デートDV

デートDV

時が経つにつれ、出会った頃からは想像もつかないトラブルや問題に発展してしまい、どうしたら良いのかわからず、精神的に参っていませんか。

女性5人に1人「デートDV」被害

ビルで殺害されたOLさんは、容疑者による暴力について何度も警察に相談していた。こうした交際相手からの暴力は「デートDV(ドメスティックバイオレンス)」と呼ばれその形態は、暴力だけはなく、束縛や嫌がらせなど多岐にわたる。被害者は追い詰められて自分を責めることも多く、被害が表面化しにくいことも。

 20代女性では36%も被害

内閣府の調査(平成29年度)によると、交際相手から暴力被害を受けた経験のある女性は21・4%と、およそ5人に1人に上るという。20代に限定すると36%に達し、深刻度が増している。しかし、被害者のうち周囲に相談したという人は55・9%で、相談先が「警察」と回答した人は2%にとどまる。

デートDVは暴力だけではなく精神的な嫌がらせや過度な束縛・監視も含まれるが、徐々にエスカレートしていくため、加害者、被害者ともに、DVの意識を持ちにくいとされる。

被害者はおまえが悪いなどといわれ、自分が悪いから仕方ないと思わされるため、暴力だと気づきにくく被害が表面化しない側面もある。

 エスカレートの末に事件に発展する

少年が交際相手の少女の姉ら3人を殺傷。少年は交際を反対している姉が邪魔だったと供述している。少女は10回以上にわたり警察に暴力の相談をしていた。

交際相手の男が、女性と娘を刺殺する事件があった。女性は警察に相談していたが、その後「別れた」と申告し、対応が打ち切られていた。

交際相手の女性の首を絞めて殺害しようとしたとして殺人未遂容疑で男が逮捕された。女性も警察に被害を相談していたという。

 

付き合い始めは、毎日楽しくて仕方がない、というのは皆様も経験があると思います。しかし時間が経つにつれ、相手の事をたくさん知っていくと、不安などが出てくるのも事実だと思います。そんな時、相談できる相手というのは中々見つからない方も多くおられます。そんなあなたのお役に私たちは立てますので一度ご相談下さい。

 

間違った愛情!

間違った愛情!

女性だけではなく、男性も同じなのでしょうが・・・
ということを前提に書いておきますが、
愛情と全く関係ないことを「愛情だ」と勘違いしてしまうことがあります。
男性が優しい言葉をかけてくれるのは、下心があるから。
「好きだ!」と言うのが口癖。
愛してるんだから、これを買ってくれ。
などなど。
誰でも経験があるのではないでしょうか。
先月、夫が出資法違反の容疑で逮捕された加護亜依さん、彼女のニュースを聞いて残念に思いました。

 

「彼は私のために稼ごうとしてやった」と離婚を拒否

警視庁は10月28日、加護さんの夫、加護陽彦容疑者(47才)を出資法違反容疑で逮捕しました。

逮捕状が出たのは17日です。その時点ですでに彼は行方をくらませていました。
加護さんにも17日の時点で警察から連絡が行き、事情を聞かれたそうですが、彼女も夫の居場所がわからないということだったそうです。

加護容疑者は、2011年9月にも恐喝未遂事件で逮捕されています。警察沙汰になるのはこれで2度目といいます。

知人によると、「彼は黒社会との繋がりも深いとされており、以前から“いわくつき”といわれる人物でした。加護容疑者の両親は今回の逮捕を受けて、亜依ちゃんに“これ以上あなたに迷惑をかけたくないから、息子とは別れてくれ”とまで言っているそうです。でも、彼女は“彼の行為は、私のためにお金を稼ごうとしてやったことだから、絶対に別れない”と、頑なに離婚を拒否しているそうです」と話しているそうです。

 

何を持って悪であるのか。判断基準が身を亡ぼす!

人間ですから、完璧な人はいないと言って良いでしょう。
大量虐殺を行った誰もが知る人にも、家族がいるのです。外では見せない顔を家族には見せていたはずです。
DVの被害もそうですが、悪いところに目をつむり、その人の良いところを誇張して受け取っているように感じうことがあります。離れられないの理由の一つでしょう。
はたから見れば、色ボケしているだけのように思えることすらあり、
周りから別れるように促されても一向に聞く耳を持たないのです。
犯罪者の周りにいることで、自分自身も犯罪に手を染める可能性は高くなります。
そういったリスクがあることも忘れてはならないのです。
男女トラブルの解決は、アイ総合コンサルタントへご依頼ください。

男女トラブルは、だれにも相談できないケースがあります。当社は秘密厳守で安全安心です、一度ご相談下さい。その決断が早期解決へと繋がります。

 色物事件

 色物事件

脱法ドラッグ「覚醒剤より危険」

「快感が得られると聞いてアロマリキッドを飲ませたら、女性の体調が悪くなった」

ラブホテルで体調不良に陥った知人女性(41)を放置して死亡させたとして、10月17日、○○府警に保護責任者遺棄致死容疑で逮捕された無職男(40)=○○市○○区=は、事件のいきさつをこう説明したという。男が“媚薬”として女性に飲ませたアロマリキッドとは、脱法ドラッグの一種だった。国は定期的に薬物を規制しているが、法をくぐり抜ける製造者が後を絶たず、インターネットなどで簡単に手に入るのが実情だ。「脱法ドラッグ」という、いかにも違法性はないかのような名称からか安易に使用されがちだが、関係者からは「覚醒剤よりも危険」との声も上がっている。

快感のため

「快感を得るために女性から買ってくるよう頼まれ、○○市内の店で買って使った」

男は脱法ドラッグを媚薬として使っていた。

男の逮捕容疑は10月17日未明、○○市○○区内のラブホテルで、この液体を飲んだ女性が嘔吐(おうと)や下痢を繰り返し、衰弱していったにもかかわらず、救急車を呼ぶなどの措置をせずに放置し、部屋から出て行ったとしている。

男は「アロマリキッド若干量をドリンク剤に混ぜて飲ませた」と供述しており、○○府警が液体の鑑定を進めている。

事件は17日昼、チェックアウトの時間になっても出てこない客を不審に思ったラブホテルの従業員が、部屋を訪ねて女性を見つけて119番したが、女性はまもなく死亡が確認された。

2人は前日の16日午後9時ごろ、ホテルに入室していた。男は「女性とは体目当ての関係だった」と説明している。