現代のおやじ狩り

現代のおやじ狩り

おやじ狩り(おやじがり)とは、主に会社員の男性を、複数の若者が徒党を組んで襲撃し、金品を強奪すること。平成9年警察白書に言及がある。平成12年警察白書では、おやじ狩りを路上強盗の一種としている。
出会い系おやじ懲らしめる
出会い系サイトで知り合った男性会社員(55)に睡眠薬入りチョコレートを食べさせて現金などを奪ったとして、宮城県警に昏睡強盗容疑で逮捕された東北薬科大6年小浜翠容疑者(23)が「いい年をしてお金にものを言わせて遊んでいる変態おやじたちを懲らしめるためにやった」と供述していることが9日、県警への取材で分かった。

「ほかにもやった。お金が欲しかった」とも供述しており、県警は同様の手口で被害届が出ている4件の事件も小浜容疑者の犯行とみて調べるとともに、さらに動機を追及する。

秘密厳守も徹底しておりますので、安心してご相談ください。あらゆるネットワークを備え、どんなお悩みごと、問題ごとにも柔軟に対応し、解決させて頂きます。この状勢下、様々なお悩み事や問題事を抱えておられる方が近年増加しています。「だけど、どこに相談すればいいのか分からない」というのが気持ちもある事と思います。

未解決事件

未解決事件

未解決事件(みかいけつじけん)とは、犯人が逮捕、または判明・発覚などが一切できていない未解決の事件(主に刑事事件)のことである。一般に捜査が行き詰まった場合や公訴時効が成立して未解決となった事件は「迷宮入り」とも言われる。 未解決事件が存在することは犯人が社会的に裁かれるのを不当に免れることになり、被害者と遺族の苦しみが続き、犯罪を犯した者は法によって裁かれ、罪を償わせる目的を達成させることができない。また犯人による再犯の恐れもあり、社会にとって重大な不利益となる。また、犯罪捜査を責務とする捜査当局(警察)にしても、犯人を取り逃がすことで公訴時効を迎えてしまう場合もままあるため、警察の信用も損ねる、由々しき事態となる。   島根女子大生殺害事件から5年 情報提供を 2009年に島根県浜田市の女子大生が殺害された事件は、未解決のまま10月26日で発生から5年になる。警察は引き続き情報提供を呼びかけている。 浜田市にある島根県立大学の1年生だったaさん(当時19)は、5年前の10月26日の夜、アルバイト先を出た後に行方不明となり、その後、広島県の山の中で遺体の一部が見つかった。 現在も捜査が難航するなか、26日、警察やボランティアが浜田市内のショッピングセンターで情報提供を呼びかけた。 浜田警察署・村上紀明署長「時のたつのは早いですが、5年たってまだ事件が解決していないということを重く受け止めて、捜査をまい進していきたいと思っています」 浜田警察署では安全パトロールの出発式も行われ、aさんを追悼するとともに防犯への意識を再確認した。警察は引き続き情報提供を呼びかけている。

人権と責任

人権と責任

責任とは、元々は何かに対して応答すること、応答する状態を意味しており、ある人の行為が本人が自由に選べる状態であり、これから起きるであろうことあるいはすでに起きたこと の原因が行為者にあると考えられる場合に、そのある人は、その行為自体や行為の結果に関して、法的な責任がある、または道徳的な責任がある、とされる。 何かが起きた時、それに対して応答、対処する義務の事。

知的障害で強制不妊手術、人権救済を申し立て

障害などを理由とした不妊手術を容認した旧優生保護法に基づき、不妊手術を強いられたのは人権侵害にあたるとして、60代の女性が日弁連に人権救済を申し立てました。

旧優生保護法は、「不良な子孫の出生を防止する」などとして、知的障害者などに本人の同意がなくても不妊手術を施すことを認めたもので、この規定は1996年の法改正で削除されました。

宮城県の60代の女性は知的障害の診断を受け、住み込みで職業訓練を受けていた10代のころに、突然、診療所で不妊手術を施されたということです。

「手術されたことを知ってから、毎日苦しみでした。50年以上たつが、誰にも言えず、心に秘めながら生きてきました」(女性)

女性は「幸福追求権が侵害された」として、23日、日弁連に人権救済を申し立てました。

弁護団によりますと、法律に基づき行われた不妊手術はおよそ1万6000件に上るということで、国に補償と謝罪を求めたいとしています。

違法 行政書士

違法 行政書士

日夜犯罪のニュースが後を絶ちません。いまやいつ自分の身にその犯罪が降りかかってくるかも分からないのが現在の状況ではないでしょうか?ですが実際は犯罪被害の救援には、犯罪被害者自らが立ち上がり戦わなくてはなりません。私たちは今日まで、さまざまな犯罪被害者からの相談を受け解決してきました。
今お悩みの方は一度私たちにご相談下さい。

詐欺被害、恐喝、脅迫、横領、背任,、美人局などあらゆる犯罪の対応が可能

誰のも知られることなく犯罪のトラブルを解決します。

 

行政書士が「違法」交渉

アダルトサイト高額請求

アダルトサイトの高額請求をめぐる問題に関し、本来業務としては行えない行政書士が救済を請け負い、トラブルになるケースが増えている。国民生活センターは日本行政書士会連合会に対し、「被害解決ができるなどの誤認を与える行為」をしないよう求めた。

発表によると、アダルトサイトについて行政書士が関与してトラブルになった事例は2014年度に516件あった。09~13年度は年間5~16件で、急増している。

行政書士は解約の相談に乗ることはできるが、業者と交渉を行うことは弁護士法違反(非弁行為)にあたるため、禁じられている。それなのにホームページなどで「個人情報を削除できる」「請求を止める」とうたって宣伝をしている事務所は、全国で少なくとも10カ所程度あるという。

職務規程違反

職務規程違反

様々なお悩みを抱えておられる方が近年増加しています。「でもどこに相談すればいいのか分からない」というのが本音ではないでしょうか?そういったお悩みも私たちにご相談下さい。専門のスタッフがあなたのお悩みの早期解決のお手伝いをさせて頂きます

 

弁護士を戒告

過払い金返還請求訴訟で和解金額などを弁護士に一任する内容の同意書を取り付け、依頼人と協議せずに貸金業者らと和解したとして県弁護士会は5日、武雄市の法律事務所に所属する男性弁護士を10月31日付で戒告の懲戒処分にしたと発表した。県弁護士会によると、約2800人と同意書を交わしており、弁護士は取材に「同意書は強制ではなかった。法律が分からない依頼者もおり、任せたいという人もいる」と釈明した。

処分理由は2010年1月~13年12月、依頼人と「和解金額や支払時期を弁護士に一任する」「訴訟の処理結果を第三者に開示することを禁止する」などの同意書を交わすなどし、弁護士職務基本規程に違反したとしている。依頼人の申し立てで昨年発覚した。県弁護士会の牟田清敬会長は「弁護士の品位を失わせる行為だ。信頼回復に努めたい」と述べた。男性弁護士によると、昨年12月以降、同意書は取っていないという。
トラブル、悩みの解決は、プロの意見を聞く事で、すばやく、的確に解決に導く事が出来る上、様々なリスクを回避する事で、解決の様々なトラブル、悩みを事前に防ぐ事が出来ます。
当社では、まず十分に打ち合わせ、ヒアリングをし、トラブル、悩みの内容を検証し、その上で対策をします。
よって無駄のない解決へのアプローチが出来、早く、的確なトラブル解決、悩み解決が出来るのです。

乳幼児人身売買ネットワーク摘発

乳幼児人身売買ネットワーク摘発

犯罪トラブルとは、自分でも知らないうちに巻き込まれてしまうケースも少なからずございます。ひょっとしてこれ犯罪かもしれない?と少しでも疑問に思われるのであれば、一度ご相談下さい。その決断が早期解決へと繋がります。
必要であれば各種専門家をご紹介いたしますのでご安心ください。警察OBも在籍

私たちの国でも、日夜犯罪のニュースが後を絶ちません。いまやいつ自分の身にその犯罪が降りかかってくるかも分からないのが現在の状況ではないでしょうか?ですが実際は犯罪被害の救援には、犯罪被害者自らが立ち上がり戦わなくてはなりません。私たちは今日まで、さまざまな犯罪被害者からの相談を受け解決してきました。

中国の警察当局が四川省など6つの省で大がかりな乳幼児の人身売買のネットワークを摘発し、171人を逮捕しました。

警察が深夜に踏み込んだ部屋には、すやすやと眠る赤ちゃんの姿が・・・。中国の乳幼児人身売買ネットワークのアジト摘発の瞬間です。警察官によって、赤ちゃんたち64人が次々と助け出されました。

中国の警察当局は、四川省、河北省、山東省など6つの省の乳幼児人身売買ネットワークを摘発し、171人を逮捕しました。

最近の人身売買では、乳幼児の拉致にとどまらず、妊娠中の段階で女性を取り込み、出産場所を提供して新生児を“売買”する手口が増えていて、当局は、子どもを違法に手放す親、欲しがる親、双方への罰則を強化するとしています。

常識

常識

社会の構成員が有していて当たり前のものとしている価値観、知識、判断力のこと。また、客観的に見て当たり前と思われる行為、その他物事のこと。対義語は非常識(ひじょうしき)。社会に適した常識を欠いている場合、社会生活上に支障をきたすことも多い。社会によって常識は異なるため、ある社会の常識が他の社会の非常識となることも珍しくない。これは文化摩擦などとして表面化することもある。
下記の件常識ではないとは思うが私には理解に苦しむ。

 

名誉殺人

夫の許可を得ずに外出した妻を焼き殺したとして、夫と義理の父親を逮捕したことを明らかにした。

殺害された妻の兄弟によると、事件が起きたのは17日。ムハンマド・シディーク(Muhammad Siddique)容疑者は、妻のシャバナ・ビビ(Shabana Bibi)さん(25)が姉妹の家を訪ねて外出した際、自分の許しを得なかったことに激怒。父親とともにビビさんを殴るなど暴行した後、ガソリンをかけて火を付けたという。

ビビさんは全身の80%にやけどを負い、18日に病院で死亡した。

ビビさんは3年前にシディーク容疑者と結婚したが、子どもができないことを理由にたびたび家庭内暴力を受けていたという。

パキスタンでは、家庭内暴力や一族の名誉を守るためのいわゆる「名誉殺人」により、年間数百人の女性が命を奪われているとされる。パキスタンの保守的な家長社会における女性の生活向上を掲げて活動する啓発団体「アウラ基金(Aurat Foundation)」によると、こうした暴力によって死亡した女性は2008年以降で3000人以上に上っている。

ドローンが初警備

ドローンが初警備

ドローン

無人で飛行することが可能な航空機のこと。パイロットを乗せずにコンピュータと遠隔操作によって制御される。軍事的な用途に利用される無人航空機を指して用いることが多い。

軍用のドローンとしては、米軍が攻撃や偵察の目的でドローンを運用してることが知られている。中東を対象とする作戦などにおいて実際に使用されている。中東諸国では「ドローン狩り」というドローンの無力化や捕獲も行われるようになったとされる。

軍用の無人機の他、ラジコンなどの玩具にもドローンという呼び名が用いられることも少なくない。また、荷物の配送システムとして研究が進められている無人航空機もドローンと呼ばれる。
長野県警は、19日に長野市である第17回長野マラソン(日本陸上競技連盟など主催)で、テロ対策・警備のためカメラ付き無人小型飛行機「ドローン」1機を使用する。イベント警備での使用は、県警では初めて。

 

スタート地点の長野運動公園陸上競技場とゴール地点の長野オリンピックスタジアムで、各30分ずつ飛行し、上空から不審者や不審物を監視する。警備2課は「会場の状況を点ではなく面で確認できるので、効率的な警備活動が期待できる」と説明している。操作は同交通指導課の警部補らが担当し、安全のため、強風や雨風が観測された場合は使用しない。

ドローンは先月、交通事故現場の撮影などを目的に県警が2機の本格運用を開始。高さ約60センチ、重さ約6キロで、六つのプロペラで飛行し、地上250メートルまで上昇可能。撮影した映像は地上のモニターで確認できる。

政治家の犯罪

政治家の犯罪

政治家の犯罪は悪質なものが多いと感じる。小渕はパソコンをドリルで壊したと報じられている。小渕自身が壊したのではなくても証拠なので保存を確実にする義務があるのではないかと思う。

政治家の仕事の中で、利権の分配があるが公平であるはずがない。地検特捜部には厳しい追及を期待する。
去年、相次いで明らかになった政治家を巡る問題。解党したみんなの党の渡辺喜美元代表の借入金問題、松島みどり前法相が自らの選挙区で「うちわ」を配布していた問題、小渕優子前経産相の政治団体が開催した観劇会の収支が正しく記載されていなかった問題。東京地検特捜部はこの3つの問題について捜査を進めているが、それぞれの捜査のポイントを整理する。

渡辺氏を巡る問題では、借入金が政治資金収支報告書に記載すべき政治資金に当たると言えるかがポイントだ。渡辺元代表はこれまで、「金は個人として借りたもの」と説明している。特捜部は既に渡辺氏から任意で事情を聞いており、借入金の使途や関連する口座が政治活動に使われていたものかなどの捜査を行い、政治資金に該当するかを慎重に判断することになる。

松島氏を巡る問題では、配布した「うちわ」が財産的に価値のある有価物に当たるのか、誰が、いつ、どういった人を対象に「うちわ」を配ったのかが捜査のポイントになる。松島氏は「『うちわ』は財産的に価値のあるものではなく、有権者への寄付には当たらない」として、違法性はないと説明している。特捜部は「うちわ」作成の経緯と配布した時期について捜査し、公職選挙法違反の寄付に当たるかを慎重に判断することになる。

小渕氏を巡る問題では、誰がどのような経緯で実際とは異なる収支報告書の記載を行ったのかがポイントになる。小渕氏の元秘書で群馬県中之条町の折田謙一郎前町長は「小渕氏は一切把握していない。責任は私が負っている」と説明している。特捜部は既に去年、小渕氏の関係先の家宅捜索を行い、折田氏の聴取を行うなどの捜査を進めている。今後は、収支報告書の記載に関与したのは折田前町長だけなのか、なぜ実際と異なる記載がされたのかについて捜査し、政治資金規正法違反事件として立件するかどうか判断することになる。

責任

責任

下記の記事を読んで思ったことがある。子供の死は不幸なことであるが、この問題の本質は子供にかかわる親の責任でこのような事件に発展しているということが真実だと思う。加害者、被害者双方の親の責任であると私は考える。学校、教育委員会に責任は全くないまして、子供の現状把握は親の責任であり、税金を使って調べるものではなく、親に報告義務があると考えるのが常識と考えってよいのではないかと思った。

市教委、長期欠席の現状把握指示

 

川崎市川崎区の多摩川河川敷で同区の中学1年、(13)が遺体で見つかった殺人、遺体遺棄事件で、今年1月上旬から不登校となっていたことから、川崎市教委は、長期欠席の児童生徒について現状を把握するよう全市立学校に指示した。

3月2日には合同校長会議を開催し、事件の概要や指示内容について周知を図る。

川崎市教委によると、上村さんは1月8日から学校を欠席。担任の女性教諭がほぼ毎日、母親や自宅に電話していたが、つながらないことも多かったという。自宅を5回訪問したが、一度も会えていなかった。

一方、遺体が発見された河川敷には24日も、事件を聞いて手を合わせに来たという人々や上村さんの友人らが訪れ、多くの花束や飲み物、「君を忘れないよ」と書いた立て札などを供えていた。