単純所持摘発

単純所持摘発

 意外と多い性犯罪

表面化するのはごく一部です。

児童ポルノの単純所持でついに摘発者が出て、ネット上で、「今後はどうなるのか」と波紋を広げている。誤ってダウンロードしてもダメなのか

謝ってダウンロードするものなのか疑問が残るが、不安を覚えている人がいるのは確かなことだ。

児童買春・児童ポルノ禁止法改正が2014年7月15日に施行され、単純所持でも1年以下の懲役または100万円以下の罰金が科せられるようになった。

 

罰則適用まで1年間の猶予期間が設けられ、警察などは、この間に児童ポルノの画像や動画を廃棄するように呼びかけていた。その猶予が切れて1か月が過ぎたところで、いよいよ最初の逮捕者が出てきた。

ネットで集めた5~11歳の外国人女児の全裸画像10点をスマートフォンに保存していたとして、沖縄県警が15年9月1日、那覇市内の無職の男(21)を単純所持の疑いで那覇地検に書類送検したのだ。

きっかけは、男が8月2日昼過ぎ、市内のプールで自分のスマホを使って子供の写真を撮るような動きをしていたことだった。その挙動を不審に思った人が110番通報し、駆け付けた警察官が男のスマホを調べたところ、わいせつな女児の写真が見つかった。男は、調べに対し、画像は13年冬から15年8月にかけてネットで手に入れたとし、「子供の裸に興味があった」と容疑を認めているという。

ネット上では、「いよいよ来るべきものが来たか」「これからは職質で見ようとする警官が増えるのかな」と反響が広がった。真偽は不明だが、中には、自分の画像などを削除しよう、どうしたら摘発を回避できるのか、といった書き込みまであった。

法改正審議の段階からえん罪などへの不安が出ていた。

そもそも子供の裸に興味を示すのはいけない事かと言えば、健全ではないと考えるのが正しいと思う。またそのような思考を持っている者が、小児性愛者になっていくことを考えると仕方ないと考えるべきではないかと思う。