代理婚活

代理婚活

代理婚活は今に始まったことではなく、ずいぶん昔からの行為である。形は違うがお見合いなどは親や周りの人からの出会いであり代理の婚活みたいなものである。

当然最終的には本人同士がよければ結婚へと進み夫婦となるのである。出会いが無ければ結婚も交際もできない。代理婚活はありである。

親が子どもに代わって集団お見合い会に参加して結婚相手を探す「代理婚活」が人気を集めている。人気の背景を探ると、男女ともに仕事で忙しく出会いの場が少なくなったことや、お見合い文化の衰退といった時代の変化があるようだ。

「お子さんはどこにお勤めですか」「娘の仕事は続けさせてもらえるかしら」。

「子どもの幸せのためなら何でもできるんですよ。親ばかですね」。女性は苦笑した。手にした参加者名簿には、相手の勤め先などがびっしりと書き込んであった。

双方がうまくいきそうだと思えば趣味や学歴など詳しい身上書を交換して持ち帰る。互いの子どもも好ければ実際にお見合いをするという方法。身上書は何人と交換しても構わない。

親から自立できない男女が対象といった限られた世界の話ではないのだ。女性も仕事を持つのが当たり前になった。しかも、一日の大半を送る職場では近年、ハラスメントになるのを気にしてプライバシーに踏み込むのを遠慮する風潮があるという。地域では近所づきあいも、めっきり減った現状からはこの方法は正しいのかもしれない。

常識

常識

日本では二人同時に妻にすることはできません。

 

様々なお悩みを抱えておられる方が近年増加しています。「でもどこに相談すればいいのか分からない」というのが本音ではないでしょうか?そういったお悩みも私たちにご相談下さい。専門のスタッフがあなたのお悩みの早期解決のお手伝いをさせて頂きます。
結婚は人生においても、すごく重要なものであり、誰もが幸せになりたいというのが当たり前であると思います。しかし、結婚してから金銭トラブルや、夫/妻が多額の借金をしてしまっていたなどの御相談が多く寄せられています。さらに家族トラブルに関してはなかなか相談が出来ないケースが多いのが現状です。そんなお悩みをお持ちの方は、一度私たちにご相談下さい。

チェチェン共和国警察署長、17歳少女「2人目の妻」
イスラム教の生活様式が根付くロシア南部チェチェン共和国で、既婚者の47歳の地元警察署長が17歳の少女を「2人目の妻」に迎え、ロシア社会に波紋を広げている。ロシアでは重婚は禁じられているが、チェチェンで独裁体制を敷くカディロフ共和国首長は「(イスラム教の)伝統に沿った結婚だ。2人の私生活に口を出すのは誤り」と主張している。
独立系新聞「ノーバヤ・ガゼータ」が先月、「警察署長が少女の両親に『娘をよこさねば力ずくで奪う』と脅している」と報じて明らかになった。

チェチェンを含む北カフカス地方はイスラム教徒が多い。19世紀に帝政ロシアに征服された後も、独自の文化圏を維持してきた。

カディロフ氏は「少女も両親も結婚に同意している」と反論。今月16日、首都グロズヌイで開かれた結婚式に自ら出席し、2人を祝福した。署長はカディロフ氏に近い人物とされる。現地のイスラム教指導者らはカディロフ氏を支持し、「一夫多妻の正当性」を訴える声が相次いでいる。

ロシアの連邦下院議員らからは「ロシアでは一夫多妻は認められない」などの批判が出たが、ペスコフ露大統領報道官は「結婚は我々が扱う問題ではない」と述べるにとどめている。カディロフ氏がプーチン大統領を強く支持しており、1990年代に独立紛争に揺れたチェチェンの安定のために欠かせない人物ととらえているためとみられる。

増える同性婚

増える同性婚

法律で結婚が認められないからこそ、式だけでも挙げたい。そんな同性カップルを受け入れるホテルや式場が増えている。後押ししているのは同性婚を認める海外の流れだ。国内では、実生活で法律婚と同等の権利が保障されていない。式を挙げやすくなったのは、ささやかな一歩だ。

「結婚おめでとう」

手をつないで赤じゅうたんを歩く男性2人が、祝福の声に包まれた。左指には交換したばかりの指輪。「幸せ」「自信になった」。2人は笑い合った。

10月11日、大阪市北区で開かれた性的少数者の祭典「関西レインボーフェスタ」。公募で選ばれた男性カップルが結婚式を挙げた。性的少数者の結婚式をプロデュースする団体「glitter(グリッター)」(大阪市中央区)の桜井秀人さん(35)が企画した。桜井さんは両性愛者。「結婚は誰でも平等にできると伝えたい」

フェスタに初めて協賛、出展したホテルグランヴィア京都(京都市下京区)は3月、「同性婚式プラン」を発売した。寺院での挙式と、ホテルでの3泊朝食付きで77万7千円。当面は外国人客が対象だが、日本人からの問い合わせにも応じる。池内志帆・担当室長(46)は「式と観光を兼ねたハネムーンにすることで、旅行に壁を感じてきた人に踏み出してほしい」。

式場となる「春光院」(京都市右京区)は4年前から同性婚式を受け入れている。米国留学中、同性愛者の友人がいた川上全龍副住職(36)は「支援者が増えれば安心して式を挙げられる。ここでできるよ、と伝えていきたい」と話す。

こうした同性婚式を受け入れる動きは広がってきた。昨年3月には元宝塚歌劇団員の東小雪さん(29)とパートナーの増原裕子さん(36)が東京ディズニーリゾートで式を挙げ、注目された。

婚活トラブル 殺人事件

婚活トラブル 殺人事件

婚活サイト殺人事件容疑者の元夫は31才で不審死していた
強盗殺人の疑いで、○○県○○町の無職・○○○○容疑者(42才)と交際相手の○○市の会社員・○○○○容疑者(48才)が逮捕された。伊藤容疑者は、昨年11月3日、婚活サイトで知り合った、別の交際相手である○○県○○市の自営業・○○○○さん(享年67)を、○○容疑者と共謀の上、殺害したとされている。
2012年4月、3人を殺害したとして死刑判決を受けたあの木嶋佳苗被告(38才、現在控訴中)もまた、婚活サイトを舞台に犯罪の手を広げていった。
そこで知り合った男性たちからだましとったとされる金は総額1億円以上。彼女が貢がせた男性たちは、文字通り次々と不審な死を遂げていった。
木嶋被告は、北海道ののどかな町で育ち、都会に憧れて、ブランド品で身を固めた。そして男性の心の隙間に入り込み、用済みとなれば、その男たちに手をかけた。まるで男たちの命など、いつでも自由になるというかのように。
その、いわば“悪女の倒錯”ともいうべき側面が、伊藤容疑者にも間違いなくある。実は○○容疑者の3番目の夫・Aさん(享年31)が突然死していたことがわかっている。

「Aさんは体格がよくて、元気だったのに、9年前に突然、病気で亡くなりました。彼には、3500万円の保険金がかけられていて、○○容疑者が受取人だったそうです」
Aさんとの婚姻期間は、2002年からのたった2年間だった。

「Aさんが亡くなると、○○容疑者は、再び実家に戻りました。そして、通販で毎日のようにブランド物を買いあさってたんです。“夫の保険金で買い物するなんて…”って、囁かれていました」( 今回の逮捕を受けて、警察も、Aさんの死について捜査をしているというが、現在のところ事件化には至っていない。
○○さん殺害については「間違いありません」と容疑を認めているという伊藤容疑者。捜査の進展次第では、余罪が次々と明らかになる可能性もある。
○○で2件の強盗殺人罪に問われ、第2の木嶋被告といわれた上田美由紀被告(38才)に続き、○○容疑者が、“第3の木嶋”になるかもしれない。

婚活トラブル

婚活トラブル

結婚詐欺 婚活サイトに甘い罠

婚活サイトには嘘のプロフィル

私の知り合いに、結婚相談所を経営してる人がいます。彼が言うには、結婚相談所に登録する人の中には、紹介した人と、トラブルを起こしてしまう方が出てくるそうです。その結婚相談所は入会者と十分に面接を行って入会するシステムになったいるようです。当然、結婚相談所が不審に感じる人は入会を断っているようです。
そこで今お手軽な婚活サイトについて聞いてみたのですが、お手軽なだけあって本人確認も十分でないため、偽名の登録も多いのではということを言ってました。
結婚詐欺師には獲物を物色するのには、最適な場所ではないかと言ってました。相手も婚活とはいえ異性との出会いを求めているのですから好都合なのです。
そこで、婚活での事件があったので紹介します。
首都圏の連続殺人事件で練炭自殺に見せかけるなどして男性3人を殺害したとして、殺人などの罪に問われた○○○○被告(○○)に対する裁判員裁判の第○○回公判(○○○○裁判長)はさいたま地裁で続いている》

約10分間の休憩を挟んで検察側の冒頭陳述が再び始まった。検察官は○○県○○市の○○○○さん=当時(○○)=や他の男性との交際経過、○○被告の金の入手などについて時系列で説明を始める。

○○さんは昭和○○年生まれ。事件当時は独身で、平成10年に妻を病気で亡くし、息子との2人暮らしだった。自宅で、年金生活を送っており、健康状態に特に問題はなかったという。

検察官「○○さんは平成○○年○○月に結婚紹介サイトに登録し、その後、○○被告と出会った。一方、○○被告は恋人の男性と15年から交際。また19年8月にパトロンの男性が死亡。この男性から14年から19年までの間に計7380万円も受け取っていました」

「その後、○○被告は○○さんと出会い、現金をだまし取るなどして殺害しました」

検察官は○○被告が他の男性と交際する傍ら、○○さんと結婚紹介サイトを通じて知り合ったことを改めて裁判員らに説明。その上で、結婚紹介サイトに大学院生であるなど嘘のプロフィルを書き込んでいたことを明らかにした。

 

婚活のトラブル解決なら 

アイ総合コンサルタント

婚活のトラブル解決ダイヤル 0120-007-808

婚活トラブル解決

婚活トラブル解決 婚活は出会い系と変わらない

サッカー・ワールドカップ(W杯)ブラジル大会が始まりました。
日本代表がコートジボワールとの初戦に臨んだ15日、大型プロジェクターでの観戦と婚活をセットにしたパーティーが飲食店で開かれ賑わいをみせました。

地元のイベント会社が「話し下手でも会話に困らない」と企画したもので、初めは緊張気味だった男女の参加者たちでしたが、
本田圭佑選手のゴールが決まるとハイタッチで喜び、徐々に距離感を縮めていくことになりました。

この婚活イベントでは試合終了後に、改めて食事とフリートーク。
しかし、敗戦のショックでやや盛り上がりに欠け、成立したカップルは1組のみだっとようです。

 

婚活も出会い系も中身は変わらない。だから起こる男女トラブル!!

「婚活」は言い方を変えた出会い系だとよく表現されます。
出会い系と聞くと、何やら怪しいブラックなイメージも
婚活を表現すればクリーンに聞こえる言葉のマジックです。

婚活中と称して既婚者が紛れ込んでいることもよくあります。
また、結婚詐欺師が紛れ込みやすいのも婚活ならではの特徴でしょう。
外国人だけではなく、日本人の中にも詐欺師は紛れ込んでいます。

 

 

被害に遭ったら、今すぐアイ総合コンサルタントにお任せください。

出会い系や婚活中に、様々なトラブルに出会うことがあります。
男女トラブルの中には、結婚詐欺金銭トラブル美人局脅迫恐喝被害に発展することもあります。
当事者での解決は難しく、第三者を間に入れたいと考える事は当然のことです。
しかし、どこに相談して良いのか分からない、そう思っている方はアイ総合コンサルタントにご依頼ください。
警察のOBをはじめトラブル解決のエキスパートにお任せください。
不安な気持ちを早期解決いたします。

 

無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。お問い合わせは無料です。