強要 セクスト―ション

強要 セクスト―ション

権利の行使を妨害し、義務なきことを強制することで成立する強要罪は、弱みを握られている者からの要求なため当事者では断ることにリスクがあるのです。

なかなか相談しにくいことですが当社に相談してください。勇気を出して対応しないと要求がエスカレートしていくケースを多く見てきました。

補導した少女らに性的関係を迫ったとして、強要未遂の罪に問われた広島東署府中交番の元巡査長、鞍本渡被告、懲戒免職の判決公判が4日、広島地裁であり、裁判官は「狡猾で卑劣な手口による悪質な犯行」として懲役2年6月、執行猶予4年(求刑2年6月)の判決を言い渡した。

判決によると、今年3~4月の間、職務上知り得た個人情報を悪用し、補導少女2人の携帯電話に、暴力団員を装って電話をして性的関係を迫り、要求に応じなければ集団強姦などの被害に遭わせると脅迫した。携帯サイトで知り合った女性には、裸体などの動画をインターネット上に流出させるなどと脅し、性的関係を迫った。

判決で裁判官は「市民生活を守る職責の担い手としての自覚を欠いた恥ずべき行動で、警察に対する市民の信頼を損なった」と指摘した。被害弁償が行われていることや社会的制裁を受けていることなどから執行猶予判決とした。

中学校長が児童ポルノ集め

中学校長が児童ポルノ集め

中学校の男性校長(51)が、児童ポルノを集めていた疑いが持ち上がり、衝撃が広がっている。ファイル共有ソフトを使ってウイルス感染し、個人パソコンの中身がネット上に晒されたのだ。本人はわいせつ画像入手は認めているというが、市教委は「警察から法に触れるものはないと聞いています」としている。
「児童ポルノがあったかについては、確認できていません。校長と話をする機会がなくて…」

問題が発覚した中学校の教頭は、取材に対し、こう弁明した。

学校ホームページ炎上状態で仮閉鎖

この騒ぎは、校長の個人情報などが2010年3月21日に流出して広がり、翌日には、市教委が緊急の記者会見をして概要を説明した。その後、校長は体調を崩して、3連休明けの23日から休んでいるという。

新聞各紙の報道では当初、校長が自宅パソコンに保存していた学校関係のファイル60以上が流出し、生徒ら約200人の名前、住所などの個人情報が漏れたとされた。そして、その後、流出したのはファイル名だけと修正され、さらに校長がダウンロードしたわいせつ画像も含まれていると報じられた。

ところが、流出したファイル名を見ると、「ロリータ」「小学生」「14歳」などと児童ポルノを連想させるものが多数ある。こうしたことから、ネット上では、なぜそれを報じないのか不満が強まっている。学校ホームページにもアクセスが数万も殺到して炎上状態になり、現在は、仮閉鎖に追い込まれている。

そこで、教頭のほかに、市教委にも取材すると、学校教育課長は、その可能性を認めた。
「中身までは確認できていませんが、ファイル名からそういうものがあったと認識しています。これらが法に触れるものか県警サイバー対策課と相談していますが、今のところ警察からは『法に触れるものはない』と聞いています」

わいせつ画像とみられるファイルには、「個人撮影」という項目もあったが、課長は、「本人から聞き取りしたところ、子どもを撮影したものではないと確認しました」としている。ただ、聞き取り以上に調べたりはしていないという。

学校関係者の事件

学校関係者の事件

 

女子高生の裸画像送らせる

中学講師を逮捕
スマートフォンの無料通信アプリ「LINE」を使い、女子高生に裸などの画像を送信させたとして、岐阜県警少年課などは28日、児童買春・ポルノ禁止法違反容疑で、同県揖斐川町立谷汲中講師、容疑者(23)=岐阜市下鵜飼=を逮捕した。同課によると「間違いありません」と容疑を認めているという。

逮捕容疑は6月、岐阜県内の高2の女子生徒(17)にスマホで裸や下着の画像を撮影させ、 容疑者のスマホに送信させた疑い。

同課によると、2人は5月、出会い系アプリを通じて知り合った。女子生徒は「画像を送れと何度もしつこく言われ、嫌われるのが嫌で送ってしまった」と話しているという。

 

女子高生のスマホ遠隔操作容疑

岡山大助教逮捕
インターネットで知り合った女子高校生のスマートフォンを不正に遠隔操作できる状態にしたとして、広島県警サイバー犯罪対策課などは11日、不正指令電磁的記録供用容疑で、岡山大大学院自然科学研究科助教の容疑者(31)=岡山市北区中井町=を再逮捕した。同課によると、容疑を認めているという。

逮捕容疑は昨年12月7~28日、広島市中区のホテルで計3回にわたり、広島県内の女子高生(16)のスマホにアプリをインストールし、不正に遠隔操作できる状態にした疑い。

性被害から身を守る

性被害から身を守る

 

今夜も、ブログを読んで下さってありがとうございます。

夏は、マキシワンピが大活躍します。

もちろん、プライベートだけですが重宝します。

足フェチの男性には不評かもしれませんが、

足が太いわたしにとっては貴重なアイテムです。

背の低い人でも、バスト下に切り返しのあるデザインや、

柄でスタイルよく見せる事も出来ますよ。

上手く行けば、ヒールを履かなくてもバランスよく着こなせます。

初めての方も、トライしていてはいかがでしょうか?

暖かくなってくると、男性も女性も薄着になります。

女性は気をつけましょう。

軽いイメージを与えるだけではなく、

性被害にも合いやすくなります。

性被害は、被害に遭った後の解決が大変難しく、

一生悩んでいる女性もいます。

男性恐怖症や同性愛のきっかけになる事もあります。

出来ることは注意しておきましょう。

 

 

浮気が原因で離婚をお考えの方、
離婚調査をご依頼ください。不貞行為は離婚自由に当たります。
優位に離婚を進めるには、証拠が必要です。
証拠が有る無しで、慰謝料請求も優位に運ぶのです。
離婚を優位にすすめる為には、
「浮気の証拠」は必須でしょう。
証拠調査士のいる探偵社を紹介します。

アイ総合コンサルタント

0120-007-808

わいせつ事件!吉祥寺

吉祥寺でわいせつ事件!

性的な好みは人それぞれです。しかし、子供に対して性的な興味があることについては、避けるべきです。
子供に性的な興味や興奮をいだく思考は、性犯罪に発展しやすく子供を育てる親たちの心配のタネになっています。
また子どもの側も、そんな大人の思考を金に換えようと企む者もいるので注意が必要でしょう。
需要と供給の関係を絶つことは必要と言えます。

 

出会い系サイトで大人をカモる少女!どっちが悪い?

中学生買春の疑いで新宿区の会社員の29歳の男が逮捕されました。 「若い女の子に興味があった」と話しています。
当時中学3年だった女子生徒に対する児童買春の疑いが持たれています。
今年2月、東京吉祥寺のホテルにおいて、当時中学3年の女子生徒(15)に対して、
18歳に満たないと知った上で現金4万円を渡し、わいせつな行為をした疑いがもたれているのです。
容疑者と少女は出会い系サイトを通じ知り合ったといいます。少女が同じ日にさらに援助交際をしようとしたところを警視庁に「サイバー補導」で補導されたことから事件が公になったということです。

 

子育ての隙間!性犯罪で儲ける子どもたち!

少年少女が性犯罪の被害になる一方で、子どもたちを食い物にするオトナ達。
その接点を絶つことが最も望ましいのではないでしょうか?
しかし、インターネットやスマートフォンの普及から、知らない男女が出会いを求めているのと同じように、
子供と大人の出会いもお互いに求めているように感じてしまいます。
不謹慎な出会いや行為は、脅されるネタにつながりやすく、
大変危険だと言うことを被害に遭ってから痛感することになるのです。
後の祭りとはこのことでしょう。
リベンジポルノや、美人局と言った被害も出会い系から知り合った男女間で始まることが多いトラブルです。
トラブル解決は、今すぐ総合コンサルタントへご依頼ください。

性犯罪トラブルは、だれにも相談できないケースがあります。当社は秘密厳守で安全安心です、一度ご相談下さい。その決断が早期解決へと繋がります。

アイ総合コンサルタントでは、無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。アイ総合コンサルタントはクライアントのみ対応としています。ご了承ください。お問い合わせは無料です。

 

 

キャッパー被害

キャッパー被害の解決お任せください!

ネットトラブルは、年々増加傾向にあります。
目に見えない相手から執拗な誹謗中傷を受けたり、嫌がらせが行われています。
インターネットは偽名で書き込みをしたり、メールを送り付けたりすることが容易なので、嫌がらせには都合のよい手段です。
これに、悩まされている被害者は増え続けています。

 

ザ!世〇仰天ニュースでも取り上げられた悲しい事件

先日、某テレビ番組で取り上げられていた被害。
以前からも海外ではネットに裸の写真を載せられた被害者が自殺してしまう事件が問題視されていました。
この被害、日本でも起こる可能性が十分あり、リベンジポルノ被害としても定着しつつあります。

ネットに自分の裸の映像が出ていまっただけではなく、その画像をメールでクラスメイトや会社の同僚、上司などに送られてしまったら・・・
考えただけでもぞっとしてしましますね。
それだけではなく、相手から脅迫を受けつこともあります。
どんどん被害はエスカレートし、追い詰められてしまった挙句、自ら命を絶ってしてしまうこともあるのです。
ネットの中の見えない相手は、執拗に追い詰めてくるのです。

精神的に未熟な未成者は、とっくにネットから離れられない傾向にあります。
ネットの世界での人間関係は、想像以上に重要視されています。
一旦そこでの社会に入り込んでしまうと、常にパソコンやスマートフォンに目を向けているような状態になってしまうのです。
辞めろと言われても、見てしまう・・・
見なければ気にならないことも、自ら見てしまうのです。

 

あなたのお子さんは、大丈夫ですか?

ネット社会に溶け込んだ今の子どもたちは、大人が思っている以上に広く人との係りを持っています。
例えば、昔は出会い系も限られた場所でしかできませんでしたが、今では携帯電話やスマートフォンがあればどこででも、誰でもやり取りができるのです。それも、リアルタイムでのやり取りが可能です。女子高生のおこずかい稼ぎとしての援助交際も簡単に行えます。ウエブカメラを利用したやり取りでは、一瞬の出来事もキャッパー画像として取り込まれます。ネットは便利なものですが、それを利用した犯罪は増える一方なのです。
巻き込まれたら最後、当事者での解決は難しいでしょう。

被害が拡散する前にご相談ください。