無言電話 営業妨害

無言電話 営業妨害

様々なお悩みを抱えておられる方が近年増加しています。「でもどこに相談すればいいのか分からない」というのが本音ではないでしょうか?そういったお悩みも私たちにご相談下さい。専門のスタッフがあなたのお悩みの早期解決のお手伝いをさせて頂きます。

白紙撤回となった2020年東京五輪・パラリンピックの公式エンブレムを製作したデザイナーの佐野研二郎氏(43)の事務所「MR_DESIGN(ミスターデザイン)」と、無関係ながら、よく似た名称のデザイン会社「Mr.DESIGN(ミスターデザイン)」に無言電話やイタズラ電話などが相次いでいることが分かった。

おもにホームページデザインを手掛ける社長は無言電話やイタズラ電話がたくさん掛かってきて、すごく不愉快な思いをしています。佐野さんいらっしゃいますかと聞かれて『間違ってますよと答えると、ブチッと切られたりと被害を告白。同社のホームページにも「インターネットで社名を検索しても盗作や倒産などの言葉が表示されるので、風評被害もたまったもんではありません話している。

これは明らかに営業妨害である。

ひっきりなしに掛かってくる無言電話などは2~3週間前をピークに一度は沈静化したものの、今月1日にエンブレムの取り下げが決まり、再び頻度が増した。

しかし、事件にはならないケースがある。ここで詳細を話すことはしないが、当事者は悔しい思いをしている。詳細を話せないわけは、悪を知って悪を行う輩が出てくることもあり得るからだ。

犯罪トラブルとは、自分でも知らないうちに巻き込まれてしまうケースも少なからずございます。ひょっとしてこれ犯罪かもしれない?と少しでも疑問に思われるのであれば、一度ご相談下さい。その決断が早期解決へと繋がります。

必要であれば各種専門家をご紹介いたしますのでご安心ください。警察OBも在籍

個人情報の流出

個人情報の流出

ネットでの嫌がらせは、後をたちませんが、

個人情報の流出は、許される行為ではありません。
新聞の投稿者に嫌がらせ ネットに個人情報、不審電話
新聞の投書に掲載された読者の投稿が、詳細な住所と電話番号が加えられてインターネットの掲示板やブログに無断転載された。

住所などを載せられた読者の中には、自宅に嫌がらせの電話がかかったり郵便物を送りつけられたりした人もいる。
また、自宅や勤務先に無言電話や嫌がらせの電話があったとの訴えも。

が複数の読者から編集部に寄せられた。日記風ホームページ・ブログのコメント欄に、紙面に掲載された投書、氏名とともに、紙面には載せていない詳しい住所と電話番号が掲示されていた。
今年春ごろから増えていることがわかった。今月にかけて少なくとも30人分が載せられた。勤務先などの電話番号が書き込まれた例もあった。
聞き取りをした結果、これまでに14人が嫌がらせや無言の電話を受け、そのうち2人には郵便物が届いていた。

インターネット上に個人情報が無断で掲載され、嫌がらせを受ける被害はほかでも起きています。

 

それ以外の派遣社員の契約期間の問題や、過労トラブル、残業日の未払いトラブルは最近とても増えています。

百年に一度という大不況のせいで企業は苦しい選択をしなければならないのですがそのしわ寄せを社員に押し付けるということは絶対にあってはならないことです。
解決方法は上の二つとほとんど同じ我々アイ総合コンサルタントが会社と皆様の仲介役を行い一番ベストな解決方法をご提案させていただきます。

無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。お問い合わせは無料です。