別れ話トラブル

別れ話トラブル 相談 解決

男女の別れ そのトラブル、問題を当社にご相談ください。

あなたの力になります

男女間の別れ話のトラブル、問題、交際相手の暴力、DVでお困りの方貴方のの力になります。
別れたいけれど別れられない、交際相手や夫からの暴力・DV(ドメスティック・バイオレンス)からの避難、別れた後の嫌がらせ・ストーカーなど、卑劣な行為などによる男女間トラブルの解決をフルサポートします。
法律家・各種専門家との連携して対応します。

当社では、弁護士、司法書士、行政書士、医師、カウンセラー等の専門家と連携し、男女トラブル、問題の解決をお手伝いしています。また、必要な証拠収集、話し合いのサポート行い、書面での通知、警告など、さまざまな方法を駆使しトラブル、問題の解決を行います。また、別れる際の約束事の取り決めなど、円満な解決を行います。
相談内容を元に、情報の精査、リサーチを行い最善の解決策で対応します。

別れられない

もう別れたいと思って別れ話をするが、その度にあとで自殺騒ぎをおこす。ストーカーになりやすい相手です。そのままにしておくわけにもいかず、心配して見に行くと、一晩中拘束され、別れ話を撤回させられてしまう。ここ半年ずっとこのままですなど。

不倫相手との別れる

妻子ある男性と交際していた。好きな人ができたので別れようとしたところ、応じられない・交際に使った費用を全部返せと言われた。さらに、携帯をチェックされ、会うことを強制されるようになった。また、裸の映像もとられているので心配ですなど。

暴力彼氏宅からのわかれ

交際している彼氏に別れ話をしたところ、暴力をふるわれた。それ以来、怖くて別れたくても別れられないなど。
あらゆる男女の別れのトラブルに対応しています。

別れ話男女トラブルは、一度こじれると体験のことに発展することがあり、事件などに発展するケースも多くあります。感情がこじれ、個室に張ってしてしまうと当事者での解決は非常に困難で、危険です。当社は秘密厳守で安全安心です、一度ご相談下さい。その決断が早期解決へと繋がります。

キャッパー被害

キャッパー被害の解決お任せください!

ネットトラブルは、年々増加傾向にあります。
目に見えない相手から執拗な誹謗中傷を受けたり、嫌がらせが行われています。
インターネットは偽名で書き込みをしたり、メールを送り付けたりすることが容易なので、嫌がらせには都合のよい手段です。
これに、悩まされている被害者は増え続けています。

 

ザ!世〇仰天ニュースでも取り上げられた悲しい事件

先日、某テレビ番組で取り上げられていた被害。
以前からも海外ではネットに裸の写真を載せられた被害者が自殺してしまう事件が問題視されていました。
この被害、日本でも起こる可能性が十分あり、リベンジポルノ被害としても定着しつつあります。

ネットに自分の裸の映像が出ていまっただけではなく、その画像をメールでクラスメイトや会社の同僚、上司などに送られてしまったら・・・
考えただけでもぞっとしてしましますね。
それだけではなく、相手から脅迫を受けつこともあります。
どんどん被害はエスカレートし、追い詰められてしまった挙句、自ら命を絶ってしてしまうこともあるのです。
ネットの中の見えない相手は、執拗に追い詰めてくるのです。

精神的に未熟な未成者は、とっくにネットから離れられない傾向にあります。
ネットの世界での人間関係は、想像以上に重要視されています。
一旦そこでの社会に入り込んでしまうと、常にパソコンやスマートフォンに目を向けているような状態になってしまうのです。
辞めろと言われても、見てしまう・・・
見なければ気にならないことも、自ら見てしまうのです。

 

あなたのお子さんは、大丈夫ですか?

ネット社会に溶け込んだ今の子どもたちは、大人が思っている以上に広く人との係りを持っています。
例えば、昔は出会い系も限られた場所でしかできませんでしたが、今では携帯電話やスマートフォンがあればどこででも、誰でもやり取りができるのです。それも、リアルタイムでのやり取りが可能です。女子高生のおこずかい稼ぎとしての援助交際も簡単に行えます。ウエブカメラを利用したやり取りでは、一瞬の出来事もキャッパー画像として取り込まれます。ネットは便利なものですが、それを利用した犯罪は増える一方なのです。
巻き込まれたら最後、当事者での解決は難しいでしょう。

被害が拡散する前にご相談ください。

 

 

 

 

セクハラ解決 セクハラ相談

セクハラ解決 セクハラ相談

 

  セクハラ(セクシュアル・ハラスメント)とは、大きく説明すれば、以下の要件を満たす場合に成立します。

 

1・企業内や学校内等での、権力的な上下関係により行われる性的な言動

 

2、それにより、行為を受けた側が苦痛・不快感を伴う事(受けた側の主観を重視)

3、又は、その行為、言動などにより就業環境・学習環境などが悪 化する事言動の中にかには、「女のくせに・男のくせに」といった性差別に基づく言動も含まれます。よって被害者の主観で判断することによって、加害者にセクハラの意図・性的嫌がらせの意図がなかった場合でも セクハラが成立する場合がある事に注意が必要です。

 

「加害者の主観」はセクハラの成立に全く関係ないのが現状です。それはつまり、セクハラをしようとする意思が全く無かったとしても、セクハラが成立してしまう可能性が充分あるという事です。ちなみに男性でも十分被害者になります。セクハラは放置していては良い方向に向かうことは少なく、できるだけ早く何らかの対策を検討するのが得策と言えます。

生きていく上で切っても切り離す事が出来ない仕事。そんな仕事上でトラブルが起こった際、一人で悩む必要なんてないんです。私たちが全力でサポートさせて頂きますのでご安心ください。人生の半分を費やす時間でもある仕事をより楽しくなる未来になるよう私たちにお任せ下さい。

当社では、被害者、加害者どちらの解決依頼を受けています。一人で悩まず相談くださいあなたの力になります。

 

 

 

 

別れ話 トラブル 解決 相談

別れ話 トラブル 解決 相談

 

別れ話でトラブルを抱えてしまっている人の相談を多く受けます。一人で悩まず私どもに相談ください。

別れ話で 、トラブルになり相談にみえるクライアントは多く、あらゆる問題を抱えています。その中でもトラブルを放置していたため深刻な状況に陥っていることも多く解決までに時間を要していることも多いのです。当然警察にも言えない、弁護士にも言えないなど状況は様々ですが、ほっといたら状況が悪くなるだけです。

別れ話のもつれで殺人事件に発展するケースもあります。別れ話でトラブルになりそうなら当社へ社へ相談ください。

 

○○府○○市の遊歩道で女性が殺害された事件で、逮捕された元交際相手の男が、女性の帰宅時間を狙って犯行に及んだとみられることが分かりました。
○○市○○区の会社員・○○○○容疑者(○○)は○○日夜、同僚で元交際相手の○○○○さん(○○)の首をナイフで数回刺して殺害したとして、○○日に逮捕されました。犯行時間帯の前後には、現場付近の防犯カメラに○○容疑者の姿が映っていて、○○警察は、岡本容疑者が事前にナイフを準備し、○○さんの退社時間を狙って犯行に及んだとみています。

○○容疑者の親族:「普通に心優しいまともな人。動揺して、勘弁して頂きたい」

○○警察に対し、○○容疑者は「別れ話を持ち出され、口論となったことを恨みに思って殺害した」と話しているということです。

 

当事者だけでの解決が困難と考えたり、警察、弁護士などに相談出来ないような内容でも相談くださいあなたの力になります。

 

交際を始めたころは、毎日楽しくて仕方がない、というのは皆様も経験があると思います。しかし時間が経つにつれ、相手の事をたくさん知っていくと、不安などが出てくるのも事実だと思います。そんな時、相談できる相手というのは中々見つからない方も多くおられます。そんなあなたのお役に私たちは立てますので一度ご相談下さい。

 

別れ話 トラブル 相談 解決

トラブル解決ならアイ総合コンサルタント

相談ダイヤル 0120-007-808

 大阪 兵庫 京都 滋賀 岡山  広島 名古屋 横浜 東京

リベンジ ポルノ 相談 解決

リベンジ ポルノ 相談 解決

 リベンジポルノこんな言葉がネットで言われています

当社では、はめ撮りなどの画像、映像を持ちた恐喝、脅迫の解決をは15年前から対応しています。

15年ぐらい前は、金銭の要求、肉体関係の要求ぐらいのものですが、今では何も要求しないでネットに画像、映像を流されているのどの相談が増えてきています。

以前では、隠し撮りや、無理やり映像をとられていたケースもありますが、いまでは同意の上の撮影が大半を占めるようになってきています。

また撮影機材は、フィルムカメラ、ビデオカメラが主流でしたが、デジタルカメラから、携帯カメラ、スマートフォンカメラと変わってきています。

そのことで、簡単にインターネットに投稿できるようになっているようです。また簡単に拡散してしまう可能性もあり、早期の対応が重要となってくるのです。

また仲間内だけの秘密のはずが、何故か出回っていたりと対応も大変です。拡散する前に対応をとらないと、画像、映像をインターネット上から消すことは大変困難と言えます。

リベンジポルノは、被害者自身の将来や、家族の将来にも当然影響してしまいます。結婚問題だ度は特に起こりやすいトラブルとなってきます。

リベンジポルノの対応は、素早く、的確にしないとまたいつその画像、映像があなたや、家族を脅かすか分かりません。

当社では、家族や他人に知られず、フィルム、テープなども回収してきました。

対応で重要となるのは、誰にも知られずというのが重要です。

誰にも知られず対応したければ当社に相談ください。

様々なお悩みを抱えておられる方が近年増加しています。「でもどこに相談すればいいのか分からない」というのが本音ではないでしょうか。そういったお悩みも私たちにご相談下さい。専門のスタッフがあなたのお悩みの早期解決のお手伝いをさせて頂きます。

 


リベンジポルノの相談なら
アイ総合コンサルタント

相談ダイヤル 0120-007-808

美容外科トラブル相談

~美容外科トラブル相談~
『美容』の業界は、トラブルが多いところです。

近年、韓国同様に日本でも簡単に美容外科を訪れる人々が増え、

それに伴い美容外科の看板も多くなりました。

特に、首都圏では若い自称美容外科医が散乱しておりトラブルを起こしては違うクリニックに再就職し、またトラブルを起こしているようです。

命を扱う治療の域とはまた違った意味の美容医療。

医師のモラルの低さや未熟な技術が散乱しています。

アートメイクやレーザー脱毛も医師免許が必要な行為です。

医師法違反は、刑法上大変重い罪となり、逮捕されることもあります。

姫路市内のエステ店の女性経営者(57)を逮捕。

2002年2月から2004年4月までの間、同市内の無職女性(72)歳ら4人に、医師免許を持たずにまぶたやまゆ毛の肌に針で直接色素を注入するアートメークをした容疑。

京都市右京区のエステティックサロン経営者(27)と従業員(27)の2人が逮捕。

2003年5月から翌年10月にかけて、医師免許がないのに、南区の女性(24)ら市内の4人の女性客に、まゆ毛や目の周囲に電動器具を使って色素を注入する医療行為を計11回施した疑い。同店でメイクを受けた客の1人が、「目がはれて痛い」と医師の診療を受けて、警察署に相談したことから事件が発覚した。