男女トラブル

男女トラブル

男女トラブルの基本原因は固執です。当然固執していることに当事者間で何とかしようとしても問題が悪化してしまう事になります。

付き合い始めは、毎日楽しくて仕方がない、というのは皆様も経験があると思います。しかし時間が経つにつれ、相手の事をたくさん知っていくと、不安などが出てくるのも事実だと思います。そんな時、相談できる相手というのは中々見つからない方も多くおられます。そんなあなたのお役に私たちは立てますので一度ご相談下さい。
東京都中野区の自宅マンションでアルバイト店員が殺害された事件で、7月下旬に知人に会った際に「暴力をふるわれた」などと話していたことが、捜査関係者への取材でわかった。捜査本部は交友関係にトラブルがあった可能性があるとみて、事件との関連を調べている。

捜査関係者によると、7月中旬、部屋から男女の口論するような声や食器の割れるような音がしたため、付近の住民が110番する騒ぎが起きていた。警察官が現場に駆けつけたが、ストーカーなどの被害相談はなく、男女間のトラブルとして処理した。

一方、捜査本部がマンションの自室を現場検証したところ、携帯電話2台は見つかったが、鍵や財布がなくなっていることも判明。26日夜に遺体で見つかった時、玄関や窓は施錠されており、捜査本部は犯人が持ち去った可能性があるとみている。携帯電話には25日未明に無料通信アプリ「LINE(ライン)」で知人とやりとりした記録が残っていた。居酒屋のアルバイトを無断欠勤しており、捜査本部は25日未明から同日夜までに事件に巻き込まれた可能性が高いとみている。

トラブルは放置していても問題が悪化するケースも多くあります。

ストーカートラブル

ストーカートラブル

無くならないストーカートラブル。

他人任せでは解決できない現状を認識すべきです。いのとを奪われ空では遅いにです。

52歳女性が刺され死亡 逮捕男、娘にストーカー行為などトラブル

同じアパートの男に襲われ、女性が死亡した事件で、男は、この女性の娘にストーカー行為を繰り返すなど、度々トラブルを起こしていた。

近所の人は「特に若い人に興味があるみたい。娘さんがターゲットだった」と話した。このように他人が見ても明らかなストーカーが行われていました。

63歳も年下の女性に、つきまとい行為を繰り返していた84歳の男が、最悪の事態を引き起こした。

1階に女性が、実家に戻っていた娘と2人でいたところ、突然、男が刃物のようなものを持って部屋に侵入してきた。

被害者の娘は「いきなり男が侵入してきて刺した」と話した。

そして、男は、女性の胸のあたりを刺し、娘は外に逃げ、助けを求めた。

通報を受けた警察官が現場に駆けつけると、女性は、部屋の中で胸から血を流して死亡していた。

そして警察は、アパートの2階に住む加害者(84)を、殺人未遂の現行犯で逮捕した。

加害者について、近所の人は「お酒飲むと、気性が荒くなる。(アパートの前で)火を使っていろいろ燃やして、警察に補導されたこともある」と話した。

近所で、度々トラブルを起こしていた加害者。

川上さん親子も標的になっていた。

加害者は被害者の娘に卑わいな言葉をかけたとして書類送検され、起訴猶予処分となっていた。

しかし、その後も娘に、つきまとい行為を繰り返していたという。

高齢者ストーカーの特徴として、警察も裁判も全く気に掛けないということが多いのが特徴です。

ストーカーのトラブルでお困りなら当社に相談ください。

盗撮

盗撮

女性の盗撮被害は深刻な問題に発展することがあり見逃せことはできません。盗撮犯人のところにあなたの画像があるという事は、どのような悪事に利用されるかわかりません。過去の例ではリベンジポルノ、セクストーションに利用されていたケースもありました。

 

トイレ盗撮の白バイ隊員

 

性的興奮とは、生殖活動に伴う興奮状態であるが、動物の多くが発情中の異性の臭気や特異な行動によって引き起こされる一方で、人間を含む霊長類に至っては、様々なシンボルによっても興奮することが確認されている。

人間では、様々な抽象的シンボルや、さらには自身の空想からでも、性的興奮を呼び起こすことも可能では在るが、あまりに先鋭化し過ぎると、いわゆる変態性欲の範疇に入ってくる。しかし人間の場合、非常に様々なシンボルに性的興奮を喚起させる能力に恵まれていることもあり、様々に様式化されており多種多様な性的興奮の対象が存在する。
停職6月の懲戒処分に
京都府警の白バイ隊員が警察施設のトイレなどで女性職員らを盗撮した事件で、府警は9日、交通部交通機動隊巡査、長田淳被告(31)=府迷惑行為防止条例違反罪で起訴=を停職6カ月の懲戒処分とした。長田被告は同日付で依願退職。「不快な思いをさせ反省している」と話したという。今年に入り府警が懲戒処分をしたのは7人目。

府警によると、長田被告は、平成25年8月ごろから約1年10カ月にわたり、コンビニや書店などで盗撮行為を繰り返していたという。自宅から押収したハードディスクには、約1600点の盗撮動画が保存。「盗撮サイトでスカートからのぞく下着に性的興奮を覚え、リアリティーを求めて撮るようになった」と動機について話したという。

パワハラ学長

パワハラ学長

人間関係が優位な者が立場を利用し理不尽な要求をし職場の雰囲気や能率を下げるような行為は、企業として対応を早急にしなければなりません。

 

厚生労働省の「職場のいじめ・嫌がらせ問題に関する円卓会議ワーキング・グループ」(2012年)は、「職場のパワーハラスメントとは、同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与えるまたは職場環境を悪化させる行為をいう。※上司から部下に行われるものだけでなく、先輩・後輩間や同僚間、さらには部下から上司に対して様々な優位性を背景に行われるものも含まれる」という定義を提案した。

上司が信頼されていない会社で最もモチベーションが下がり、それを補うために懲罰的な叱責がなされるが、かえってそれが会社にとって致命的なミスにつながるということが明らかになっている。

浜松医科大(浜松市東区)の50代の男性教授が7日、中村達(さとし)学長からパワーハラスメントを受けたとして、学長と大学を相手取り、静岡地裁浜松支部に550万円の損害賠償を求めて提訴した。

訴状によると、男性教授は約9年間にわたって中村学長から嫌がらせを受けたり、教授としての地位を脅かされ続けたりしたことで精神的苦痛を被り、抑うつ状態と診断されたとしている。男性教授を巡って今年1月、浜松労働基準監督署が「上司との間のトラブルで精神疾患になった」と労災を認定している。

提訴前に記者会見した男性教授は「強化された学長の権限を私的に利用した明らかないじめ。裁判で真実が明らかになり、社会に貢献できる大学に変わることを望む」と話した。

客とのトラブル

客とのトラブル

個人トラブルと同様に、企業間のトラブルも増加しております。法人は備えるべき法律を徹底的に網羅しなければトラブルに負けることが多いです。それにも関わらず、ほとんどの法人は備えるべき法的対策を打っていません。法律のトラブルにあって、一発で会社がつぶれてしまう可能性のあるトラブルに遭遇するのはもう珍しいことではありません。そんなトラブルを回避するために私たちがサポートいたします

和歌山県御坊市のホテル駐車場で25日、乗用車内から女性の遺体が見つかり、大阪府警捜査1課は同日、車の所有者で東大阪市大蓮北2の無職、容疑者(64)を死体遺棄の疑いで現行犯逮捕した。

遺体は18日から行方不明になっている大阪市生野区にあるスナック店の女性経営者(48)とみられ、同課が身元確認を急いでいる。

同課によると、容疑者は店の客で「店に行った後に車に乗せ、(遺体を)助手席に座らせていた」と容疑を認めており、死亡への関与もほのめかしているという。

容疑者は17日午後10時ごろに店を訪れ、18日午前0時以降は女性と2人きりで店内にいたとみられる。女性と連絡が取れないとして親族が同日、生野署に行方不明者届を出した。

府警が同容疑者が事情を知っているとみて行方を捜していたところ、24日夜に車を発見し、ホテルから出てきたところを現行犯逮捕。遺体は段ボールに覆われ、腐敗が進んでいた。

容疑者は女性の店を度々訪れ、3月には閉店時間を過ぎても帰らず、店側とトラブルになったこともあったという。逮捕容疑は今月24~25日、御坊市のホテルの駐車場にとめた車に女性の遺体を遺棄した疑い。

脅迫電話

脅迫電話

 

脅迫電話とは目的の如何を問わず、相手を電話脅し威嚇する行為をいう。強迫電話ともいう。
ソウル五輪イヤーを迎えた1988年の1月だった。日本陸連幹部から会社(当時ヱスビー食品)に電話があり、私は東京都内のホテルの一室へ呼び出され、こう注意された。

「代表を決めるのは陸連だから、『五輪に出る、出ない』といった話は自分からしないように」

私は2月の東京国際、3月のびわ湖毎日、どちらに出場するかさえ分からない状況だった。自分への信頼を感じつつも、「選考会の準備をしていただけるのなら、全力を尽くします」と答えるしかない立場だった。

ソウル五輪の代表選考レースは87年9月の世界選手権、同12月の福岡国際、88年の東京国際、びわ湖毎日の4つだったが、日本陸連は瀬古を含めた候補選手6人には原則として全員が福岡国際に出場するよう要請。事実上、福岡国際での日本勢上位3人が代表となる一発勝負と受け止められていた。だが、瀬古が11月の東日本実業団駅伝で左足首を骨折し、福岡国際を欠場したため、選考が混迷した

最大のライバルで福岡国際を制した中山竹通くんが「はってでも出てこい」と発言したと報道された。実際は「もし僕が瀬古さんの立場だったら、はってでも出ないと選んでもらえないでしょうね」というニュアンスだったようだ。コメントが曲解されたことで私に対する風当たりは増していった。

びわ湖毎日は優勝したものの、タイムは2時間12分41秒だった。福岡国際で日本勢3番手だった工藤一良くんの記録は私より1分以上速かった。重視するのは順位か、記録か-。選ばれたのは私だった。物議を醸した上での代表入りは、一部で反感を買った。

別れ話女性刺殺事件

別れ話女性刺殺事件

出会った時には大好きな相手だったのに・・・
時が経つにつれ、出会った頃からは想像もつかないトラブルや問題に発展してしまい、どうしたら良いのかわからず、精神的に参っていませんか

男女間には固執という感情が芽生えると厄介なことになります。ストーカーの思考は固執した考えで、男女間の関係をとらえていることが多いのです。
大阪市中央区高津3のマンション6階の一室で11日、女性が刺殺された事件で、住人で自称アルバイトの容疑者(24)=殺人未遂容疑で逮捕=が「女性が知らない男性と急に現れ、別れ話をされたので腹が立った」という趣旨の供述をしていることが、捜査関係者への取材で分かった。

 

大阪府警南署は12日、亡くなったのは住所・職業不詳の(21)と発表。千葉県内に住む母親が確認した。

捜査関係者によると、被害者は最近まで容疑者と同居していたとみられる。事件当日は事前に会う約束をせず、知人男性(23)とともに容疑者宅を訪ねた。男性には「相手が家にいたら別れ話をしようと思う」と漏らしていた。

被害者は合鍵で部屋に入ろうとした際、中から容疑者が姿を見せ、男性に「2人で話がしたい」と説明したとされる。

容疑者は直後に部屋の鍵を閉め、被害者を包丁とみられる刃物で襲った疑いがある。12日の司法解剖の結果、被害者の死因は頸(けい)動脈の切断による失血死だった。

付き合い始めは、毎日楽しくて仕方がない、というのは皆様も経験があると思います。しかし時間が経つにつれ、相手の事をたくさん知っていくと、不安などが出てくるのも事実だと思います。そんな時、相談できる相手というのは中々見つからない方も多くおられます。

現代のおやじ狩り

現代のおやじ狩り

おやじ狩り(おやじがり)とは、主に会社員の男性を、複数の若者が徒党を組んで襲撃し、金品を強奪すること。平成9年警察白書に言及がある。平成12年警察白書では、おやじ狩りを路上強盗の一種としている。
出会い系おやじ懲らしめる
出会い系サイトで知り合った男性会社員(55)に睡眠薬入りチョコレートを食べさせて現金などを奪ったとして、宮城県警に昏睡強盗容疑で逮捕された東北薬科大6年小浜翠容疑者(23)が「いい年をしてお金にものを言わせて遊んでいる変態おやじたちを懲らしめるためにやった」と供述していることが9日、県警への取材で分かった。

「ほかにもやった。お金が欲しかった」とも供述しており、県警は同様の手口で被害届が出ている4件の事件も小浜容疑者の犯行とみて調べるとともに、さらに動機を追及する。

秘密厳守も徹底しておりますので、安心してご相談ください。あらゆるネットワークを備え、どんなお悩みごと、問題ごとにも柔軟に対応し、解決させて頂きます。この状勢下、様々なお悩み事や問題事を抱えておられる方が近年増加しています。「だけど、どこに相談すればいいのか分からない」というのが気持ちもある事と思います。

近隣トラブル殺人事件

近隣トラブル殺人事件

近隣の方とトラブルを起こさないために大事なのは、そこに住んでおられる方々とのコミュニケーションが大事となってきます。ですが、近年は昔とは違いそのコミュニケーション自体が希薄になってきている傾向があり、トラブルにも発展しやすいのが現状です。もしあなたが現在近隣トラブルでお悩みなのでしたら、一度私たちにご相談下さい。

夜中に怒鳴り込み

こうした性格が凄惨な事件を引き起こす一因となったのか。豊中市の現場マンションに転居してからも、近隣住民とのトラブルは絶えなかった。

今年春までマンションに住んでいた30代の男性は昨年5月ごろ、夜中に容疑者から「うるさいやろが」と怒鳴り込まれた。男性は全く心当たりがなく、「うちじゃない」と否定。すると容疑者は「そうですか」と帰っていった。

大阪府警によると、事件で犠牲になったaさんの夫(42)は「長男が容疑者の自宅の外壁をこすったので1週間前に謝った」と説明している。

事件につながるほどの出来事ではないが、「いろんな人から嫌がらせを受けていた」と供述している容疑者が、勝手に邪推の念を強めた可能性もある。府警は動機や犯行に至る経緯について詳しく調べている。

様々なお悩みを抱えておられる方が近年増加しています。「でもどこに相談すればいいのか分からない」というのが本音ではないでしょうか?そういったお悩みも私たちにご相談下さい。専門のスタッフがあなたのお悩みの早期解決のお手伝いをさせて頂きます。

リベンジポルノ有罪判決  

リベンジポルノ有罪判決

まさか、交際相手に脅されるとは思ってもいない事でしょう。
もちろん、付き合い始めからリベンジポルノを考えている人は少ないのが実情で、別れ話のもつれや金銭トラブルなどがきっかけで「復讐心」を宿してしまうことが多いようです。
脅迫や恐喝にリベンジポルノを使うだけではない場合だけではなく、撮影した画像を何も言わずにネットにアップしている場合もあります。知人に知らされてからリベンジポルノに気付く被害者もいます。

リベンジポルノ被害は、相手が復讐心を持っていることから始まります。ストーカー行為を繰り返した挙句、警察が二人の男女トラブルに介入したことでネットに画像をアップし元交際相手を殺害した事件もありました。画像が被害者の弱みになるため、公の機関 警察などに相談しにくいことも問題です。当社にご相談頂くケースも、水面下での解決をご希望される方が殆どです。

女性の裸写真ばらまく

交際していた女性の裸の写真をばらまいたとして、リベンジポルノ防止法違反の罪に問われた福島県郡山市の無職宮田慎也被告(33)の判決が25日、福島地裁郡山支部であった。井下田英樹裁判長は「犯行は短絡的かつ自己中心的。被害者の精神的苦痛は大きい」と述べ、懲役1年6カ月執行猶予3年(求刑懲役1年6カ月)を言い渡した。

判決によると、宮田被告は今年1月と2月、郡山市内のショッピングセンターの駐車場で、不倫相手だった30代の女性の裸や顔が写った写真計131枚を4回にわたってばらまいた。女性に別れを告げられた後も女性宅を訪れ、ストーカーと言われたことを逆恨みし、女性を困らせようと犯行に及んだ。

宮田被告は今年2月19日、昨年11月27日に施行された同法違反容疑で全国で初めて逮捕され、3月に同罪で起訴された。

交際相手や夫婦間、浮気相手や不倫相手など仲がよい関係を保てている間は、お互いに愛情もあれば信頼関係も築けているのでしょう。しかし、二人の関係が壊れてしまったら・・・

何の問題もなくすんなり別れられる事ばかりではありません。別れ話を機会にストーカーに変貌する相手もいれば、復讐の炎が燃え上がることもよくあります。

最近よく耳にする「リベンジポルノ」被害とは、そのまま訳すと復讐ポルノです。恐ろしい響きです。復讐されれうには何らかの恨みを抱く理由があります。理不尽な別れ方や、二股、一方的に連絡を取らないなどしていませんか。交際相手に復讐したいと言う感情に相当する出来事があったであろうと想定した対策が必要です。アイ総合コンサルタントへご相談ください。