フェティシズム障害

フェティシズム障害

「モノ」に執着する犯罪は後を絶ちません。こうした犯罪を繰り返す人は、「フェティシズム障害」という精神疾患の可能性があります。執着は犯罪を犯す要因として、見逃すことはできません。

女性の下着を盗んだ男が逮捕されています。こうした、異性そのものではなく異性が身につけている「モノ」に執着する犯罪は後を絶ちません。こうした犯罪を繰り返す人は、「フェティシズム障害」という精神疾患の可能性があります。

 

「フェティシズム障害」とは、女性の下着や靴といったモノほか、性器以外の身体の一部などが性的興奮の対象となる精神疾患で、「パラフィリア障害群」の中に含まれます。特定のモノや部位への愛着が強い人を、よく「○○フェチ」と言いますね。そうした性的嗜好も度を過ぎれば病気と判断されることがあるのです。精神疾患の診断マニュアルである。フェティシズム障害の診断基準として「少なくとも6か月間にわたり、生命のない対象物の使用、また生殖器以外の身体部位への著しい特異な関心から得られる、反復性の強烈な性的興奮が、空想、衝動、または行動に現れる

異性愛の男性が、女性の服装を身に着けることで性的に興奮する「異性装障害」と呼ばれる疾患もあります。こちらは「服装倒錯的フェティシズム」とも呼ばれ、DSM-5ではフェティシズム障害に近いものとして分類されています。多くは男性が女装するケースですが、稀に女性が男装するケースも見られると言われます。恋愛や性の対象はあくまで異性ですが、自分が異性に扮装することに快感を覚えるのです。従って、異性装障害の人は自分の性別を変えることを志向しているわけではありません

変態

変態

パラフィリ 障害

変態は病気なのか
変態も度を過ぎると精神疾患と診断されることがあります。
パラフィリアは,再発性の強い性的興奮をもたらす空想,強い衝動,または行動で,苦痛や障害を伴い,無生物,小児,その他合意の成立していない成人を巻き込み,または自分自身や相手に苦痛や屈辱をもたらすものである。

相手や医療者にとって異常と思われる性的嗜好は,単に異常だというだけではパラフィリアとはみなされない。その興奮パターンが性的機能になくてはならないものになり(すなわち,この刺激なしには勃起やオルガスムが起こらない),不適切な相手(例,小児,合意の成立していない成人)を巻き込み,顕著な苦痛や社会的,職業的,その他重要な機能領域に支障をもたらす場合にはじめて,そのパターンは病的とみなされる。パラフィリアを有する者は,パートナーとの間に愛情に満ちた相互的な,感情的および性的に親密な関係を築く能力が損なわれているか,あるいは欠けていることがある。個人的,情緒的適応の他の側面も同様に障害されていることがある。

通常,性的興奮のパターンは思春期前にかなり発達する。これには少なくとも3つのプロセスが関係する:不安または早期の心的外傷が正常な精神性的発達を妨げる;ときに本人の性的快楽体験を強化する強烈な性体験に早期に曝されることにより,性的興奮の標準的パターンが他のものに置き換わる;そして性的興奮のパターンがしばしば象徴的な条件付けの要素を獲得する(例,フェティッシュは性的興奮の対象の象徴だが,性的好奇心,欲望,そして興奮と偶然結びつくことによってそのフェティッシュが選択されていることがある)。パラフィリアの発現が全てこのような精神力動的プロセスの結果であるのかどうかについては異論があり,一部のパラフィリア(例,小児愛)では脳機能の変化を示す何らかの証拠が存在する。

ほとんどの文化において,パラフィリアは男性の方がはるかに多い。この分布の不均衡には生物学的理由があると考えられるが,詳しくは解明されていない。

パラフィリアの多くはまれにしかみられない。最もよくみられるのは小児愛,窃視,露出症である。パラフィリアを有する者のごく一部が法を犯し,性犯罪者となる。これらの犯罪者のあるものは顕著な人格障害を有し(例,反社会性または自己愛性),これが治療を困難にする。

ロリコン 小児性愛障害者

ロリコン 小児性愛障害

兵庫県の小学校で講師が下半身裸の児童の動画を撮影したとして、児童買春・ポルノ禁止法違反の容疑で逮捕されました。容疑者がどういう意図で撮影したのかはいまのところ不明ですが、もし性的な目的があったとしたら「小児性愛障害」の可能性があります。俗に「ロリコン」と言われるものですが、精神疾患として定義されているのです。

小児性愛障害

思春期前の小児を性的対象とするのが「小児性愛障害」(ペドフィリア)です。精神疾患のマニュアルであるDSM-5では、「少なくとも6か月間にわたり、思春期前の子どもまたは複数の子ども(通常13歳以下)との性行為に関する、性的に興奮する強い空想、性的衝動、または行為が反復する」(小児性愛障害 基準A)と定義されています。

なお同書の基準Cでは、通例、16歳以上の人が5歳以上年長で、13歳以下の小児を、空想上または実際の性的対象として、苦痛や対人的困難を引き起こしていることが要件に挙げられています。ロリコンといえば「オジサンの性的嗜好」というイメージがありますが、この基準に照らせば、16歳の少年が11歳以下の子供を性的な対象ととらえることも小児性愛障害なのです。
身近な子供が対象になる

一般に小児性愛者は、対象となる小児の知人、つまり、家族や義理の親、教師などの場合が多いようです。特に、その対象を自分の身内に向けるとDV(ドメスティックバイオレンス)や性的虐待のケースとなります。また、複数の小児が対象の場合、近隣の子供が犠牲となることもあります。その際、性的行為を強要するだけでなく、脅迫による口封じをしたり、「小児も求めていた」と妄想にかられたり、合理化したりといったこともよくあるようです。

変態

変態

パラフィリ 障害

変態は病気なのか
変態も度を過ぎると精神疾患と診断されることがあります。
パラフィリアは,再発性の強い性的興奮をもたらす空想,強い衝動,または行動で,苦痛や障害を伴い,無生物,小児,その他合意の成立していない成人を巻き込み,または自分自身や相手に苦痛や屈辱をもたらすものである。

相手や医療者にとって異常と思われる性的嗜好は,単に異常だというだけではパラフィリアとはみなされない。その興奮パターンが性的機能になくてはならないものになり(すなわち,この刺激なしには勃起やオルガスムが起こらない),不適切な相手(例,小児,合意の成立していない成人)を巻き込み,顕著な苦痛や社会的,職業的,その他重要な機能領域に支障をもたらす場合にはじめて,そのパターンは病的とみなされる。パラフィリアを有する者は,パートナーとの間に愛情に満ちた相互的な,感情的および性的に親密な関係を築く能力が損なわれているか,あるいは欠けていることがある。個人的,情緒的適応の他の側面も同様に障害されていることがある。

通常,性的興奮のパターンは思春期前にかなり発達する。これには少なくとも3つのプロセスが関係する:不安または早期の心的外傷が正常な精神性的発達を妨げる;ときに本人の性的快楽体験を強化する強烈な性体験に早期に曝されることにより,性的興奮の標準的パターンが他のものに置き換わる;そして性的興奮のパターンがしばしば象徴的な条件付けの要素を獲得する(例,フェティッシュは性的興奮の対象の象徴だが,性的好奇心,欲望,そして興奮と偶然結びつくことによってそのフェティッシュが選択されていることがある)。パラフィリアの発現が全てこのような精神力動的プロセスの結果であるのかどうかについては異論があり,一部のパラフィリア(例,小児愛)では脳機能の変化を示す何らかの証拠が存在する。

ほとんどの文化において,パラフィリアは男性の方がはるかに多い。この分布の不均衡には生物学的理由があると考えられるが,詳しくは解明されていない。

パラフィリアの多くはまれにしかみられない。最もよくみられるのは小児愛,窃視,露出症である。パラフィリアを有する者のごく一部が法を犯し,性犯罪者となる。これらの犯罪者のあるものは顕著な人格障害を有し(例,反社会性または自己愛性),これが治療を困難にする。

ぶつかる女

ぶつかる女

 


下記の容疑者は精神に問題があると思うのは私だけでしょうか。
逮捕された24歳の看護師の女は、小学校の通学路で犯行を繰り返していたとみられている。

子どもたちから「ぶつかる女」と呼ばれ、恐れられていた。

近所の住民はびっくりです。全然びっくりです。暴行事件を起こすイメージは全くないです。全然普通のお嬢さんなのでと語った。

容疑者は4月7日、枚方市の路上で、登校中の9歳の女子児童に、正面からわざとぶつかった疑いが持たれている。
衝撃で女子児童は転倒し、ひざに軽傷を負った。

学校関係者によれば、同様のぶつかり被害を訴えている児童は、2014年9月ごろから2015年4月までに延べ50人にのぼり、中には、雨の日に傘を折られたという児童もいた。

児童らの目撃情報によると、長田容疑者は常に「しかめっ面」で、ぶつかってくるときは無言だったという。

近所の住民は「正面を見ていないんだよね。下を向いている感じだった。機嫌が悪いというより、暗いという感じ、表情がね」と語った。

現場近くの学校に通う高校生は「当たったことに申し訳なさそうな感じも全くなく、何ごともなかったように去っていきました」と語った。

道の幅は、およそ1.5メートルあり、通常は1列に並んでいるという児童に、ぶつかることなく歩けるはずだが、容疑者は、端を歩く児童に正面からわざと体をぶつけ、転倒させていたという。

警察の調べに対し、容疑者は「ぶつかったが、わざとではない」と容疑を否認している。

現実 精神疾患

現実

精神疾患を持っている人はかなり多くいると感じることがあります。入院しなくとも自傷他害の恐れがある人も多くいます。もちろん大半の人は問題をおこすことはないでしょうが、十分に気お付けないといけない人はいます。
指定医不足も深刻 関係者らが指摘 聖マリ不正取得
聖マリアンナ医大病院(川崎市宮前区)の医師が精神保健指定医資格を不正取得し取り消し処分を受けた問題をめぐり、重度の精神障害がある患者に向き合う関係者らに波紋が広がっている。「社会の信頼を裏切る行為で、精神科医療全体への不信や不安を生みかねない」-。専門家は同病院のずさんな体制を非難するとともに、病棟勤務医の減少も背景にあるとの見方を示す。患者の保護を担う関係者も、深刻な指定医不足に目を向けるべきと強調している。

同病院の精神科受診者数は1日平均約130人(2013年度)で、県全域で進めている精神科救急医療体制にも協力している。今年4月1日時点で常勤の指定医は12人おり、このうち7人の資格取り消しが決定。当面は残る5人で診療体制の維持を図るとしているが、「入院診療は縮小せざるを得ない」(尾崎承一病院長)のが現状という。

厚生労働省関東信越厚生局によると、県内在住の指定医は882人(14年度)で、11年度に比べ58人増えた。ただ、自身も指定医で医療法制度に詳しい東洋大の白石弘巳教授は「病棟の指定医は、むしろ少なくなっている」とみる。「暴れてしまうような重症患者を担当したり、患者に怒鳴られたりする病院勤務を敬遠する医師は多い」とし、比較的症状が軽い通院患者を診察するクリニックでの勤務を希望するケースが増えているのが実情という。

実際、重い精神障害がある患者に向き合う現場では、受け入れ先をめぐる困惑が続いている。

「自傷他害の恐れ」があり精神保健指定医の診断が必要とされるケースの多くは、警察に保護される。県警幹部によると、ほぼ毎日数人を保護する警察署もある中、指定医や入院先は慢性的に不足しており、署内で長時間の保護を余儀なくされるケースも少なくないという。

本人の同意なしで強制的に入院させる「措置入院」には2人以上の指定医の判定が必要だが、医師がなかなか見つからず「署内で一晩を明かすことも珍しくない。指定医はそれだけ足りていない」と元県警幹部は強調する。「入院先も見つからず、警察官が県東部から西部の病院に送り届けることもしばしばある」と打ち明けた。

別の県警幹部は「保護室がない署は他署を頼ったりしている。(自傷他害行為を防ぐため)署員はつきっきりで対応し、警察の負担は大きい」とし、「指定医不足という運用上の課題こそ深刻だ」と指摘する。

企業トラブル 精神障害

企業トラブル 精神障害

 

精神障害の中でも仕事上、特に注意が必要となる者があります
精神障害は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会は、著しい苦痛や機能の障害を伴っているとしている。精神疾患の語が用いられるが、厳密には精神障害である。従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きもある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また物質関連障害などといった、様々な症状を呈する状態がある。診断された者は精神障害者と呼ばれる。

症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、また脳損障害など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状であると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。

精神障害を診断するための決定的な生物学的な検査は存在しない。軽い日常的な出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。治療法も決定的なものは存在しない。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は人々を復帰させていない。自然に軽快することもある。

日本では、精神疾患の治療を担当するのは主に精神科医(精神医学・精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。

精神疾患事件

精神疾患事件

 

アキバ無差別殺傷 死刑確定へ、最高裁が加藤被告の上告棄却
東京・秋葉原で7人が死亡、10人が重軽傷を負った無差別殺傷事件で殺人罪などに問われ一、二審で死刑とされた元派遣社員の被告(32)の上告審判決で、最高裁第1小法廷(桜井龍子裁判長)は2日、被告の上告を棄却した。死刑が確定する。

一、二審判決によると、被告は2008年6月8日、歩行者天国にトラックで突っ込み通行人3人を殺害、2人にケガをさせた。さらにダガーナイフで刺して4人が死亡、8人が重軽傷を負った。

公判で弁護側は、被告が携帯電話のインターネット掲示板で嫌がらせを受け強いストレスを抱え、「事件当時は精神疾患による心神喪失か心神耗弱だった疑いがある」と主張した。

しかし、11年3月の一審東京地裁判決は完全責任能力を認め「大きな事件を起こしネット上での嫌がらせをやめさせたいという動機は身勝手で、人間性を感じられない残虐な犯行だ」と、求刑通り死刑を言い渡した。二審東京高裁も12年9月の判決で一審の判断を支持し、被告の控訴を退けた。
銃乱射事件

米国の首都ワシントンの海軍施設で16日朝(日本時間同日夜)、銃乱射事件が発生した。警察は12人が殺害されたことを明らかにし、容疑者の男も警官との銃撃戦で射殺された。

事件が起きたのは16日午前8時すぎ、犯人は海軍艦船の設計、管理を担う中枢部門が入る建物に侵入。内部は吹き抜けになっており、4階部分から1階の食堂に向けて乱射したとみられる。

銃撃犯とみられるのは(34)で、警官との銃撃戦で射殺された。AP通信は司法当局者の話として、精神疾患を患い、8月から治療を受けていたと報じた。警察当局は12人が殺害されたことを明かし、単独犯行との見方を強めている。

同容疑者は07年から海軍予備役兵だったが、10年4月にアパートの天井に発砲したとして逮捕され、11年に予備役を解かれた。04年にも車のタイヤに発砲事件で逮捕されている。主要メディアによると、同容疑者がコンピューター関連の下請け業者に雇われ、軍施設を出入りできるカードを所持、昨年は勤務先企業から派遣されて日本に滞在していたと伝えた。

警察当局は、警備が厳重な軍施設に銃が持ち込まれたことを重視し、動機解明に向けた捜査を本格化させた。オバマ米大統領は事件の犠牲者に哀悼の意を表した