美容業界のトラブル

美容業界のトラブル

 

今日も、ブログを読んでくださってありがとうございます。
美容業界のトラブルは多いですが、ネットを使った商法の被害が報告されています。
SNSで「友達」、エステ勧誘…400人被害か

 

インターネットの会員制交流サイトSNSで
「友達になりたい」と近付き、高額なエステ契約を結ぶよう勧誘したとして、警視庁は6日、東京都内でエステサロンを運営する「フランチェスカビアンキリミテッド」の実質経営者O容疑者(40)と従業員ら男女計5人を、特定商取引法違反(不実の告知など)容疑で逮捕した。

同庁は、同社が2012年までの約2年間に、同様の手口で20~30歳代の女性約400人を勧誘、約5億円の契約を結んだとみて、販売実態の解明を進める。

捜査関係者によると、O容疑者らは11年11月~12年6月、エステの勧誘目的であることを隠して都内の20歳代の女性3人を、運営する港、渋谷両区のエステサロン2店に連れて行き「正規の値段は20回で450万円だが親戚価格の150万円でいい」などと特別な値引きを装い、高額なエステ契約を結ばせる勧誘をした疑い。
Facebookでも、友達の数がやたらと多く、何で生計を立てているのか分からない人もいますよね。

流行のSNSですが、頻繁に更新し『いいね』をたくさん集めても、

それはネットの世界です。

現実の交流が無いという実態も隠れています。

 

美容トラブルのご相談は、

アイ総合コンサルタント

無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。お問い合わせは無料です。

アイ総合コンサルタントでは水面下でコンサルタンティングを行うので周囲に何も知られることはなく、今まで通りの生活を営むことができます。

ご相談ください。

0120-007-808

~リベンジポルノ相談~

被害に遭っているのはあなただけではありません。最近急増している問題です。リベンジポルノ被害や画像恐喝、ハメ撮り恐喝などと言った被害は、簡単に誰にでも相談できる内容ではありません。相談相手を間違うと二次被害に遭うこともあります。相談相手から脅されることも考えられるのです。リベンジポルノは、会社でのパワハラやセクハラとも関係していることもあり、問題が複雑化しているケースもあります。

誰にも知られずに解決したいと思う方、早期解決を望む方は今すぐお電話ください。当社は、秘密厳守です。安心してご依頼ください。

まずは、お電話をください。経験豊かなアドバイザーが対応しております。貴方一人で悩まず、 アイ総合コンサルタントへご依頼ください。

当社は完全予約制です。

ご要望があればお近くで面談させていただきます。
まずは、お電話でご予約をお取りください。

相談ダイヤル 0120-007-808
アイ総合コンサルタント

 

マツエクトラブル

マツエクトラブル

 

ブログを読んでくださってありがとうございます。

探偵の生活は、とても不規則です!

それゆえ、生活の無駄な時間を省く事はとても重要です。

メイクの時間を短縮する為にまつ毛のエクステンションをしている女性は増えていますね。

サロン件数も増え、規制もされています。

トラブルの増加に伴い数年前からは、美容師免許が必要になりました。

個人的には、看護師免許の方が適していると思います。

揮発性のグルーと呼ばれる接着剤が目にしみたり、アレルギー反応が出て腫れたり・・

エクステがとれて目に入った時に、美容師に対応がとれるのか?

いささか疑問を感じます。

 

まつ毛エクステ無資格略式起訴、罰金30万円

美容師の免許がないまま「まつ毛エクステ」を行ったとして、大阪・心斎橋のエステサロンのオーナーが略式起訴された。

美容師法違反の罪で略式起訴されたのは、心斎橋筋のエステサロン「ウェルバランス」の女性オーナー(42)。これを受け、大阪簡易裁判所は罰金30万円の略式命令を出した。

女性オーナーは当初、「まつ毛エクステ」で客にケガをさせたとして業務上過失傷害などの疑いで逮捕・送検されたが、大阪地検は業務上過失傷害罪については不起訴とした。

スクールを開設していても、美容師免許が必要だと資料には記載しない悪徳スクールもあります。

また、岡山駅周辺のチェーン店のマツエクサロンでは、美容師免許について訪ねると嫌な顔になり『厚生労働省とマツエク協会が闘っています』などとおかしな対応をとるサロンも・・・

無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。お問い合わせは無料です。

美容外科訴訟

美容外科の訴訟

美容業界のトラブルは多いですね。
女性だけではなく、男性もエステサロンに通う時代です。
エステやまつ毛のエクステンション、アートメイク、脱毛から、美容外科に至るまで様々なトラブルが起こっています。
特に美容外科でのトラブルは、体への影響だけではなく精神的にも辛いものです。
中でも精神的な苦痛のあまり、外出できなくなる人もいます。

 

大手美容外科をさらに40人提訴 顔の手術で痛み残る

顔のタルミを改善する「フェースリフト」という美容医療、費用は約数十万から400万円台の治療を受けた後、
患部に痛みが残ったなどとし、大手の美容外科と関連のスキンクリニックを全国47カ所に展開する医療法人社団翔友会に損害賠償を求める集団訴訟が東京地裁及び広島地裁に相次いで行われています。

弁護団の主張としては「施術を行う前に合併症の説明が十分でなく、多くの人が現在も痛みに苦しんでいる」としています。
リスクを告げずに勧誘したことは消費者契約法に違反するなどとして、代金返還や慰謝料を求めていると言うことです。

 

美容業界の裏と表!

美容業界は、医療および医療以外でもトラブルが多い業界です。
儲け主義から、メリットの誇大広告の反面デメリットは文章でさっと流すだけということも。
消費者は、施術を受ける前に予備知識を持つべきでしょう。
特に、美容医療はリスクが大きく、一度手術を受けると元には戻らないことがあることを視野に入れなければなりません。
勧められるがままに契約し、そのまま施術して後悔する前によく考えましょう。
また、安価や無料などの言葉に釣られないようにすることも大事ではないでしょうか。

無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。お問い合わせは無料です。

美容トラブルの解決は、アイ総合コンサルタントへご依頼ください。

 

 

 

 

料金クレーム!

料金クレーム!

公示している料金と、実際に請求された料金が違う場合、クレームになって当然です。
誇大広告に表示の虚偽の問題は、美容業界でも多い問題です。
昔は、エステサロンに行ったら契約するまで帰れないと言った被害が横行し、エステと言えば暗いイメージがありました。最近では少なくなったものの、美容業界はまだまだブラックなイメージが拭い去れませんね。

美容室、ネイルサロン、まつ毛のエクステサロン、リラクゼーションサロン、エステティック、美容外科など様々な場所での料金トラブルは、消費者に悪いイメージを与えています。

 

料金苦情急増!美容外科のHPが抜け道に!

美容外科などのホームページの広告トラブルが急増しています。

国民生活センターの発表では、10年前はには全国で11件だったインターネット広告に関する苦情が、昨年度は340件にも上ったと言うのです。
ホームページでは「低料金」を掲げる美容外科において、半ば強引に高額の手術を受けさせられたというトラブルが多く、消費者団体が大手美容外科にHPの一部削除を求める動きも出ているようです。

低料金の美容外科をホームページで見て行くと、
「安い料金の手術では効果が長く続かない」と言われ、高額な手術や複数の手術の組み合わせを勧めらるケースが多く、また「今日は割引ができる」と段階的に料金を下げていき、数時間にわたり説得されるのです。昔のエステのような感じでしょうか。カウンセリングだけのつもりで来たのに、当日に数百万円の手術を受けることになった人もいるようです。

 

美容外科に行く前に注意すること!

まず「無料」と言う言葉に釣られないことが重要です。
世の中に無料が横行していますが、無料でで出来るサービスは無いことを知りましょう。
美容外科でもエステサロンでも、無料でカウンセリングをしているわけではありません。
人件費や家賃、光熱費などの費用は当然掛かっています。
無料をうたうのは、その後の何らかの契約にこじつけるためのものです。
美容外科やエステサロンなどへ足を運ぶ時は「無料」や「安価」という言葉に魅かれないようにすることが重要です。
また、トラブルに巻き込まれないためにもこれらは避けるべきでしょう。
無料でできるサービスは無い!
安価で良いものを求めない!
トラブルに遭ってしまったときは、アイ総合コンサルタントへご相談ください。
真剣に解決を求める場合は、トラブル解決のプロフェッショナルを活用してください。

無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。お問い合わせは無料です。

対応可能かどうかのお問い合わせに費用は頂いておりません。

 

 

地雷原!

地雷原!カネボウ白斑問題

女性のみならず男性も美肌を意識する時代がやってきました。
アジア圏の女性は、ヨーロッパ諸国とは違いシミの無い白い肌に価値を見出しています。
といっても、化粧品での美白効果は疑問が残るところですが・・・
効果が出すぎて問題になったのが、カネボウの化粧品の白斑問題ですね。

 

「地雷原」発言に激怒!

カネボウ化粧品の美白化粧品で、肌がまだらに白くなる症状が出た問題で、
カネボウ化粧品の子会社が、白斑の被害者を「賠償請求地雷原」などと表現した内部資料を作成していたことが明らかになりました。
カネボウ化粧品は、問題となった商品の自主回収発表から、約1カ月後の2013年8月、名古屋市のカネボウ化粧品販売中日本支社で行われた会議の資料に、白斑被害者について、
慰謝料の支払いを求めてくる「賠償請求地雷原」、「どこから出現するか見当つかない」などの表現があったといいます。

 

地雷原が地雷になった白斑問題!カネボウ化粧品の行方は・・・

美容の業界には未知なものが多いように思います。
効果がさもあるかのようにうたった誇大広告、
それに群がる消費者たち。
そのはざまで起こるのがトラブルです。
消費者が選択するために化粧品には成分を表示する義務があります。
しかし、この成分表示を素人が理解することは大変難しい事なのです。
見たことのない、長いカタカナで書かれた表示成分は、どのような効果をもたらし
反面、どのような副作用を起こすのか・・・
メーカー自身が把握できていないことも問題です。
このカネボウ化粧品の白斑問題のように・・・

無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。お問い合わせは無料です。

 

 

無資格サロン一斉摘発

まつ毛のエクステ被害 無資格サロン

 

美容業界では、さまざまなトラブルが起こっています。
入れ墨メイクとも呼ばれるアートメークやファインメイク、まつげエクステンション(エクステ)は若い女性から中高年まで幅広く人気があります。
その一方では、皮膚が化膿したり角膜に傷がつくなどの被害が問題化しており、
国民生活センターによると、アートメークやファインメイクについての相談件数は2006~11年度に計121件、
まつげエクステは12年度に137件、13年度に106件ありました。
厚生労働省によると、アートメークには医師免許が、まつげエクステには美容師免許が必要とされていますが、
無免許営業の店舗が各地に広がっているのが現状です。

 

 

京都府で一斉摘発!無資格アートメイク 無資格マツエク

京都府では、無資格のアートメイクとまつ毛のエクステなどの美容店について一斉摘発に乗り出したことが分かりました。
府警は3月上旬から4月下旬にかけ、京都市内などの約15店舗に相次いで美容師法違反(美容所の無届け)容疑で家宅捜索したもようです。
同法違反や医師法違反(無資格医業)容疑で、各店舗の経営者ら約15人を順次、書類送検する方針とのこと。

これほど多くの店舗を一斉摘発するのは全国初です。

京都府警は情報誌やネット上で闇店舗の実態に関して情報収集したようです。
診断書が出るような深刻なけがは直接確認できなかったものの、
「失明などの危険性があり、野放しにできない」として、一斉摘発に乗り出しました。
今後、医療器具の入手ルートについても解明するそうです。

 

 

美容業界のグレーゾーン 美容トラブルはアイ総合コンサルタントにご依頼ください。

以前から、誇大広告やこういった無資格者による施術の問題が示唆されている美容業界。
エステサロンで行う簡単な施術と美容クリニックで行うべきものの間は、グレーゾーンとされており
トラブルが起きて訴えられなければセーフといったような風習もうかがえます。
中には、違法な行為であることすら知らないサロン経営者やスタッフもいるのです。
いまだに、まつ毛のエクステスクールの資料に一切美容師免許が必要であるとの記載がされていないところもあります。

 

トラブル解決

日々の生活の中で、時に思いがけないトラブルに見舞われるものです。いざトラブルに遭遇してしまうと、どうしたらいいのか分からない方が多いのも現状です。また、そのトラブルの元が、親しい方や近隣の方ですと、より塞ぎこんでしまい、泣き寝入りしてしまう方もおられると思います。このようなトラブルで解決したい方の解決サポートをしています。

 

 

 

エステサロン契約トラブル!

契約トラブル 納得して契約していますか?

一昔前は、エステサロンでの契約トラブルが相次ぎ、
「エステに行ったら、帰れない・・・」
「高額の契約を迫られるのが、怖い・・・」そういう時代もありました。

最近では、高額のエステ契約は少なくなったものの、美容業界で起こるトラブルの中には契約トラブルが起こっています。
そうは言えども、
「綺麗になりたいから!」
「夏までにダイエットしたい!」
そんな女性の望みは果てしないものです。
しっかりと、契約内容を確認しましょう。

 

サロンで多いトラブル  トラブル解決はアイ総合コンサルタントにお任せください。

簡単にしてしまうことがありますが、契約を解除することは難しい・・・
そう思って後悔した経験がある方も多く、
中には、施術でやけどを負ったり、体に何らかのトラブルが現れてしまうこともあります。
サロンでは、施術を行う前にカウンセリングを十分に行い承諾書にサインを頂いた上で施術に入ることが殆どですが、
中には、注意事項の説明不足や、カウンセリングの時間を短縮しお客様の体質を把握できずにおこるトラブルもあります。
もちろん、多くのサロンではこういったトラブルを想定して対策を取り、また、怒ってしまったトラブルには誠心誠意対応する心構えでいるはずです。

当社のクライアントには、エステサロンを経営されている方も多く、個人で開業している方もいらっしゃいます。危機管理対策についてのコーチングや、お客様とのトラブルをご相談頂くこともございます。エステ業界は、人の体に触れる仕事ですが国家資格は無く、民間のものしかありません。中には、講習だけで取れる資格もあります。また、施術者ごとに技術や知識のばらつきが激しいことも問題です。

 

 

トラブルを回避するためにはどうすればよいのか?

今まで、気持ちよく通っていたサロンだから、言いにくい・・
脱毛後、肌に色素沈着したけれど、まだ残りの回数がたくさんあるから自分からは言いにくい・・
そんな方は、一度サロンに連絡をしてみてはいかがでしょう?
誠実に対応を取ってくれるサロンもたくさんあります。
折り返し連絡しますと言って、連絡をしないサロンもあります。
勇気をもって、連絡してみてください。
相手が逃げてしまったり、どうしようも無くなった時、何とかしたいと思ったら当社にご相談ください。
相談には費用を頂いております。
まずは、自分で解決できることなのかどうなのかを確かめましょう。

 

 

 

 

脱毛トラブル

この時期増える 脱毛トラブル!

これから暑くなる季節に備えて、脱毛をしようとお考えの方も多いと思います。
脱毛にもさまざまな種類がありますね。
最近では、鼻毛まで脱毛する人もいます。体内に細菌が入りやすくなりますよ・・・
エステサロンでの脱毛トラブルが問題になっていますが、多くの方はまだまま医療脱毛ではなくエステサロンで行っているのが現状です。

 

エステ脱毛のトラブル多数! 被害に遭われた方の被害とは

エステサロンでは、さまざまなトラブルが昔から起こっています。
以前よりも少なくはなってきていますが、契約のトラブルも少なからずご相談頂きますので契約は慎重に行いましょう。

脱毛トラブルの多くは、火傷など炎症を起こしたり、湿疹やかぶれ、色素沈着などが起こっています。
光脱毛で摘発されるサロンもニュースになっています。

サロン側だけではなく、利用する方も十分に注意することが必要でしょう。

 

美容トラブル 悔しい!こんなはずじゃなかった!そんな思いをはらした方へ

当社に寄せられる美容トラブルのお電話では、無料でのご相談を希望されている方もいらっしゃいます。
美容トラブルは、深刻な内容と、お金をかけてまで解決を望むとは思えないような軽い冷やかしのような内容との差が大きいように感じます。
当社は、無料でのご相談は一切致しません。

こちらのページをお読みいただいてからお問い合わせをしてください。

 

最近では男性も美容に対する意識が高くなっていますが、美容でのトラブルは数多く起こっています。
国家資格のない分野です。サロンへの責任の追及と、自己責任が天秤にかかってるように思います。

泣き寝入りでいいのですか?悔しい!
何とかしたいと思っている方のみアイ総合コンサルタントにご相談ください。