ストーカートラブル

ストーカートラブル

無くならないストーカートラブル。

他人任せでは解決できない現状を認識すべきです。いのとを奪われ空では遅いにです。

52歳女性が刺され死亡 逮捕男、娘にストーカー行為などトラブル

同じアパートの男に襲われ、女性が死亡した事件で、男は、この女性の娘にストーカー行為を繰り返すなど、度々トラブルを起こしていた。

近所の人は「特に若い人に興味があるみたい。娘さんがターゲットだった」と話した。このように他人が見ても明らかなストーカーが行われていました。

63歳も年下の女性に、つきまとい行為を繰り返していた84歳の男が、最悪の事態を引き起こした。

1階に女性が、実家に戻っていた娘と2人でいたところ、突然、男が刃物のようなものを持って部屋に侵入してきた。

被害者の娘は「いきなり男が侵入してきて刺した」と話した。

そして、男は、女性の胸のあたりを刺し、娘は外に逃げ、助けを求めた。

通報を受けた警察官が現場に駆けつけると、女性は、部屋の中で胸から血を流して死亡していた。

そして警察は、アパートの2階に住む加害者(84)を、殺人未遂の現行犯で逮捕した。

加害者について、近所の人は「お酒飲むと、気性が荒くなる。(アパートの前で)火を使っていろいろ燃やして、警察に補導されたこともある」と話した。

近所で、度々トラブルを起こしていた加害者。

川上さん親子も標的になっていた。

加害者は被害者の娘に卑わいな言葉をかけたとして書類送検され、起訴猶予処分となっていた。

しかし、その後も娘に、つきまとい行為を繰り返していたという。

高齢者ストーカーの特徴として、警察も裁判も全く気に掛けないということが多いのが特徴です。

ストーカーのトラブルでお困りなら当社に相談ください。

ストーカー対策

ストーカー対策

ストーカーの被害者が増えていると言うことは、裏を返すとストーカー行為に及ぶ人も増えていると言うことです。
ストーカー殺人事件をきっかけに、法の整備も整いつつあるストーカー被害ですが、減る傾向は見られず、
今もニュースを騒がすような事件が起こっています。男性が多いと思われがちですが、女性の加害者も増えています。
残念ながら、簡単に解決できる問題ではないのです。

付きまとわれている気がする。 通勤帰宅がいつも一緒の人がいる。 下着や洗濯物を盗まれる。 非通知で着信がかかる。 家で電話していると雑音が入る。 家の中の出来事なのに周りの人に知られている。
このようなことが身近で起こっているともしかするとストーカーや盗聴の被害に会われているかもしれません。
女性の前で爆発させ自殺

知人女性にメールを繰り返し送ったとしてストーカー規制法違反容疑で東京都世田谷区の介護士、小谷周平被告(32)=同法違反罪で起訴=が逮捕された事件で、警視庁は10日、爆竹を解体したとして火薬類取締法違反容疑で小谷被告を再逮捕した。同庁によると容疑を認め、「女性の前で爆発させて自殺したかった」と話している。

小谷容疑者は1月、女性宅に侵入したとして住居侵入容疑で現行犯逮捕されていた。このとき小谷容疑者は小瓶に詰めた粉末を所持。同庁の鑑定で爆竹をほぐした火薬類とわかった。ただ不純物が多く、点火しても爆発しなかった。

小谷容疑者は、インターネットで爆弾の作り方を知ったと話している。爆竹もネットで注文しており、1万本以上の購入履歴があったという。

逮捕容疑は12月下旬ごろ、正当な理由がないのに自宅で爆竹の中身を取り出し火薬類を変形したとしている。

レズビアンストーカー

レズビアンストーカー

ネットに投稿、女ストーカー「名誉毀損」

 

インターネット上での名誉毀損やプライバシー侵害などの人権侵害が急増している。法務省の統計では、ネット上の人権侵害にあたるという悪質な事案は昨年1年間で過去最多の957件に上った。中には事件になるケースも少なくないという。

神戸地裁が3月28日、女性同士の交際のもつれから元交際相手の女性の氏名や、この女性が「タトゥーを入れている」などと書き込んだとして、名誉毀損罪に問われたさいたま市大宮区の無職、被告(50)に懲役6月の実刑判決を言い渡した。

知らない間に、本人とその近い人物しか知り得ない情報が拡散する-という事件。法務省の担当者は「今後も増える恐れがあり、啓発していかないといけない」とするが、サイト運営側は「違法性と表現の自由の兼ね合いがあり、画一的な基準は作れない」と明かすなど、対策の糸口が見えない状態が続いている。

ヤフー知恵袋に質問で刑事事件に

「OOさん49才を探してます。ご存じの方、教えて下さい。左腕にドラゴンのOOがあります」

昨年10月17日、兵庫県警生活安全企画課の警察官が、質問サイト「Yahoo!知恵袋」でこんな書き込みを発見した。女性に連絡を取とると、かつて交際していた女の被告からストーカー被害を受けていることがわかった。

女性と被告は平成18年に出会い系サイトを通じて知り合い、交際を始めた。だが、女性同士の交際も24年10月に女性が別れ話を切り出しすと、被告は「別れる理由を知りたい」と訴え、しつこくつきまとうなどのストーカー行為をするようになった。女性は警察に相談、女性宅前に居座るなどしたとして、被告はストーカー規制法違反の罪で25年3月に罰金刑を受けた。

ネット上で繰り返される人権侵害

刑事事件には至っていないものの、人権侵害に当たるような書き込みがされることは少なくない。

法務省によると、ネット上のトラブルをめぐって全国の法務局に寄せられた相談件数は、昨年1年間で4320件(前年同期比394件増)。このうち、法務局側が人権侵害に当たると判断したのは957件(同286件増)。前年と比べ42・6%増加し、過去最多となった。同省担当者は「相談を持ちかけられてないケースもまだ多くある。氷山の一角に過ぎない可能性がある」と、現状に対して危機感を抱いている。

同中学生の男子生徒がいじめを受けている様子を撮影した動画が投稿されるなど、悪質な場合には、サイトの運営者に削除を要請している。しかし、削除要請には法的な強制力はなく、同省担当者は「6割方応じてもらえるが、中には無視されたり、『悪質ではない』と拒否される例もある」と返答が返ってくることもある。

母の日を知ったきっかけ

母の日を知ったきっかけ

 

プレゼンをしていますか?

1年で一番カーネーションが売れる時期ですね。

つられて、他のお花の値段も高くなっていますね。

小学生の時、

同級生の男の子にカーネーションの鉢植えを貰った事があります。

しかも、家まで持ってきたんです(笑)

ストーカーみたい・・

当時は、母の日にカーネーションをプレゼントするという事を知らなかったので

喜んでいるわたしに、

母が教えてくれました。

嬉しさが半減した事を覚えています。

当時から、その男の子は女好きさが伺え、

大人になった現在、結婚し子供もいますが、

浮気問題が勃発していないか心配です(笑)

たぶん、大丈夫でしょうが・・・

婿養子に行ったので、そんな事をしていたら追い出されてしまう事でしょう。

 

 ストーカー対策

あなたは、ストーカーに悩まされていませんか?
つきまとわれたり、いつも見られている・・・
また、好意が怨恨に転じている場合や
復縁を要求するなど一方的に好意を抱いている場合、
また目的が分からない事もあります。

盗聴されていることもあり、あなたの情報を集めている場合もあります。
頻繁なメールや電話、どんどんエスカレートしてくる内容に
恐怖を覚えることになってきます。
リベンジポルノ被害にあう方も増えています。
事件に発展する事も多いストーカー対策は、
ご依頼ください。
ストーカーになってしまいそうな方は、今すぐお電話ください。

アイ総合コンサルタントでは、お客様の情報は外部に漏らさないのはもちろんのことですが、それ以外にもまずお客様を第一に考えており、常にお客様と連絡を取りながら解決していきますので、ご安心ください!私たちはトラブル解決はもちろん、お客様がお願いして良かったと思って頂けるように日々努めております。

 

ストーカー規制法 「恋愛」限定、最高刑1年 

ストーカー規制法 「恋愛」限定、最高刑1年

ストーカーなお不安

改正ストーカー規制法の一部が去年に施行され、問題となっていた「メールによる嫌がらせ」が禁止される。

被害者からは歓迎の声が上がるが、ストーカー対策には課題も残る。被害防止には、罰則の引き上げや加害者を更生させる「治療」が必要だと指摘する専門家もいる。規制対象となる嫌がらせの原因が「恋愛」に限られることにも疑問の声がある。

メールを禁止

「法律がやっと時代に合ったものになった」。約2年間、元交際相手からのメールにおびえてきたという女性はそう語った。当初は「寂しい」と訴える内容だった。それが、「家族が傷つく(ことになるぞ)」とエスカレートしたという。

「今日もメールが来る」と思うと、手が震え、着信してもいない携帯が振動しているように感じた。警察には男に対して警告を出すよう求めたが、実現しなかった。女性は「警察が対応できないのでは絶望してしまう。今後はしっかり対応してほしい」と話す。

一方で、女性は「相手の動向が分からないので、安全になったとは思えない」とも打ち明ける。男から「逮捕されてもすぐに釈放される」と言われたことがあるからだという。
規制法の罰則は1年以下の懲役など。暴行罪などで逮捕されても、起訴猶予や罰金刑、執行猶予判決が多い。規制法の改正後も、加害者が嫌がらせをすぐ再開できる状況は変わらない。

無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。お問い合わせは無料です。

 

ストーカーのトラブル解決なら
アイ総合コンサルタント
トラブル解決ダイヤル0120-007-808

平塚ストーカー殺人事件

平塚ストーカー殺人事件! ストーカー対策はアイ総合コンサルタント

男女トラブルの結末として殺人事件に至るケースは多く、ニュースをにぎわすことになっています。
別れ話がきっかけで、元交際相手がストーカーになってしまうこともよくあり、
人間関係を上手く解消できない、対人関係の難しさも問題でしょう。
しかし、一般的にストーカー犯罪は被害者の汚点を隠し、加害者を一方的に悪者にするのがマスコミの手法のように感じています。
本当に解決を望むのであれば、事実と真剣に向き合うことが必要です。

 

神奈川件 平塚の26歳女性殺害事件!ストーカーの問題浮上!

神奈川県平塚市の川で、布などにくるまれた状態の女性の遺体が見つかりました。川に沈めるためか、遺体と一緒にコンクリートブロックも入れられていたそうです。
この事件の被害者は26才の女性です。
横浜市内の母親の家を出た後から行方不明になっていていたと言うことです。
「元交際相手の家に荷物を取りに行く」と言って出かけたことも分かっています。別れ話のトラブルが伺えます。
そして数日後に殺害されたとみられています。
平塚市を流れる相模川で見つかった遺体は、毛布のような布2枚と透明なシートにくるまれた状態で発見されました。
友人によると、被害者はストーカー被害に悩んでいたということです。

 

男女トラブルは別れるときに勃発する!ストーカー化した相手に要注意!

男女間での別れ話がこじれるときは、色々な問題が複雑に絡んでいることが多いように思います。
浮気などの裏切り行為、金銭トラブルなど、精神的であったり経済的な苦痛を伴うことも多いのです。
よって、愛情が憎しみや固執に変わってストーカー化し、追い詰められた結果殺人に至るケースがニュースをにぎわす結果となっているのです。
これは、ストーカー規制法では対応できるものではなく、そもそもの人間関係の問題解決が重要なのです。

男女トラブルは、だれにも相談できないケースがあります。当社は秘密厳守で安全安心です、一度ご相談下さい。その決断が早期解決へと繋がります。

別れ話のもつれストーカーと言った男女トラブルの解決は、アイ総合コンサルタントへご相談ください。

無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。お問い合わせは無料です。

アイ総合コンサルタントでは水面下でコンサルタンティングを行うので周囲に何も知られることはなく、今まで通りの生活を営むことができます。

 

 

交際相手を殺害!28歳の男を逮捕!

交際相手を殺害!28歳の男を逮捕!

交際相手の女性を殺害した28歳の男性が神奈川県警戸部署の交番に出頭しました。

その直後に、「2階で息子の友達が傷だらけで死んでいる!」と110番があり、容疑者の家族からでした。
保土ケ谷署員が屋内で若い女性の遺体を確認して、28歳の男が殺害を認め殺人容疑で緊急逮捕しました。

容疑者の男は同所に住んでおり、死亡していたのは東京都墨田区菊川の女性(21歳)と判明しました。
容疑者と被害者は交際しており、同署は別れ話のもつれが原因となった可能性もあるとみており詳しい状況を調べています。

別れ話のもつれから殺害に!男女トラブルの恐ろしさ!

交際中は仲睦まじく楽しい時間を送る男女も、
別れ話になるとそうはいきません。

話し合ってもお互いの同意がなかなか得られ無い場合、別れ話がこじれることになるのです。

この別れ話のもつれは、時としてニュースを騒がす事件へと発展することがあります。
ストーカーや殺人事件へと発展することがしばしあるのです。
男女間に起こるトラブルは、愛情から憎しみへと発展しやすいとも言えるでしょう。
また、愛情が固執に変わっていることもあり、
自分の人生をかけてでも「恨み」「復讐」などを成し遂げようとすることもあります。

 

放置できない男女トラブル!殺人事件になることも!

当然のことですが、事件に発展する前に解決しないといけません!
しかし、当事者間ではどうにもならない事もあります。
警察に相談したばっかりに、相手を逆上させたケースもよく聞きます。
男女トラブルは根が深く、長引くほどに解決しがたい問題へと発展します。
アイ総合コンサルタントでは、様々なトラブルに対応するプロです。
一刻も早く、トラブルから解放され
あなたらしい人生を取り戻せるようにサポート致します。

男女トラブルは、だれにも相談できないケースがあります。当社は秘密厳守で安全安心です、一度ご相談下さい。その決断が早期解決へと繋がります。

無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。お問い合わせは無料です。

 


&nb

怨恨によるストーカー被害!

怨恨によるストーカー被害!

ストーカー問題は、法の整備にも関係なく一向に減る傾向が見られない問題です。

ストーカー行為をしてしまう背景についてですが、全国平均では好意が約7割を占める中、青森県ではこの比率が逆転しているというのです。怨恨によるストーカー被害が多いと言うことです。

初めは好意であった気持ちが怨恨へと変わっていき、ストーカー行為の内容も悪質化するケースがあります。
そして、事態が悪化してから相談する人が多いからではないかという指摘も。
人の気持ちは変わるものです。行き場のない思いが、恨みや辛みに変化することは容易に想像がつきます。
だからこそ、人の気持ちを踏みにじるような行動や言動は慎むべきで誠意のある対応を行いたいものです。

 

ストーカー問題の実態!

警察庁の統計によれば、2013年に警察が確認したストーカー問題は2万1089件です。動機としては、約7割が好意によるものと分類され、怨恨は2割程度。加害者が精神疾患を患っているなどが計1663件でした。

一方、青森県の警察安全相談室に相談が寄せられるなどして発覚したストーカー事案は187件。うち好意によるものがが54件で約3割、そして怨恨によるものが約7割の130件で怨恨が2倍以上を占めているのです。怨恨には所有物を壊したり「殺してやる」といった危害を加える内容のメールを送るなどが含まれています。

元交際相手が加害者であり被害者でもあることが多いストーカー事件。事件の背景には様々なトラブルが起こっていることもあるのです。

 

 

放置されたストーカーの行き場のない思い!憎しみに変わったら危険です!!

多くのストーカーの加害者には、ストーカーをするにあたり様々な思いがあるように思います。
その思いを解決しない限り、ストーキングは終わらないのです。
いったん治まっていた行為も、ある時期が過ぎたらまた始まった・・・ということも起こっています。
根本的なところが解決がされていないからです。

ストーカートラブルとは、自分でも知らないうちに巻き込まれてしまうケースも少なからずございます。ひょっとしてこれストーカーかもしれないと少しでも疑問に思われるのであれば、一度ご相談下さい。その決断が早期解決へと繋がります。

警察からの注意も聞かなくなったら要注意!
今すぐ、アイ総合コンサルタントへご相談ください。
また、警察に相談することで危害を与えられたケースもあります。
ストーカートラブルの解決は、アイ総合コンサルタントへご依頼ください。

 

 

 

 


&nb

大阪で起こったストーカー殺人事件

大阪で起こったストーカー殺人事件

ストーカーの問題に悩まされている女性は多く、法の規制で減るのかと思っていましたが一向に減る気配は見られません。
それほど、ストーカー化した相手は思いつめているのでしょう。
大阪で起こったストーカー殺人事件は、被害者の38歳女性が勤めていたスナックの客が20才年上の加害者男性でした。
背景にあるものは、やはり男女トラブルですね。

ストーカー被害のご相談は、一刻も早い問題解決のために急いでください。

 

キャバ嬢など水商売は気を付けましょう。

水商売や美容師など、異性を相手にする商売では多少の疑似恋愛が良い関係を築くことがあります。
表現は良くないですが、そういった事もあると思います。
しかし、ビジネスとプライベートがしっかりと分離されている関係は難しく、ひとたびバランスが崩れると人間関係のトラブルに発展することもしばしば見受けられます。
心当たりがある方も多いのではないでしょうか。
今回の、大阪で起こったストーカー殺人事件もそうだったかもしれませんね。

ストーカートラブルとは、自分でも知らないうちに巻き込まれてしまうケースも少なからずございます。ひょっとしてこれ犯罪かもしれないと少しでも疑問に思われるのであれば、一度ご相談下さい。その決断が早期解決へと繋がります。

夜逃げの仕方

夜逃げをしても居場所を突き止められる・・・

ストーカーやDV被害者が、加害者から離れるために行方をくらますケースは、
借金苦から夜逃げをするよりも見付かりやすい事です。
特に、交際相手や元交際相手、配偶者などから逃げることは簡単なことではありません。
行き先に見当がついていたり、交友関係や実家なども知られているはずです。
また、住んでいる部屋への出入りが自由な場合は盗聴器や盗撮器が仕掛けられていることもあります。
そのような状態では、逃げても行き先は分かるので、
引っ越しても引っ越しても、同じことを延々と繰り返すことになっていまい、
結果、解決には至らないのです。

 

夜逃げ同然で引っ越したのに、付きまとわれる!

相手に監視されている可能性があります。
盗聴器や盗撮器だけではなく、もっとあなたの情報を得ている可能性があります。
行動を近くから見られている可能性も否定できません。
職場からあとを付けられていたり、近所の人に聞き込みをされていることも考えられます。
解決策は、さまざまなリスクを洗い出さなければ難しいと言えるでしょう。
長期に渡る付きまといは、あなた自身が気付かない行動パターンも
相手には読まれていることも多いのです。

 

ストーカーやDV被害から解放されたい方はアイ総合コンサルタントにご依頼ください。

加害者から逃れたい、解放されて本来の生活に戻りたい
そう願っても実際にどうすればよいのか分からないとおっしゃる方は当社にご依頼ください。
願っているだけでは何の解決も望めないのです。
特に、ストーカーからの被害では、追い詰められたストーカーによる危害の心配もあります。
放置することで、貴方だけではなく、ストーカーも精神的に追い詰められてしまうのです。
ニュースでも、男女トラブルのもつれによる殺人事件はよく騒がれては消えていきます。
よくあるトラブル、どう解決するかはアイ総合コンサルタントにご依頼ください。
警察のOBをはじめ、トラブル解決のエキスパートがサポートします。

ストーカートラブル解決

ストーカートラブルとは、自分でも知らないうちに巻き込まれてしまうケースも少なからずございます。ひょっとしてこれストーカーかもしれないと少しでも疑問に思われるのであれば、一度ご相談下さい。その決断が早期解決へと繋がります。