別れ話女性刺殺事件

別れ話女性刺殺事件

出会った時には大好きな相手だったのに・・・
時が経つにつれ、出会った頃からは想像もつかないトラブルや問題に発展してしまい、どうしたら良いのかわからず、精神的に参っていませんか

男女間には固執という感情が芽生えると厄介なことになります。ストーカーの思考は固執した考えで、男女間の関係をとらえていることが多いのです。
大阪市中央区高津3のマンション6階の一室で11日、女性が刺殺された事件で、住人で自称アルバイトの容疑者(24)=殺人未遂容疑で逮捕=が「女性が知らない男性と急に現れ、別れ話をされたので腹が立った」という趣旨の供述をしていることが、捜査関係者への取材で分かった。

 

大阪府警南署は12日、亡くなったのは住所・職業不詳の(21)と発表。千葉県内に住む母親が確認した。

捜査関係者によると、被害者は最近まで容疑者と同居していたとみられる。事件当日は事前に会う約束をせず、知人男性(23)とともに容疑者宅を訪ねた。男性には「相手が家にいたら別れ話をしようと思う」と漏らしていた。

被害者は合鍵で部屋に入ろうとした際、中から容疑者が姿を見せ、男性に「2人で話がしたい」と説明したとされる。

容疑者は直後に部屋の鍵を閉め、被害者を包丁とみられる刃物で襲った疑いがある。12日の司法解剖の結果、被害者の死因は頸(けい)動脈の切断による失血死だった。

付き合い始めは、毎日楽しくて仕方がない、というのは皆様も経験があると思います。しかし時間が経つにつれ、相手の事をたくさん知っていくと、不安などが出てくるのも事実だと思います。そんな時、相談できる相手というのは中々見つからない方も多くおられます。

女性の行方不明事件

女性の行方不明事件

 

ブログを読んで下さってありがとうございます。

 

暖かくなってきましたね。

 

今が、一年で一番過ごしやすい時期ではないでしょうか。

 

大阪市西成区で准看護師の女性(29)が2カ月ほど前から行方不明となっているようです。

 

部屋からは血痕が見つかっていたことが警察の捜査関係者の話で分かりました。

 

その血痕は彼女のものとみられ、大阪府警は女性が何らかの事件に巻き込まれた可能性があるとして、

 

知人や関係先について捜査を始めているようです。

 

女性は大阪市西成区内の集合住宅で一人暮らしをしながら、病院に勤務していたという。

 

こういった辞意県政のある行方調査は一刻も早く調査を始めないと手遅れになる可能性が高い案件ですね。

 

 

アイ総合コンサルタントでは、様々なトラブル、悩みを解決してまいりましたが、なぜトラブルや悩みを解決出切るのでしょうか?

それは、それぞれの分野のプロがあなたに力を貸すことが私達の仕事だからなのです。

又、各分野で実績経験があり、もっとその力を役立てたいという気持ちで仕事に携わる結果が、あなたのトラブルや悩みを解決していくのだと信じて、私たちは日々頑張っています。

 

 

 

十分な打ち合わせ
十分なカウンセリング
十分な説明

その上で契約しコンサルタントに入ります。

今までコンサルタント費用でのクレームなど一切当社でおこった事はありません。

また、コンサルタント中でも随時クライアントの連絡も絶やさず仕事を進めていくため、安心してコンサルタントを依頼していただけると思います。

 

 

 

 

 

 

別れ話トラブル

別れ話トラブル

 

中高年の不倫や浮気はもちろんですが、

おそろしい恋愛トラブルも起こっています。
メスで病院事務長刺す=「別れ話」准看護師の女逮捕
大阪府貝塚市の貝塚中央病院で、交際相手の男性事務長(59)を医療用メスで刺したとして、大阪府警貝塚署は31日、殺人未遂容疑で同市福田、准看護師のA容疑者(48)を現行犯逮捕した。
同署によると、A容疑者は「数年前から交際していたが、別れ話のもつれから刺した」と供述。男性は別の病院に搬送され、命に別条はないという。
逮捕容疑は31日午後1時ごろ、病院内の1階廊下で、男性の腰を刃渡り約4センチのメスで刺した疑い。
こういった事件は、男性が女性に危害を与える事が多いのですが、

この事件の加害者は女性です。

上手く交際関係を切れない方はご相談ください。

無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。お問い合わせは無料です。

アイ総合コンサルタントでは水面下でコンサルタンティングを行うので周囲に何も知られることはなく、今まで通りの生活を営むことができます。

アイ総合コンサルタント

0120-007-808

 

 

~リベンジポルノ相談~

被害に遭っているのはあなただけではありません。最近急増している問題です。リベンジポルノ被害や画像恐喝、ハメ撮り恐喝などと言った被害は、簡単に誰にでも相談できる内容ではありません。相談相手を間違うと二次被害に遭うこともあります。相談相手から脅されることも考えられるのです。リベンジポルノは、会社でのパワハラやセクハラとも関係していることもあり、問題が複雑化しているケースもあります。

誰にも知られずに解決したいと思う方、早期解決を望む方は今すぐお電話ください。当社は、秘密厳守です。安心してご依頼ください。

まずは、お電話をください。経験豊かなアドバイザーが対応しております。貴方一人で悩まず、アイ総合コンサルタントへご依頼ください。

当社は完全予約制です。

ご要望があればお近くで面談させていただきます。
まずは、お電話でご予約をお取りください。

相談ダイヤル 0120-007-808

アイ総合コンサルタント

0120-007-808

別れ話 トラブル 解決

別れ話 トラブル 解決

別れ話で 、トラブルになり相談にみえるクライアントは多く、あらゆる問題を抱えています。その中でもトラブルを放置していたため深刻な状況に陥っていることも多く解決までに時間を要していることも多いのです。当然警察にも言えない、弁護士にも言えないなど状況は様々ですが、ほっといたら状況が悪くなるだけです。
別れ話のもつれで殺人事件に発展するケースもあります。別れ話でトラブルになりそうなら当社へ社へ相談ください。
○○府○○市の遊歩道で女性が殺害された事件で、逮捕された元交際相手の男が、女性の帰宅時間を狙って犯行に及んだとみられることが分かりました。
○○市○○区の会社員・○○○○容疑者(○○)は○○日夜、同僚で元交際相手の○○○○さん(○○)の首をナイフで数回刺して殺害したとして、○○日に逮捕されました。犯行時間帯の前後には、現場付近の防犯カメラに○○容疑者の姿が映っていて、○○警察は、岡本容疑者が事前にナイフを準備し、○○さんの退社時間を狙って犯行に及んだとみています。
○○容疑者の親族:「普通に心優しいまともな人。動揺して、勘弁して頂きたい」
○○警察に対し、○○容疑者は「別れ話を持ち出され、口論となったことを恨みに思って殺害した」と話しているということです。

別れ話がもつれている状況で、問題を放置していると思わぬ損害を招くことがあります。かといってどこに相談してよいのかわからなかった。ほっておいてもよくなることはないと知りながらと相談に来られたクライアントの方は言います。

別れ話トラブル解決なら 

アイ総合コンサルタント

別れ話トラブル解決ダイヤル  0120-007-808

別れ話トラブル

別れ話トラブル 相談 解決

男女の別れ そのトラブル、問題を当社にご相談ください。

あなたの力になります

男女間の別れ話のトラブル、問題、交際相手の暴力、DVでお困りの方貴方のの力になります。
別れたいけれど別れられない、交際相手や夫からの暴力・DV(ドメスティック・バイオレンス)からの避難、別れた後の嫌がらせ・ストーカーなど、卑劣な行為などによる男女間トラブルの解決をフルサポートします。
法律家・各種専門家との連携して対応します。

当社では、弁護士、司法書士、行政書士、医師、カウンセラー等の専門家と連携し、男女トラブル、問題の解決をお手伝いしています。また、必要な証拠収集、話し合いのサポート行い、書面での通知、警告など、さまざまな方法を駆使しトラブル、問題の解決を行います。また、別れる際の約束事の取り決めなど、円満な解決を行います。
相談内容を元に、情報の精査、リサーチを行い最善の解決策で対応します。

別れられない

もう別れたいと思って別れ話をするが、その度にあとで自殺騒ぎをおこす。ストーカーになりやすい相手です。そのままにしておくわけにもいかず、心配して見に行くと、一晩中拘束され、別れ話を撤回させられてしまう。ここ半年ずっとこのままですなど。

不倫相手との別れる

妻子ある男性と交際していた。好きな人ができたので別れようとしたところ、応じられない・交際に使った費用を全部返せと言われた。さらに、携帯をチェックされ、会うことを強制されるようになった。また、裸の映像もとられているので心配ですなど。

暴力彼氏宅からのわかれ

交際している彼氏に別れ話をしたところ、暴力をふるわれた。それ以来、怖くて別れたくても別れられないなど。
あらゆる男女の別れのトラブルに対応しています。

別れ話男女トラブルは、一度こじれると体験のことに発展することがあり、事件などに発展するケースも多くあります。感情がこじれ、個室に張ってしてしまうと当事者での解決は非常に困難で、危険です。当社は秘密厳守で安全安心です、一度ご相談下さい。その決断が早期解決へと繋がります。

間違った愛情!

間違った愛情!

女性だけではなく、男性も同じなのでしょうが・・・
ということを前提に書いておきますが、
愛情と全く関係ないことを「愛情だ」と勘違いしてしまうことがあります。
男性が優しい言葉をかけてくれるのは、下心があるから。
「好きだ!」と言うのが口癖。
愛してるんだから、これを買ってくれ。
などなど。
誰でも経験があるのではないでしょうか。
先月、夫が出資法違反の容疑で逮捕された加護亜依さん、彼女のニュースを聞いて残念に思いました。

 

「彼は私のために稼ごうとしてやった」と離婚を拒否

警視庁は10月28日、加護さんの夫、加護陽彦容疑者(47才)を出資法違反容疑で逮捕しました。

逮捕状が出たのは17日です。その時点ですでに彼は行方をくらませていました。
加護さんにも17日の時点で警察から連絡が行き、事情を聞かれたそうですが、彼女も夫の居場所がわからないということだったそうです。

加護容疑者は、2011年9月にも恐喝未遂事件で逮捕されています。警察沙汰になるのはこれで2度目といいます。

知人によると、「彼は黒社会との繋がりも深いとされており、以前から“いわくつき”といわれる人物でした。加護容疑者の両親は今回の逮捕を受けて、亜依ちゃんに“これ以上あなたに迷惑をかけたくないから、息子とは別れてくれ”とまで言っているそうです。でも、彼女は“彼の行為は、私のためにお金を稼ごうとしてやったことだから、絶対に別れない”と、頑なに離婚を拒否しているそうです」と話しているそうです。

 

何を持って悪であるのか。判断基準が身を亡ぼす!

人間ですから、完璧な人はいないと言って良いでしょう。
大量虐殺を行った誰もが知る人にも、家族がいるのです。外では見せない顔を家族には見せていたはずです。
DVの被害もそうですが、悪いところに目をつむり、その人の良いところを誇張して受け取っているように感じうことがあります。離れられないの理由の一つでしょう。
はたから見れば、色ボケしているだけのように思えることすらあり、
周りから別れるように促されても一向に聞く耳を持たないのです。
犯罪者の周りにいることで、自分自身も犯罪に手を染める可能性は高くなります。
そういったリスクがあることも忘れてはならないのです。
男女トラブルの解決は、アイ総合コンサルタントへご依頼ください。

男女トラブルは、だれにも相談できないケースがあります。当社は秘密厳守で安全安心です、一度ご相談下さい。その決断が早期解決へと繋がります。

 色物事件

 色物事件

脱法ドラッグ「覚醒剤より危険」

「快感が得られると聞いてアロマリキッドを飲ませたら、女性の体調が悪くなった」

ラブホテルで体調不良に陥った知人女性(41)を放置して死亡させたとして、10月17日、○○府警に保護責任者遺棄致死容疑で逮捕された無職男(40)=○○市○○区=は、事件のいきさつをこう説明したという。男が“媚薬”として女性に飲ませたアロマリキッドとは、脱法ドラッグの一種だった。国は定期的に薬物を規制しているが、法をくぐり抜ける製造者が後を絶たず、インターネットなどで簡単に手に入るのが実情だ。「脱法ドラッグ」という、いかにも違法性はないかのような名称からか安易に使用されがちだが、関係者からは「覚醒剤よりも危険」との声も上がっている。

快感のため

「快感を得るために女性から買ってくるよう頼まれ、○○市内の店で買って使った」

男は脱法ドラッグを媚薬として使っていた。

男の逮捕容疑は10月17日未明、○○市○○区内のラブホテルで、この液体を飲んだ女性が嘔吐(おうと)や下痢を繰り返し、衰弱していったにもかかわらず、救急車を呼ぶなどの措置をせずに放置し、部屋から出て行ったとしている。

男は「アロマリキッド若干量をドリンク剤に混ぜて飲ませた」と供述しており、○○府警が液体の鑑定を進めている。

事件は17日昼、チェックアウトの時間になっても出てこない客を不審に思ったラブホテルの従業員が、部屋を訪ねて女性を見つけて119番したが、女性はまもなく死亡が確認された。

2人は前日の16日午後9時ごろ、ホテルに入室していた。男は「女性とは体目当ての関係だった」と説明している。

別れ話トラブルから事件へ

別れ話トラブルから事件へ

22歳女性刺殺
○○で元交際相手を確保 復縁迫っていた
○○県○○市の路上で市内の無職○○○○さん(22)が男に刺殺された事件で、○○県警は28日、女性に復縁を迫っていた○○県松戸市の元交際相手の男(23)の身柄を○○・○○のフェリー発着場で確保したことを明らかにした。刺して逃走した男と服装などの特徴が似ており、事件に関与した疑いが強いとみて調べる。

身柄を確保した警視庁によると、元交際相手の男は女性を刺したことを認めている。

○○汽船によると、元交際相手は27日夜、○○・○○桟橋からフェリーに乗船し出港。28日午前9時ごろ、○○島の○○港に到着し、待ち受けていた警察官に身柄を確保された。

○○署捜査本部によると、○○さんは「元交際相手から復縁を迫られ困っている」などと、9月に同署に相談。署は暴力的な行為は確認されなかったとして、元交際相手に口頭で注意していた。

逃走した男は現場近くのJR総○○○○○○駅の構内に通じる階段を駆け上がる姿が目撃されており、駅や現場周辺のカメラの映像を基に詳しい逃走経路を調べていた。
○○さんは27日午後4時半ごろ、娘(3)と現場近くで車を降り、近くの宝くじ売り場に向かおうとしていた途中で男に右腹を刃物で1カ所刺され、死亡した。
別れ話はこじれてしまうとこのような事件に発展する可能性があります。当事者間での対応が不可能と感じた場合第三者の利用を考えるのも解決の方法の一つです。別れ話のトラブルは当社が力になります。

別れ話トラブル解決

別れ話トラブルがこじれてしまっては、だれにも相談できないケースがあります。アイ総合コンサルタントは秘密厳守で安全安心です、一度ご相談下さい。その決断が早期解決へと繋がります。

無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。お問い合わせは無料です。

憎い!

「憎い!」男女間のトラブル!

男女の間では、いい時もあれば悪い時もあります。人間関係の中でも、男女の恋愛感情はもつれることで嫉妬や束縛だけではなく「憎しみ」や「憎悪」といった激しい感情が芽生えることもあるのです。
それが引き金になった事件が四国 愛媛県でも起こっています。

 

斧で切られ男性死亡! 64歳女性「憎くて殺そうと思った」

愛媛県の松山市で、72歳の男性が自宅で斧で切りつけられ、殺害される事件が起こりました。
松山市の住宅から、『助けてくれ!』という男性の声がした!と近所に住むの女性から警察に通報が入りました。
警察官が駆けつけると、この家に住む男性(72才)が血を流して倒れており、
警察は、部屋にいた市内に住む女性(64才)を殺人未遂の疑いで緊急逮捕しました。
被害者男性は、4時間後に死亡したそうです。

警察によると、容疑者の女性は被害者の交際相手だったそうです。
持ってきた斧での頭などを数回切りつけていました。
調べに対して彼女は「憎くて殺そうと思った」と供述しているということです。

 

増えるシニアの男女トラブル!決して他人事ではないのです!

近年、日本の高齢化に伴いシニア世代の男女トラブルは増加しています。
ストーカー問題や老人ホーム内でのレイプ問題も増えています。
シニアの男女トラブルは、知っている人も公に問題を出しにくい背景があり、
見て見ぬふりをしている環境や、
また「自尊心を傷つけられた」ことなどから、気持ちが一気に上昇し我慢できない事も多く、
気が付いたら相手に暴力をふるっていた・・・といった事もあります。
仕事をリタイアしたシニア世代は、子育ても一段落し新しい人生を期待している反面、
自分の要求が通らないことにいら立ちを覚えることもあるでしょう。
特に、男女間のトラブルには、こういった問題が起こりやすいと言えます。
別れ話浮気がきっかけでのトラブルは、若者に限った事ではないのです。

トラブル解決は、早期にご相談ください。
恋愛感情のもつれは、時にこのような事件を招くことがあるのです。

別れ話トラブルは、だれにも相談できないケースがあります。当社は秘密厳守で安全安心です、一度ご相談下さい。その決断が早期解決へと繋がります。

 

 

離婚後の夫婦

離婚後の夫婦

2012年11月に高嶋政伸さん(47歳)との泥沼裁判の後離婚した美元さん(35歳)が引っ越しをしたようです。引っ越しのトラックには「海外引越」という文字があったそうです。

シンガポールを拠点とする年下の投資家の新恋人とのペアルックデートがスクープされ、
美元さんの実父も交えて食事をする姿なども見られていました。

離婚から1年8カ月たちようやく元夫婦は別の道を歩み始めたようです。

 

結婚するよりたいへんな離婚!別れ話はもつれると危険!

離婚する夫婦は、結婚する時よりも大変だと嘆くことが多いですね。
しかし、夫婦生活を続けられなくなった場合は仕方がないことだとも言えます。
人の気持ちは変わります。いつまでも付き合い始めの恋人同士のような関係ではいられなくなるのです。
子供ができ母にそして父になり、お互いを「パパ」「ママ」と呼び合ううちに家族になります。
幸せなときもあれば喧嘩をすることもあるでしょう。
嫁姑問題も勃発します。
しかし、それだけで離婚する夫婦は少なく、
離婚に至るまでには様々なトラブルに見舞われた結果として離婚に至る場合が殆どです。
浮気や、金銭の問題も大きいですね。
また、一方が別れたくない場合は元夫や元嫁にストーカー行為や嫌がらせを受けてしまうこともあります。
別れ話が新たなトラブルに発展することもあるのです。

 

 

別れ話のもつれがきっかけでストーカーに!アイ総合コンサルタントへご相談ください。

結婚していてもしていなくても「別れ話」はもつれやすく、こじれてどうにもならなくなることがあります。
交際関係が続いているうちは許せていたことが許せなくなります。
交際期間に費やしたデート代を返金するように要求されることもあります。
また、相手がストーカー化して付きまといや監視行為を行ったり、
交際期間に撮られた写真を買い取れと要求されるケースもあります。
男女トラブルが発展すると当事者間での解決は難しいでしょう。
アイ総合コンサルタントは、トラブル解決のプロです。
警察のOBをはじめ、トラブル解決のプロがサポートします。
早期解決は、早期相談がカギ!

 

無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。お問い合わせは無料です。すぐご依頼ください。