盗撮 相手を恐喝

盗撮 相手を恐喝

妻にミニスカ-トをはかせ
盗撮相手を恐喝 容疑の夫婦ら逮捕
妻にミニスカートをはかせて、盗撮した相手を恐喝したとして、府警は10日までに、大阪府茨木会社員(31)、妻(21)両容疑者の、知人の自営業(30)を恐喝などの疑いで逮捕した。知人は否認しているが、夫婦らは容疑を認め「相手も警察に届け出ないから金になると思い、20回ぐらいやった」と供述しているという。
逮捕容疑は7家電量販店で、妻のスカート内を盗撮した男性会社員(29)に頭突きなどの暴行を加えて脅し、示談金50万円の支払いを約束させ、うち1万円を恐喝した疑いとの事。
ここで気になったには、逮捕されるまで20回も同じようなことをしていたということである。
脅迫、恐喝、美人局解決
ちょっとした気の迷いや、欲をきっかけに思いもよらない脅迫や恐喝被害に遭ってしまうことがあります。
誰にでも脅迫や恐喝の被害者になってしまう可能性はあるのです。
このブログを見つけてくださった貴方も、その一人なのかもしれません。

アイ総合コンサルタントでは、あらゆるトラブルを解決するプロが貴方のリスクも念頭に置いた上で、クライアントにとって最善の解決方法をお約束いたします
脅迫、恐喝、美人局解決なら
アイ総合コンサルタント
相談ダイヤル 0120-007-808

画像脅迫 強要

画像脅迫 強要

女子中学生に裸の写真送らせ脅した疑い 26歳会社員逮捕

26歳の会社員の男が、スマートフォンのチャットアプリで知り合った女子中学生に、裸の写真を送らせ、「会わないなら写真をばらまく」と脅した疑いで、警視庁に逮捕された。
強要未遂の疑いで逮捕された会社員・○○○○(○○○○)容疑者(26)は、2013年9月、スマートフォンのチャットアプリで知り合った当時14歳の女子中学生に、裸の写真などを送らせたうえ、会うことを拒否されると「会わないなら、インターネット上に写真をばらまく」と、脅した疑いが持たれている。
警視庁によると、○○容疑者は、女子中学生に下着や裸の写真を数十枚送らせていて、調べに対し、「メッセージを送ったのは間違いないが、いたずらのつもりだった」と話しているという。

このような事件じけんがありました。

当社の相談で最近増えてきているのが、裸の映像、裸の画像を男性に取られているのを取り返してほしいという内容のものです。

本人で取り返してしまえばよいと思うでしょうが、相手に反感を買われインターネット上に画像や映像を掲載されては回収は非常に困難と言えます。そんな時に当社を利用しているのです。

このような案件は、一人で悩んで状況が悪化してしまうケースがあります。またスピードが重要です。

画像、映像をとられ、取り返したいと思っている方は当社に相談ください。誰にも知られず当社が解決します。

無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。お問い合わせは無料です。

 

当社は、費用を頂いたクライアントのみの対応です。
※ 無料相談は、行っていません。
クライアントから頂いた費用を有効に使いたいと思っています。当社は、クライアントにとって最善を尽くすことを基本理念としております。

トラブル解決を業とする当社では、十分なヒアリングから内容を精査します。そして、事実確認を行ったうえで各種専門家を交えて対応策を打ち出すのです。その為、ヒアリングは大変重要であり費用を頂いて行っています。

※ 事実確認のための調査が必要な案件もあります

トラブル解決は、お悩み相談とは違います。話を聞くだけではなく、事実を基に解決が目的です。
当社はトラブル解決のプロです。警察や弁護士にも相談出来ない案件のご依頼がほとんどです。ご想像いただけると思いますが、弱みがあって問題を公にできないような内容や、警察に行っても相手にされなかった方からのご依頼をお受けすることもあります。もちろん、一度弁護士に断られた案件もご相談ください。当社が間に入り弁護士を入れて解決する案件もございます。そういった判断は、十分なヒアリングや事実確認無しではご提案もできないのです。

間違った愛情!

間違った愛情!

女性だけではなく、男性も同じなのでしょうが・・・
ということを前提に書いておきますが、
愛情と全く関係ないことを「愛情だ」と勘違いしてしまうことがあります。
男性が優しい言葉をかけてくれるのは、下心があるから。
「好きだ!」と言うのが口癖。
愛してるんだから、これを買ってくれ。
などなど。
誰でも経験があるのではないでしょうか。
先月、夫が出資法違反の容疑で逮捕された加護亜依さん、彼女のニュースを聞いて残念に思いました。

 

「彼は私のために稼ごうとしてやった」と離婚を拒否

警視庁は10月28日、加護さんの夫、加護陽彦容疑者(47才)を出資法違反容疑で逮捕しました。

逮捕状が出たのは17日です。その時点ですでに彼は行方をくらませていました。
加護さんにも17日の時点で警察から連絡が行き、事情を聞かれたそうですが、彼女も夫の居場所がわからないということだったそうです。

加護容疑者は、2011年9月にも恐喝未遂事件で逮捕されています。警察沙汰になるのはこれで2度目といいます。

知人によると、「彼は黒社会との繋がりも深いとされており、以前から“いわくつき”といわれる人物でした。加護容疑者の両親は今回の逮捕を受けて、亜依ちゃんに“これ以上あなたに迷惑をかけたくないから、息子とは別れてくれ”とまで言っているそうです。でも、彼女は“彼の行為は、私のためにお金を稼ごうとしてやったことだから、絶対に別れない”と、頑なに離婚を拒否しているそうです」と話しているそうです。

 

何を持って悪であるのか。判断基準が身を亡ぼす!

人間ですから、完璧な人はいないと言って良いでしょう。
大量虐殺を行った誰もが知る人にも、家族がいるのです。外では見せない顔を家族には見せていたはずです。
DVの被害もそうですが、悪いところに目をつむり、その人の良いところを誇張して受け取っているように感じうことがあります。離れられないの理由の一つでしょう。
はたから見れば、色ボケしているだけのように思えることすらあり、
周りから別れるように促されても一向に聞く耳を持たないのです。
犯罪者の周りにいることで、自分自身も犯罪に手を染める可能性は高くなります。
そういったリスクがあることも忘れてはならないのです。
男女トラブルの解決は、アイ総合コンサルタントへご依頼ください。

男女トラブルは、だれにも相談できないケースがあります。当社は秘密厳守で安全安心です、一度ご相談下さい。その決断が早期解決へと繋がります。

女性の裸撮影 画像,映像,脅迫,恐喝

女性の裸撮影 画像、映像 脅迫、恐喝

大阪 京都 神戸 兵庫 岡山 広島

○○○○市立○○小教諭の男性を逮捕

最近増えてきている男女トラブル相談は次のような内容のものが増えてきています。

女性の裸を撮影して脅したとして、○○県警○○署は10日、脅迫の疑いで、○○○○市立○○(○○○○)小学校教諭、○○○○容疑者(○○)=○○○○市○○区=を逮捕した。同署によると「これからも会ってもらいたいので裸の写真を撮った」と容疑を認めているという。

逮捕容疑は9日午後9時5分ごろ、○○○○市○○区のホテルで、同区内の女性(○○)の裸をスマートフォン(高機能携帯電話)で複数枚撮影し、「これからも会ってくれるよね。裸の写真撮ったから。現像してばらまくよ」などと脅迫したとしている。

○○署によると、○○容疑者は同日朝に電車内で女性を見かけ、帰りの電車も乗り合わせたことから声を掛けた。女性がホテル内で「帰りたい」と話したため脅迫行為に及んだという。

○○市立○○小学校によると、○○容疑者は4月から同小で勤務し、4年生の担任をしていた。○○○○校長は「事実ならば教員として許されざる行為。厳正に対処したい」としている。

この様な、脅迫、恐喝の相談は、ここ5年ぐらいで急増しています。裸の映像を撮影され金銭を要求され、1,000万円以上支払っていたケースもありました。

この様な状況では、警察にも、家族にも相談できないため被害が大きくなっていることが多く問題です。

この様なときには当社に相談ください。アイ総合コンサルタントでは、誰にも知られず解決しています。

 

犯罪トラブルとは、自分でも知らないうちに巻き込まれてしまうケースも少なからずございます。ひょっとしてこれ犯罪かもしれないと少しでも疑問に思われるのであれば、一度ご相談下さい。その決断が早期解決へと繋がります。

 

映像、画像  脅迫 恐喝

アイ総合コンサルタント

相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 兵庫 岡山 広島