臓器売買

臓器売買

日本においては2009年の改正臓器移植法(正式名称は「臓器の移植に関する法律」)により、臓器売買は禁止されています。すなわち、「臓器売買の禁止、罰則:臓器提供の対価として財産上の利益を与えたり要求してはならない。違反者は5年以下の懲役または500万円以下の罰金に処する。その他、書面作成などにも罰則が適用される。」とされています。

しかし、世界中では、残念ながら発展途上国の一部で臓器売買が行われています。非常に貧しい人がお金のために臓器を売り、移植希望者が多額の報酬を払って移植を受けているのが現状です。このような臓器売買は世界中から非難を受けており、世界保健機構(WHO)や国際移植学会も声明を出し、臓器売買の禁止を訴えています。日本を含めた先進国では、上記のような厳しい法律下で臓器売買は禁止されています。
需要がある以上供給もあるのです。ニーズがある以上そこには市場もできるのです。

下記逮捕で希望を失った人もいるでしょう。売る側も、買う側も
「腎臓を200万円で売らないか」とホームレスの男に持ちかけ、臓器売買の約束を交わしたとして、警視庁は住吉会系暴力団幹部らを21日にも逮捕する方針を固めました。警視庁は、組織的に臓器売買を進めようとしていた可能性があるとみて追及する方針です。

元クリニック経営者を再逮捕

元クリニック経営者を再逮捕

日夜犯罪のニュースが後を絶ちません。いまやいつ自分の身にその犯罪が降りかかってくるかも分からないのが現在の状況ではないでしょうか?ですが実際は犯罪被害の救援には、犯罪被害者自らが立ち上がり戦わなくてはなりません。私たちは今日まで、さまざまな犯罪被害者からの相談を受け解決してきました。 愛知県岡崎市の診療所「マリークリニック」で、不正な医療行為が行われていたとされる事件で、愛知県警は23日、常勤医がいないのに診療所を開設していたとして、同診療所の元経営者、鈴木みなえ容疑者(46)=医師法違反罪で起訴=を医療法違反の疑いで再逮捕するとともに、医師の名義貸しを手助けしていた容疑で、新たに40代の医療コンサルタントの男を同法違反の疑いで逮捕した。 また、県警は名義貸しなどに関与していたとして、50代の医師の男も同法違反容疑で立件する方針。 捜査関係者などによると、鈴木容疑者は2012年4月~13年6月までの間、医師免許がないにもかかわらず、岡崎市の許可を得ずにクリニックを開設。レーザー脱毛など美容医療の施術をする診療所として実質的な経営を担っていた疑いがある。 クライアントの情報は外部に漏らさないのはもちろんのことですが、それ以外にもまずお客様を第一に考えており、常にお客様と連絡を取りながら解決していきますので、ご安心ください!私たちはトラブル解決はもちろん、お客様がお願いして良かったと思って頂けるように日々努めております。

医療トラブル

医療トラブル

医療トラブルも増加しております。医療機関は備えるべき法律を徹底的に網羅しなければトラブルに負けることが多いです。それにも関わらず、ほとんどの法人は備えるべき法的対策を打っていません。法律のトラブルにあって、一発で会社がつぶれてしまう可能性のあるトラブルに遭遇するのはもう珍しいことではありません。そんなトラブルを回避するために私たちがサポートいたします!

 

精子凍結保存、了承得ず中止

大阪市立総合医療センター(大阪市都島区)が、患者2人の了承を得ずに精子の凍結保存を中止していたことが朝日新聞の調べでわかった。不妊治療で精子を使おうとした患者の問い合わせで発覚した。病院側は1人に謝罪したが、別の1人には別病院に精子を移すよう求めていたとして、問題ないとの見解を示した。

 

保存を打ち切られたのは大阪府と奈良県の30代の男性2人。大阪の男性によると、精子をつくる機能に悪影響が懸念される放射線治療などのため、2003年12月にあらかじめ精子を凍結保存した。奈良の男性は04年11月に凍結保存した。

同病院によると、12年4月に責任者の婦人科副部長が別病院に異動。その時点で計13人分の精子を無償で凍結保存していたが、昨年9月ごろ、元副部長の指示で凍結保存のための液体窒素の補充が打ち切られた。

元副部長によると、12年4月の異動時に「1年をめどに患者の意向を確認してほしい」と口頭で看護師に依頼していたため、保管期限が13年3月末までということが患者にも伝わっていると思い込んだという。液体窒素の補充をしていた医師も、患者の了承が得られているか確認しなかった。

今年4月、精子を使おうとした大阪の男性が同病院に問い合わせて凍結保存の中止が発覚。病院側が調べたところ、13人中6人については元副部長が事前に了承を得ており、3人は死亡していた。別の2人には「1年ごとに意思表示をしなければ廃棄する」と書いた文書を渡していた記録が見つかった。

しかし、大阪と奈良の2人には了承を得ていなかった。奈良の男性には今月15日に電話で謝罪したという。大阪の男性については、13年3月末までに別病院に精子を移すよう、12年の受診時に依頼していたとして、問題ないとの見解を示している。男性は「勝手に廃棄することはないと説明された」と主張しているが病院側は否定している。

保存容器は現在も病院内にあるが、内部の精子の機能は失われているという。

医療の世界において厳しい競争時代に突入しました。
そんな時代だからこそ地域に根付いた医療機関として発展を続けるには、まず強固な経営体質を築くことが求められます。
弊社の考える解決策としてはその第一歩が収益力の向上です。

コストを効率化し、適正な売り上げを確保することで生まれた利益を、人材育成や医療サービスの質の向上のための次なる一手に投資することができれば、 さらに収益が向上するという好循環を生み出すことが可能となるでしょう。

 

「傷害致死」で医師ら告訴

「傷害致死」で医師ら告訴

 

医療の世界において厳しい競争時代に突入しました。
そんな時代だからこそ地域に根付いた医療機関として発展を続けるには、まず強固な経営体質を築くことが求められます。
弊社の考える解決策としてはその第一歩が収益力の向上です。

コストを効率化し、適正な売り上げを確保することで生まれた利益を、人材育成や医療サービスの質の向上のための次なる一手に投資することができれば、 さらに収益が向上するという好循環を生み出すことが可能となるでしょう。

弊社では、25年の実績に基づいた収益分析を行う事で、病院、診療所の適正利益確保と体質改善を同時に実現することを目的としたコンサルティングを提供しております。

 

東京女子医大病院(東京都新宿区)で昨年2月、集中治療室(ICU)で人工呼吸中に鎮静剤「プロポフォール」を投与された男児=当時(2)=が死亡した事故で、男児の両親は19日、投与はデータの取得が目的だったとして、同病院の麻酔科医ら5人について、傷害致死容疑で警視庁に告訴状を提出した。
両親は昨年5月、業務上過失致死容疑などで被害届を出したが、その後新たな事実が判明し、故意による疑いが生じたと主張している。
告訴状によると、麻酔科医らはICUで人工呼吸中の小児への使用が「禁忌」とされる同剤を、小児への適応拡大のために必要なデータを取得する目的で、4日間にわたって大量に投与し、副作用で死亡させたとしている。

医療トラブル

医療トラブル

 

死亡例を学会に報告せず

 

千葉県がんセンターで腹くう鏡の手術を受けた患者11人が死亡した問題で、センターが、学会から義務付けられている死亡した患者の報告を、複数例、行っていなかったことが日本肝胆膵外科学会の調査で分かりました。また学会は18日、理事会を開き難易度の高い手術が安全に行えるとしていたセンターの認定を取り消すことを決めました。

この問題は、千葉県がんセンターで、7年前から去年2月までに、腹くう鏡による手術を受けた患者11人が死亡したものです。

千葉県がんセンターは、難易度の高い手術を安全に行える施設という認定を日本肝胆膵外科学会から受け、毎年、死亡例を報告することが義務付けられていました。

ところが、学会が平成20年からの7年間について調べたところ、患者が死亡し、報告しなければならないケースが医療事故の報告書の中には複数例あったのに学会には報告されていなかったということです。

また学会は18日、理事会を開き難易度の高い手術を安全に行う体制が整っていないなどとして千葉県がんセンターを学会の認定施設から外すことを決めました。学会の認定は、難しい手術が多い、肝臓やすい臓の分野で、患者が治療を受ける病院を選ぶ際の重要な指標となっていて死亡例の報告は、学会が認定を継続すべきかどうかの重要な判断材料となっています。

これについて学会の宮崎勝理事長は、「患者さんに安心して手術を受けてもらう上で施設の認定は、重要なものだ。死亡事例があったのに報告されていないのは重大な問題でセンターに対し、説明を求めたい」と話しています。

これについて、千葉県がんセンターの江指純事務局長は、「学会に報告する義務がある死亡例の定義について、把握できていないので、まず病院内で調査を行い、事実関係を精査したい。そのうえで、間違いがあれば訂正したい。認定の取り消しについては重く受け止め、信頼の回復に全力を挙げて取り組んでいきたい」と話しています。

医療トラブル

医療トラブル

がんセンター 50代医師執刀で死亡相次ぐ

千葉県がんセンター(千葉市)は26日、肝細胞がんの治療を受けていた県内在住の男性(65)が抗がん剤投与後に容体が急変し、死亡したと発表した。投与したのは消化器外科の50代の男性医師で、同センターで腹腔(ふくくう)鏡手術を受けたがん患者が相次いで死亡した問題では大半の事例を執刀していた。センターは医療ミスの可能性もあるとみて外部有識者を含む院内事故調査委員会を設置した。

執刀医の「独断」止められず

腹腔鏡手術死亡 倫理審査委、機能せず

死亡した男性は2009年、他病院からの紹介で治療を開始。カテーテルを通して抗がん剤を投与し、がん細胞を壊死(えし)させる治療を約5年半受けていた。計12回目となる今月16日の投与後の同19日に容体が急変して死亡した。死因は肝細胞がんの破裂による出血で、センターは「(破裂が)自然経過によるものか、治療によるものか検証したい」としている。

投薬した医師は、腹腔鏡手術を巡る問題で県の第三者検証委員会が検証対象としている腹腔鏡手術による死亡11例のうち8例の執刀医だった。同問題が発覚した昨年5月から手術への中心的な参加を禁じられていたが、投薬治療の担当は続けていた。センターは今回の事案を受け、この医師に全ての診療行為を控えるよう指示した

群馬大病院問題

群馬大病院問題

執刀医の止血「不十分」

 

患者3人で調査委指摘
群馬大医学部付属病院(前橋市)で肝臓の腹腔鏡手術を受けた患者8人が死亡した問題で、同病院の調査委員会がうち3人の患者について、執刀医の止血が不十分だった疑いがあると指摘していたことが分かった。同病院が13日までに、患者別の報告書をホームページで公表した。
患者別報告書は、手術中の対応や手術前後の経過を患者ごとに詳細に記載している。調査委は3人の患者について「執刀医が止血に難渋していた」「止血が不十分となり、後の出血の原因となった可能性が高い」などと指摘した。
一方、別の患者では「明らかな手術技術の問題は確認できなかった」と判断している。

 

群馬大医学部付属病院(前橋市)で肝臓の腹腔鏡手術を受けた患者8人が相次いで死亡した問題で、同病院は3日、記者会見し、8人の全例について「過失があった」とする調査委員会の最終報告を発表した。病院側は今後、遺族に補償する意向を示した。

 

同病院では2010~14年、腹腔鏡を使う難度の高い肝臓手術を受けた患者93人のうち8人が死亡。いずれも同じ男性医師が執刀しており、必要な事前審査を受けていなかったほか、手術の問題点を検証する検討会も開かれていなかった。
最終報告は、死亡した8人について、診断や手術の内容、術後の経過を個別に検証。手術に耐えられるか事前に調べる術前検査が行われなかった結果、過大な手術が行われて容体悪化につながった可能性や、肝動脈の損傷など手術中の対応の問題点などを指摘した。
その上で、術前検査や患者への説明、死亡後の検証が不十分だったとして、死亡全例について過失があったと結論付けた。ただ、手術と死亡との因果関係については、明言しなかった。

医師らの刑事告訴を検討

医師らの刑事告訴を検討

隠ぺい体質何とかしたいものですし、責任の追及をもっとすべきです。
群馬大学病院で腹腔鏡を使った手術を受けた患者8人が死亡した問題で、遺族の弁護団は、カルテの記載や患者への説明が不十分で悪質な医療過誤であるとして、刑事告訴も検討していることを明らかにしました。

「専門医も『ここまで記載のないカルテを見たことがない』と」
「何が起きたのか? どうして止められなかったのか?2例目以降、なぜこのような死亡症例が続いたのか」

群馬大学病院で去年までの4年間に腹腔鏡を使った肝臓の手術を受けた患者8人が手術後4か月以内に死亡した問題。いずれも執刀したのは、第二外科の40代の男性医師でした。

腹腔鏡手術とは、体に数か所の穴を開け、小型のカメラと手術器具を入れてモニターで観察しながら行う手術です。体への負担は開腹手術よりも少ない一方、高度な技術を必要とします。

遺族の弁護団は、カルテや手術の映像をもとに独自に専門家から意見を聞くなど調査を行い、その結果を6日に公表しました。

「腹腔鏡の技量について、かなり悪い。止血操作にしても全部悪い。相当下手である」

亡くなった70代の女性の手術同意書の手術の名称の欄には「肝中央2区域切除」と記載されていますが、「腹腔鏡」という文字はどこにもありません。

「手術同意書自体について、通常こんなにすかすかなことはない。手術をしない選択肢があることや、検査をしたことについても一切記載がない」

さらに、別の遺族は主治医からこう説明されたといいます。

「『今しかできない。今、手術をしないとあとはないよ。死んでしまうよ』と。『簡単な手術だから大丈夫。2週間で退院できる』と説明された」

病院側が今月3日に公表した最終報告書では、手術前の患者側への説明や腹腔鏡手術が適切であったかの評価が不十分であったとしたうえで、すべての事例で過失があったことを認めました。

患者紹介ビジネスの闇

患者紹介ビジネスの闇

 

来院保証で被害数億円規模 50歯科医院
アプリを使った患者来院保証サービス

大阪のソフト会社に対し「被害者の会」結成

スマートフォンのアプリなどを使い実質無料で新規患者の来院を保証するとうたったサービスを巡り、大阪のソフトウエア会社と全国の歯科医院が金銭トラブルになっていることが分かった。大阪、東京など少なくとも21都道府県の約50医院が「患者が来ない」「IT機器のリース契約だけが残った」と被害を訴え、医院側の損失は数億円規模に上る可能性がある。医院の一部は大阪府警など警察当局に被害相談を始めた。

 

厚生労働省は「実質的な患者紹介ビジネスで不適切なサービスだ」としている。

大阪市旭区のソフトウエア会社「アルファラインジャパン」が提供したサービスで、現在は休止中だ。

歯科医院や契約書類によると、クーポンなどの特典付きで飲食店などを紹介する、東京のIT会社のアプリに医院の情報を載せることで、月10~20人の新規患者の来院を保証するという内容。医院のホームページを活用することもある。

医院側はアルファ社に料金を直接払わず、IT機器のリース契約を結んだ大手リース会社に、月5万円前後のリース代を数年かけて計200万~300万円納める。アルファ社はリース会社にIT機器を売って対価を得ていたとみられる。

契約時には毎月の新規患者数を10~20人に設定。患者がゼロならリース代金分を、足りなければその人数に応じた分をアルファ社が毎月返金するとしており、実質無料というのが特徴だ。来院数は医院に置いた専用機器に患者がスマホをかざしてカウントする。

しかし、医院の多くが患者は来ていないと主張。さらに「返金も一切なく、リース契約の支払いだけが残った」と訴える。アプリに情報自体が載っていなかったケースもあったという。

昨年10月に「被害者の会」を結成した東京の歯科医によると、大阪、東京、兵庫など21都道府県の約50の医院が被害を訴え、約10人が大阪府警や警視庁に被害を相談しているという。

アルファ社は2007年創業。アプリを運営するIT会社の代理店業務などをしていた。代理人弁護士によると、約500の歯科医院と似た契約を結んでいたが、資金繰りが悪化、昨年12月に大阪地裁に破産手続き開始の決定を受けた。

社長の男性は今年1月、毎日新聞の取材に「医院などに迷惑をかけて申し訳ない。患者の来院を報告しない医院があり、必要のない返金をして資金がなくなった。だます意図などない」と書面で回答した。

IT会社の担当者は「サービス内容を知らされておらず、迷惑している」。リース会社は「一切コメントしない」としている。

医療機関が「患者紹介」に対価を払うことは昨年4月、改正健康保険法規則で禁止された。厚労省医療課は「対価を取り戻そうと過剰診療につながる可能性があり、契約した医院側にも問題がある」としている。

医療事故 

医療事故

東京女子医大病院で2歳の男の子が死亡した医療事故で、両親が警視庁に告訴状を提出した。

亡くなった男の子の母親は「わたしたちの息子は、実験台として使われて亡くなったのかと思いました」と語り、父親は「(息子は)病院の実験で殺されたと思います」と語った。

集中治療中の子どもには原則、使用が禁止されている鎮静剤「プロポフォール」を大量に投与され、亡くなった。

東京女子医大病院で起きた医療事故。

男の子が亡くなった直後に病院内で撮影された映像では、母親が、ベッドに横たわるわが子に寄り添い、その顔を、いとしげに何度もなでていた。
父親は「たった数日の間に、こんなになっちゃうんだな。この子は、自分が死ぬなんてことは、思いもしなかったでしょう」と話していた。

男の子が受けた手術は、2014年2月、首にできた良性の腫れ物を治療するためのものだった。

注射するだけの簡単な手術は、わずか7分で無事終了した。その後、手術の影響による、のどのむくみが治るまで、ICU(集中治療室)で人工呼吸器をつけることになった。このとき、体を動かさないよう、投与された鎮静剤がプロポフォール。
集中治療中の子どもには原則使用禁止の薬品だった。投与された量は、異常なものだった。

病院側の説明会で、父親が「これ140mgとあるんですけど、この子に対して、マックスでいくつまで使えるんですか?」と質問すると、ICU責任者の麻酔科医は「これはですね、(男の子の体重)12kg、40mgです。通常使う量は40mgです。(マックスで使うのは?)マックスで時間あたり。(40mgのところ、140mg使ったんですか?)はい、結果的に使っておりました」と語った。
「異常な量で、大人に使っていい最大量の4倍を超えている。なぜ、そこまで上げる必要があったのか」 亡くなった男の子は、大量に鎮静薬を投与された。

カルテには、本来あるべき投与を指示した医師のサインはなかった。 男の子に投与された鎮静剤の記録。なぜか大量投与された日の夜に限って、医師のサインがなかった。

そこには、「今、適応の拡大を検討している薬も入っていたので、この薬が、死因に関係しているかを明らかにするためにも、病理解剖をお願いしたい」と記されていた。

一連の記録の内容などから、本来禁止されている薬が、その適応範囲の拡大を検討するデータ収集目的で投与された疑いがあるとして、今回の刑事告訴に踏み切った。
今回の刑事告訴について、東京女子医大病院側は、FNNの取材に対し、「回答は控える」とコメントしている。