交際トラブル

交際トラブル

出会った時には大好きな相手だったのに
時が経つにつれ、出会った頃からは想像もつかないトラブルや問題に発展してしまい、どうしたら良いのかわからず、精神的に参っていませんか?
近年男女トラブルに関するご相談が増加しております。また恋愛相談から、交際相手との金銭トラブル、浮気、離婚についての話し合い、セクハラ、ストーカー行為、DV(暴言・暴力)リベンジポルノ、画像、映像脅迫など様々な問題を抱えられています。そんなお悩みを私たちが一緒に解決のお手伝いをさせて頂きます。

 

誰にも知られることなく男女トラブルを解決します。

 

ホテルで女性死亡、殺人容疑で交際相手逮捕

東京・新宿区歌舞伎町のホテルで23歳の女性が死亡しているのが見つかりました。警視庁は、女性を殺害したとして、現場の部屋にいた交際相手の男を逮捕しました。

新宿区歌舞伎町のホテルで「女性を殺した」と男の声で110番通報がありました。警察官が駆けつけたところ、千葉県船橋市の職業不詳・川野綾子さん(23)がベッドの上で仰向けに倒れ、死亡しているのが見つかりました。

警視庁は、この部屋にいた男が「女性の首を絞めて殺した」と認めたため、殺人の疑いで逮捕しました。逮捕されたのは西東京市の自称契約社員・小野寺裕重容疑者(41)で、川野さんと交際していたということで、警視庁は当時のいきさつや動機について詳しく調べています。

付き合い始めは、毎日楽しくて仕方がない、というのは皆様も経験があると思います。しかし時間が経つにつれ、相手の事をたくさん知っていくと、不安などが出てくるのも事実だと思います。そんな時、相談できる相手というのは中々見つからない方も多くおられます。そんなあなたのお役に私たちは立てますので一度ご相談下さい。

交際トラブル

交際トラブル

本当に元男性 交際相手をメッタ刺しの美脚美人容疑者本当に元男性
2月2日、同居していた交際男性(48歳)を殺害したとして逮捕された容疑者(28歳)。動機は別れ話のもつれで、寝ていた男性を包丁でメッタ刺しにした上、金属バットで頭を殴りつけたと供述している。

そんな殺害方法のすさまじさに世間は騒然となったが、それ以上に驚かされたのが、容疑者の美貌だ。事件後、本人のフェイスブックが特定され、そこには自撮り写真もアップされていた。アイドルウオッチャーの本末ひさお氏は言う。

「清楚な雰囲気の美人で、アイドルでも十分通用しそうな印象。また、179㎝というスーパーモデル並みの身長、B88W55H88という抜群のスタイルも目を引きました」

元銀座のホステスだったという彼女だが、実はaという名前でモデル活動もしている。彼女をよく知る芸能事務所、Zプロモーションの宮西渡社長は言う。

「20、21歳の時に福岡から上京してきて、23歳の時に知り合いました。彼女は『自分の夢は、半分は銀座でお店をやって、半分はモデルをやること』って。それならばと僕が芸能活動を後押しすることになったんですが、今ひとつ踏ん切りがつかなかったのか、いつしか話は立ち消えてしまったんです」

その後、別の事務所に移籍した彼女は、2013年にイメージDVD『月刊隆行通信LQ 13』に出演。隆行通信というのは、知る人ぞ知る美脚専門レーベルで、際どい衣装とポーズで人気を博し“美脚界の篠山紀信”と呼ばれるb氏が撮影している。

DVD制作関係者は言う。

「身長179㎝の彼女がヒールを履くと軽く190㎝を超えて、ものすごい迫力がありました。脚もスラリと長く、レオタードやガーターベルトが抜群に似合ってましたね。

普段は物静かな感じで、休憩中もあまり会話をしませんでしたが、ひとたびカメラを向けると、別人のように輝き始める。天性のアイドル性のようなものを感じました」だが、彼女の活動はDVDだけにとどまらない。なんとヘアヌードも撮っていたのだ。前出の宮西社長が語る。

「彼女が『若い時の体を残しておきたい』というので、23歳の時にヘアヌードを撮影したんです」

さらに、もうひとつ、驚愕の疑惑があった。容疑者は「性転換手術を受けた元男性」だと一部メディアが報じたのである。しかし、前出の本末氏は否定的だ。

「彼女のヘアヌードを何枚も見ましたが、Fカップといわれるバストは不自然さが感じられず、お尻も実に女性らしい丸みを帯びていました。あの美脚も見ほれるほど色っぽかった。どう見ても女性にしか思えませんでしたよ」

モテるオトコになる方法

モテるオトコになる方法

 

おしゃべりな女性にとって、

 

聞き上手な男性と一緒にいる事は心地の良いものです

 

しかし、聞き上手な男性は女性を操り上手でもありますよ。

 

女性の話をしっかりと聞いて返事をしようとすると、

 

けっこう大変なんだそうです。

 

何と答えて良いのか返答に困る!と言う男性もいます。

 

逆に、「うなずいていればいい」

 

「肯定的な事を返していればいい」

 

「そうすることで、女性は喜ぶんだから!」

 

そんなふうに思っている男性もいます。

 

確かに・・・

 

テレビを見ていると、

 

石田純一さんなんかはそうですよね。

 

女性の発言に食いついて反発なんてしませんし

 

当たり障りの無い返事で返しています。

 

不誠実だと言う人もいますが、

 

それを女性は心地よいと感じるのも分かります。

 

女性の会話、ほんとうにたわいない内容なんですよね。

 

たわいもない会話にいちいち反論されても困ります。

 

男性のみなさん、女性との会話ではうなずいて下さい。

 

肯定している素振りを見せてあげて下さい。

 

そして、あまりにもおかしな事を言っている時だけ注意してくれれば良いのです。

 

 

結婚生活中に夫婦で作った財産を離婚するときにどう分けるかの話合いがつかない場合があると思います。
原則として、夫婦の一方が結婚前から持っていた財産や親から相続でもらった財産などは含まれません。
離婚した後でも2年間は財産分与を求めることが出来ます。

案外こういった事を知らない方もいらっしゃいます。財産分与でトラブルを抱えている場合もご相談いただければトラブル解決へのコンサルティングを行います。

 

 

 

証拠を活用出来る人材

証拠調査士の育成もしています。

探偵業をされている方のステップUPのための資格です。

クライアント満足度を上げて、

収入アップにつながる資格でもあります。

お問い合わせは、

 

 アイ総合コンサルタント

男性と偽り女性と交際、婚約申し込み

男性と偽り女性と交際、婚約申し込み

この事例は、男女トラブルとは言えないが、同性に対して起こった恋愛感情のもつれ事件と言えます。
慰謝料200万円支払い命令
女性同士で結婚できないにもかかわらず、男性と偽って交際、婚約などされ、精神的苦痛を受けたとして○○市○○区の40代の女性が、○○市中央区の40代の女性に慰謝料として300万を求めた訴訟の判決が25日、○○地裁であった。○○○○裁判官は原告側の訴えを認める一方、「被告の性別に疑いを持ち、確認する機会があった」などとして、被告側に200万円の支払いを命じた。
判決によると2人は平成17年10月に知り合い、20年夏に原告が被告を男性と思って交際を開始。原告は21年4月に被告からの婚約の申し込みに応じたが、婚約破棄後の23年5月、知人から被告が女性であることを知らされた。

○○裁判官は、被告が写真に男性と思われる風貌で映っており、結婚をほのめかすメールも送っているとして、被告が男性と偽っていたと認定。「原告は人格権が侵害され、精神的苦痛を受けた」と述べた。

私の疑問は、この二人に肉体関係があったのか、なければ、婚約破棄ということは、どのように婚約まで至ったのかなどの疑問が出てきた。

肉体関係はなくても婚約はできるのですが、どうなのか疑問ばかりです。

私個人では、肉体関係もないのに婚約はしたくないです。

トラブルは、だれにも相談できないケースがあります。当社は秘密厳守で安全安心です、一度ご相談下さい。その決断が早期解決へと繋がります。

無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。お問い合わせは無料です。

男女トラブル解決なら

アイ総合コンサルタント

離婚後の夫婦

離婚後の夫婦

2012年11月に高嶋政伸さん(47歳)との泥沼裁判の後離婚した美元さん(35歳)が引っ越しをしたようです。引っ越しのトラックには「海外引越」という文字があったそうです。

シンガポールを拠点とする年下の投資家の新恋人とのペアルックデートがスクープされ、
美元さんの実父も交えて食事をする姿なども見られていました。

離婚から1年8カ月たちようやく元夫婦は別の道を歩み始めたようです。

 

結婚するよりたいへんな離婚!別れ話はもつれると危険!

離婚する夫婦は、結婚する時よりも大変だと嘆くことが多いですね。
しかし、夫婦生活を続けられなくなった場合は仕方がないことだとも言えます。
人の気持ちは変わります。いつまでも付き合い始めの恋人同士のような関係ではいられなくなるのです。
子供ができ母にそして父になり、お互いを「パパ」「ママ」と呼び合ううちに家族になります。
幸せなときもあれば喧嘩をすることもあるでしょう。
嫁姑問題も勃発します。
しかし、それだけで離婚する夫婦は少なく、
離婚に至るまでには様々なトラブルに見舞われた結果として離婚に至る場合が殆どです。
浮気や、金銭の問題も大きいですね。
また、一方が別れたくない場合は元夫や元嫁にストーカー行為や嫌がらせを受けてしまうこともあります。
別れ話が新たなトラブルに発展することもあるのです。

 

 

別れ話のもつれがきっかけでストーカーに!アイ総合コンサルタントへご相談ください。

結婚していてもしていなくても「別れ話」はもつれやすく、こじれてどうにもならなくなることがあります。
交際関係が続いているうちは許せていたことが許せなくなります。
交際期間に費やしたデート代を返金するように要求されることもあります。
また、相手がストーカー化して付きまといや監視行為を行ったり、
交際期間に撮られた写真を買い取れと要求されるケースもあります。
男女トラブルが発展すると当事者間での解決は難しいでしょう。
アイ総合コンサルタントは、トラブル解決のプロです。
警察のOBをはじめ、トラブル解決のプロがサポートします。
早期解決は、早期相談がカギ!

 

無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。お問い合わせは無料です。すぐご依頼ください。