パワハラ訴訟

パワハラ訴訟

パワーハラスメントとは、2001年に東京のコンサルティング会社クオレ・シー・キューブの代表取締役岡田康子とそのスタッフが創った和製英語である。セクハラ以外にも職場にはさまざまなハラスメントがあると考えた岡田らは、2001年12月から定期的に一般の労働者から相談を受け付け、その結果を調査・研究し、2003年に「パワーハラスメントとは、職権などのパワーを背景にして、本来業務の適正な範囲を超えて、継続的に人格や尊厳を侵害する言動を行い、就労者の働く環境を悪化させる、あるいは雇用不安を与える」と初めて定義づけた。

 

正義が勝つわけではありません。訴訟に勝ったとしても実質的に仕事を失ってしまっては真の価値とは言えません。

千葉地裁;千葉県に50万円賠償命令 麻酔科医へのパワハラ訴訟(2013年12月11日)

 

千葉県がんセンター(千葉市)で麻酔科医として勤務していた40代の女性が、違法な医療行為をやめるよう上司に訴えたところパワハラを受け退職に追い込まれたとして県に200万円の損害賠償を求めた訴訟の判決があった。

女性は同センターで歯科医が扱えない麻酔を患者にかけているのを見つけ、2010年夏にセンター長を通して手術管理部長にやめさせるよう求めたが、仕事を減らされて同年9月に退職した。

金子直史裁判長は、「上司の手術管理部長は女性の要求を敵対的行為と受け止め、報復として手術麻酔担当などから外し、退職を余儀なくさせた」と認定。「職務を奪われてから退職までの期間は短い」として賠償額を減らし、50万円の支払いを命じた。

生きていく上で切っても切り離す事が出来ない”仕事“。そんな仕事上でトラブルが起こった際、一人で悩む必要なんてないんです。私たちが全力でサポートさせて頂きますのでご安心ください。人生の半分を費やす時間でもある仕事をより楽しくなる未来になるよう私たちにお任せ下さい。

 

訴訟を起こすことにもリスクがあります。あらゆる方法を考慮したうえで対応を考えましょう。

 

パワハラ学長

パワハラ学長

人間関係が優位な者が立場を利用し理不尽な要求をし職場の雰囲気や能率を下げるような行為は、企業として対応を早急にしなければなりません。

 

厚生労働省の「職場のいじめ・嫌がらせ問題に関する円卓会議ワーキング・グループ」(2012年)は、「職場のパワーハラスメントとは、同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与えるまたは職場環境を悪化させる行為をいう。※上司から部下に行われるものだけでなく、先輩・後輩間や同僚間、さらには部下から上司に対して様々な優位性を背景に行われるものも含まれる」という定義を提案した。

上司が信頼されていない会社で最もモチベーションが下がり、それを補うために懲罰的な叱責がなされるが、かえってそれが会社にとって致命的なミスにつながるということが明らかになっている。

浜松医科大(浜松市東区)の50代の男性教授が7日、中村達(さとし)学長からパワーハラスメントを受けたとして、学長と大学を相手取り、静岡地裁浜松支部に550万円の損害賠償を求めて提訴した。

訴状によると、男性教授は約9年間にわたって中村学長から嫌がらせを受けたり、教授としての地位を脅かされ続けたりしたことで精神的苦痛を被り、抑うつ状態と診断されたとしている。男性教授を巡って今年1月、浜松労働基準監督署が「上司との間のトラブルで精神疾患になった」と労災を認定している。

提訴前に記者会見した男性教授は「強化された学長の権限を私的に利用した明らかないじめ。裁判で真実が明らかになり、社会に貢献できる大学に変わることを望む」と話した。

パワハラ相談

パワハラ相談

「誰にも言えない・・・」「どうしたら楽になるの・・?」

毎日不安と孤独の中でじっと耐えて続けてしまい、自分自身に大きな精神的ストレスを抱え込んでしまうのが、こ のDVです。

最近では、相対的な数は少ないものの男性のDV被害も増えているようで、DVがやめられないと言う女性の方からのご相談も頂きます。

家族の為、子供の為にと「自分さえ我慢すれば何とかなるんだ」と言い聞かせていませんか?最も 女性が受ける被害で、肉体的暴力と精神的暴力があります。

誰かに相談したくてもなかなか言い出せず、また 相談された方も家庭の中にまで踏み込めず、どのようにしてあげればよいのか判断できる人は少ないようで す。そのため長期にわたり、我慢に我慢を重ねてしまうと心と身体が病んできます。

 

パワハラ相談2倍、過去最多

京都市で2013年度に市長部局の職員から寄せられたパワーハラスメントに関する相談が前年度の約2倍にあたる35件に上り、過去最多となったことが市のまとめで分かった。市は「パワハラに対する関心や意識が高まったためではないか」としている。

市によると、相談内容は上司による大声での叱責(しっせき)や決めつけといい、「話の内容は業務上必要な指導に関することだが、言った方と言われた方の理解に違いが起きている」(コンプライアンス推進室)とする。上司に指導するが、懲戒処分に至った事例はない。

市は09年度からパワハラの相談窓口を設けており、11年度までは7~10件だった。12年度は18件と大幅に増え、13年度はさらに倍増した。35件のうち21件は調査や指導は求めておらず、匿名の通報も多いという。

市は全職員に対してパソコンで閲覧できるパワハラ防止の手引きを配布したり、管理職や係長の研修時に注意を呼びかけている。

パワハラ職員懲戒

パワハラ職員懲戒

パワーハラスメントも深刻 です。

「なぜ私だけが・・」「仕事へ行きたくない・・」

と思いながらも耐え続けてしまう自分がいて、心が傷 つき精神的苦痛を感じながら一日をやっとの思いで過ごしているという方がいます。復讐することを考えた り、事件になるようなことになってからでは遅いのです。

大津市は19日、市民部の課長級の男性職員(53)が部下を大声で叱るなどパワーハラスメントを繰り返したとして、同日付で減給10分の1(3カ月)の懲戒処分にした。また、管理不足として当時の上司だった市教委の次長級職員(58)を減給10分の1(1カ月)、市民部の部長級職員(58)を戒告処分とした。
市人事課によると、男性職員は昨年5月から今年3月にかけてほぼ毎日、約20人いる部下それぞれに対し、自らの机の前などに立たせたりして30分~2時間近く、仕事の進め方や書類の不備などを大声で指導、叱っていたという。4月には採用したばかりの臨時職員が起案した資料をくしゃくしゃに丸めてごみ箱に捨てたという。
市は昨年6月に事態を把握し、当時の上司らに指導を求めた。昨年12月にはハラスメント防止のチェックシートも作成したが、改善されなかったという。今後、ハラスメント防止の研修などを強化するという。
上記のような状況の中で、一人でなんとかしようとしても思うようにはいかいことが多いのです。

一人で 悩む必要はありません。当事者間では解決が難しい案件もアイ総合コンサルタントへご依頼ください。
セクハラ被害は、泣き寝入りの果て、退職に追い込まれたり、ウツになって社会復帰が厳しくなると言った二次被害も起こっており、

早期対応が望ましと言える案件です。

ブラックバイト!

ブラックバイト

ブラック企業の問題もさることながら、アルバイトでも問題が起こっています。

ノルマを達成しないと自費で商品を買い取り、授業や試験の予定を無視してアルバイトに働かせるといったことがブラックバイトとして問題になっています。

ブラックバイトとは、「学生であることを尊重しないアルバイト」が定義です。
低賃金であるのに、正社員並みの義務や学生生活に支障が出るほどの重労働を強いられることも多いのです。

 

ブラックバイトの闇!辞めたいけれど辞められない!

条件が合わないのならば辞めればいい!
アルバイトなのだから、正社員とは違うだろう!
そう思う方も多いでしょう。しかしこのブラックバイトの背景には様々な経済事情があるのです。
正規雇用の減少や、仕送りが減り学生が簡単にバイトを辞められなくなっています。
辞めることでまた何十社もアルバイト先の面接に時間をとられ、それでもなかなか次のアルバイト先が決まらない学生が多いのです。これは、フリーターの数が増え、彼らとの競合で次のバイトが簡単には見つからないという事情があるのです。

 

初めてのバイト先がブラックバイト!何が基準なのか知らない無知の悲劇!

このブラックバイトの被害に陥る彼らは、人生で初のアルバイトであることが殆どです。
社会経験の浅い彼らは、通常の会社での勤務経験もないため
こんなものだろうと言われるがままに使われるのです。
結果、授業に出られないことから成績が落ちて単位が取れない状態になったり、
試験にすら出ることが出来ない学生もいるのです。
このような問題は昔から全くないわけではありませんが、これだけ社会現象になっていうと言うことは
現代ならではの問題ではないでしょうか。
弱者を踏みつぶす時代になっていることを痛感します。

無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。お問い合わせは無料です。