犬射殺事件

犬射殺事件

飼い主の責任

私は紀州犬を飼っているのでこの事件には心が痛む。私の家族も心を痛めている。ニュースなどで報じられていたが、散歩すらあまり見かけられなかったようである。私が犬を買った人は日本犬保存会の方で犬の審査員もしている人でした。

犬の買い方の注意として、犬が付かれるまで運動させていれば問題行動を起こす犬はいないよと言ってくれました。もう我が家で8年以上生活していますが、問題行動を起こしたことは1度もありません。

また近所の人にも自ら挨拶をし、愛想を振りまいてかわいがってもらっていますし、脱走した時は近所の人に家まで送ってもらっています。

散歩ではなく、運動が必要なのでしょう。かなりストレスがたまっていたのではないかと思います。

路上で、同市に住むアルバイトの女性(23)が犬にかまれたとする110番通報が、一緒にいた友人の女性からあった。約30分後にはの路上で、同市に住む飼い主の男性(71)も襲われてかまれ、一緒に犬を捜索していた県警の男性署員3人が拳銃計13発を発砲し犬を射殺した。かまれた2人はそれぞれ左腕に軽傷。前日夜に10代後半の男性も犬に右腕をかまれて軽傷を負っており、同署は同じ犬にかまれたとみて調べている。

同署によると、署員らは犬を見つけた際、制止を試みたが襲いかかってきたため発砲した。犬がひるまずなおも襲おうとしたため撃ち続けると、犬は13発目で倒れたという。同署は「拳銃の使用は妥当で適切だった」としている。

同署と飼い主の男性によると、犬は「ミリオン」という名前の7歳の雄の紀州犬で、体長約120センチ、体重約21キロ。13日夜に犬に襲われた男性の家族から、「近所に似た犬を飼っている家がある」と聞いた署員が男性方を訪ねたところ、いなくなっていることが分かった。

犬は普段から家族にかみつくなどしており、物置の中で飼われていたが、13日は首輪とリードで住宅の敷地内につながれていた。敷地内に首輪が残されていたことから、抜いて逃げたとみられる。

署員は飼い主の男性とともに犬を捜索し、女性が被害に遭った現場の近くで犬を発見。男性がおとりになって、手ぬぐいを巻いた左腕にかみつかせて捕獲を試みたが、左腕の別の場所をかまれて失敗。男性が犬から離れたあと、署員が男性に許可を取り発砲したという。

近隣トラブル

近隣トラブル

ペットのかみつき事故

近隣トラブルに関しては、近年爆発的に増加しており、相談件数も増えております。近隣トラブルには様々なケースがあります。些細な口論から大きな事件にまで発展してしまい、精神的に大変追い込まれてしまう事もあります。近隣トラブルは、早めに解決しておかなければすぐに泥沼化して、解決が困難になってしまう性質を有しています。そんな方のために私たちが全力でサポートいたします!

隣の方とトラブルを起こさないために大事なのは、そこに住んでおられる方々とのコミュニケーションが大事となってきます。ですが、近年は昔とは違いそのコミュニケーション自体が希薄になってきている傾向があり、トラブルにも発展しやすいのが現状です。もしあなたが現在近隣トラブルでお悩みなのでしたら、一度私たちにご相談下さい。盗聴、盗撮、ペットトラブル,嫌がらせなど
必要であれば各種専門家をご紹介いたしますのでご安心ください。
世田谷区で犬6匹放し飼い、通行人2人にかみつかせた82歳男逮捕
東京・世田谷区で、飼い犬6匹を放し飼いにし、通行人2人にかみつかせ負傷させた、重過失傷害の疑いで、82歳の男が警視庁に逮捕された。
無職・中尾貫雄(つらお)容疑者(82)は、4月、世田谷区北烏山で、飼い犬の中型の雑種犬6匹を放し飼いにした疑いが持たれていて、犬は、通行人の男性2人の足首にかみつき、全治10日のけがをさせた。
中尾容疑者は、室内で7匹の犬を飼っていたが、近所の人によると、ときどきリードをつけずに、近所を徘徊(はいかい)していることがあり、ほかの飼い犬にかみつくなど、トラブルを起こしていた。
近所の人は、「リードなしで、放し飼いでうろちょろさせていたりっていうのは、よく聞いたり、目にしたりしました」、「犬と一緒にジョギングしてる時に、2匹ぐらい、ふぁーっと出てきて、もう攻撃されて、胴をがぶっとかまれたんですよ」などと話した。
調べに対し、中尾容疑者は「ドアを開けたところ、犬が逃げてしまった」などと話しているが、これまでに、放し飼いや、かみつきに対し、9件の110番通報と、11件の保健所の指導を受けていた。

ペットトラブル

ペットトラブル

ペットトラブルの責任は大半が、飼い主の責任です。十分なしつけは飼い主の義務です。人間の子供も、しつけをされていないとろくな事をしません

猟犬飼い犬襲う

南関町と玉名市に2月から大型犬2匹が出没し、飼い犬がかみ殺されたとみられる被害などが続いた。同町に捕獲器が置かれたが、まだ捕まっていない。県などは住民に注意を呼び掛けており、9日に山狩りをする予定。

南関町には2月7、21日、同町宮尾の住民から「つないでいた飼い犬が死んでいる」と連絡があった。首周辺にかまれたような傷痕があったという。

隣接の玉名市の玉陵中校区でも2日、うろついている大型犬2匹を住民が目撃。県有明保健所によると、同日午後5時ごろ、近くの山から出てきた大型犬が、住民が散歩させていた飼い犬の下半身にかみついた。

目撃者の話では、危害を及ぼしているのはシェパードに似た灰色と、種類不明の赤茶色の犬。片方は狩猟用アンテナ付きの黄色い首輪を付けている。

有明保健所などは、2月25日に南関町宮尾の林道沿いに大型捕獲器(高さ約1メートル、幅約3メートル、奥行き約4メートル)を設置したが、犬が近づいた形跡はない。

9日の山狩りは県や両市町の職員十数人が出動。情報が寄せられた地域を重点的にパトロールする。

ペットトラブル

ペットトラブル

犬のかみつき事故

小型犬ではあまり事件になりませんが、中型件以上の犬がかみついたら、けがをしたり状況によっては死亡事故にもなります。犬はしつけをすることが当然で、犬が問題をおこしたら飼い主が管理者責任を問われるのは当たり前のことです。

しつけ、管理を正しくすることが、飼い主、犬双方ともに幸せになる方法だと思います。
犬に襲われ溺死、飼い主に6300万円賠償命令
北海道白老町の海岸で昨年2月、散歩中に綱を放たれた土佐犬が同町のaさん(当時59歳)を襲って溺死させた事件で、aさんの夫bさんら遺族4人が、重過失致死罪で懲役2年6月が確定した受刑者(65)を相手取り、損害賠償を求めた訴訟の判決が札幌地裁室蘭支部であった。

沓掛遼介裁判官は請求通り慰謝料など6300万円の支払いを命じた。判決は1月28日付。

沓掛裁判官は判決で、土佐犬が危害を加えないよう未然に防止する注意義務を怠り、死亡させた過失が重大と認定した。被告側は訴訟で答弁書を提出しなかった。

bさんは「刑事裁判後も私たちの心が安まる時はなかった。(判決を)妻の一周忌までには報告したかった」と話した。

ペットの管理は飼い主が責任をもって飼育するのが義務で、飼い主は6300万円を完済することを願うばかりです。