美容医療におけるトラブル

美容医療におけるトラブル

 

今日も、探偵のブログを読んでくださってありがとうございます。

 

美容医療におけるトラブル、被害の相談が増えています。

 

 

 

 

キレイになりたいと思って受けたはずの美容医療サービスですが、消費者庁には関連する相談が多く寄せられている。

 

消費者庁によると「美容医療サービスを受けるに当たっての確認ポイント」と題したレポートを公表し、消費者に対して注意を促した。

 

相談の数は、平成23年度で1,556件に達し、そのうちの350件が生命や身体に影響がある危害関連の相談だった。平成24年度は、平成25年1月時点の相談件数が1,456件(前年同期1,024件)で、そのうち生命や身体に影響がある危害関連の相談が295件(前年同期220件)になるなど、昨年度を上回るペースで推移している。

 

相談が寄せられた事例を施術別にみると、シワ取り、脱毛、しみ取り、脂肪吸引、二重まぶた、豊胸、包茎等が大部分を占めている。そのうち約18%が危害程度が「1カ月以上」となるなど、被害の深刻度も大きい。

 

例えば、40歳代女性のケースでは、目の周りのシワ取りと片頬のリフトアップを約93万円で契約し、即日手術を受けた。しかし、翌日から顔が腫れ、口が開けられず、頭皮が痛む、唾液が出続けるなどの状態になった。病院に連絡したところ、手術とは直接関係ないと言われたという。

 

また、別の40歳代女性のケースでは、「メスを使わない二重施術が3万1,500円」というネット広告を掲載していた病院でカウンセリングを受けたところ、「年なのでまぶたを切開して脂肪をとらないと二重にならない」と全切開施術を勧められた。仕方がないと思って施術を受けたところ、翌日から切開痕が裂けて出血し、腫れて眼が開けられない状態になった。さらに、腫れと出血はその後も続き、メガネで隠さないと外出できない状態になった。この手術代金は約42万円で、結局、二重まぶたにならなかったという。

 

こうした事例を踏まえ、消費者庁はこれから美容医療サービスを受けようと思っている人に対し、「ホームページや広告をうのみにしない」「医療機関に行く前に、受けたい施術や医療機関の情報をきちんと確認する」「施術を決める前に、リスクや施術効果についての説明を求める」「その施術が本当に必要かを考える」という4つの点について、事前に確認するよう訴えている。

 

美容医療の施術手法は医師の裁量によるところが大きく、医療機関によって大きく異なる。身体に危害がおよぶケースもあるだけに、消費者庁のアドバイスを参考にトラブルを回避したい。

 

 

病気を治療する医療とは目的が全く違う美容医療。

 

医師の経験不足、説明不足などからの被害が増えています。

 

人生を変えられてしまう大きな被害にあってしまう事も・・・

 

美容医療トラブルでお困りの方は、

 

アイ総合コンサルタントへご相談ください。

美容外科訴訟

美容外科の訴訟

美容業界のトラブルは多いですね。
女性だけではなく、男性もエステサロンに通う時代です。
エステやまつ毛のエクステンション、アートメイク、脱毛から、美容外科に至るまで様々なトラブルが起こっています。
特に美容外科でのトラブルは、体への影響だけではなく精神的にも辛いものです。
中でも精神的な苦痛のあまり、外出できなくなる人もいます。

 

大手美容外科をさらに40人提訴 顔の手術で痛み残る

顔のタルミを改善する「フェースリフト」という美容医療、費用は約数十万から400万円台の治療を受けた後、
患部に痛みが残ったなどとし、大手の美容外科と関連のスキンクリニックを全国47カ所に展開する医療法人社団翔友会に損害賠償を求める集団訴訟が東京地裁及び広島地裁に相次いで行われています。

弁護団の主張としては「施術を行う前に合併症の説明が十分でなく、多くの人が現在も痛みに苦しんでいる」としています。
リスクを告げずに勧誘したことは消費者契約法に違反するなどとして、代金返還や慰謝料を求めていると言うことです。

 

美容業界の裏と表!

美容業界は、医療および医療以外でもトラブルが多い業界です。
儲け主義から、メリットの誇大広告の反面デメリットは文章でさっと流すだけということも。
消費者は、施術を受ける前に予備知識を持つべきでしょう。
特に、美容医療はリスクが大きく、一度手術を受けると元には戻らないことがあることを視野に入れなければなりません。
勧められるがままに契約し、そのまま施術して後悔する前によく考えましょう。
また、安価や無料などの言葉に釣られないようにすることも大事ではないでしょうか。

無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。お問い合わせは無料です。

美容トラブルの解決は、アイ総合コンサルタントへご依頼ください。

 

 

 

 

料金クレーム!

料金クレーム!

公示している料金と、実際に請求された料金が違う場合、クレームになって当然です。
誇大広告に表示の虚偽の問題は、美容業界でも多い問題です。
昔は、エステサロンに行ったら契約するまで帰れないと言った被害が横行し、エステと言えば暗いイメージがありました。最近では少なくなったものの、美容業界はまだまだブラックなイメージが拭い去れませんね。

美容室、ネイルサロン、まつ毛のエクステサロン、リラクゼーションサロン、エステティック、美容外科など様々な場所での料金トラブルは、消費者に悪いイメージを与えています。

 

料金苦情急増!美容外科のHPが抜け道に!

美容外科などのホームページの広告トラブルが急増しています。

国民生活センターの発表では、10年前はには全国で11件だったインターネット広告に関する苦情が、昨年度は340件にも上ったと言うのです。
ホームページでは「低料金」を掲げる美容外科において、半ば強引に高額の手術を受けさせられたというトラブルが多く、消費者団体が大手美容外科にHPの一部削除を求める動きも出ているようです。

低料金の美容外科をホームページで見て行くと、
「安い料金の手術では効果が長く続かない」と言われ、高額な手術や複数の手術の組み合わせを勧めらるケースが多く、また「今日は割引ができる」と段階的に料金を下げていき、数時間にわたり説得されるのです。昔のエステのような感じでしょうか。カウンセリングだけのつもりで来たのに、当日に数百万円の手術を受けることになった人もいるようです。

 

美容外科に行く前に注意すること!

まず「無料」と言う言葉に釣られないことが重要です。
世の中に無料が横行していますが、無料でで出来るサービスは無いことを知りましょう。
美容外科でもエステサロンでも、無料でカウンセリングをしているわけではありません。
人件費や家賃、光熱費などの費用は当然掛かっています。
無料をうたうのは、その後の何らかの契約にこじつけるためのものです。
美容外科やエステサロンなどへ足を運ぶ時は「無料」や「安価」という言葉に魅かれないようにすることが重要です。
また、トラブルに巻き込まれないためにもこれらは避けるべきでしょう。
無料でできるサービスは無い!
安価で良いものを求めない!
トラブルに遭ってしまったときは、アイ総合コンサルタントへご相談ください。
真剣に解決を求める場合は、トラブル解決のプロフェッショナルを活用してください。

無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。お問い合わせは無料です。

対応可能かどうかのお問い合わせに費用は頂いておりません。

 

 

地雷原!

地雷原!カネボウ白斑問題

女性のみならず男性も美肌を意識する時代がやってきました。
アジア圏の女性は、ヨーロッパ諸国とは違いシミの無い白い肌に価値を見出しています。
といっても、化粧品での美白効果は疑問が残るところですが・・・
効果が出すぎて問題になったのが、カネボウの化粧品の白斑問題ですね。

 

「地雷原」発言に激怒!

カネボウ化粧品の美白化粧品で、肌がまだらに白くなる症状が出た問題で、
カネボウ化粧品の子会社が、白斑の被害者を「賠償請求地雷原」などと表現した内部資料を作成していたことが明らかになりました。
カネボウ化粧品は、問題となった商品の自主回収発表から、約1カ月後の2013年8月、名古屋市のカネボウ化粧品販売中日本支社で行われた会議の資料に、白斑被害者について、
慰謝料の支払いを求めてくる「賠償請求地雷原」、「どこから出現するか見当つかない」などの表現があったといいます。

 

地雷原が地雷になった白斑問題!カネボウ化粧品の行方は・・・

美容の業界には未知なものが多いように思います。
効果がさもあるかのようにうたった誇大広告、
それに群がる消費者たち。
そのはざまで起こるのがトラブルです。
消費者が選択するために化粧品には成分を表示する義務があります。
しかし、この成分表示を素人が理解することは大変難しい事なのです。
見たことのない、長いカタカナで書かれた表示成分は、どのような効果をもたらし
反面、どのような副作用を起こすのか・・・
メーカー自身が把握できていないことも問題です。
このカネボウ化粧品の白斑問題のように・・・

無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。お問い合わせは無料です。

 

 

医療トラブル

難しい医療トラブルの現状

某大病院が禁止された鎮静剤プロポフォールを小児に投与していた問題で、新たに12人が死亡していたことが明らかになりました。
都内で記者会見した病院側は調査に乗り出す方針を示したものの、因果関係は否定しているおうです。
被害に遭った子どもたちはなぜ命を落としたのでしょうか。
ご両親及び身内の方はいたたまれない気持ちですごしていることでしょう。

 

医療の現場では何が起こっているのか・・・ 事件の真相は?

この事件をきっかけに、「他にもこんなに死亡した被害例があるとは……」と驚きを持たれた方もいることでしょう。
医療現場は、閉鎖的で外部に情報が漏れることは少なく、事件や事故が起きると隠ぺい工作などを行われることが多いのは、
ご存知のことでしょう。
何が真実なのか、素人では分かりにくいことも多いのです。そして、隠された真実を追求できずに泣き寝入りをしている遺族もいるのです。

 

トラブル解決は、アイ総合コンサルタントにお任せください。

トラブルの解決は、アイ総合コンサルタントにお任せください。
当社では、警察のOBをはじめ、各種トラブル解決のエキスパートがクライアントのみをサポートいたします。リスク回避も考えなければならないトラブルの解決はなかなか難しいものです。
まずは、お電話でご予約ください。
完全秘密厳守ですので、ご安心ください。

トラブル解決には、真実と真実をもとに対策を考えていく必要があります。トラブル、問題を解決したい思うのであれば、一度トラブル解決コンサルタントの依頼をしてくださいさい。その決断が早期解決へと繋がります。

 

 

 

脱毛トラブル

この時期増える 脱毛トラブル!

これから暑くなる季節に備えて、脱毛をしようとお考えの方も多いと思います。
脱毛にもさまざまな種類がありますね。
最近では、鼻毛まで脱毛する人もいます。体内に細菌が入りやすくなりますよ・・・
エステサロンでの脱毛トラブルが問題になっていますが、多くの方はまだまま医療脱毛ではなくエステサロンで行っているのが現状です。

 

エステ脱毛のトラブル多数! 被害に遭われた方の被害とは

エステサロンでは、さまざまなトラブルが昔から起こっています。
以前よりも少なくはなってきていますが、契約のトラブルも少なからずご相談頂きますので契約は慎重に行いましょう。

脱毛トラブルの多くは、火傷など炎症を起こしたり、湿疹やかぶれ、色素沈着などが起こっています。
光脱毛で摘発されるサロンもニュースになっています。

サロン側だけではなく、利用する方も十分に注意することが必要でしょう。

 

美容トラブル 悔しい!こんなはずじゃなかった!そんな思いをはらした方へ

当社に寄せられる美容トラブルのお電話では、無料でのご相談を希望されている方もいらっしゃいます。
美容トラブルは、深刻な内容と、お金をかけてまで解決を望むとは思えないような軽い冷やかしのような内容との差が大きいように感じます。
当社は、無料でのご相談は一切致しません。

こちらのページをお読みいただいてからお問い合わせをしてください。

 

最近では男性も美容に対する意識が高くなっていますが、美容でのトラブルは数多く起こっています。
国家資格のない分野です。サロンへの責任の追及と、自己責任が天秤にかかってるように思います。

泣き寝入りでいいのですか?悔しい!
何とかしたいと思っている方のみアイ総合コンサルタントにご相談ください。

 

 

 

 

美容外科トラブル相談

~美容外科トラブル相談~
『美容』の業界は、トラブルが多いところです。

近年、韓国同様に日本でも簡単に美容外科を訪れる人々が増え、

それに伴い美容外科の看板も多くなりました。

特に、首都圏では若い自称美容外科医が散乱しておりトラブルを起こしては違うクリニックに再就職し、またトラブルを起こしているようです。

命を扱う治療の域とはまた違った意味の美容医療。

医師のモラルの低さや未熟な技術が散乱しています。

アートメイクやレーザー脱毛も医師免許が必要な行為です。

医師法違反は、刑法上大変重い罪となり、逮捕されることもあります。

姫路市内のエステ店の女性経営者(57)を逮捕。

2002年2月から2004年4月までの間、同市内の無職女性(72)歳ら4人に、医師免許を持たずにまぶたやまゆ毛の肌に針で直接色素を注入するアートメークをした容疑。

京都市右京区のエステティックサロン経営者(27)と従業員(27)の2人が逮捕。

2003年5月から翌年10月にかけて、医師免許がないのに、南区の女性(24)ら市内の4人の女性客に、まゆ毛や目の周囲に電動器具を使って色素を注入する医療行為を計11回施した疑い。同店でメイクを受けた客の1人が、「目がはれて痛い」と医師の診療を受けて、警察署に相談したことから事件が発覚した。