SNS脅迫

SNS脅迫

脅迫罪においての脅迫は、人の生命、財産、身体、名誉、自由(通説によれば貞操や信念も含む)に対して害悪する告知を行うことである。相手が恐怖心を感じるかどうかは問わない。

 

方法

判例によれば、口頭や書面に限られず、相手方が知ることができれば成立する。態度であってもよい。

SNSへの書き込みも当然脅迫の対象となります。それが未成年で会っても罪に問えるのです。
人気アニメ「ラブライブ!」のファンに対する殺害予告をツイッターに投稿したとして、富山市の高校1年生の少年が警視庁に逮捕されました。

威力業務妨害の疑いで逮捕されたのは、富山市に住む高校1年生の少年(15)です。少年は今年7月、ツイッターに「殺害予告、全国のラブライバーを一人残らずこの手で殺します」などという殺害予告と包丁を持った写真を投稿し、人気アニメ「ラブライブ!」のイベントでアニメ制作会社に警備をさせ、業務を妨害した疑いが持たれています。

取り調べに対し、少年は「ラブライブ!は好きだが、ファンは嫌いだった」と容疑を認めているということで、警視庁は殺害予告を投稿したいきさつを詳しく調べています。

 

男女のもつれや近隣とのやっかい事、金銭や犯罪にまつわる問題だけでなく、家族・親族間での心配事は勿論の事、職場や企業における悩み事、商取引における衝突などにも対応させて頂きます。

これら以外にも諸々のご相談事を承っておりますので、該当するものがないと思われるケースに遭遇しておられる方も、是非一度当方までお問い合わせ頂ければ、専門スタッフがご相談に応じさせて頂きます

ファンの脅迫

ファンの脅迫

ファンは、特定の対象に対する応援者、愛好者のこと。「狂信者」を意味するファナティック。

ある人物、作品、あるいはロックグループなどのファンが特定の国、大きい物では世界全体などを巻き込んで地域全体に爆発的に拡大することがある。こうした現象はブームと呼ばれ、社会現象として扱われる。「フアン」と発音されることもある。

日本で”ファン”という言葉が使われるようになったのは、1920年(大正9年)に松竹が映画事業に乗り出すため招聘したヘンリー・小谷がアメリカから持ち込んでからで、小谷の使う片仮名のおびただしい映画用語の一つであったという。

 

このようにファンの脅迫には固執という感情が考えられる。対応も十分に注意する必要がある。

人気アニメ「けいおん!」で主要キャラクターを担当した、声優佐藤聡美さんのツイッターに「危害を加えます」と書き込んで脅したとして、警視庁赤坂署は26日までに、脅迫の疑いで、大阪府摂津市の無職安本純容疑者(39)を逮捕した。

逮捕容疑は、佐藤さんの開設するツイッターに8月の大阪のライブ会場であなたに危害を加えますと書き込み、脅した疑い。

赤坂署によると、安本容疑者は佐藤さんのファンで、以前から書き込みを繰り返していた。「私を相手にしてくれなかったので脅してしまった」と、容疑を認めている。8月のライブのチケットも実際に購入していた。

脅迫電話

脅迫電話

 

脅迫電話とは目的の如何を問わず、相手を電話脅し威嚇する行為をいう。強迫電話ともいう。
ソウル五輪イヤーを迎えた1988年の1月だった。日本陸連幹部から会社(当時ヱスビー食品)に電話があり、私は東京都内のホテルの一室へ呼び出され、こう注意された。

「代表を決めるのは陸連だから、『五輪に出る、出ない』といった話は自分からしないように」

私は2月の東京国際、3月のびわ湖毎日、どちらに出場するかさえ分からない状況だった。自分への信頼を感じつつも、「選考会の準備をしていただけるのなら、全力を尽くします」と答えるしかない立場だった。

ソウル五輪の代表選考レースは87年9月の世界選手権、同12月の福岡国際、88年の東京国際、びわ湖毎日の4つだったが、日本陸連は瀬古を含めた候補選手6人には原則として全員が福岡国際に出場するよう要請。事実上、福岡国際での日本勢上位3人が代表となる一発勝負と受け止められていた。だが、瀬古が11月の東日本実業団駅伝で左足首を骨折し、福岡国際を欠場したため、選考が混迷した

最大のライバルで福岡国際を制した中山竹通くんが「はってでも出てこい」と発言したと報道された。実際は「もし僕が瀬古さんの立場だったら、はってでも出ないと選んでもらえないでしょうね」というニュアンスだったようだ。コメントが曲解されたことで私に対する風当たりは増していった。

びわ湖毎日は優勝したものの、タイムは2時間12分41秒だった。福岡国際で日本勢3番手だった工藤一良くんの記録は私より1分以上速かった。重視するのは順位か、記録か-。選ばれたのは私だった。物議を醸した上での代表入りは、一部で反感を買った。

脅迫容疑

脅迫容疑

「どんなトラブルが起こっていますか?」

・ 脅迫されているのですか?
・ 恐喝を受けているのですか?
・ 誰が、どのようなことを貴方に要求しているのですか?
・ 要求してくるのは、どうしてですか?理由がはっきりしていますか?
・ いつからですか?

何がどうなって、今の状況になっているのか把握できていますか?
第三者に分かるように説明することができますか?

トラブルの最中にいる本人は、なかなかこれらのことを整理することが難しいと言います。
当然です!当事者なのですから、冷静に判断することはできません。
普段は冷静な方でも、いざ自分にトラブルが起こった時は冷静さを欠いてしまうものなのです。

しかも、頭の中がパニックになっている時に発する言動や行動は大変危険です。それが相手に優位なる可能性の方が高いのです。また、あなたがパニックになっていることがを手にバレてしまったら・・・
「相手の思う壺!」なのです。
盗んだ下着に「子どもを殺す」などと書いて女性宅付近に置いたとして、警視庁人身安全事態対処チームは17日までに、窃盗と脅迫容疑で准看護師水村利之容疑者(58)=東京都羽村市緑ケ丘=を逮捕した。同庁によると、容疑を認めている。
逮捕容疑は今年3月、東京都瑞穂町で20代女性が住むアパートの1階ベランダから下着を盗み、わいせつな文言をマジックで書いて切り裂き、被害者宅付近に置いた疑い。
また4月にも、盗んだ下着に「子どもを殺す」などとマジックで書き、切り刻んでこの女性がアパートの駐車場に止めていた車に置き、脅迫した疑い。
同庁によると、水村容疑者は女性と面識がなかった。女性からの110番を受け、自宅周辺で目撃された不審車両のナンバーや下着に付着していた体液のDNA型鑑定から同容疑者を特定した。

脅迫事件

脅迫事件

 

校内で病死した長男の元担任をネットで脅迫
昨年1月に死亡した長男(当時7歳)の担任だった小学校教諭を殺害するかのような書き込みをインターネット上にしたとして、兵庫県警明石署は6日、同県明石市大久保町、無職容疑者(43)を脅迫容疑で逮捕した。

長男は校内で病死したが、容疑者は学校側のせいだと恨んでいたといい、県警は、詳しい動機を調べている。

発表では、容疑者は昨年11月~今年3月、計6回にわたってネット上の掲示板に、明石市内の小学校名を挙げたうえ、「死の原因を作った人物を殺したい」「担任を殺してしまいそう」などと書き込み、長男の担任だった女性(60)(3月末で退職)を脅した疑い。容疑を認めているという。

容疑者の長男は、体育の授業前に校内で倒れているのが見つかり、その後死亡。司法解剖の結果、病死と判明していた。

容疑者は長男の死後、学校側に死亡の原因があるとして抗議していたといい、一連の書き込みにも「恨みを晴らしたい」といった内容があった。同署は、長男の死を巡って学校側とどのようなトラブルがあったか、経緯の確認を進めている。
脅迫、恐喝、強要といった問題は、当事者間ではなかなか解決に至らないことでしょう。
弱い立場に付け込まれるのが、脅迫や恐喝、強要の被害に遭う理由です。
中には不当な要求をされることもありますが、
多くは、脅される理由があります。
この理由になる脅迫のネタは、誰にも話せないような内容であることから
警察にも相談できない、弁護士にも断られる
そして、一人で悩む結果となるのです。

秘密厳守を徹底しています。本気で解決に向けて取り組みた方は、ご相談ください。

脅迫状の背景

脅迫状の背景

ちょっとした気の迷いや、欲をきっかけに思いもよらない脅迫や恐喝被害に遭ってしまうことがあります。

誰にでも脅迫や恐喝の被害者になってしまう可能性はあるのです。
このホームページを見つけてくださった貴方も、その一人なのかもしれません。
アイ総合コンサルタントでは、あらゆるトラブルを解決するプロが貴方のリスクも念頭に置いた上で、クライアントにとって最善の解決方法をお約束いたします。
警察のOBをはじめ、各種専門家と共に貴方を恐喝の被害から解放いたします。
「どうしてこんなことになってしまったのだろう・・・」「こんなはずではなかった・・」
そう考えていても仕方がありません。時間だけが過ぎていきます。
私たちと一緒に明るい未来を取り戻しましょう。

教員宅に脅迫状

小中学校の教職員らに現金を要求する不審な脅迫状が届くケースが12日までに、45都道府県で少なくとも2000件以上確認された。北海道や宮城、埼玉などでは体罰などへの報復をほのめかし、仕返しを中止する見返りに現金300万円を要求する内容で、他も同一とみられる。

文部科学省は各教育委員会に脅迫文の内容を周知するとともに、本人や家族が対応しないよう注意喚起した。教員の住所録が流出した可能性があり、教委側は警察に相談するなど対応に当たっている。最も多かったのは千葉県の523件。埼玉県の338件、大分県の160件と続いた。

宛先は小中学校の教員が多いが、事務職員なども含まれる。千葉県の担当者は「故人や退職者にも届いていることから、住所録が悪用されたとすれば古いものではないか」と推測している。

札幌市に届いたのはA4判1枚で「おまえは教え子の人格を侮辱し、家族が復讐(しゅう)の依頼をしてきた。300万円支払えば中止する」といった内容。消印は徳島市内の郵便局で、送金先としてタイ国内の住所が記載されていた。宮城県や愛知県などに送られたものと同一の文面だった。
中学教諭、野球部員に体罰 「しばかれます」と誓約書も

和歌山県上富田町立上富田中の野球部顧問の男性教諭(35)が、部員の頭を殴るなどの体罰をしていたことが12日、同校への取材で分かった。教諭の言うことが聞けなかった場合は「しばかれます」とする「誓約書」を書かされた部員もいた。

同校によると、教諭は昨年8月から、2年生部員5人をバックネットの裏などに呼び、殴ったり蹴ったりしていた。「殺したろか」などと暴言を浴びせ、チームメートの前で土下座をさせられた部員もいたという。

部員が2月中旬に校長に相談して発覚。教諭は聞き取り調査に「口で言っても聞かなかった時に手を出した」と説明した。同町教育委員会によると、教諭は2007~14年にも、部員に暴行を加えたとして、計4回の処分を受けていた。

教諭は05年4月に赴任して野球部の顧問をしており、数年前から全校の生徒指導を担当。同部は10、11年、全国大会に出場している。

小森弘二校長は「申し訳ない。生徒の安全・安心を守れなかった学校の責任は大きい」と陳謝した。

教員脅迫

教員脅迫

お礼参り詐欺 注意喚起文科省

全国の教職員宅に過去の教え子からの報復をほのめかし、「中止してほしければ現金300万円を送れ」と脅す手紙が届いていることが12日、分かった。文部科学省は同日までに、全国の教育委員会に脅迫内容を周知する文書を出し、詐欺の可能性が強いとして、本人や家族などが対応しないよう注意喚起した。
文科省によると、千葉県で10~11日に小中学校の教員ら216人に脅迫状が届いたほか、埼玉、神奈川、徳島など少なくとも7都県で同様の事案があった。被害は確認されていないが、教員名簿などが流出している恐れがあるという。

脅迫状は封書で郵送され、A4用紙1枚に「以前の教え子の心をひどい言葉で傷つけたため、その保護者から復讐(ふくしゅう)を依頼された」などと記載。仕事を失うまで嫌がらせを続けるとし、中止してほしければ国際郵便でタイの住所に現金を送るよう求めている。
同省は今後、他県への送付や電話による要求も起きる可能性があるとして、注意を呼び掛けている

脅迫や恐喝されうには理由があるものです。

・浮気相手に、交際をバラすと脅された。
・万引きを警察や家族に知らせたくなければ、交際しろ。
・出会い系サイトで知り合った人から、交際しないと出会い系を利用していたことをバラす。
・職場で不倫していることをバラされたくなければ、管理職にしろ。
・子供の援助交際を学校に言われたくなければ、金を出せ。
・会社の横領をバラされたくなければ、機密情報を出せ。
など

内容は様々です。
些細な出来心から行った行為をネタにされることもあります。
また、浮気や不倫といった男女トラブルも脅されるネタになります。
「妊娠したから、病院代を出して!」「その間の、生活費をだして!」
妊娠詐欺もあり、本当に妊娠しているのかどうかも疑問があります。

福島知事脅迫事件

福島知事脅迫事件

除染作業員を逮捕
福島県知事を脅迫する文書を送ったとして、県警福島警察署は11日、同県矢吹町、除染作業員、容疑者(38)を脅迫容疑で逮捕した。

逮捕容疑は今年1月20日、県広報課宛てに「約束を守らなければ、県の施設に爆弾などを仕掛けるか、知事を拉致して身代金を要求する」との内容の手書きの封書を郵送し、知事を脅迫したとしている。実際に爆弾が仕掛けられるような被害はなかったが、容疑者は容疑を認めているという。

署によると、封書は数通あり、「企業誘致を促進すると公約したのにやっていない」など県の政策に対する不満が書かれていたが、原発や中間貯蔵施設に関する内容はなかった。昨年12月22日にも同様の脅迫文が県庁に届いており、関連を調べている。

「弱み」は「二次被害」を起こす要因です。
貴方に弱みが無ければ、脅迫や強要、恐喝と言った被害に遭っていなかったかもしれません。
「弱み」は、脅迫や恐喝のネタになります。
この弱みを知ったうえで、相手は貴方に様々な要求をしてくるのです。
・ 素行をバラされたくなければ、金を払え!
・ 交際を解消したいなら、〇〇万円支払え!
・ 家族に知られたくなければ、交際しろ!
この様な脅迫や恐喝は、個人だけではありません。企業にも起こることです。

社員の内部告発や、労働組合などとの問題でも会社側の弱みを握られることがあります。

また、社員や下請け会社に流れた情報を操作し会社を脅してくる輩もいます。
そういった者を相手にするのは、当事者では難しいでしょう。
対応を間違えると、延々と相手の要求をのみ続けるといった、最悪の状態になってしまうのです。

満期出所直後脅迫

満期出所直後脅迫

満期出所直後に男逮捕 脅迫容疑
「仙台市民を殺す」などと脅したとして、宮城県警捜査1課などは21日、脅迫の疑いで、本籍東京都、無職容疑者(49)を逮捕した。容疑者は服役していた秋田刑務所(秋田市)を満期出所した直後に逮捕された。

逮捕容疑は宮城刑務所(仙台市若林区)に服役していた2013年5月中旬、40代と50代の男性刑務官2人に対し、「殺す。無理ならば、通り魔となって仙台市民を殺害する」といった内容の手紙を法務省矯正局に郵送し、脅した疑い。
捜査関係者の話では、秋田刑務所に移送される前の宮城刑務所で、処遇をめぐって担当刑務官らとトラブルになっていたという。

捜査関係者によると、容疑者は11年前に都内であった強盗事件で懲役10年の実刑判決を受けた。21日午前9時すぎ、出所した直後の秋田刑務所の門付近で、宮城県警の捜査員に逮捕されたという。
ちょっとした気の迷いや、欲をきっかけに思いもよらない脅迫や恐喝被害に遭ってしまうことがあります。

誰にでも脅迫や恐喝の被害者になってしまう可能性はあるのです。
このホームページを見つけてくださった貴方も、その一人なのかもしれません。
アイ総合コンサルタントでは、あらゆるトラブルを解決するプロが貴方のリスクも念頭に置いた上で、クライアントにとって最善の解決方法をお約束いたします。
警察のOBをはじめ、各種専門家と共に貴方を恐喝の被害から解放いたします。
「どうしてこんなことになってしまったのだろう・・・」「こんなはずではなかった・・」
そう考えていても仕方がありません。時間だけが過ぎていきます。
私たちと一緒に明るい未来を取り戻しましょう。

女子アナ脅迫事件

女子アナ脅迫事件

女子アナ「殺すと脅迫
朝日新聞配達員を脅迫で逮捕 日テレHPに書き込み

 

フリーアナウンサーの加藤多佳子さん(25)を「待ち伏せして殺す」などとインターネット上に書き込んで脅したとして、警視庁は22日、脅迫容疑で、朝日新聞配達員容疑者(36)=さいたま市見沼区東大宮=を逮捕した。捜査関係者が明らかにした。容疑を認め、「服装が気に入らなかった」と供述している。

捜査関係者によると、逮捕容疑は昨年9月25日~10月5日、日本テレビのホームページ上にある意見書き込み欄に、aさんを名指しして「週末に殺す」「殺し屋に頼んで殺してもらう」などと計6回にわたり書き込んだ疑い。aさんは10月末に書き込みに気付き、警視庁に相談していた。

同じホームページ上などには昨年7月から、aさんに対して中傷する内容の投稿が数十件確認されており、警視庁が関連を調べている。2人に面識はなかったとみられている。

所属事務所のホームページによると、aさんは日本テレビのニュース番組「Oha! 4 NEWS LIVE」にスポーツコーナーのキャスターとして出演するほか、ラジオのパーソナリティーを務めるなどフリーアナウンサーとして活動している。

朝日新聞東京本社販売局の話 取引先である販売所のアルバイト従業員が、このような事件で逮捕されたことを重く受け止める。とはいうものの販売所のアルバイト従業員のことまで責任なんて言えません。