男女トラブル

男女トラブル

男女トラブルの基本原因は固執です。当然固執していることに当事者間で何とかしようとしても問題が悪化してしまう事になります。

付き合い始めは、毎日楽しくて仕方がない、というのは皆様も経験があると思います。しかし時間が経つにつれ、相手の事をたくさん知っていくと、不安などが出てくるのも事実だと思います。そんな時、相談できる相手というのは中々見つからない方も多くおられます。そんなあなたのお役に私たちは立てますので一度ご相談下さい。
東京都中野区の自宅マンションでアルバイト店員が殺害された事件で、7月下旬に知人に会った際に「暴力をふるわれた」などと話していたことが、捜査関係者への取材でわかった。捜査本部は交友関係にトラブルがあった可能性があるとみて、事件との関連を調べている。

捜査関係者によると、7月中旬、部屋から男女の口論するような声や食器の割れるような音がしたため、付近の住民が110番する騒ぎが起きていた。警察官が現場に駆けつけたが、ストーカーなどの被害相談はなく、男女間のトラブルとして処理した。

一方、捜査本部がマンションの自室を現場検証したところ、携帯電話2台は見つかったが、鍵や財布がなくなっていることも判明。26日夜に遺体で見つかった時、玄関や窓は施錠されており、捜査本部は犯人が持ち去った可能性があるとみている。携帯電話には25日未明に無料通信アプリ「LINE(ライン)」で知人とやりとりした記録が残っていた。居酒屋のアルバイトを無断欠勤しており、捜査本部は25日未明から同日夜までに事件に巻き込まれた可能性が高いとみている。

トラブルは放置していても問題が悪化するケースも多くあります。

客とのトラブル

客とのトラブル

個人トラブルと同様に、企業間のトラブルも増加しております。法人は備えるべき法律を徹底的に網羅しなければトラブルに負けることが多いです。それにも関わらず、ほとんどの法人は備えるべき法的対策を打っていません。法律のトラブルにあって、一発で会社がつぶれてしまう可能性のあるトラブルに遭遇するのはもう珍しいことではありません。そんなトラブルを回避するために私たちがサポートいたします

和歌山県御坊市のホテル駐車場で25日、乗用車内から女性の遺体が見つかり、大阪府警捜査1課は同日、車の所有者で東大阪市大蓮北2の無職、容疑者(64)を死体遺棄の疑いで現行犯逮捕した。

遺体は18日から行方不明になっている大阪市生野区にあるスナック店の女性経営者(48)とみられ、同課が身元確認を急いでいる。

同課によると、容疑者は店の客で「店に行った後に車に乗せ、(遺体を)助手席に座らせていた」と容疑を認めており、死亡への関与もほのめかしているという。

容疑者は17日午後10時ごろに店を訪れ、18日午前0時以降は女性と2人きりで店内にいたとみられる。女性と連絡が取れないとして親族が同日、生野署に行方不明者届を出した。

府警が同容疑者が事情を知っているとみて行方を捜していたところ、24日夜に車を発見し、ホテルから出てきたところを現行犯逮捕。遺体は段ボールに覆われ、腐敗が進んでいた。

容疑者は女性の店を度々訪れ、3月には閉店時間を過ぎても帰らず、店側とトラブルになったこともあったという。逮捕容疑は今月24~25日、御坊市のホテルの駐車場にとめた車に女性の遺体を遺棄した疑い。

セクストーション

セクストーション

近年、インターネット上では嘆かわしい風潮が多く見受けられるようになりました。中でも卑劣極まりないのが性的な恐喝で、一般的に「セクストーションSextortion」Sex性的の意味とExtortionゆすり・恐喝の意味を組み合わせた造語と呼ばれています

セクストーションという造語の登場は、1950年4月5日付けのロサンゼルスタイムズ紙にまで遡ります。的搾取の一種で、犯罪者は被害者の性的な写真やビデオを入手し、公開されたくなければ言うことを聞くように脅し通常は性的な行為を要求します。

スマートフォンで撮影し脅す

愛知県警半田署は24日、栃木県青少年健全育成条例違反と脅迫の疑いで、宇都宮市川田町、スーパー店員(25)を逮捕した。

逮捕容疑は昨年8月、愛知県半田市の女子高校生(16)を宇都宮市のホテルに呼び出して、みだらな行為をし、スマートフォンで撮影。ことし5月に画像を添付したメールを送り「返事しないとさらす」と脅した疑い。

同署によると、女子高校生が県警に相談し発覚した。2人は昨年6月、ロックバンドのファンサイト上に開設された掲示板で知り合ったという。

 

セクストーション解決の問題は、被害を他社に相談することに躊躇してしまうことが多い。このことが問題を悪化させてしまう原因の一つです。

 

セクスト―ションを解決しようと思う方は勇気を出して私どもに相談ください。当社はあらゆる対応を経験していますのであなたをトラブルから救うことができます。

別れ話女性刺殺事件

別れ話女性刺殺事件

出会った時には大好きな相手だったのに・・・
時が経つにつれ、出会った頃からは想像もつかないトラブルや問題に発展してしまい、どうしたら良いのかわからず、精神的に参っていませんか

男女間には固執という感情が芽生えると厄介なことになります。ストーカーの思考は固執した考えで、男女間の関係をとらえていることが多いのです。
大阪市中央区高津3のマンション6階の一室で11日、女性が刺殺された事件で、住人で自称アルバイトの容疑者(24)=殺人未遂容疑で逮捕=が「女性が知らない男性と急に現れ、別れ話をされたので腹が立った」という趣旨の供述をしていることが、捜査関係者への取材で分かった。

 

大阪府警南署は12日、亡くなったのは住所・職業不詳の(21)と発表。千葉県内に住む母親が確認した。

捜査関係者によると、被害者は最近まで容疑者と同居していたとみられる。事件当日は事前に会う約束をせず、知人男性(23)とともに容疑者宅を訪ねた。男性には「相手が家にいたら別れ話をしようと思う」と漏らしていた。

被害者は合鍵で部屋に入ろうとした際、中から容疑者が姿を見せ、男性に「2人で話がしたい」と説明したとされる。

容疑者は直後に部屋の鍵を閉め、被害者を包丁とみられる刃物で襲った疑いがある。12日の司法解剖の結果、被害者の死因は頸(けい)動脈の切断による失血死だった。

付き合い始めは、毎日楽しくて仕方がない、というのは皆様も経験があると思います。しかし時間が経つにつれ、相手の事をたくさん知っていくと、不安などが出てくるのも事実だと思います。そんな時、相談できる相手というのは中々見つからない方も多くおられます。

現代のおやじ狩り

現代のおやじ狩り

おやじ狩り(おやじがり)とは、主に会社員の男性を、複数の若者が徒党を組んで襲撃し、金品を強奪すること。平成9年警察白書に言及がある。平成12年警察白書では、おやじ狩りを路上強盗の一種としている。
出会い系おやじ懲らしめる
出会い系サイトで知り合った男性会社員(55)に睡眠薬入りチョコレートを食べさせて現金などを奪ったとして、宮城県警に昏睡強盗容疑で逮捕された東北薬科大6年小浜翠容疑者(23)が「いい年をしてお金にものを言わせて遊んでいる変態おやじたちを懲らしめるためにやった」と供述していることが9日、県警への取材で分かった。

「ほかにもやった。お金が欲しかった」とも供述しており、県警は同様の手口で被害届が出ている4件の事件も小浜容疑者の犯行とみて調べるとともに、さらに動機を追及する。

秘密厳守も徹底しておりますので、安心してご相談ください。あらゆるネットワークを備え、どんなお悩みごと、問題ごとにも柔軟に対応し、解決させて頂きます。この状勢下、様々なお悩み事や問題事を抱えておられる方が近年増加しています。「だけど、どこに相談すればいいのか分からない」というのが気持ちもある事と思います。

男女トラブル

男女トラブル

出会った時には大好きな相手だったのに ? 近年男女トラブルに関するご相談が増加しております。また恋愛相談から、交際相手との金銭トラブル、浮気、離婚についての話し合い、セクハラ、ストーカー行為、DV(暴言・暴力)リベンジポルノ、画像、映像脅迫など様々な問題を抱えられています。そんなお悩みを私たちが一緒に解決のお手伝いをさせて頂きます!

元交際相手宅に侵入

元交際相手宅のマンションのベランダに侵入したとして、兵庫県警東灘署は22日夜、住居侵入容疑で、宝塚市消防本部の消防士大東史明容疑者(27)=西宮市=を現行犯逮捕した。 逮捕容疑は22日午後11時10分ごろ、神戸市東灘区のマンションで、2階によじ登って女性会社員(36)が住む部屋のベランダに侵入した疑い。 東灘署によると、玄関のインターホンが鳴った午後11時ごろ女性が110番。署員が駆け付けた際、ベランダに大東容疑者がいたという。「交際について話をしたかった」と容疑を認めている。 宝塚市消防本部によると、当時は非番の時間帯だった。 男女トラブルは、女性にとっては大きな悩みのタネとなるので日頃から気を付けておく必要があります。いい関係の時は起こらなかったトラブルも、別れる際に出てくるのです。そして、別れ方によっては相手がストーカーになったり、愛情が恨みに代わることもあります。男女トラブル特有のこじれた人間関係は早期解決が必須です。

近隣トラブル殺人事件

近隣トラブル殺人事件

近隣の方とトラブルを起こさないために大事なのは、そこに住んでおられる方々とのコミュニケーションが大事となってきます。ですが、近年は昔とは違いそのコミュニケーション自体が希薄になってきている傾向があり、トラブルにも発展しやすいのが現状です。もしあなたが現在近隣トラブルでお悩みなのでしたら、一度私たちにご相談下さい。

夜中に怒鳴り込み

こうした性格が凄惨な事件を引き起こす一因となったのか。豊中市の現場マンションに転居してからも、近隣住民とのトラブルは絶えなかった。

今年春までマンションに住んでいた30代の男性は昨年5月ごろ、夜中に容疑者から「うるさいやろが」と怒鳴り込まれた。男性は全く心当たりがなく、「うちじゃない」と否定。すると容疑者は「そうですか」と帰っていった。

大阪府警によると、事件で犠牲になったaさんの夫(42)は「長男が容疑者の自宅の外壁をこすったので1週間前に謝った」と説明している。

事件につながるほどの出来事ではないが、「いろんな人から嫌がらせを受けていた」と供述している容疑者が、勝手に邪推の念を強めた可能性もある。府警は動機や犯行に至る経緯について詳しく調べている。

様々なお悩みを抱えておられる方が近年増加しています。「でもどこに相談すればいいのか分からない」というのが本音ではないでしょうか?そういったお悩みも私たちにご相談下さい。専門のスタッフがあなたのお悩みの早期解決のお手伝いをさせて頂きます。

リベンジポルノ有罪判決  

リベンジポルノ有罪判決

まさか、交際相手に脅されるとは思ってもいない事でしょう。
もちろん、付き合い始めからリベンジポルノを考えている人は少ないのが実情で、別れ話のもつれや金銭トラブルなどがきっかけで「復讐心」を宿してしまうことが多いようです。
脅迫や恐喝にリベンジポルノを使うだけではない場合だけではなく、撮影した画像を何も言わずにネットにアップしている場合もあります。知人に知らされてからリベンジポルノに気付く被害者もいます。

リベンジポルノ被害は、相手が復讐心を持っていることから始まります。ストーカー行為を繰り返した挙句、警察が二人の男女トラブルに介入したことでネットに画像をアップし元交際相手を殺害した事件もありました。画像が被害者の弱みになるため、公の機関 警察などに相談しにくいことも問題です。当社にご相談頂くケースも、水面下での解決をご希望される方が殆どです。

女性の裸写真ばらまく

交際していた女性の裸の写真をばらまいたとして、リベンジポルノ防止法違反の罪に問われた福島県郡山市の無職宮田慎也被告(33)の判決が25日、福島地裁郡山支部であった。井下田英樹裁判長は「犯行は短絡的かつ自己中心的。被害者の精神的苦痛は大きい」と述べ、懲役1年6カ月執行猶予3年(求刑懲役1年6カ月)を言い渡した。

判決によると、宮田被告は今年1月と2月、郡山市内のショッピングセンターの駐車場で、不倫相手だった30代の女性の裸や顔が写った写真計131枚を4回にわたってばらまいた。女性に別れを告げられた後も女性宅を訪れ、ストーカーと言われたことを逆恨みし、女性を困らせようと犯行に及んだ。

宮田被告は今年2月19日、昨年11月27日に施行された同法違反容疑で全国で初めて逮捕され、3月に同罪で起訴された。

交際相手や夫婦間、浮気相手や不倫相手など仲がよい関係を保てている間は、お互いに愛情もあれば信頼関係も築けているのでしょう。しかし、二人の関係が壊れてしまったら・・・

何の問題もなくすんなり別れられる事ばかりではありません。別れ話を機会にストーカーに変貌する相手もいれば、復讐の炎が燃え上がることもよくあります。

最近よく耳にする「リベンジポルノ」被害とは、そのまま訳すと復讐ポルノです。恐ろしい響きです。復讐されれうには何らかの恨みを抱く理由があります。理不尽な別れ方や、二股、一方的に連絡を取らないなどしていませんか。交際相手に復讐したいと言う感情に相当する出来事があったであろうと想定した対策が必要です。アイ総合コンサルタントへご相談ください。

 

違法 行政書士

違法 行政書士

日夜犯罪のニュースが後を絶ちません。いまやいつ自分の身にその犯罪が降りかかってくるかも分からないのが現在の状況ではないでしょうか?ですが実際は犯罪被害の救援には、犯罪被害者自らが立ち上がり戦わなくてはなりません。私たちは今日まで、さまざまな犯罪被害者からの相談を受け解決してきました。
今お悩みの方は一度私たちにご相談下さい。

詐欺被害、恐喝、脅迫、横領、背任,、美人局などあらゆる犯罪の対応が可能

誰のも知られることなく犯罪のトラブルを解決します。

 

行政書士が「違法」交渉

アダルトサイト高額請求

アダルトサイトの高額請求をめぐる問題に関し、本来業務としては行えない行政書士が救済を請け負い、トラブルになるケースが増えている。国民生活センターは日本行政書士会連合会に対し、「被害解決ができるなどの誤認を与える行為」をしないよう求めた。

発表によると、アダルトサイトについて行政書士が関与してトラブルになった事例は2014年度に516件あった。09~13年度は年間5~16件で、急増している。

行政書士は解約の相談に乗ることはできるが、業者と交渉を行うことは弁護士法違反(非弁行為)にあたるため、禁じられている。それなのにホームページなどで「個人情報を削除できる」「請求を止める」とうたって宣伝をしている事務所は、全国で少なくとも10カ所程度あるという。

パワハラ相談

パワハラ相談

「誰にも言えない・・・」「どうしたら楽になるの・・?」

毎日不安と孤独の中でじっと耐えて続けてしまい、自分自身に大きな精神的ストレスを抱え込んでしまうのが、こ のDVです。

最近では、相対的な数は少ないものの男性のDV被害も増えているようで、DVがやめられないと言う女性の方からのご相談も頂きます。

家族の為、子供の為にと「自分さえ我慢すれば何とかなるんだ」と言い聞かせていませんか?最も 女性が受ける被害で、肉体的暴力と精神的暴力があります。

誰かに相談したくてもなかなか言い出せず、また 相談された方も家庭の中にまで踏み込めず、どのようにしてあげればよいのか判断できる人は少ないようで す。そのため長期にわたり、我慢に我慢を重ねてしまうと心と身体が病んできます。

 

パワハラ相談2倍、過去最多

京都市で2013年度に市長部局の職員から寄せられたパワーハラスメントに関する相談が前年度の約2倍にあたる35件に上り、過去最多となったことが市のまとめで分かった。市は「パワハラに対する関心や意識が高まったためではないか」としている。

市によると、相談内容は上司による大声での叱責(しっせき)や決めつけといい、「話の内容は業務上必要な指導に関することだが、言った方と言われた方の理解に違いが起きている」(コンプライアンス推進室)とする。上司に指導するが、懲戒処分に至った事例はない。

市は09年度からパワハラの相談窓口を設けており、11年度までは7~10件だった。12年度は18件と大幅に増え、13年度はさらに倍増した。35件のうち21件は調査や指導は求めておらず、匿名の通報も多いという。

市は全職員に対してパソコンで閲覧できるパワハラ防止の手引きを配布したり、管理職や係長の研修時に注意を呼びかけている。