。男女トラブル特有のこじれた人間関係は早期解決が必須です。

男女トラブル

男女トラブル

時が経つにつれ、出会った頃からは想像もつかないトラブルや問題に発展してしまい、どうしたら良いのかわからず、精神的に参っていませんか?

近年男女トラブルに関するご相談が増加しております。また恋愛相談から、交際相手との金銭トラブル、浮気、離婚についての話し合い、セクハラ、ストーカー行為、リベンジポルノ被害(画像恐喝・ハメ撮り恐喝)、DV(暴言・暴力)など様々な問題を抱えられています。

男女トラブルの内容は様々です。落ち着いた、信頼しあえる男性の存在は大きな支えとなり、また充実した時間を過ごすことができますが、何か問題がある場合は、良い仕事をしようと思ってもどこかでミスを犯してしまったり、隙が出てくるものです。

男女トラブルは、女性にとっては大きな悩みのタネとなるので日頃から気を付けておく必要があります。いい関係の時は起こらなかったトラブルも、別れる際に出てくるのです。そして、別れ方によっては相手がストーカーになったり、愛情が恨みに代わることもあります。男女トラブル特有のこじれた人間関係は早期解決が必須です。
内縁の男逮捕
兵庫県西宮市津門住江町の津門川で3月、女性の両腕などが見つかった事件で、兵庫県警西宮署捜査本部は24日、女性名義の口座から現金を引き出したとして、窃盗の疑いで、女性と内縁関係にあった同市東町、無職喜田良樹容疑者(75)を逮捕した。捜査本部は、喜田容疑者が死体遺棄や損壊について事情を知っているとみて調べる。

捜査本部によると、DNA型鑑定などの結果、遺体は喜田容疑者と同居していた無職忰山末子さん=1931年2月生まれ=と判明。捜査本部は同日、喜田容疑者の自宅を家宅捜索しており、忰山さんが死亡した経緯も慎重に調べる方針。

逮捕容疑は4月16日、同市内の郵便局で、忰山さん名義の預金通帳を使い、現金自動預払機(ATM)から現金15万円を引き出し盗んだ疑い。容疑を認めているという。忰山さんの行方不明届は出ていなかった。

捜査本部によると、見つかった両腕などは死後に切断されたとみられ、発見日の3月24日までの1カ月以内に遺棄された可能性がある。遺体のそばの川底からはれんがが見つかっており、捜査本部は、何者かが遺体を切断して新聞紙で包み、川に沈めるためにれんがを使ったとみている。

両腕が発見された後、3月26日には約230メートル下流で、新聞紙に覆われた太ももの一部などが見つかった。さらに今月18日、両腕の発見場所から約900メートル下流の海岸で右上腕の骨も見つかり、DNA型鑑定の結果、両腕などと同一人物のものだった。

HIV感染最多

HIV感染最多

HIV感染症は、長生きできる病気になった。かつては「死の病」と恐れられたが、治療法が進歩した。この病気への世間の関心は薄れる中、合併症治療や介護の受け入れ施設は少なく、偏見はいまだ根強い。生きられる人を生きづらくさせている現状を変えなければいけない。

同性間性的接触が73%

東京都は、昨年1年間に都内で確認されたエイズウイルス(HIV)感染者とエイズ患者の合計が前年比43人増の512人となり、統計を取り始めた1989年以降で3番目に多かったと発表した。

うち20歳代のHIV感染者は前年比45人増の148人で過去最多だった。

都は、都内の保健所や医療機関で確認されたHIV感染者やエイズ患者を集計しており、感染者は前年比56人増の415人、患者は同13人減の97人。性別では男性が96・9%を占め、推定される感染経路は、同性間の性的接触が72・9%、異性間の性的接触は17・8%だった。

年代別では、感染者は20、30歳代、患者は30、40歳代が多く、それぞれ全体の7割弱を占めていた。

都は、都内の保健所などで、匿名で受けられる無料の検査を実施している。都福祉保健局は「感染しても、適切な治療を早期に始めれば、発症を抑えられる。不安がある人は検査を受けてほしい」と呼びかけている。

 

セクストーションとは

sex(性的な)とextortion(脅迫)の2つの単語を組み合わせた「性的な脅迫」を意味する言葉です。
このセクストーション被害がたいへん増えています。
女性だけではなく、男性の被害者も増えているのです。
性的な「恥ずかしい」ことを脅迫や恐喝のネタにされるため、誰にも相談できないのです。

男女トラブル殺人

男女トラブル殺人

交際している、もしくは元交際相手から脅迫された例として多いのは、
・デート代を返せ。
・別れるなら、貸した金を返せ。
・プレゼントしたものを返せ。
など、交際期間中に相手に掛けた金銭を要求されるケースです。
これらのトラブルは大変多い問題で、交際中だからと言って高価なものをねだらないようにするべきでしょう。

また、交際相手の社会的な立場を利用したトラブルも多い事例です。
不倫や浮気といった既婚者を相手にした交際は、脅迫や恐喝に利用されやすいと言えます。
・不倫をバラされたくなければ、金銭を支払え!
・出会い系サイトの利用を会社にバラすぞ!
・妊娠したから、おろす費用を出せ!
不倫や浮気といった、本来表に出てはいけない行為は脅迫のネタにされやすく、別れ話がきっかけで交際相手との関係を上手く解消できなかった時に起こりやすい問題でしょう。

東松山市女性殺害 男が一方的に交際求める
埼玉県東松山市の駐車場で、27歳の女性が刺され死亡した事件で、自殺を図ったとみられる知人の男が最近、女性に対し、一方的に交際を求めていたことが警察への取材でわかった。

この事件は、先月31日、東松山市の駐車場でエステティシャンの原嶋友梨さんが胸などを刺され死亡したもので、警察は原嶋さんの中学時代の後輩で25歳の男が原嶋さんを殺害し、自殺を図ったとみて調べている。その後の警察への取材で、男が最近、原嶋さんに対し、一方的に交際を求めて連絡をとっていたことがわかった。

また、解剖の結果、原嶋さんの死因は失血死で、上半身には多数の刃物で切られたような傷があったという。男は現在も入院中だが、警察は男の回復を待って事情を聞く方針。

男女トラブルの内容は様々です。落ち着いた、信頼しあえる男性の存在は大きな支えとなり、また充実した時間を過ごすことができますが、何か問題がある場合は、良い仕事をしようと思ってもどこかでミスを犯してしまったり、隙が出てくるものです。

男女トラブルは、女性にとっては大きな悩みのタネとなるので日頃から気を付けておく必要があります。いい関係の時は起こらなかったトラブルも、別れる際に出てくるのです。そして、別れ方によっては相手がストーカーになったり、愛情が恨みに代わることもあります。男女トラブル特有のこじれた人間関係は早期解決が必須です。

また、東京で起こった女子高生殺人事件もありましたが、『リベンジポルノ』被害。気軽に撮影した、または寝ている間に撮影されたあられもない姿で映っている自分の写真や映像をもとにお金を要求されたり、会うことを強要されるなどの被害が起こっています。相手は、彼氏や元カレ、遊び相手、先輩、アルバイト先の店長、不倫相手など様々です。誰にも相談できずに一人で悩んでいる方も多くいらっしゃいます。

今すぐ相談してください。秘密厳守ですのでご安心ください。

モテるオトコになる方法

モテるオトコになる方法

 

おしゃべりな女性にとって、

 

聞き上手な男性と一緒にいる事は心地の良いものです

 

しかし、聞き上手な男性は女性を操り上手でもありますよ。

 

女性の話をしっかりと聞いて返事をしようとすると、

 

けっこう大変なんだそうです。

 

何と答えて良いのか返答に困る!と言う男性もいます。

 

逆に、「うなずいていればいい」

 

「肯定的な事を返していればいい」

 

「そうすることで、女性は喜ぶんだから!」

 

そんなふうに思っている男性もいます。

 

確かに・・・

 

テレビを見ていると、

 

石田純一さんなんかはそうですよね。

 

女性の発言に食いついて反発なんてしませんし

 

当たり障りの無い返事で返しています。

 

不誠実だと言う人もいますが、

 

それを女性は心地よいと感じるのも分かります。

 

女性の会話、ほんとうにたわいない内容なんですよね。

 

たわいもない会話にいちいち反論されても困ります。

 

男性のみなさん、女性との会話ではうなずいて下さい。

 

肯定している素振りを見せてあげて下さい。

 

そして、あまりにもおかしな事を言っている時だけ注意してくれれば良いのです。

 

 

結婚生活中に夫婦で作った財産を離婚するときにどう分けるかの話合いがつかない場合があると思います。
原則として、夫婦の一方が結婚前から持っていた財産や親から相続でもらった財産などは含まれません。
離婚した後でも2年間は財産分与を求めることが出来ます。

案外こういった事を知らない方もいらっしゃいます。財産分与でトラブルを抱えている場合もご相談いただければトラブル解決へのコンサルティングを行います。

 

 

 

証拠を活用出来る人材

証拠調査士の育成もしています。

探偵業をされている方のステップUPのための資格です。

クライアント満足度を上げて、

収入アップにつながる資格でもあります。

お問い合わせは、

 

 アイ総合コンサルタント

美魔女ブーム

美魔女ブーム

 

美魔女ブームは落ち着いたものの、

アラフォー、アラフィフの女性はステキな方が多いですね。

 

独身男性に聞いた、年上女性は恋愛対象になる? -71.5%が「アリ」と回答
Q.年上女性は恋愛対象としてアリですか?
はい 71.5%
いいえ 28.5%
■”お姉さん”のイメージ
・「はい: おねえさんに甘えたいから」
・「はい: リードしてほしい……あと、色気に期待」
・「はい: 経験豊富で頼りになりそうだから」
・「はい: 色気、気遣い、大人の対応」
・「はい: 精神的やすらぎが得られるから」
■年上女性のメリット
・「はい: 言いたいことは言ってくれそうで、しっかりとした意思疎通ができそうだから」
・「はい: 男を立ててくれそう……男の気持ちを理解してくれそうだから」
「年齢は関係ない」
「気にしない」という声がほとんどで、男性は年上女性をそれほど敬遠していないようだ。
もっと積極的に「年上が好き」という回答も意外に見られ、実際に恋人や奥さんが年上、という声もたくさん寄せられた。

年上女性がOKな理由としては
「大人の色気」
「気遣いができる」
「包容力がある」
「疲れた時に癒してくれそう」
「面倒見がいい」
「優しい」
「落ち着ける」
”お姉さん”的な部分を期待している声が多かった。

また、「しっかりしていそう」「リードしてくれそう」「頼れる」「引っ張ってほしい」と主導権を女性に求める男性も少なくなかった。
「年上なら甘えることが許されそうだからいい」という回答も相当数あった。
頼りたい、甘えたい、と考えている男性は、思ったよりもずっと多いようだ
「年齢は判断材料の1つだが重要項目ではない」という冷静な意見も。「かわいさ」「顔」「人間性」「相性」「性格」「自立心」「金銭感覚」など、人それぞれ、年齢よりも重要な条件があるようで、これらは年齢に関係なく磨きたい部分ですね。

無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。お問い合わせは無料です。

 

間違った愛情!

間違った愛情!

女性だけではなく、男性も同じなのでしょうが・・・
ということを前提に書いておきますが、
愛情と全く関係ないことを「愛情だ」と勘違いしてしまうことがあります。
男性が優しい言葉をかけてくれるのは、下心があるから。
「好きだ!」と言うのが口癖。
愛してるんだから、これを買ってくれ。
などなど。
誰でも経験があるのではないでしょうか。
先月、夫が出資法違反の容疑で逮捕された加護亜依さん、彼女のニュースを聞いて残念に思いました。

 

「彼は私のために稼ごうとしてやった」と離婚を拒否

警視庁は10月28日、加護さんの夫、加護陽彦容疑者(47才)を出資法違反容疑で逮捕しました。

逮捕状が出たのは17日です。その時点ですでに彼は行方をくらませていました。
加護さんにも17日の時点で警察から連絡が行き、事情を聞かれたそうですが、彼女も夫の居場所がわからないということだったそうです。

加護容疑者は、2011年9月にも恐喝未遂事件で逮捕されています。警察沙汰になるのはこれで2度目といいます。

知人によると、「彼は黒社会との繋がりも深いとされており、以前から“いわくつき”といわれる人物でした。加護容疑者の両親は今回の逮捕を受けて、亜依ちゃんに“これ以上あなたに迷惑をかけたくないから、息子とは別れてくれ”とまで言っているそうです。でも、彼女は“彼の行為は、私のためにお金を稼ごうとしてやったことだから、絶対に別れない”と、頑なに離婚を拒否しているそうです」と話しているそうです。

 

何を持って悪であるのか。判断基準が身を亡ぼす!

人間ですから、完璧な人はいないと言って良いでしょう。
大量虐殺を行った誰もが知る人にも、家族がいるのです。外では見せない顔を家族には見せていたはずです。
DVの被害もそうですが、悪いところに目をつむり、その人の良いところを誇張して受け取っているように感じうことがあります。離れられないの理由の一つでしょう。
はたから見れば、色ボケしているだけのように思えることすらあり、
周りから別れるように促されても一向に聞く耳を持たないのです。
犯罪者の周りにいることで、自分自身も犯罪に手を染める可能性は高くなります。
そういったリスクがあることも忘れてはならないのです。
男女トラブルの解決は、アイ総合コンサルタントへご依頼ください。

男女トラブルは、だれにも相談できないケースがあります。当社は秘密厳守で安全安心です、一度ご相談下さい。その決断が早期解決へと繋がります。