フェティシズム障害

フェティシズム障害

「モノ」に執着する犯罪は後を絶ちません。こうした犯罪を繰り返す人は、「フェティシズム障害」という精神疾患の可能性があります。執着は犯罪を犯す要因として、見逃すことはできません。

女性の下着を盗んだ男が逮捕されています。こうした、異性そのものではなく異性が身につけている「モノ」に執着する犯罪は後を絶ちません。こうした犯罪を繰り返す人は、「フェティシズム障害」という精神疾患の可能性があります。

 

「フェティシズム障害」とは、女性の下着や靴といったモノほか、性器以外の身体の一部などが性的興奮の対象となる精神疾患で、「パラフィリア障害群」の中に含まれます。特定のモノや部位への愛着が強い人を、よく「○○フェチ」と言いますね。そうした性的嗜好も度を過ぎれば病気と判断されることがあるのです。精神疾患の診断マニュアルである。フェティシズム障害の診断基準として「少なくとも6か月間にわたり、生命のない対象物の使用、また生殖器以外の身体部位への著しい特異な関心から得られる、反復性の強烈な性的興奮が、空想、衝動、または行動に現れる

異性愛の男性が、女性の服装を身に着けることで性的に興奮する「異性装障害」と呼ばれる疾患もあります。こちらは「服装倒錯的フェティシズム」とも呼ばれ、DSM-5ではフェティシズム障害に近いものとして分類されています。多くは男性が女装するケースですが、稀に女性が男装するケースも見られると言われます。恋愛や性の対象はあくまで異性ですが、自分が異性に扮装することに快感を覚えるのです。従って、異性装障害の人は自分の性別を変えることを志向しているわけではありません

弁護士の横領事件が多い 弁護士トラブル

弁護士の横領事件が多い

預り金の着服は、いずれバレてしまう犯罪行為です。そのことをわかっているはずの弁護士が、このような着服行為に手を出してしまうのは理由があるのです。個々の事案の原因は、それぞれ異なりますが、弁護士の売上が減少しているという背景もあるのでしょう。

横領は、若手の弁護士ではなく、60歳代などベテラン世代の弁護士に多く発生しているようで、事務所の必要経費などをまかなうために、預り金から一時流用のつもりで手をつけてしまったかもしれません。許せるわけではないのですが。

弁護士に限らず、任せきりにしたほうにも原因があることを十分に理解することが重要なのです。弁護士だからその様な横領をしたのではなく、人に頼むから起きている事件です。

下記の弁護士もあまり仕事がなかったようです。
高齢者の4千万円横領容疑、成年後見人の元弁護士を逮捕

成年後見人として管理していた高齢者の預金口座から現金約4千万円を私的に流用したとして、警視庁は2日、東京都の元弁護士渡部直樹容疑者(48)を業務上横領容疑で逮捕した。捜査関係者への取材でわかった。

捜査関係者によると、渡部容疑者は弁護士をしていた2011~14年、都内の90代女性の口座から現金約4千万円を横領した疑いがある。東京家裁から11年6月に女性の成年後見人に選ばれ、財産を管理していた。警視庁は、渡部容疑者が着服した現金をキャバクラなどの遊興費に充てたとみている。

渡部容疑者は成年後見人として別の高齢者の口座も管理していたが、この口座からも約5千万円がなくなっているといい、警視庁は関連を調べている。

政治と金

政治と金

迂回献金か

1億円が民主議員側に 日歯連

 

政治団体「日本歯科医師連盟」(日歯連)が石井みどり参院議員(自民)の後援会に事実上、法定上限を超す寄付をした問題に絡み、2010年にも日歯連から西村正美参院議員(民主)の後援会に対し、別団体を経由させる方法で、上限を超える計1億円が寄付されていたことが30日、分かった。
政治資金規正法は、政治団体間の寄付を年間5000万円に制限している。東京地検特捜部は30日、石井氏の後援会への寄付をめぐり、政治資金規正法違反容疑で、東京都千代田区の日歯連事務所などを家宅捜索した。
政治資金収支報告書によると、日歯連は10年3月30日、西村氏を支援する政治団体「西村まさみ中央後援会」と西村氏が代表を務める「民主党参議院比例区第80総支部」にそれぞれ5000万円を寄付した。総支部の10年の収入はこの5000万円がほとんどで、同年5月13日に同額を同後援会に寄付しており、日歯連は後援会に対し、実質的に年間計1億円を寄付した格好となった。
西村氏は10年7月、日歯連の推薦を受け参院選で初当選している。
迂回献金か

13年に5000万円 自民参院議員の後援会に

政治団体「日本歯科医師連盟」(日歯連)が2013年に支出した政治資金のうち、計9500万円が自民党の石井みどり参院議員の後援会に渡っていたことが4日、分かった。政治資金規正法は、政治団体間の寄付を年間5000万円に制限している。
9500万円のうち5000万円は、日歯連が擁立した別の参院議員の後援会を経由していた。直接の寄付を避けるため「迂回(うかい)献金」した可能性がある。
日歯連の政治資金収支報告書などによると、日歯連は13年1月23日、民主党の西村正美参院議員の政治団体「西村まさみ中央後援会」に5000万円を寄付。同後援会は同日、石井氏の政治団体「石井みどり中央後援会」に同額を寄付した。西村まさみ中央後援会の13年の収入は、この5000万円以外は、前年からの繰越金約11万円だけだった。
日歯連は同年3月15日、石井みどり中央後援会に対し、さらに4500万円を寄付している。

マダニにかまれて感染、男性死亡

マダニにかまれて感染、男性死亡

これから行楽シーズン特に気お付けましょう

ダニに刺されることで起こる感染症はリケッチアやウイルスという病原体を保有するダニなどに刺されることにより起こる感染症です。
2011年に初めて特定された、新しいウイルス(SFTSウイルス)を保有する「マダニ」に刺されることによって引き起こされる、「重症熱性血小板減少症候群 (SFTS)」やリケッチアや細菌など病原体を保有する「マダニ」に刺されることで感染する「日本紅斑熱」「ライム病」「回帰熱」また、「つつが虫」に刺されることによって感染する「つつが虫病」などが主な病気です。
いずれも、すべてのマダニ、つつが虫が病原体を持っているわけではありませんが、ダニ等に刺されないための注意が必要です。

主な症状は、
重症熱性血小板減少症候群 (SFTS)
ダニに刺されてから6日~2週間程度で、原因不明の発熱、消化器症状(食欲低下、嘔気、嘔吐、下痢、腹痛)が中心です。時に頭痛、筋肉痛、神経症状(意識障害、けいれん、昏睡)、リンパ節腫脹、呼吸器症状(咳など)、出血症状(紫斑、下血)など様々な症状を引き起こします。

日本紅斑熱・つつが虫病
ダニに刺されてから、日本紅斑熱は2~8日後に、つつが虫病は10~14日後に、高熱、発疹、刺し口(ダニに刺された部分は赤く腫れ、中心部がかさぶたになる)が特徴的な症状です。紅斑は高熱とともに四肢や体幹部に拡がっていきます。紅斑は痒くなったり、痛くなったりすることはありません。治療が遅れれば重症化や死亡する場合もあります。

ライム病
ダニに刺されてから、1~3週間後に刺された部分を中心に特徴的な遊走性の紅斑がみられます。また、筋肉痛、関節痛、頭痛、発熱、悪寒、倦怠感などのインフルエンザ様症状を伴うこともあります。症状が進むと病原体が全身性に拡がり、皮膚症状、神経症状、心疾患、眼症状、関節炎、筋肉炎など多彩な症状が見られます。

マダニ媒介性の回帰熱
ダニに刺されてから、12~16 日程度(平均15 日)に 発熱、頭痛、悪寒、筋肉痛、関節痛、全身の倦怠感などの風邪のような症状が主で、時に、神経症状(意識障害、けいれん、昏睡)、リンパ節腫脹、呼吸不全、出血症状(歯肉出血、紫斑、下血)が現れます。
いずれの疾患も、症状には個人差があり、ダニに刺されたことに気がついていなかったり、刺し口が見つからなかったりする場合も多くあります。見た目だけでの診断が困難です。治療が遅れれば重症化や死亡する場合もありますので、早めに医療機関に相談しましょう。

受診時には、
•○月○日、野山に行った
•○月○日、草むらで作業した
•あの時、ダニに刺されたかもしれない
など日付け、場所、発症前の行動(2週間程度)を伝えましょう。
24日、香川県内に住む男性がマダニが媒介する「日本紅斑熱」に感染し、死亡した。香川県内での死亡例は初めてだという。

「日本紅斑熱」は、「リケッチア・ジャポニカ」という病原体に感染しているマダニにかまれてから数日で高熱を発症するという。県によると、男性が感染したのは今月上旬とみられ、県内の山間部や草むらでマダニにかまれた可能性が高く、12日に39℃を超える高熱や頭痛を訴え県内の病院を受診していたが、その後、死亡した。「日本紅斑熱」の感染は最近、西日本で多く、昨年全国では240例で、このうち香川では7例の発症例があった。

県では、マダニは春から秋が活動期で、草むらや畑などでかまれないように注意し、疑わしい症状があればすぐに医療機関を受診してほしいと呼びかけている。

安全 安心

安全 安心


安全安心は何もしなくて得られるものではない。このように住民団体で行動をおこしているところがある。

ゲリラから守る連絡会 パトロール

全国の寺社で油のような液体が相次いでまかれた事件を受け、京都府警南署は18日、被害のあった世界文化遺産の東寺(京都市南区)で、地域住民らと合同パトロールを実施した。地域住民と連携して警戒にあたることで、被害の拡大を未然に防ぐ狙いがある。

住民団体「東寺の文化財をゲリラから守る地域連絡会」のメンバーと東寺の職員を含む約30人が参加。境内の建物など7カ所を巡回して被害箇所を点検したほか、不審者役を演じた署員にパトロール中に声をかける訓練も行った。

南署の野上元(げん)警備課長は「不審者が怪しい見た目をしているとはかぎらない。歩く方向を変えたり目をそらしたりする動作に着目してほしい」と説明。不審な行動や態度を見分けるための注意点を伝えた。

東寺ではこれまで大師堂(国宝)内部の畳や灌頂(かんじょう)院(重要文化財)の東門など計9カ所で液体の跡が確認されている。南署は、液体の分析や防犯カメラの解析を進めるとともに、巡回の回数を増やすなど警戒を強めている。

地域連絡会の木村作也会長(77)は「地域の目でも東寺を見守ることで、少しでも抑止力につながれば」と話した。

 

認証局のSSL証明書発行問題 

認証局のSSL証明書発行問題

信頼と実績のリピート率72.8%!!お悩み事、問題事の解決方法をお探しのお客様はアイ総合コンサルタントへ是非ご相談ください!一人で悩まず、私共にご相談頂ければ、必ずやあなたのお力になれます!秘密厳守も徹底しておりますので、安心してご相談ください。あらゆるネットワークを備え、どんなお悩みごと、問題ごとにも柔軟に対応し、解決させて頂きます。この状勢下、様々なお悩み事や問題事を抱えておられる方が近年増加しています。「だけど、どこに相談すればいいのか分からない」というのが気持ちもある事と思います。そのようなお悩みをお持ちのお客様がいらっしゃいましたら、是非私共、アイ総合コンサルタントへとご相談くださいませ。確かな知識を備えた専門のスタッフがあなたのお悩みや問題を徹底的にサポートし、早期解決とへ導くべく、お客様の幸せの一助になる事を志し、誠心誠意、まごころを持ってお手伝いをさせて頂きます。男女のもつれや近隣とのやっかい事、金銭や犯罪にまつわる問題だけでなく、家族・親族間での心配事は勿論の事、職場や企業における悩み事、商取引における衝突などにも対応させて頂きます。これら以外にも諸々のご相談事を承っておりますので、該当するものがないと思われるケースに遭遇しておられる方も、是非一度当方までお問い合わせ頂ければ、専門スタッフがご相談に応じさせて頂きます!
不正取得で攻撃の恐れ

 

SSL証明書を発行する一部のルート認証局が、メールアドレスで申請者がドメイン所有者であるかを確認している行為について、米CERT/CCなどのセキュリティ機関が問題視している。CERT/CCは「メールではドメイン所有者が正しい存在であることを証明できない」とコメント。第三者が不正にSSL証明書を取得して、悪質なHTTPSサイトを構築したり、暗号化通信の内容を盗聴したりする可能性があるという。

 

一般的にルート認証局は、証明書の発行を依頼した人物がドメイン所有者、もしくはドメイン所有者から了承を得た立場であることを厳密に確認してから証明書を発行する。証明書の発行を受けたドメイン側は、アクセスするユーザーに証明書を提示し、ユーザーは証明書が信頼のあるルート認証局から発行されたことを確認して暗号化通信が可能になる。つまり、ルート認証局はドメイン所有者の身元を“きちんと確認している”という前提があるわけだ。

CERT/CCが問題視するのは、多くのルート認証局が提供している「ドメイン認証型」のサービス。一部のルート認証局は、証明書発行を申請したドメインの身元を、そのドメイン名を使ったメールアドレスが有効かどうかだけで確認しているという。一方で、実際に電話連絡ができることや、法人登記などの書類を用いた追加的な身元確認作業をしている認証局も多い。

認証局やベンダーが加盟するCA/Browser Forumのガイドラインでは、ルート認証局がドメイン所有者の身元を確認する際に、「admin」「administrator」「webmaster」「hostmaster」「postmaster」とドメイン名によるメールアドレスを利用できるとしている。

ところが、この規定から外れたメールアドレスでも身元確認をしているルート認証局があるという。情報処理推進機構によれば、例えば「ssladministrator@example.com」のメールアドレスで連絡できることをルート認証局が確認すれば、「example.com」ドメインの証明書が発行されてしまう。悪意を持った人物が不正に証明書を取得してWebサイトを構築し、ユーザーに“信頼できるWebサイト”と信じ込ませて暗号化通信の内容を入手する可能性がある。

特にメールサービスを提供するWebサイトのドメインではリスクが高いという。ドメイン所有者とは関係のない第三者が、ルート認証局で確認に使っているメールアドレスを不正に入手した場合、ドメイン所有者の知らないうちに、そのドメインの証明書が発行されてしまう恐れがある。

ユーザーのWebブラウザで「強化版SSL」と呼ばれるEV SSL証明書を導入しているWebサイトにアクセスすると、URLのアドレスバーが緑色で表示され、一目で判断できる。だがEV SSL証明書以外では、ドメイン認証型で発行された証明書や、追加確認をした上で発行された証明書が区別なく表示されてしまうため、ユーザーがドメインの身元が正しいどうかを確認する術がない。

CERT/CCではルート認証局の状況を公開。4月1日現在で8つの認証局が「問題に該当しない」とされ、国内では日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)やセコムトラストシステムズの名前が挙げられている。

CERT/CCが指摘する問題は、正規のドメイン管理者やWebサイトのユーザーが対策できない点で深刻だという。SSL証明書の発行価格はサービスによって異なる。事業者によっては、認証局での確認作業を簡素化してコストダウンを図っているところがあるものの、安価でも厳格な確認作業をしている認証局もある。CERT/CCが指摘する問題が広がれば、ドメイン所有者やユーザーは認証局の信頼性を自分で判断しなければならい状況に置かれそうだ。

立てこもり犯の職業

立てこもり犯の職業

 

この立てこもり犯の職業は探偵です。
特殊部隊突入、男逮捕 東京 渋谷
ベランダに白いボードを立てかけた部屋(右側)で男が立てこもったマンション=東京都渋谷区神南1で東京都渋谷区神南1のマンション14階のベランダから、男が植木鉢などを投げ落としているのを警視庁渋谷署員が見つけた。男は拳銃のような物で周囲を威嚇しながら立てこもった。捜査1課の特殊部隊が午後8時45分ごろベランダから突入。探偵事務所元代表のa容疑者(47)=港区南麻布4=を公務執行妨害容疑で逮捕し、部屋からモデルガン4丁を押収した。同課によると、容疑者は興奮状態で容疑について「覚えていない」と供述している。

 

マンション隣の雑居ビルに入る探偵事務所の社員から「錯乱状態になっている」と110番があった。署員が駆けつけると姿はなく、行方を捜していたところ、マンションから物を投げ落としているのを発見した。伊藤容疑者は最近、この部屋を借りていたという。

現場はJR渋谷駅の北約700メートルで、周囲は週末の買い物客らで騒然となった。

何があっても気がふれているようでは仕事はできません。探偵への依頼は相手を見て選ぶましょう。

錯乱状態になっているってことは薬物でもしているのかと思いました。

スピリチュアルでは解決出来ない現実

スピリチュアルでは解決出来ない現実

 

ブログを読んで下さってありがとうございます。

あなたは、占いを信じていますか?

四国の徳島にあるライオン薬局は巷では有名な占いです。

過去に一度、占って頂いた事があります。

もう、10年程前の話です。

当時、結婚に悩んでいたわたしに友人が予約を取ろうとしてくれたのですが、

断られてしまったのです。

25才以上じゃないと占ってくれないとか・・・

そんな理由だったような気がします。

気になってはいたものの、それでも良いと思っていました。

そして数年後、

ちょうどライオン薬局の前を通る機会があったので、

入って見る事にしました。

予約制だと思っていましたが、OKがでました。

交際している相手の事、

家の事などを占ってもらいましたよ。

恐ろしい事を言われるという噂を聞いていましたので、

それなりの心構えをしていました。

結果は、当たっている所もあれば

そうでもないような・・・

占いとはそんな物ですよね。

誰もが困った時、悩んだ時に導いて欲しいから訪れる所だと思います。

しかし、占い師や霊能力者と言われる人は

洗脳しようと引き込んでくる者もいます。

全ての人がそうではないでしょうが、

依存心を抱かせるようにしむける人もいるのです。

お笑い芸人のオ◯ロの方などが悪い例でしょう。

困った時、トラブルに巻き込まれたときはそのような所に救いを求めても仕方がありません。

根本的な問題解決にはなりません。

まずは、現実を把握する事が大事ではないでしょうか。

なりたいけど

なりたいけど

 

 

今日も、ブログを読んで下さってありがとうございます。

 

最近は、女性だけではなく男性も美容に興味津々!

 

男性の肌は、女性とは違い厚みもありしっかりしています。

 

本来、トラブルが少ない肌でもあります。

 

乾燥して敏感肌に傾きやすい女性とは逆に、

 

べたつきや、毛穴、吹き出物に悩む傾向があります。

 

そんな、美容に手間ひまお金をかけてお手入れしている人に聞いてもらいたい事があります。

 

それは、食品産地偽装ならぬ「化粧品成分偽表示」の問題です。

 

多くの化粧品には、品質をある期間安定させる為に防腐剤や殺菌剤といった成分が入っています。

 

水分を含むものは、細菌が繁殖してしまうからです。

 

「無添加」をうたっているからと言って何が無添加なのか書かれていないものもあります。

 

防腐剤だけではなく、

 

乳化剤や界面活性剤、石油系の成分なども肌によいとはされていません。

 

この中でもよくうたわれているのが「パラベンフリー」

 

悪質な商品では、

 

商品のパッケージの表示には書かず、

 

添付の紙には書かれていたり、

 

それにも係らずリーフレットに堂々と「パラベンフリー」

 

と書いている物も・・・

 

 

このようなメーカーは不信極まりなく、

 

他の成分に関しても疑わしいのです。

 

 

アイ総合コンサルタントでは、

証拠を活用出来る人材

証拠調査士の育成もしています。

探偵業をされている方のステップUPのための資格です。

クライアント満足度を上げて、

収入アップにつながる資格でもあります。

お問い合わせは、

 

アイ総合コンサルタント

0120-007-808

犯罪被害をどう防ぐか

犯罪被害をどう防ぐか

東京メトロ副都心線の駅構内で、所沢市の新聞販売店の男性従業員(53)が刃物で刺された事件で、殺人未遂容疑で逮捕されたアルバイト、男性容疑者(32)朝霞市が「身を守るために普段からナイフを持ち歩いていた」と供述していることが捜査関係者への取材で分かったらしい。上記容疑者自宅から事件に使われたとされるサバイバルナイフ(刃渡り約30センチ)を押収しており銃刀法違反容疑でも調べるとのこと。
捜査関係者によると、押収されたナイフはさやに入った状態で見つかった。片側に刻みがあるタイプで渡辺容疑者は「今年1月に購入した」と説明。ナイフには血痕などは確認できなかった。これまでの調べでは、同容疑者が事件直後、渋谷駅のトイレに立ち寄ったことが分かっており、そこで血液を拭き取ったとみている。捜査1課はナイフを鑑定して凶器の特定を急ぐとともに、入手した経緯などを追及する。
そこで私が怖いと感じたことは、普段から護身用としてそんなナイフを持ち歩いている事である。何を思ってそんな人を殺すことのできるナイフを常に持ち歩いていたか、護身用とはいえ身の危険を感じるようなことがあったのかなどは気になる。

私の経験上、そんなことをしでかす人の特徴として、目が 落ち着きがなく、「目が泳ぐといった」傾向がみられるような気がする。私なりの分析では、精神が不安定な状態の人が何かのきっかけでこんな犯罪を犯してしまっているような気がする。
犯罪被害を避けるなら、その様な人を避けるるしかないのかもしれない。

トラブルは、自分の意図しないことから巻き込まれてしまいます。モラルの欠如した相手に一泡吹かせたい方は、一度、セクハラ解決コンサルタントをご依頼下さい。その決断が早期解決へと繋がります。

トラブル解決なら 
アイ総合コンサルタント
トラブル解決ダイヤル 0120-007-808