DV殺人 DVシェルター 

DV殺人

DVシェルターの悪用、当社が浮気調査をしていると年に数回見かけます。浮気を隠すためにDVシェルターを悪用している女性を見かけます。下記の案件もDVシェルターの利用者みたいです。

DVを超えた

妻と知人男性を車ではねて殺害しようとしたとして、大阪府警羽曳野署は27日、容疑者を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕したと発表した。2人は頭や手に軽傷を負った。妻は容疑者からのドメスティックバイオレンス(DV)被害を府警などに相談し、現場近くのマンションに避難していた。

容疑者は「妻宛ての商品を発送する業者に転居先を聞いた。妻を待ち伏せていたら、男性と仲良く帰って来たのでカッとなった」と認めているという。羽曳野署は詳しい経緯を調べている。

逮捕容疑は26日午後9時25分ごろ、大阪府藤井寺市野中2の市道を歩いていた妻(21)と陸上自衛官の男性(21)を、白いレンタカーで後方からはねてけがをさせたとしている。この直後、包丁を持った袋谷容疑者が車を降り、男性と口論になったという。

羽曳野署によると、近所の男性の110番通報で駆けつけた警察官が、付近で包丁を持って立っていた袋谷容疑者を取り押さえた。

府警生活安全総務課によると、妻は1月、「夫から平手で顔をたたかれた」と府警河内署にDV被害を相談した。6月25日には行政機関に被害を訴え、同日からシェルターに一時避難。大阪地裁は今月9日、DV防止法に基づき6カ月間の接近禁止命令を出した。妻は25日に今の自宅に転居したばかりだった。

近くの男性会社員(54)は26日午後9時半ごろ、「誰か助けてください」という男性の叫び声を聞いて自宅から外に出た。白いワイシャツ姿の男性はぐったりとした女性を膝の上に乗せ、出刃包丁を持った袋谷容疑者とされる男と言い争いになっていた。男は刃物を自分の胸に向け自殺を図る仕草を見せたが、警官らの説得で地面に刃物を置いたという。

 

夫婦トラブル

夫婦トラブル

 

寝ている夫を包丁で刺す 殺人未遂容疑で59歳の妻逮捕
夫を包丁で刺して殺害しようとしたとして、和歌山県警和歌山東署は7日、殺人未遂容疑で、和歌山市松島の無職、容疑者(59)を現行犯逮捕した。容疑を認めているという。夫(59)は命に別条はないという。同署で動機を調べている。

逮捕容疑は7日午前8時40分ごろ、自宅の寝室で就寝中だった景司さんの右肩など数カ所を柳刃包丁(刃渡り18・5センチ)で刺して殺そうとしたとしている。

同署によると、午前9時ごろ、aさんが同市内に住む30代の長女に「けがをした」と電話し、長女が119番した。容疑者は景司さんと30代の次男の3人暮らし。次男は当時出勤して家にいなかったという。
やきもち夫にキレた妻

「包丁を投げたら夫の背中に刺さって死んだ」。逮捕直後にこう供述し、傷害致死罪に問われた女(41)の裁判員裁判が8月、大阪地裁であった。公判では一転、「夫が背中を向けて近づき、持っていた包丁に自ら刺さった」と“不慮の事故死”を訴えたが、判決はいずれの言い分も不合理と判断。「女が夫の背中を一刺しした」と認定し、実刑を言い渡した。女が勤務する居酒屋を訪れた夫が、他の男性客を接客する妻の姿にやきもちを焼き、言い争いになった末に起きた事件。女は「夫の死を悲しむ妻」として喪に服すように黒いスーツ姿で公判に臨んだが、あまりに不可解な主張は裁判員らに通用しなかった。

「私が投げました」

事件は昨年12月22日午前1時すぎ、女が勤務する大阪市浪速区の居酒屋で起きた。閉店後、女は男性客への接客態度に文句をつけた夫と言い争いの末、厨房から刺し身包丁を持ち出した。帰ろうと店を出た夫の背中に包丁が刺さり、夫は病院に搬送されたが、間もなく死亡が確認された。

弁護側の冒頭陳述などによると、女は夫に付き添って救急車に乗車した際、救急隊員に状況を聞かれ、「包丁でけがをした。私がやった」と説明。夫の体からすでに包丁が抜き取られていたため、隊員から「包丁はどうしたのか」と聞かれ、「私が投げました」と答えた。

間違った愛情!

間違った愛情!

女性だけではなく、男性も同じなのでしょうが・・・
ということを前提に書いておきますが、
愛情と全く関係ないことを「愛情だ」と勘違いしてしまうことがあります。
男性が優しい言葉をかけてくれるのは、下心があるから。
「好きだ!」と言うのが口癖。
愛してるんだから、これを買ってくれ。
などなど。
誰でも経験があるのではないでしょうか。
先月、夫が出資法違反の容疑で逮捕された加護亜依さん、彼女のニュースを聞いて残念に思いました。

 

「彼は私のために稼ごうとしてやった」と離婚を拒否

警視庁は10月28日、加護さんの夫、加護陽彦容疑者(47才)を出資法違反容疑で逮捕しました。

逮捕状が出たのは17日です。その時点ですでに彼は行方をくらませていました。
加護さんにも17日の時点で警察から連絡が行き、事情を聞かれたそうですが、彼女も夫の居場所がわからないということだったそうです。

加護容疑者は、2011年9月にも恐喝未遂事件で逮捕されています。警察沙汰になるのはこれで2度目といいます。

知人によると、「彼は黒社会との繋がりも深いとされており、以前から“いわくつき”といわれる人物でした。加護容疑者の両親は今回の逮捕を受けて、亜依ちゃんに“これ以上あなたに迷惑をかけたくないから、息子とは別れてくれ”とまで言っているそうです。でも、彼女は“彼の行為は、私のためにお金を稼ごうとしてやったことだから、絶対に別れない”と、頑なに離婚を拒否しているそうです」と話しているそうです。

 

何を持って悪であるのか。判断基準が身を亡ぼす!

人間ですから、完璧な人はいないと言って良いでしょう。
大量虐殺を行った誰もが知る人にも、家族がいるのです。外では見せない顔を家族には見せていたはずです。
DVの被害もそうですが、悪いところに目をつむり、その人の良いところを誇張して受け取っているように感じうことがあります。離れられないの理由の一つでしょう。
はたから見れば、色ボケしているだけのように思えることすらあり、
周りから別れるように促されても一向に聞く耳を持たないのです。
犯罪者の周りにいることで、自分自身も犯罪に手を染める可能性は高くなります。
そういったリスクがあることも忘れてはならないのです。
男女トラブルの解決は、アイ総合コンサルタントへご依頼ください。

男女トラブルは、だれにも相談できないケースがあります。当社は秘密厳守で安全安心です、一度ご相談下さい。その決断が早期解決へと繋がります。

超スピード離婚

超スピード離婚!

結婚に対するモラルの低下か、離婚する夫婦は増える一方、
これから結婚し子供を育てるべき若い世代では結婚離れという悪循環・・・
シニア世代の男女トラブルが多いのも現実です。
ビッグダディが超スピード離婚、なんとわずか4か月で離婚してバツ5になってしまったのだそうです。
これも、ビッグダディの何がビッグなのかよく分かりませんが、離婚が経済活動につながるのは芸能人だけです。
一般人にとっての離婚は、トラブルでしかなく「バツ5」にまでなる人は、少ないでしょう。

 

ビッグダディの離婚!

タレントの林下清志氏(49才)こと「ビッグダディ」が、4月11日に結婚した一般女性と8月に超スピード離婚していたそうです。
5度目の結婚生活でしたが、わずか4か月で終止符を打つことになりました。これでなんとバツ5になったのです。
岩手県の盛岡市のダディの自宅兼接骨院が全焼し、その時妻がなぜか東京に住んでいることが判明していました。
離婚していたのならば当然ですね。
何があったのかは不明ですが、バツが5回もつく人物です。
あくまでも個人的な意見ですが、本人の問題も大きいのではないでしょうか。

 

男女トラブルは、一人で解決できる問題ではないことも・・・

交際する限り、男女トラブルは誰にでも起こりうることです。
喧嘩もすれば、別れることもあります。
別れ話がこじれたり、離婚問題や浮気、不倫といった第三者が絡んでくるような問題も起こり得ます。
そして、近年増加する結婚相談所などを使った婚活でのトラブルも増えています。
婚活イベントだけではなく、正式な結婚相談所を介してまでもトラブルが起こるとは思いもよらなかったと後悔している人も多いのです。
特に、周りの反対も乗り越えて結婚したシニア世代にこの問題が多いように思います。

男女トラブル、ストーカー、離婚トラブル、別れ話のもつれでお困りの方は、アイ総合コンサルタントへご依頼ください。

男女トラブルは、だれにも相談できないケースがあります。当社は秘密厳守で安全安心です、一度ご相談下さい。その決断が早期解決へと繋がります。

無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。お問い合わせは無料です。

※ 無料相談はしていません。