宗教トラブル 宗教トラブル解決

宗教トラブル 宗教トラブル解決

テロ イスラム過激派と関連

北アフリカのチュニジアで国立博物館が襲撃され、日本人3人を含む19人が死亡した事件で、チュニジアのカイド・セブシ大統領は、実行犯はイスラム過激派組織と関連があるとの見方を示した。

これは、フランスのテレビ局「フランス24」に対し、語ったもの。カイド・セブシ大統領は実行犯の身元はすでに特定しており、イスラム過激派組織「アンサール・シャリア」とつながりがあると述べたという。その上で、国内にいる潜在的な過激分子の取り締まりを強化する考えを示した。

チュニジアの「アンサール・シャリア」は2011年の「アラブの春」後にできた組織で、厳格なイスラム法に基づいた国づくりを掲げている。また、過激派組織「イスラム国」に対する支持も表明している。しかし、今回の事件との直接の関連性はまだ明らかになっておらず、大統領の発言がどこまで具体的な情報に基づいたものなのかはわからない。
日本におけるテロ

オウム真理教テロ事件

オウム真理教は、平成元年11月、教団活動の不正を追及し、宗教法人認証の取消しを求める活動を続けていた弁護士の殺害を計画し、横浜市内の同弁護士宅に押し入って、同弁護士と妻及び長男の命を奪い、遺体をそれぞれ新潟、富山及び長野の山中に埋めました。

また、6年6月には、教団名を隠して取得した土地をめぐり、地主側が詐欺行為に当たるなどとして長野地方裁判所松本支部に提起した訴訟において、教団敗訴の可能性が高くなったこと、及び地元住民による進出反対運動等を受け、かねてから研究開発と量産を進めていたサリンの殺傷能力を確認するとともに、長野地方裁判所松本支部の裁判官と付近住民を殺害することを企て、サリンを散布し、住民7人を殺害、144人を負傷させる「松本サリン事件」を引き起こしました。

さらに、松本被告は、教団幹部等に指示し、7年2月、「公証役場事務長逮捕・監禁致死事件」を引き起こしました。しかし、同事件が教団による犯行であるとの報道が連日なされ、松本被告は、近く警察による大規模な強制捜査が実施されるとの危機感を抱きました。このため、捜査をかく乱させる目的で、教団幹部とともに、警視庁等の官庁が集中する地下鉄霞ヶ関駅に向かう東京都内の地下鉄3路線、計5本の電車内にサリンを散布することを計画し、松本被告の指示を受けた教団幹部が、30パーセントのサリン混合液約5ないし6リットルを生成しました。

そして、同年3月20日、実行役5人が、新聞紙で包んだサリン入りナイロン袋を地下鉄車内に持ち込み、午前8時ころ、ビニール傘で袋を突き刺し、サリンを発散させて、乗客及び駅職員12人を殺害し、少なくとも約5、300人を負傷させました。

また、教団による一連のテロ事件の捜査が行われていた最中の3月30日、出勤途上の國松孝次警察庁長官(当時)が狙撃され重傷を負う事件が発生しました。事件発生以来、9年余に及ぶ捜査の結果、16年7月7日、警視庁が、殺人未遂容疑で、元オウム真理教幹部ら3人を逮捕しました。

宗教トラブル

宗教トラブル

名古屋モスク 脅迫・嫌がらせ

イスラム過激派組織「イスラム国」(IS)による人質事件で、名古屋市中村区のイスラム礼拝所「名古屋モスク」へ脅迫や嫌がらせの電話が相次いでいる。モスクの代表役員で、パキスタン人のクレシ・アブドルワハブさん(57)は「イスラムは平和の宗教であり、過激派組織とは無関係だと知ってほしい」と訴えている。

クレシさんによると、嫌がらせ電話は、後藤健二さんの殺害場面とされる動画がインターネットに流れた今月1日の5、6件がピークで、この時は電話線を抜いた。「日本から出て行け」「家族構成は分かっている」といった内容で、愛知県一宮市の別のモスクには「殺す」との脅迫もあった。名古屋モスクには「日本人の敵だ」と中傷するメールも送られ、警察に届け出た。

こうした嫌がらせは、名古屋モスクが1998年7月に完成してから初めてという。2001年9月の米同時多発テロや04年にイラクで香田証生さんが過激派組織に殺害された際も無かった。今回は「過激派が『イスラム国』の名称を使っているから、イスラム教徒に矛先が向かう」と考える。今月2日には、モスクに通うパキスタン人が営業先の日本人に「来るな」と追い払われたという。

以前から偏見は強いと感じてきた。数年前に次男が小学高学年だった時、級友に「お前、爆弾巻いてるの?」と聞かれ、クラスが笑いに包まれたが、教諭は放置したという。次男はこれを機に一時、不登校になった。クレシさんは「一気に『ヘイト(憎悪)』が向かってくるかも」と恐れている。

クレシさんら国内10カ所以上のモスクの代表者は先月末、「イスラム国」という名称がイスラムのイメージを不当に損なっているとして、同名称を使わないよう報道機関などに求める運動を始めた。「『イスラム国』の名称を使えば、暴力的な宗教だとの偏見が助長される」と指摘する。英語の略称「ISIS(イラク・シリアのイスラム国)」や「ISIL(イラク・レバントのイスラム国)」、アラビア語の略称「ダーイシュ」などの使用を呼びかけている。

クレシさんは、性風俗の業態名として誤用されていた「トルコぶろ」を「ソープランド」に改名する運動が80年代に成功した例を引き合いに、「名前による負のイメージは影響が大きい」と話し、使用名称の変更に期待を寄せる。同モスクでは見学を受け付けており、希望者にはイスラムについて説明したいという。

スピリチュアル

スピリチュアル

こんばんは。

今日も、ブログを読んでくださってありがとうございます。

最近テレビでよく見かけるスピリチュアル女子大生

(お笑い芸人の柳原◯奈子さんによく似てるなと思うのは、私だけ?)
はじめは、オーラが見えるというのでテレビに出ていたように思います。

しかし、最近は『部屋に黒いソファーが見えます』

だとか

『茶色いベットが見えます』などとどこかで聞いたような

まるで江原◯之さんのような・・・

そう思うと、笑顔で優しそうに話す彼女が彼の分身のように思えてきます。

オーラは、写るカメラもあるようなものなのですが、

部屋を見ているかのように話す人はきっと、そのうちテレビに出なくなります(笑)

オーラから、なぜ見える人に変わって行ったのでしょうね。

未来も見えるそうです。

本当に見えるのか・・・分かるのか・・・感じるのか・・・

私には分かりませんが。

~お知らせ~

マンションの誰もいないエレベーターの移動、

誰もいないはずの階段を駆け上がる足音、

不気味な心霊写真など

不思議な現象でお悩みの方は、

心霊現象の解明をご依頼ください。

アイ総合コンサルタント

0120-007-808
十分な打ち合わせ
十分なカウンセリング
十分な説明

その上で契約しコンサルタントに入ります。

今までコンサルタント費用でのクレームなど一切当社でおこった事はありません。

また、コンサルタント中でも随時クライアントの連絡も絶やさず仕事を進めていくため、安心してコンサルタントを依頼していただけると思います。

無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。お問い合わせは無料です。

宗教と家出調査

宗教と家出調査

今日も、ブログを読んでくださってありがとうございます。

探偵社に持ち込まれる調査依頼には、さまざまな内容のものがあります。

調査依頼のウラにトラブルがつきものです。

トラブルの解決手段を探る為の調査である事が多いのです。

いろいろな案件があります。

その中には家族の問題も多いです。

『息子が宗教にはまっている・・・』

子供が宗教活動をしていると言っても、宗教にもいろいろなものがあります。

キリスト教や仏教のように馴染みのあるものから、

カルト集団のような怪しそうなものまで様々です。

日本人の多くは、冠婚葬祭の時だけ宗教活動のような行動をとる人が多く、

諸外国のように断食の時期があったり、毎週協会にミサに行くような風習は少ないかもしれません。

『宗教』と聞くだけで、毛嫌いを起こす人もいます。

宗教と信仰は違うといいます。

洗脳とマインドコントロールも違いますが、どちらも考え方を都合よく変えられる行為ともとれます。

不安に思うのも理解出来ます。

ご家族としてはとても心配です。

よく家や土地まで売ってしまうトラブルもあります。

ご心配な方は、当社にご依頼ください。

アイ総合コンサルタント

無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。お問い合わせは無料です。

~トラブルをお持ちの方へ~

社会生活を送っていると、様々なトラブルに巻き込まれる事がありますね。

お電話で、簡単なアドバイスを求められる事があります。

しかし、私たちが簡単に出来るアドバイスはほとんどありません。

正式にご依頼を頂いたクライアント様だけに、貴重なお時間を頂き、さまざまな角度から検証させて頂いた上でやっとお話が出来るのです。

無責任な一言が、足を引っ張る事になりかねないのです。

ご理解くださいませ。

宗教ストーカー被害解決

宗教ストーカー被害解決

ストーカー調査からわかった真実

 ストーカー調査を今現在受けているのですが、次のような記事を思い出すような内容になってきました。

ストーカー行為で○○協会信者を逮捕

 ○○協会を脱会した女性(36歳)に付きまとったとして、○○庁公安部は3月7日、ストーカー規制法違反容疑で、○○県○○市の信者○○○○容疑者(42歳)を逮捕し、自宅を家宅捜索しました。公安部によると、○○○○容疑者は全地球測位システム(GPS)機能のある携帯電話を女性の父親の車に付け、居場所を確認していました。調べに対して「ストーカー行為ではない」と容疑を否認しています。逮捕容疑は2010年6月8日から11月28日前の間、脱会により婚姻を破棄された女性を5回にわたり、都内の路上で待ち伏せたり、付きまとったりした疑い。公安部によると、女性は2007年2月、韓国で行なわれた集団結婚(合同結婚)の相手。女性は2008年12月に脱会し、婚姻を破棄しました。○○○○容疑者は同月中旬以降、10数回にわたり、転居先の○○区や○○県○○市を訪問。不審に思った女性は、2010年10月、車の底部に携帯電話が取り付けられているのを見つけ、警視庁にストーカー被害を相談しました。このほか、○○教団信者らが何回も女性の転居先を訪れて、教団に戻るように説得しており、公安部は組織的に連れ戻そうとしていたと見ています。

 という内容ですが、この全国でもこれに似たような案件に待ってきています。

 このような案件に携わって感じることは、当事者での解決も困難、警察の介入にも時間がかかりすぎる、まして法律家では相手にもされない。彼らは法律の基準ではなく、宗教が基準となっているからです。

 そんな時には当社にご相談ください。あなたの力になります。

宗教トラブル!

宗教と信仰は違う!

宗教と信仰は違います。
宗教を弱者の救済のように思っている方は、一度よく考えてみる必要があるのかもしれません。
そして、現実を見た時どう考え、どう行動するかはあなた次第なのです。

 

スキャンダル!こんな宗教は嫌だ!宗教の表と裏

モルモン教創始者に40人の妻がいた!
キリスト教系の末日聖徒イエス・キリスト教会通称モルモン教)は、創始者のジョセフ・スミスになんと30~40人の妻がいたことが分かったと発表しました。その妻の中には既婚者や14歳の少女もいたというから驚きです。

スミスの結婚歴を巡っては歴史学の中でさまざまな説が飛び交っていましたが、同教会はこれまで妻が1人しかいない姿を印象付けようとしてきました。
しかし、「慎重に見積もってもその数は30~40人」だったと認めたというのです。
同教会は米政府の圧力を受けて1890年に重婚を禁止しています。

同教会によると、
スミス本人は複数の女性との結婚を望んでいなかったが、1834~42年に天使が3回現れて結婚を迫り、最後には剣を抜いて「戒律に従わなければ破滅させるとジョセフを脅した」とされています。

疑問を感じる発言です。

 

宗教トラブルの多くは、ご家族からの相談

アイ総合コンサルタントにも、宗教関係のトラブルのご相談はよくある案件です。
ご相談者は、ご家族や交際相手の方からも寄せられています。
評判の良くない宗教や団体の活動に通うことを辞めさせたい、マインドコントロールを解きたいと言ったご相談もあります。
活動熱心な信者の場合は、金銭など価値あるものを家族に内緒で持ち出してしまったり、反対する家族の元から身を隠すケースもあります。

無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。お問い合わせは無料です。

解決が難しい問題ですが、真剣に解決に向けて取り組みましょう。

 

 

 

宗教トラブル

宗教トラブル

○○死刑囚の妻、アレフ入信を迫った疑いで逮捕 容疑否認
地下鉄サリン事件などで、26人の殺害に関与したとして死刑が確定しているオウム真理教の元幹部・○○○○死刑囚(49)。その○○死刑囚と、2012年に結婚した36歳の妻が逮捕された。

午後3時すぎ、○○○○容疑者(36)が、○○府警に入った。
○○容疑者は、知人男性に対し、オウム真理教から名前を変えた「アレフ」への入信を迫った強要未遂の疑いで、4日に逮捕された。

○○容疑者は2012年8月、地下鉄サリン事件など、一連のオウム真理教による事件に関与した○○○○死刑囚と結婚。

○○死刑囚は、○○○○こと、○○ ○○死刑囚の側近中の側近として知られている。

○○・○○区にある○○容疑者の自宅アパートには、4日朝、○○府警の捜査員が家宅捜索に入った。

○○警察によると、新実容疑者は、インターネットの交流サイト「フェイスブック」を通して知り合った大阪府の男性に対し、「わたしの夫は○○だ。過去に10人以上殺している」といったような言葉で、アレフへの入信を迫っていたという。

○○容疑者は、男性に対し、アレフのウェブサイトのリンクの張られたメールや冊子などを送りつけ、入信を迫っていたという。

近所の人の話によると、○○容疑者の生活に、特に変わった様子はなかったという。

近所の人は、「普通に、会釈したら会釈を返してくれる。礼儀正しい感じ。びっくりしましたね。何もないところに、オウム真理教の人がいると思わなかったので」、「宗教的な勧誘はありましたか、とくにはなかったですね」などと話した。

○○容疑者が、男性に入信を迫ったのは、寄付金を得るのが目的だったとみられている。

アレフ関係者の活動には、公安調査庁も注目していて、2013年5月には、○○県内にある教団施設への立ち入り検査を実施した。

また、アレフは、全国各地で大規模なセミナーを実施。
一連のオウム事件をよく知らないとみられる若い世代を中心に、勧誘活動を続けている。

そうした中、立ち入り検査で発見されたのは、日本刀の形をしたペーパーナイフが突き刺された16枚の写真だった。
その写真には、アレフの監視を続ける公安調査庁の幹部や、被害者対策などにあたっている弁護士らの姿が写っていた。

○○容疑は、調べに対し、「男性に教本を手渡したことや、セミナーのメールを送信したことは間違いありません。しかし、わたしは現役信者ではなく、元信者ですし、犯罪事実の内容には納得できません」と容疑を否認している。