子供のトラブル

子供のトラブル

脳内では、特に前頭葉は、我慢、脳の疲れのコントロール、思考、想像、判断など、高次脳機能を司っている「ヒトが人でいられる」ためにも、前頭葉の刺激、発達は重要な要素である。

特に、子供の頃からの鍛錬が重要である。人の前頭葉の鍛錬には、五感からの刺激情報が必要である。これらは人と生の声を聞き、会話するコミュニケーションや手足を動かし、危険なこと、安全なことなど

区別する能力を養うことで正しい「判断」「決定」が行えるようになります。

また、人の脳の前頭葉には人の脳が疲れると脳の疲れをコントロールする脳部が働きます。この脳部を「前頭眼窩野」という脳部が関わっております。

前頭葉の発達が十分でないためのトラブルか

乗用車が道路脇にある信号機の柱に衝突し。

車に乗っていた6人が病院に搬送されたが、うち足立区に住む高校2年の男子生徒(16)が約2時間後に死亡した。高校生とみられる男女5人が重軽傷を負った。同署が詳しい事故原因を調べている。
葛飾署によると、車には男性4人と女性2人が乗っており、死亡した男子生徒が運転していたとみられる。男子生徒は無免許だった。
現場は片側1車線で見通しのいい直線道路。同署は交差点を直進した際、何らかの原因で歩道に乗り上げ、道路左側に設置された信号機に衝突した。

家族トラブルは、近年遺産相続の問題であったり、金銭トラブルなど、避けては通れない事も多々あるのが現状です。しかし家族の事に関してはなかなか相談出来ないのが現実ではないでしょうか?そんなお悩みを私たちが全力でサポートさせて頂きます。安心してご相談下さい。

宗教トラブル、結婚詐欺,いじめなどは家族が先に気がつくことが多いので両親、身内からの相談も多いのです。

必要であれば各種専門家をご紹介いたしますのでご安心ください

 

土下座強要

生徒土下座強要

大阪府立高校で女性教師が女子高生の土下座撮影

 

大阪の府立高校で2014年6月、30代の女性教諭が女子生徒に土下座をさせ、さらにその様子を撮影するなどしていたことが分かりました。

発表によると2014年6月、府立高校に勤める女性教師(31)が、遅刻をした当時高校3年生だった女子高生に土下座をさせた上で、その様子をスマートフォンで撮影。その画像を女子高生に見せて「謝るというのはこういうことや!」と言ったということです。

女性教師は当時高校3年生だった生徒らの担任で、被害者女子高生が体育祭の開会式に遅刻したことから、競技にも出場できないと考え別の生徒に代理出場するよう指示したとのこと。

しかし遅刻した女子高生が競技開始前に学校に到着したため、女性教師は女子高生に対し、代理で準備を進めていた生徒に謝罪するよう促しました。

これに対する女子高生の謝り方が不十分だとして、女性教師は激怒。土下座を強要したうえ、撮影行為に及んだということです。現場は高校の校庭で、周りには他の生徒ら複数人がいました。

土下座事件後、被害者の女子高生が別の教諭に「土下座のことを思い出すと、学校に行きたくなくなる」などと訴え、一連の騒動が発覚しました。

女性教師は、この土下座事件について「カッとなった。自分のしたことの重大さを認識せず、女子生徒の心に大きな負担をかけてしまった。反省している」などと説明しています。

なお、問題の土下座写真について女性教師は「その日の内に消去した」などと説明しており、特に外部への流出などは確認されていません。

大阪府教育委員会はこの騒動を受けて今年5月1日、女性教師を戒告処分としました。問題が起きた高校の学校名などは非公表。

強要罪とは、

刑法で規定された個人的法益に対する犯罪。権利の行使を妨害し、義務なきことを強制することで成立する。保護法益は、意思の自由。「刑法 第二編 罪 第三十二章 脅迫の罪」に、脅迫罪とともに規定されている。

人を逮捕・監禁して第三者に行為を要求した場合には、特別法である人質による強要行為等の処罰に関する法律により重く処罰される。
条文
(強要)第223条 生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、又は暴行を用いて、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者は、3年以下の懲役に処する。2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者も、前項と同様とする。3 前2項の罪の未遂は、罰する。

体罰

体罰

 

「近頃、子供の笑顔が少なくなった・・・」「元気がない・・・。」

 

そんなSOSを感じたら、いじめにあっているのかもしれないと気づいてください。小さな心で必死に耐えている

 

のです。両親や兄弟などのいないところでいじめはおきているのです。子供はいじめられていることを決して自分

 

から言いません・・言えないのです。いじめは残酷にもどんどんエスカレートしていきます。早期発見、早期解決

 

が必要です。近年、いじめによる自殺も相次いでいます。一人で耐え続け、苦しみ、一人で考えたあげく自殺・・

 

いじめがエスカレートする前に我が子とともにいじめの対策に取り組んでいく必要があるのです。いじめは心の

 

傷となり、トラウマとなり大人になっても精神的に不安定になったり、人間不信というハンディを背負うことにも

 

なりかねないのです。誰も助けてはくれません。

府立八尾支援学校東校(八尾市)の50代の女性教諭が、重い知的障害を持つ高等部2年の男子生徒の頭をたたいたことが分かった。同校は19日、保護者説明会を開いて体罰を謝罪した。

同校によると、女性教諭は昨年10月29日の授業中、机に伏せていた男子生徒に教室移動を促すため、頭を平手で1回たたいた。生徒にけがはなかった。

昨年11月、府教委に文書で内部告発があった。女性教諭は当初は「たたいていない」としたが、最終的には体罰と認め「1人だけ移動しないと授業が進められず、焦りがあった」と話した。府教委が処分を検討している。
名古屋市教委は27日、体育の授業や部活動で生徒計3人に殴る蹴るの体罰を加えたとして、市立大曽根中(北区)の男性体育教諭(52)を戒告処分にしたと発表した。教諭は以前も体罰で処分を受けていた。

市教委によると、教諭は2013年6月、体育の授業中に大声で冗談を言った男子生徒の肩を蹴った。さらに14年7月、顧問を務めているバスケットボール部の練習試合で、得点掲示板を動かし忘れた男子生徒2人の頬を平手で殴った。いずれもけがはなかった。教諭は「かっとなり、体罰をしてしまった」と話しているという。

教諭は13年4月にも生徒の頭をプラスチック製器具で殴り、文書訓告処分を受けていた。

子供のトラブル回避

子供のトラブル回避

 

「近頃、子供の笑顔が少なくなった・・・」「元気がない・・・。」

 

そんなSOSを感じたら、いじめにあっているのかもしれないと気づいてください。小さな心で必死に耐えている

 

のです。両親や兄弟などのいないところでいじめはおきているのです。子供はいじめられていることを決して自分

 

から言いません・・言えないのです。いじめは残酷にもどんどんエスカレートしていきます。早期発見、早期解決

 

が必要です。近年、いじめによる自殺も相次いでいます。一人で耐え続け、苦しみ、一人で考えたあげく自殺・・

 

いじめがエスカレートする前に我が子とともにいじめの対策に取り組んでいく必要があるのです。いじめは心の

 

傷となり、トラウマとなり大人になっても精神的に不安定になったり、人間不信というハンディを背負うことにも

 

なりかねないのです。誰も助けてはくれません。小さな異変に気付いたら、アンバサダー調査事務所に

 

ご相談ください。真実を知り、解決へと一歩を踏み出しましょう!!経験豊かな相談員が対応いたします。

 

秘密厳守ですのでご安心下さい。次のようなことにならないために。

 

川崎中1殺害と同様の危険、全国に400人 文科省調査

 

川崎市川崎区の多摩川河川敷で中学1年生の上村(うえむら)遼太さん(13)が殺害された事件を受け、同様の危険にさらされている子がいないか文部科学省が緊急調査し、13日結果を発表した。連絡が取れない、または校外の集団と関わりがあり、生命や身体に危険が及ぶおそれがある小中高校生は全国で400人に上った。

該当する児童・生徒について、文科省は学校に対し、警察と連携するなどして安全を確保するよう促す。今後、どう対応したか報告を求めるという。

調査は2月27日~3月9日、全国の国公私立の小中高校、特別支援学校を対象に実施。(1)7日間以上連続して連絡がとれない(2)学校外の集団との関わりがある、の二つのケースのうち、「生命や身体に被害が生じるおそれ」のある児童・生徒。危険があるかどうか確認できない場合も含めて集計した。

女児誘拐事件

女の子誘拐事件! 八戸市

青森県で小学生の女の子が誘拐された事件がありました。
未成年者誘拐の疑いで逮捕されたのは八戸市尻内町尻細、男性会社員A容疑者42才。
2日間にわたり青森県内に住む女子小学生が車で連れ回されたようです。
この容疑者は女児と顔見知りだが、母親と面識は無いそうです。

車中泊でなく、施設に宿泊していたようで、十和田署が詳しい足取りなどを調べている。
A容疑者は5月31日午前7時半ごろ、女児の自宅周辺で声を掛けて黒い軽乗用車に乗せて連れ去り、
青森、岩手両県を回った疑いが持たれています。
不審な車の目撃情報から、十和田市内のスーパー駐車場で小松容疑者を発見、一緒にいた女児は確保されました。
容疑者はアパートに1人暮らしでした。

 

行方不明や家出  時間が経過するほど難しくなる問題

子どもだけではなく、大人も行方が分からなくなることがありますね。
痴ほう症で深夜徘徊してしまう家族や、親子げんかの末家出する子どもなど
行方が分からなくなるにはそれなりの理由があるものでしょう。
そして、事件へと巻き込まれてしまうこともしばしばあります。
自ら行方をくらましている人は、いなくなっても探せない・・・
ならば、犯罪に巻き込んでしまえ!
と企む輩もいるのです。

 

家族トラブルでお悩みの方は、アイ総合コンサルタントにご相談ください。

家族の絆は、強いものになる前には問題を一歩一歩乗り越えなくてはなりません。
乗り越えられない時に、親子関係や夫婦関係は崩壊するのです。
異端崩壊された家族は、バラバラになり、時間の経過で行方がつかめなくなることもあります。

そうなる前に、家族トラブルのご相談は、アイ総合コンサルタントにお任せください。
24時間 365日受付可能。完全予約制ですのでご予約ください。