男性の浮気はバレる

男性の浮気はバレる

今日も、ブログを読んでくださってありがとうございます。

男性の浮気はバレるとよく言いますが、女性の勘はなぜするどい?

面白い記事が会ったので紹介します。
あなたはパートナーに浮気がばれたことはあるだろうか?

女性の隠し事を発見するスキルは男性よりも高いと感じている人は多いだろう。
女性の隠し事を発見する能力は心理学の見地からみても男性より圧倒的に高い。

これには「エンコーディング」と「デコーディング」という能力が深く関わっている。

自分の感情を表すスキル。エンコーディング

心理学では自分の気持ちを言語を用いず、表情などで表すことをエンコーディング(符号化)とよんでいる。喜怒哀楽を表情ではっきりだせる人はエンコーディング能力が高い人と考えられている。役者などはエンコーディング能力の高い人種の最たる例だろう。

相手の気持ちを解読するスキル。デコーディング

心理学では相手の感情や考えを理解したり、推測をしたりして解読するスキルをデコーディング(解読)とよんでいる。デコーディング能力は対人関係において重要なスキルであると考えられており、このスキルが高い人は「他人に関心が高い」「思考方法が具体的」「表情やしぐさに良く気がつく」という特徴があり、女性のほうが男性よりもこのデコーディング能力が高いといわれている。

 

男性に欠如しがちなスキル。デコーディング能力

夫婦関係の研究をしているノラーという心理学者によると、夫婦関係が上手く機能していない家庭では、夫のデコーディング能力に問題があるパターンが多いと結論づけている。要するに夫が妻の感情や考えを理解していないということである。彼女や奥さんから「あなたは私のことをちっとも理解しようとしていない!」といわれて喧嘩になったことがある男性は注意が必要といえるだろう。

 

なぜ、女性のほうがデコーディング能力が高いのか?

女性の方がデコーディング能力が高いというのは、いくつかの心理実験でも裏付けられている。その理由として考えられるのは、

?@肉体的に女性のほうが男性よりハンデがあるために早く相手の心理を読んで自分の身を守る必要がある

?A社会的立場が男性よりも弱い場合が多く、すばやく相手の心理をよんで自分の身を守る必要がある

?B女性はワイドショーやうわさ好きな人が多く、他人に対して関心が高い傾向があるために相手を観察するスキルが高い。という点が挙げられる。

そう考えると、セラピストや占い師といった職業に女性が多いのも納得がいくような・・・
上記のような理由からデコーディング能力に優れた女性は無意識のうちに相手のちょっとした仕草やふるまい、表情や感情のゆらぎなどからやましい部分をしっかりとサーチしているのだ。無論、全ての女性がデコーディング能力が高いというわけではないし、男性でもデコーディング能力の高い人はたくさんいる。しかしながら、パートナーに隠し事をしている男性は相手のデコーディング能力に充分注意をするべきだろう。
納得出来る一面もあると思いました。

浮気調査の依頼は男女どちらかも依頼は入りますが、

面談で得られる情報量が、女性の依頼者からの方が圧倒的に多いのです。

隠しているはずの浮気や不倫ですが、

隠し通す事は難しいです。

浮気トラブルは、だれにも相談できないケースがあります。相談相手を間違えてしまうと情報漏れなどの二次被害がありえます。当社は秘密厳守で安全安心です、一度ご相談下さい。その決断が早期解決へと繋がります。

アイ総合コンサルタントでは水面下でコンサルタンティングを行うので周囲に何も知られることはなく、今まで通りの生活を営むことができます。

恋愛依存

男女トラブルの原因 恋愛依存

恋愛依存のタイプ

共依存と回避依存

共依存とは
自分のことより他人の問題や世話に夢中になってしまう人。
回避依存とは

親密な関係を避ける人、幸せになるのが怖い人。
この2つのタイプ正反対のタイプのように見えますが、 磁石のN極とS極であるかのように、お互いに強く惹かれあいます。
共依存の特徴
必要とされることを必要とする

「他人が自分を必要とする=自分は生きている価値がある」という考えが根底にあり、自分の存在価値はあくまで他人次第であると考える。

メシア「救済者」になりたがる

「メシアになる=相手にとって自分は必要不可欠な存在になる」という考えが根底にあり、アルコール依存症、仕事や金銭面でうまくいっていない人、性格面や情緒面に問題がある人など「救いがい」のある人を選ぶ。
しかし救済ができなかった場合(アドバイスを無視された、感謝されなかった)激しく落ちこんだり、罪悪感、自己嫌悪、相手への怒りなど の感情が襲ってきます。

相手をほおっておけない 常に自分を後回しにするなどの行動傾向がみられる。
現実をみつめることができない思考により、認知の歪みが生まれ、現実を都合よく捻じ曲げてしまう傾向にある。

ストーカーなどの犯罪にも当然走ってしまうこともある。
回避依存の特徴
独裁者タイプ

「正しいのは自分、間違っているのはお前」自分が上、相手が下になって、常に相手をコントロールしようとする「身体的暴力」や「精神的暴力」などの方法で権力を握ろうとしたりする。

搾取者タイプ

「本当にオレを愛しているの」「一体私はどうすればいいの」など一見自分の不幸を嘆いているようで、実は無言の圧力で自分の要求を通そうとするタイプで一般的にはヒモと呼ばれることをしている人に多い。

ナルシスト

「自分は特別な存在である」との感覚ばかりが先にきて、「他者も特別な存在である」ことが認められない。
相手は自分のシナリオ通りに動くコマにすぎず、自分の引き立て役にさせる。仕事もせず、パートナーにたかっているケースも多くある。他人方の評価は低い。

逃避タイプ

相手の求愛や要求を前にすると怖気づいてしまい逃避したくなる。
「自由でいなくてはならない、束縛されたら終わりだ」との強迫観念にとらわれる。結婚式のドタキャンをした人はこのタイプ。
共依存と回避依存は正反対のタイプに見えるのですが、実際には、特定の相手に対しては共依存症の特徴を、また別の人には回避依存症の特徴をあらわし2面性を持ち合わせている人も多いのです。

明確にこの対策をしてくださいと言えない場合でもトラブルになっている以上対策を考えることが必要となってきます。その様な時にはヒアリングから始めてください。当社では無料相談など一切行っていません。無料でできることは問い合わせのみです。ヒアリングの依頼、その決断が早期解決へと繋がります。