単純所持摘発

単純所持摘発

 意外と多い性犯罪

表面化するのはごく一部です。

児童ポルノの単純所持でついに摘発者が出て、ネット上で、「今後はどうなるのか」と波紋を広げている。誤ってダウンロードしてもダメなのか

謝ってダウンロードするものなのか疑問が残るが、不安を覚えている人がいるのは確かなことだ。

児童買春・児童ポルノ禁止法改正が2014年7月15日に施行され、単純所持でも1年以下の懲役または100万円以下の罰金が科せられるようになった。

 

罰則適用まで1年間の猶予期間が設けられ、警察などは、この間に児童ポルノの画像や動画を廃棄するように呼びかけていた。その猶予が切れて1か月が過ぎたところで、いよいよ最初の逮捕者が出てきた。

ネットで集めた5~11歳の外国人女児の全裸画像10点をスマートフォンに保存していたとして、沖縄県警が15年9月1日、那覇市内の無職の男(21)を単純所持の疑いで那覇地検に書類送検したのだ。

きっかけは、男が8月2日昼過ぎ、市内のプールで自分のスマホを使って子供の写真を撮るような動きをしていたことだった。その挙動を不審に思った人が110番通報し、駆け付けた警察官が男のスマホを調べたところ、わいせつな女児の写真が見つかった。男は、調べに対し、画像は13年冬から15年8月にかけてネットで手に入れたとし、「子供の裸に興味があった」と容疑を認めているという。

ネット上では、「いよいよ来るべきものが来たか」「これからは職質で見ようとする警官が増えるのかな」と反響が広がった。真偽は不明だが、中には、自分の画像などを削除しよう、どうしたら摘発を回避できるのか、といった書き込みまであった。

法改正審議の段階からえん罪などへの不安が出ていた。

そもそも子供の裸に興味を示すのはいけない事かと言えば、健全ではないと考えるのが正しいと思う。またそのような思考を持っている者が、小児性愛者になっていくことを考えると仕方ないと考えるべきではないかと思う。

ロリコン 小児性愛障害者

ロリコン 小児性愛障害

兵庫県の小学校で講師が下半身裸の児童の動画を撮影したとして、児童買春・ポルノ禁止法違反の容疑で逮捕されました。容疑者がどういう意図で撮影したのかはいまのところ不明ですが、もし性的な目的があったとしたら「小児性愛障害」の可能性があります。俗に「ロリコン」と言われるものですが、精神疾患として定義されているのです。

小児性愛障害

思春期前の小児を性的対象とするのが「小児性愛障害」(ペドフィリア)です。精神疾患のマニュアルであるDSM-5では、「少なくとも6か月間にわたり、思春期前の子どもまたは複数の子ども(通常13歳以下)との性行為に関する、性的に興奮する強い空想、性的衝動、または行為が反復する」(小児性愛障害 基準A)と定義されています。

なお同書の基準Cでは、通例、16歳以上の人が5歳以上年長で、13歳以下の小児を、空想上または実際の性的対象として、苦痛や対人的困難を引き起こしていることが要件に挙げられています。ロリコンといえば「オジサンの性的嗜好」というイメージがありますが、この基準に照らせば、16歳の少年が11歳以下の子供を性的な対象ととらえることも小児性愛障害なのです。
身近な子供が対象になる

一般に小児性愛者は、対象となる小児の知人、つまり、家族や義理の親、教師などの場合が多いようです。特に、その対象を自分の身内に向けるとDV(ドメスティックバイオレンス)や性的虐待のケースとなります。また、複数の小児が対象の場合、近隣の子供が犠牲となることもあります。その際、性的行為を強要するだけでなく、脅迫による口封じをしたり、「小児も求めていた」と妄想にかられたり、合理化したりといったこともよくあるようです。

15歳未満の出生数

15歳未満の出生数

 

性教育

性に関する生物学的,生理学的な知識を与えるだけでなく,基本的人間関係の一形式としての性の意義を理解させ,またこれに対する態度を正しく導くための教育。性については「自然に理解し,習得すべきもの」という見解は改められ,積極的な教育の必要性が認められるようになってきたが,内容,方法について一致した見解は成立していない。
10代は、早期ではなく中期以降の中絶が多い傾向…望まぬ妊娠につながってしまうことも
女性の晩婚・晩産化に伴い、20~30歳代での出生数は減り続けている。一方、15歳未満での出生数は減っていない―そんなことが、日本産婦人科医会の調べによって分かった。7月8日の記者懇談会では、同医会の安達知子医師(愛育病院副院長)らが、10代の妊娠がもたらす多くの問題を解説。その背景には性教育の不足があり、女性の健康を守るためには早い年齢からの適切な情報提供が必要と強調した。

 

10代の妊娠には「本人たちに十分な性・健康の知識がないのだから、仕方がない」では済まない、多くの問題があるという。2013年度に報告された人口動態統計を見ると、15歳以下の人工妊娠中絶率(中絶数を出生数と中絶数の合計で割った数)は約85%に上る。
さらに、中絶を行う妊娠週数は、20歳未満では他の年代に比べて早期(妊娠7週以前)の中絶が少なく、中期以降の中絶が多い。妊娠12週以降の中絶となると陣痛誘発など出産と同じで、「若い人ほど体に負担の大きい中絶手術を受けていると言える」。

中期以降の中絶が多い背景には、「まさか自分が妊娠すると思わなかった」「つわりがなかった」「膣(ちつ)外射精でうまくいっていた」「月経中しか性交していなかった」「太ったと思っていた」など、月経や妊娠に関する誤った知識や思い込みがあると分析する。

性犯罪前歴者 住所情報届け出

性犯罪前歴者 住所情報届け出

 

再犯率の高い犯罪は、警察も情報を把握すと必要はあるでしょう。
18歳未満の子供への性犯罪の前歴者が受刑後に大阪府内に住む場合、府治安対策課への住所の届け出を義務づける全国唯一の条例をめぐり、平成24年10月の施行後、2年半で53人が届け出たことが25日、府への取材で分かった。全国的に性犯罪を含む刑法犯の再犯者率は上昇しているが、府は住所情報をもとに性犯罪前歴者の再犯防止を支援。届け出た前歴者のほぼ半数が府独自の再犯防止プログラムなどを受けているという。

条例は「大阪府子どもを性犯罪から守る条例」。府によると、条例施行から今年6月末までの届け出は53人。条例では、届け出た前歴者に府職員が直接面会して相談に乗り、再犯防止プログラムやカウンセリングの受講も定めており、義務ではないが53人中25人が受講しているという。

犯罪白書によると、性犯罪を含む刑法犯全体の再犯者率は平成25年には46・7%を記録し、17年連続で上昇。また、強姦(ごうかん)や強制わいせつの前歴者による性犯罪再犯率は38%(22年版白書)というデータもある。

性犯罪者の再犯防止対策として、法務省も18年から全国の刑務所や保護観察所で、グループワークなどで思考のゆがみを改善する「性犯罪者処遇プログラム」を取り入れている。ただ、プログラムの提供は服役中や保護観察期間中に限られるため、出所後などは対策が途切れることが課題となっていた。

府の担当者は「条例で性犯罪の前歴者と面会できるようになり、出所後の対策につなげられるようになった。効果は今後検証したい」と話している。

大阪府子どもを性犯罪から守る条例 18歳未満の子供への強姦や強制わいせつ、わいせつ目的の連れ去りといった性犯罪で実刑となり、受刑した前歴者を対象とした条例。刑期満了後5年以内に大阪府内に住居を構えた場合、住所を自主的に届け出ることを義務づけている。届け出をしなかったり、虚偽の住所を届け出たりした際は過料5万円が科される。

性被害から身を守る

性被害から身を守る

 

今夜も、ブログを読んで下さってありがとうございます。

夏は、マキシワンピが大活躍します。

もちろん、プライベートだけですが重宝します。

足フェチの男性には不評かもしれませんが、

足が太いわたしにとっては貴重なアイテムです。

背の低い人でも、バスト下に切り返しのあるデザインや、

柄でスタイルよく見せる事も出来ますよ。

上手く行けば、ヒールを履かなくてもバランスよく着こなせます。

初めての方も、トライしていてはいかがでしょうか?

暖かくなってくると、男性も女性も薄着になります。

女性は気をつけましょう。

軽いイメージを与えるだけではなく、

性被害にも合いやすくなります。

性被害は、被害に遭った後の解決が大変難しく、

一生悩んでいる女性もいます。

男性恐怖症や同性愛のきっかけになる事もあります。

出来ることは注意しておきましょう。

 

 

浮気が原因で離婚をお考えの方、
離婚調査をご依頼ください。不貞行為は離婚自由に当たります。
優位に離婚を進めるには、証拠が必要です。
証拠が有る無しで、慰謝料請求も優位に運ぶのです。
離婚を優位にすすめる為には、
「浮気の証拠」は必須でしょう。
証拠調査士のいる探偵社を紹介します。

アイ総合コンサルタント

0120-007-808

女性の靴が好きな人

女性の靴が好きな人

今日も、ブログを読んでくださってありがとうございます。

女性の体の一部が異常に好きな男性がいます。

そこが、バストであったりヒップであったり、脚であったり・・・
高槻で起こっている女性の靴を脱がせてもって行ってしまう事件、

犯人は『靴』に固執しているのでしょう。

臭いフェチなのか・・・?
大阪・高槻でまた女性の靴泥棒

大阪府高槻市宮之川原の路上で、男が徒歩で帰宅中の女性(29)に近づき転倒させ、履いていたハイヒールを奪い、逃走した。女性は足に軽いケガ。高槻署は強盗致傷事件として捜査している。高槻市では2011年夏から、夜道を1人で歩いている女性を狙い、パンプスやハイヒール、ブーツなどの靴を奪う事件が相次いでおり、今回で10件目。同署は同一人物による連続強盗事件とみて捜査を続けている。

この事件、犯人は捕まっておらず、また被害が増えているようです。
夜道は、気をつけましょう。

「お悩み相談」のみの方には不向きな探偵社です。問題悩みを解決するために調査を通じて事実を確認し、クライアントの悩みを解決していく探偵社です。無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。クライアントの出していただいている費用は、クライアントのみに使います。

~エステサロン被害相談~

最近では男性専用のエステサロンも見かけるようになり、

男女ともに『美』に対する意識が高くなった事を感じざるを得ません。

そのような中、トラブルや詐欺の被害も絶えません。

契約したにも係らず、予約が取れない。

施術で肌に炎症が起こった。

説明不足で、施術後日焼けをして色素沈着が起こった。

脱毛で火傷をした。

など、被害は様々です。

エステサロン被害でお困りの方は、ご相談ください。

無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。お問い合わせは無料です。

 

アイ総合コンサルタント

0120-007-808

犯罪組織

犯罪組織

今日も、探偵のブログを読んでくださってありがとうございます。

気持ち悪い記事を見たので・・・

中国でネズミを『羊肉』と偽装

中国の公安当局は2日、警察が食品安全の取り締まりを行い、ネズミや小型哺乳類の肉を「羊肉」と偽って取引していた犯罪組織を摘発したと発表した。

取り締まりでは、ネズミやキツネなどの肉に添加物を加え、上海と江蘇省の市場で販売した容疑で1人が拘束された。犯罪組織に関与した疑いで63人が拘束され、同組織の2009年以来の取引額は1000万人民元(約1億6000万円)に上るとされている。
こんな事件が起こる中、TPP参入で外国製の食品が店頭に並ぶようになる・・・

ネズミの肉も、羊の肉も変わらないのか??

ネズミを食べた人にしか分かりませんね。
~お知らせ~

 

連休は、浮気や不倫をしている人も家族サービスに徹していた事でしょう。

連休明けは、浮気調査のいい時期です。

浮気トラブルのご依頼は、

トラブル解決のアイ総合コンサルタント

0120-007-808

浮気トラブルは、自分の意図しないことから巻き込まれてしまいます。モラルの欠如した相手に一泡吹かせたい方は、一度、浮気トラブル解決コンサルタントをご依頼下さい。その決断が早期解決へと繋がります。

無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。お問い合わせは無料です。

~お知らせ~

ストーカー被害に遭われている方、盗聴器・盗撮機発見調査をご依頼ください。

盗聴器が簡単に手に入る時代、プライベートが知られている不安は、生活を脅かすものです。

安心した生活を取り戻す為にご相談ください。

ストーカー解決ならアイ総合コンサルタント

0120-007-808

魂の殺人

性犯罪

魂の殺人といわれる性犯罪

大阪では近年、強制わいせつや強姦の被害が増加し、インターネットでは事件を下品な言葉でちゃかす人が増殖している。
 関東地方で音楽活動をする30代の女性はプロデューサーが加害者。睡眠薬のようなものを飲まされ、襲われた。「相手が知人だから『ただのセックスにすぎないのかもしれない』と、自分を必死に納得させようとした」という。だが1人で抱え込めば抱え込むほど、心の傷は深く裂けていった。
 「被害後は命の誕生すら性欲や暴力の結果にしか思えなくなり、自分が生まれてきたこと自体を否定してしまった」と振り返る。
 府内の40代の女性は、11歳の時から実父の性虐待を受けていた。心を病み、左手首にはいくつものリストカットの痕が生々しく残っているという。被害に遭っている間、父が呼び続けた自分の名前が忌まわしくて、改名もした。
 「よそのお嬢さんにちょっとでも触れれば犯罪なのに実の娘ならいい、なんてないですよね? 父がしたことは性犯罪と呼んでいいんですよね?」。女性は今回の企画を読み、ようやく「自分が受けていた被害は犯罪だった」と気持ちを整理できたという。
 あらゆる性暴力が性犯罪であることに間違いはない。ただ、現行法では知人からの被害や幼少時の性虐待を立件するのは難しい。
 その理由の一つは、強制わいせつや強姦罪の「暴行または脅迫を用いて」という要件を必要以上に厳格に適用しがちだということ。加害者が上司や肉親など「知っている人」だった場合、脅迫や殴るなどをしなくとも、恐怖心や混乱から抵抗できなくなる。結果、加害者が「合意があった」と言い張り、その主張が認められるケースが多いのだ。
 もう一つ、性虐待では、10年という強姦罪の公訴時効が壁となる。幼い被害者が、たった10年で加害者を訴える知識と行動力を身につけられるものだろうか。
 加害者は罪に問われず、被害者だけが苦しみ続ける。そんな不条理がまかり通っているのが現実だ。だが、最近では被害を乗り越えて前向きに人生を歩もうとする「サバイバー」と呼ばれる人の存在が増え、専門機関の拡充や子供への性教育を訴える活動も始まっている。「性犯罪を許さない」という社会の意識は、たしかに高まっている。

無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。お問い合わせは無料です。

トラブル解決なら

アイ総合コンサルタント
相談ダイヤル 0120-007-808

女性のトラブル解決 性犯罪被害解決

女性のトラブル解決

性犯罪被害解決
女児14人へのわいせつ自供、○○府警巡査長を懲戒免職
書店内で保育園児の尻を触ったとして○○府迷惑防止条例違反(痴漢)の罪で罰金刑が確定した○○府警広報課音楽隊係、○○○○巡査長(28)が、他にも女児ら14人へのわいせつ行為を自供していたことが10日、府警への取材で分かった。府警は同日、被害者が特定できた7人への強制わいせつ容疑などで○○巡査長を書類送検し、懲戒免職処分とした。

○○府警監察室によると、坂口容疑者は「日常では味わえない性的興奮を感じた。幼い子供なら、警察に通報される可能性も低いと思った」と供述している。

書類送検容疑は平成23年12月~昨年5月、当時住んでいた○○府○○市の自宅付近のマンション敷地で、8歳女児の衣服に手を入れて胸や腹を触るなど、7~11歳の女児にわいせつな行為を繰り返したとされる。

○○容疑者は主に非番の際に女児に声をかけ、1日に3人へのわいせつ行為に及んだこともあったという。
強制わいせつ容疑「性欲を満たしたかった」 ○○県警巡査を再逮捕
女子高校生の体を触ったとして、○○県警飯能署は3日、強制わいせつの疑いで○○署交通課事故捜査係巡査、○○○○容疑者(31)=公然わいせつ事件で処分保留、○○市○○=を再逮捕した。同署によると、「性的な欲求を満たしたかった」と容疑を認めている。

再逮捕容疑は3月6日午後7時15分ごろ、○○市の路上で、歩いて帰宅していた10代の女子高校生の体を背後から押さえつけ体を触ったとしている。

○○署によると、○○容疑者は当直明けの非番だった。ほかにも同様の被害があるとみて調べる。○○署の○○○○署長は「被害者、県民の皆様に深くおわび申し上げる。指導を徹底し、再発防止対策を図る」とコメントした。○○容疑者は9月、路上で女子専門学校生に下半身を見せたとして逮捕されていた。

アイ総合コンサルタントでは水面下でコンサルタンティングを行うので周囲に何も知られることはなく、今まで通りの生活を営むことができます。

 

トラブル解決なら

アイ総合コンサルタント

相談ダイヤル 0120-007-808

犯罪被害をどう防ぐか

犯罪被害をどう防ぐか

東京メトロ副都心線の駅構内で、所沢市の新聞販売店の男性従業員(53)が刃物で刺された事件で、殺人未遂容疑で逮捕されたアルバイト、男性容疑者(32)朝霞市が「身を守るために普段からナイフを持ち歩いていた」と供述していることが捜査関係者への取材で分かったらしい。上記容疑者自宅から事件に使われたとされるサバイバルナイフ(刃渡り約30センチ)を押収しており銃刀法違反容疑でも調べるとのこと。
捜査関係者によると、押収されたナイフはさやに入った状態で見つかった。片側に刻みがあるタイプで渡辺容疑者は「今年1月に購入した」と説明。ナイフには血痕などは確認できなかった。これまでの調べでは、同容疑者が事件直後、渋谷駅のトイレに立ち寄ったことが分かっており、そこで血液を拭き取ったとみている。捜査1課はナイフを鑑定して凶器の特定を急ぐとともに、入手した経緯などを追及する。
そこで私が怖いと感じたことは、普段から護身用としてそんなナイフを持ち歩いている事である。何を思ってそんな人を殺すことのできるナイフを常に持ち歩いていたか、護身用とはいえ身の危険を感じるようなことがあったのかなどは気になる。

私の経験上、そんなことをしでかす人の特徴として、目が 落ち着きがなく、「目が泳ぐといった」傾向がみられるような気がする。私なりの分析では、精神が不安定な状態の人が何かのきっかけでこんな犯罪を犯してしまっているような気がする。
犯罪被害を避けるなら、その様な人を避けるるしかないのかもしれない。

トラブルは、自分の意図しないことから巻き込まれてしまいます。モラルの欠如した相手に一泡吹かせたい方は、一度、セクハラ解決コンサルタントをご依頼下さい。その決断が早期解決へと繋がります。

トラブル解決なら 
アイ総合コンサルタント
トラブル解決ダイヤル 0120-007-808