教育者のセクスト―ション

教育者のセクスト―ション

教育者としての資質

子供の性被害の加害者は、子供の教育の関係者が非常に多いことはご存知でしょうか。結婚相談所には結婚詐欺師が多く潜んでいるのと同じことで、子供がいるところには、子供をターゲットとしている人が多く潜んでいます。

教師とは、学校などで教育を担当する人員のことである。このような立場にあるものが子供に対して性的関心を持つことは正常な教育ができるとは思えない。

パイロットと同じように精神鑑定を教師には義務つけてもよいのではないかと思う。塾講師も同じく必要ではないかと思う。小児性犯罪者予備軍に子供を預ける親はいない。

女児の水着盗撮した元教頭

盗撮目的で勤務先の小学校に侵入した疑いで7月に書類送検された名古屋市立小の元教頭の男について、市教委は28日付で停職6カ月の懲戒処分とし、発表した。元教頭は同日付で依願退職した。

退職金は減額されるが、支払われる。教員免許も失効しない。ただ、元教頭は「今後教壇には立てない」と話しているという。

発表によると、元教頭は昨年6月~今年2月に計5回、日中や夜、見回りを装い、教室に侵入。複数の小6の女児が着替えて、かばんなどに入れていたスカートや水着などを自分のスマートフォンで盗撮した。「(対象の女児は)アイドル的存在で好意を持っていた。外部には流出させていない」と話したという。

セクストーション

セクストーション

近年、インターネット上では嘆かわしい風潮が多く見受けられるようになりました。中でも卑劣極まりないのが性的な恐喝で、一般的に「セクストーションSextortion」Sex性的の意味とExtortionゆすり・恐喝の意味を組み合わせた造語と呼ばれています

セクストーションという造語の登場は、1950年4月5日付けのロサンゼルスタイムズ紙にまで遡ります。的搾取の一種で、犯罪者は被害者の性的な写真やビデオを入手し、公開されたくなければ言うことを聞くように脅し通常は性的な行為を要求します。

スマートフォンで撮影し脅す

愛知県警半田署は24日、栃木県青少年健全育成条例違反と脅迫の疑いで、宇都宮市川田町、スーパー店員(25)を逮捕した。

逮捕容疑は昨年8月、愛知県半田市の女子高校生(16)を宇都宮市のホテルに呼び出して、みだらな行為をし、スマートフォンで撮影。ことし5月に画像を添付したメールを送り「返事しないとさらす」と脅した疑い。

同署によると、女子高校生が県警に相談し発覚した。2人は昨年6月、ロックバンドのファンサイト上に開設された掲示板で知り合ったという。

 

セクストーション解決の問題は、被害を他社に相談することに躊躇してしまうことが多い。このことが問題を悪化させてしまう原因の一つです。

 

セクスト―ションを解決しようと思う方は勇気を出して私どもに相談ください。当社はあらゆる対応を経験していますのであなたをトラブルから救うことができます。

アダルトサイトのトラブル

アダルトサイトのトラブル

国民生活センターは23日、アダルトサイトに関する昨年度の相談件数が年間10万件を突破したと発表した。スマートフォンの普及を背景に、半数近くがスマートフォンに関する相談となっている。不当な料金を請求される場合もあり、「業者に決して連絡せず、センターに相談してほしい」と呼びかけている。
アダルトサイトに関する相談は、毎年多く寄せられているが、2014年度には10万6279件と過去最高の相談件数となった。トラブルに巻き込まれた当事者の割合を性別でみてみると、2009年度は男性が73.2%、女性が26.8%だったのに対し、2014年度は男性が68.2%、女性が32.3%と女性の割合が高くなっている。また、年齢別では、60歳以上が7.6%(09年度)だったのが、21.3%へと増えている。

スマートフォンやタブレット端末に関する相談は4万7515件と全体の約半数に近づいており、年々比率が増えている。

山形県の10歳代の男子学生は、スマートフォンでアダルトサイトを見ていたところ、カメラのシャッター音がして、「有料登録が完了しました。ありがとうございます。料金は10万円です」と表示が出た。どうしたらよいか迷い、同センターに相談した。

また福島県の60歳代の男性は、タブレット端末を使ってトラブルに巻き込まれそうになった。歌手の動画を見ようとして18歳以上の年齢確認ボタンをタップしたところ、アダルトサイトの会員登録完了の画面が表示された。「誤操作の方は24時間以内に連絡するように」と表記を見つけ、連絡したところ「登録はすでに完了している。登録費用9万9000円の支払い義務がある」と言われた。

こうしたトラブルを避けるため、同センターでは、次の点に注意するよう呼びかけている。

(1)無料だと思っていても、料金を請求されることがあるので、不用意にアクセスしない
(2)業者に決して連絡しない
(3)お金は支払わずに、最寄りの消費生活センター等に相談する

児童ポルノ問題

児童ポルノ問題

児童ポルノ出品放置疑いでアマゾンジャパンを捜索

インターネット通販大手アマゾンジャパン(東京都目黒区)が、自社のサイトに児童ポルノ関連商品の情報を掲示し、販売を手助けしたとして、愛知県警が児童買春・ポルノ禁止法違反(提供)ほう助の疑いで、同社本社など計3カ所を家宅捜索していたことが24日、捜査関係者への取材で分かった。家宅捜索したのは今月23日。千葉県市川市の物流センターから出品記録などを押収した。

アマゾンジャパンのサイトで18歳未満の少女のヌード写真集が掲示されているのを愛知県警のサイバーパトロールが発見。昨年9月、都内の古書店経営者ら男2人を同法違反容疑で逮捕した。

他にも岐阜、滋賀、福岡などの約10業者がアマゾンジャパンのサイトに児童ポルノ関連商品を出していたことが判明。摘発された業者らは愛知県警の調べに「ほかの大手通販サイトでは児童ポルノの関連商品は取り扱えなかったが、アマゾンなら出品できた」と話しているという。

アマゾンジャパンの広報担当者は、個別の案件には回答できないとした上で「商品はサイトを閲覧しながら点検するネットパトロールや利用者からの通報によりチェックしている」と説明した。
アマゾンジャパン 10業者が違法商品を出品

インターネット通販大手アマゾンジャパン(東京都目黒区)が児童買春・ポルノ禁止法違反ほう助の疑いで愛知県警に家宅捜索された事件で、県警が昨秋以降に同法違反で摘発した古書販売の約10業者が、アマゾンジャパンのサイトを利用して出品していたことが24日、捜査関係者への取材で分かった。

県警は昨年9月以降、児童ポルノ関連商品を販売目的で所持したとして岐阜、滋賀、福岡などの約10業者を摘発。捜査の過程で、これらの業者がいずれも商品の販売にアマゾンジャパンのサイトを使っていたことが判明した。

ある業者は「ほかの大手通販サイトでは出品できなかったため、アマゾンで出した」と説明。愛知県警は、違法商品の出品を放置したことが販売のほう助にあたる可能性があるとみて、押収した出品記録などを調べる。

アマゾンジャパンの広報担当者は24日、違法な商品の出品は禁止していると説明。「商品はサイトを閲覧しながら点検するネットパトロールや利用者からの通報によりチェックしている」とした。

児童買春児童ポルノ処罰法

児童買春児童ポルノ処罰法

「セクストーション」とはsex(性的な)とextortion(脅迫)から組み合わせた「性的な脅迫」を意味する言葉です。

このセクストーションの問題が増えています。若い女性だけではなく、男性にも起こっています。
「誰にも相談出来ない・・・」と悩まずに、アイ総合コンサルタントへご相談ください。
セクストーションは、SNSや出会い系サイトを通じて知り合った相手から行われるケースが多く、男女年齢に関係なく被害が増えています。不倫相手から脅迫されることもあります。

児童買春・児童ポルノを取り締まり、児童の権利を擁護することを目的とした法律。平成11年法律第52号。法律の正式名称は、「児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律」である。国の内外を問わず18歳未満の児童に金品を与えて性的行為をすることや、児童を被写体としたポルノの製造や提供などを禁止する。従来からある売春防止法は、売春そのものについては処罰せず、売春を公然と勧誘する行為や助長する行為等を処罰するが、本法は、金品を与えて行う児童との性的行為(買春)の処罰と、猥褻(わいせつ)に対する表現規制とは異なった観点からの、児童ポルノの製造や提供等を処罰する日本で初めての法律である。
欧米では1970年代に児童ポルノ(子どもポルノ)が精力的に生産された。児童ポルノの製造過程で、子どもに対する悲惨な性的虐待が行われ、被写体となった児童の性的被害が児童ポルノによって半永久的に記録され、被害を深刻化することから、1970年代後半から1980年代にかけて、欧米各国は強力にその法的規制に乗り出した。子どもの保護に向けての国際的な世論は、1989年の国連子どもの権利条約(児童の権利に関する条約)において結実した。日本はこれを1994年(平成6)に批准したが、1996年のストックホルム会議(「子どもの商業的性的搾取に反対する世界会議」)で、日本人による東南アジアでの児童買春や日本国内で大量に製造される児童ポルノに対して非難が集中し、政府としてなんらかの積極的な法的整備を行うことを迫られた。
1998年5月に、当時の与党(自由民主党・社会民主党・新党さきがけ)による法案が議員立法として国会に提出されたが、継続審議となった。その間、同年6月に国連子ども人権委員会が、日本に対して児童ポルノ・児童買春防止についての包括的な行動計画を策定するよう勧告し、日本での積極的な法規制を求める国際世論がいっそう高まった。
継続審議となった法案については、児童ポルノの定義や規制対象に「絵」が含められていたこと、また「児童ポルノの単純所持」が禁止されていたことなどについて、表現の自由と抵触するのではないかと多方面から批判された。結局、与野党の超党派が、継続審議となっていた原案を取り下げ、修正案を再提出し、1999年5月18日に成立に至った。2004年には、インターネット上の児童ポルノを取り締まるための法改正も行われた。

セクストーション加害者は警察官

セクストーション加害者は警察官

「恥ずかしい写真ばらまくぞ」ストーカー容疑で巡査部長逮捕 茨城県警人身安全対策室などは14日、脅迫とストーカー規制法違反の容疑で、水戸署地域課の巡査部長、容疑者(58)=同県那珂市菅谷=を逮捕した。容疑を認めているという。 逮捕容疑は今年1月から3月にかけて、同県内に住むパート従業員の女性(58)に、「恥ずかしい写真をばらまくぞ」「会いたい」などと20回以上メールを送信したり、わいせつな内容の手紙を郵送したほか、女性の自宅周辺で女性に付きまとうなどしたとしている。 県警によると、容疑者と女性は昨年12月まで十数年間交際しており、容疑者は「話がしたくて連絡をしたり、会いに行ってしまった」などと話しているという。 県警によると、今月10日、女性から県警本部に「知り合いの警察官にストーカーされている」と相談の電話があり発覚。14日に岩間容疑者の自宅と自家用車を家宅捜索し、わいせつな写真を100枚以上押収したという。 県警監察室の風見和幸首席監察官は「警察官としてあるまじき行為。捜査の結果を踏まえ厳正に対処する」とコメントした。 セクストーションと言えば、女性だけが陥るイメージがありますが、男性の被害者も増えています。 スマートフォンの普及から、いつでも誰とでも、どこに居てもつながることが可能です。 スマートフォンにダウンロードされたアプリから、電話帳機能が乗っ取られたり、画像や映像を取られることも可能になります。 また、SNSなどのインターネットを使ったプライベート画像のやり取りはセクストーションを行う上での良いネタになります。 個人が特定された状態でのセクストーションは、プライベート画像を貴方の電話帳機能に登録された人物に送り付けられることも想定しなければなりません。 身近な人物にプライベート画像を流される恐怖は、人生を大きく変える恐怖につながります。

性被害から身を守る

性被害から身を守る

 

今夜も、ブログを読んで下さってありがとうございます。

夏は、マキシワンピが大活躍します。

もちろん、プライベートだけですが重宝します。

足フェチの男性には不評かもしれませんが、

足が太いわたしにとっては貴重なアイテムです。

背の低い人でも、バスト下に切り返しのあるデザインや、

柄でスタイルよく見せる事も出来ますよ。

上手く行けば、ヒールを履かなくてもバランスよく着こなせます。

初めての方も、トライしていてはいかがでしょうか?

暖かくなってくると、男性も女性も薄着になります。

女性は気をつけましょう。

軽いイメージを与えるだけではなく、

性被害にも合いやすくなります。

性被害は、被害に遭った後の解決が大変難しく、

一生悩んでいる女性もいます。

男性恐怖症や同性愛のきっかけになる事もあります。

出来ることは注意しておきましょう。

 

 

浮気が原因で離婚をお考えの方、
離婚調査をご依頼ください。不貞行為は離婚自由に当たります。
優位に離婚を進めるには、証拠が必要です。
証拠が有る無しで、慰謝料請求も優位に運ぶのです。
離婚を優位にすすめる為には、
「浮気の証拠」は必須でしょう。
証拠調査士のいる探偵社を紹介します。

アイ総合コンサルタント

0120-007-808

セクストーション

セクストーション

 

性的脅迫「セクストーション」「リベンジポルノ」とは IPAが注意喚起

 

 

情報処理推進機構(IPA)は1日、2014年12月の呼びかけ「個人間でやりとりする写真や動画もネットに公開しているという認識を!」を発表した。

 

それによると、「スマートフォンの電話帳情報を窃取するなどの不正アプリにより、個人情報を盗まれることに加え、プライベートな動画を脅迫のネタにされた」という相談が9月から発生しているという。

具体的な例としては、安心相談窓口に「SNSを通じて知り合った異性から、プライベートな動画を見せ合おうとビデオチャット機能を持つアプリをスマートフォンにインストールするよう持ちかけられ、ビデオチャットの最中に服を脱ぐなどしてしまった。見知らぬ番号から着信があり、『あなたの電話帳の情報と動画を入手している。この動画をばらまかれたくなければ、指定の金額を払うように』という脅迫電話がかかってきた」という事例が紹介されている。

こうした手口は「セクストーション(性的脅迫)」と呼ばれており、同様の被害が増加傾向にあると考えられる。昨年日本でも注目を浴びた「リベンジポルノ」は、元恋人・配偶者などによる嫌がらせ行為であるのに対し、「セクストーション」は、最初から脅迫の意図を持って、SNSやアプリを悪用しているのが特徴となる。

IPAの今月の呼びかけでは、セクストーションやリベンジポルノの対策として、アプリは信頼できるマーケットから入手すること、会ったことのない相手に加えて友人や恋人であっても、第三者に見られたら困るプライベートな写真や動画を撮影させたりデータを送ったりしないことを呼びかけている。

わいせつ事件!吉祥寺

吉祥寺でわいせつ事件!

性的な好みは人それぞれです。しかし、子供に対して性的な興味があることについては、避けるべきです。
子供に性的な興味や興奮をいだく思考は、性犯罪に発展しやすく子供を育てる親たちの心配のタネになっています。
また子どもの側も、そんな大人の思考を金に換えようと企む者もいるので注意が必要でしょう。
需要と供給の関係を絶つことは必要と言えます。

 

出会い系サイトで大人をカモる少女!どっちが悪い?

中学生買春の疑いで新宿区の会社員の29歳の男が逮捕されました。 「若い女の子に興味があった」と話しています。
当時中学3年だった女子生徒に対する児童買春の疑いが持たれています。
今年2月、東京吉祥寺のホテルにおいて、当時中学3年の女子生徒(15)に対して、
18歳に満たないと知った上で現金4万円を渡し、わいせつな行為をした疑いがもたれているのです。
容疑者と少女は出会い系サイトを通じ知り合ったといいます。少女が同じ日にさらに援助交際をしようとしたところを警視庁に「サイバー補導」で補導されたことから事件が公になったということです。

 

子育ての隙間!性犯罪で儲ける子どもたち!

少年少女が性犯罪の被害になる一方で、子どもたちを食い物にするオトナ達。
その接点を絶つことが最も望ましいのではないでしょうか?
しかし、インターネットやスマートフォンの普及から、知らない男女が出会いを求めているのと同じように、
子供と大人の出会いもお互いに求めているように感じてしまいます。
不謹慎な出会いや行為は、脅されるネタにつながりやすく、
大変危険だと言うことを被害に遭ってから痛感することになるのです。
後の祭りとはこのことでしょう。
リベンジポルノや、美人局と言った被害も出会い系から知り合った男女間で始まることが多いトラブルです。
トラブル解決は、今すぐ総合コンサルタントへご依頼ください。

性犯罪トラブルは、だれにも相談できないケースがあります。当社は秘密厳守で安全安心です、一度ご相談下さい。その決断が早期解決へと繋がります。

アイ総合コンサルタントでは、無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。アイ総合コンサルタントはクライアントのみ対応としています。ご了承ください。お問い合わせは無料です。

 

 

キャッパー被害

キャッパー被害の解決お任せください!

ネットトラブルは、年々増加傾向にあります。
目に見えない相手から執拗な誹謗中傷を受けたり、嫌がらせが行われています。
インターネットは偽名で書き込みをしたり、メールを送り付けたりすることが容易なので、嫌がらせには都合のよい手段です。
これに、悩まされている被害者は増え続けています。

 

ザ!世〇仰天ニュースでも取り上げられた悲しい事件

先日、某テレビ番組で取り上げられていた被害。
以前からも海外ではネットに裸の写真を載せられた被害者が自殺してしまう事件が問題視されていました。
この被害、日本でも起こる可能性が十分あり、リベンジポルノ被害としても定着しつつあります。

ネットに自分の裸の映像が出ていまっただけではなく、その画像をメールでクラスメイトや会社の同僚、上司などに送られてしまったら・・・
考えただけでもぞっとしてしましますね。
それだけではなく、相手から脅迫を受けつこともあります。
どんどん被害はエスカレートし、追い詰められてしまった挙句、自ら命を絶ってしてしまうこともあるのです。
ネットの中の見えない相手は、執拗に追い詰めてくるのです。

精神的に未熟な未成者は、とっくにネットから離れられない傾向にあります。
ネットの世界での人間関係は、想像以上に重要視されています。
一旦そこでの社会に入り込んでしまうと、常にパソコンやスマートフォンに目を向けているような状態になってしまうのです。
辞めろと言われても、見てしまう・・・
見なければ気にならないことも、自ら見てしまうのです。

 

あなたのお子さんは、大丈夫ですか?

ネット社会に溶け込んだ今の子どもたちは、大人が思っている以上に広く人との係りを持っています。
例えば、昔は出会い系も限られた場所でしかできませんでしたが、今では携帯電話やスマートフォンがあればどこででも、誰でもやり取りができるのです。それも、リアルタイムでのやり取りが可能です。女子高生のおこずかい稼ぎとしての援助交際も簡単に行えます。ウエブカメラを利用したやり取りでは、一瞬の出来事もキャッパー画像として取り込まれます。ネットは便利なものですが、それを利用した犯罪は増える一方なのです。
巻き込まれたら最後、当事者での解決は難しいでしょう。

被害が拡散する前にご相談ください。