ネット掲示板の悪用

ネット掲示板の悪用

 

 

出会い系サイトに21歳の女子大生の顔写真付きでこんな書き込みがされた。すぐに男たちからメールが殺到し、彼女は約30人の男性にレイプ願望がありますといったメッセージとともに女性の自宅の住所を書き込みしたのだ。

その数日後、自宅近辺で見知らぬ男が彼女に声をかけた。もともとレイプ願望などなく現実にならなかった。そもそも彼女が掲示板に書き込みしたものではなかった。彼女は自宅住所を男に送ってもいなかった。

この事件で、この女子大生になりすまし、無断で掲示板に写真などを掲載したとして野村証券社員が名誉棄損の疑いで警視庁に逮捕された。

「犯人は彼女の知人で、ずっと好意を寄せ、繰り返しメールを送ったことでストーカー規制法に基づく警告を受けていた。今回の書き込みは彼女への身勝手な復讐心が原因だったようだ」

幸いにもこのケースは女性に身体的危害が加えられることなく犯人が逮捕されたが、北海道で実際に女性が集団強姦されるという事件が起きている。男性会社員がネット掲示板で知人女性へのレイプを呼びかけた。

彼女も私もレイプ願望があり、リアルに告知無しで複数レイプしたいと考えています。生外出しでお願いしたく考えており、協力頂ける方いましたらご連絡お待ちしていますと掲示板に書き込みがあったようである。

男はこの書き込みに反応した見ず知らずの男2人と共にその女性を強姦したが、女性は合意しておらず3人は集団強姦の疑いで逮捕・起訴された。呼びかけた男は「交際を断わられた腹いせにやった」と供述している。

ネット上にはさまざまな性癖を満たすことを目的とした出会い系サイトが乱立している。その一種で、疑似レイプのパートナーを誘うアダルト掲示板がこうした「レイプ」に悪用されている。

マニア向けの掲示板は無料レンタルサーバーを借りて個人が運営しているケースが多い、住所や電話番号などの個人情報が掲載されるとユーザーの通報を受けて管理人が削除するケースが多いが、この手の掲示板は管理体制が整っておらず、放置されやすい。それをいいことに、復讐や嫌がらせ目的で女性の個人情報を晒し、あたかもレイプ願望があるように見せかける例が増えている。

ネット家電問題

ネット家電問題

日本では地上デジタルテレビ放送(地デジ)が15年に開始。アナログ放送が11年に停波する切り替え前に、液晶やプラズマの薄型テレビ特需が起きた。地デジ化は画質の向上だけではなく、番組表のデータが随時、更新され、録画や視聴の予約が簡単になるなど、消費者に大きなメリットがあった。リモコンの「d」ボタンを押せば、天気予報などのデータ放送も楽しめる。

その一方で、今回のような不具合を生み出す要因にもなりうることが明らかになった。送られてきた電波を処理できなかった障害への対応策が、同じように電波によるソフトの更新という手段なのは皮肉な話だ。

テレビだけでなく、家電は全般的にすべてのモノがネットにつながり、これまではできなかった高度なサービスが可能になる「IoT(インターネット・オブ・シングス)」の時代を迎えている。

例えば、エアコンなどが外出先からスマホを使って遠隔操作できるようになった。冷蔵庫も同様に庫内のチェックができるほか、レシピなどを表示する機能も出てきた。大きく変わったのはゲーム機。ネットを通して遠くの友人と対戦したり、ダウンロードでソフトを購入できるようになっている。

こうしたIoT化は便利だが、今回の事案のように、データ受信による誤作動や、意図的なサイバー攻撃の脅威にさらされるというデメリットもある。2013年には、米国で「ミス・ティーンUSA」に選ばれた女性の寝室のパソコンが乗っ取られ、ウェブカメラで撮影した写真を材料に脅迫されるという事件も起きた。トレンドマイクロは先月、自宅などでインターネットをつなぐための「ルーター」を不正に操作するプログラムを確認したと発表。暗号化などによるセキュリティー強化も進んでいるが、100%守り切ることができるとは言い切れない。

離婚後の夫婦

離婚後の夫婦

2012年11月に高嶋政伸さん(47歳)との泥沼裁判の後離婚した美元さん(35歳)が引っ越しをしたようです。引っ越しのトラックには「海外引越」という文字があったそうです。

シンガポールを拠点とする年下の投資家の新恋人とのペアルックデートがスクープされ、
美元さんの実父も交えて食事をする姿なども見られていました。

離婚から1年8カ月たちようやく元夫婦は別の道を歩み始めたようです。

 

結婚するよりたいへんな離婚!別れ話はもつれると危険!

離婚する夫婦は、結婚する時よりも大変だと嘆くことが多いですね。
しかし、夫婦生活を続けられなくなった場合は仕方がないことだとも言えます。
人の気持ちは変わります。いつまでも付き合い始めの恋人同士のような関係ではいられなくなるのです。
子供ができ母にそして父になり、お互いを「パパ」「ママ」と呼び合ううちに家族になります。
幸せなときもあれば喧嘩をすることもあるでしょう。
嫁姑問題も勃発します。
しかし、それだけで離婚する夫婦は少なく、
離婚に至るまでには様々なトラブルに見舞われた結果として離婚に至る場合が殆どです。
浮気や、金銭の問題も大きいですね。
また、一方が別れたくない場合は元夫や元嫁にストーカー行為や嫌がらせを受けてしまうこともあります。
別れ話が新たなトラブルに発展することもあるのです。

 

 

別れ話のもつれがきっかけでストーカーに!アイ総合コンサルタントへご相談ください。

結婚していてもしていなくても「別れ話」はもつれやすく、こじれてどうにもならなくなることがあります。
交際関係が続いているうちは許せていたことが許せなくなります。
交際期間に費やしたデート代を返金するように要求されることもあります。
また、相手がストーカー化して付きまといや監視行為を行ったり、
交際期間に撮られた写真を買い取れと要求されるケースもあります。
男女トラブルが発展すると当事者間での解決は難しいでしょう。
アイ総合コンサルタントは、トラブル解決のプロです。
警察のOBをはじめ、トラブル解決のプロがサポートします。
早期解決は、早期相談がカギ!

 

無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。お問い合わせは無料です。すぐご依頼ください。