リスク回避

リスク回避

企業又は経営者は従業員の安全を確保することを怠ってはならない。このことは、企業のリスク回避としては当然考えるべきで、避けてはと売れないのである。

従業員の安全は、仕事の能率を考える上でも重要なことなのです。

労災認定

モデル事務所に所属していた名古屋市西区の大学生、女性(当時21歳)が2011年8月、派遣先の男に殺害された事件で、遺族側弁護士は21日、厚生労働省労働保険審査会が労働基準監督署の判断を覆し、女性の死を労災と認定したことを明らかにした。

遺族側弁護士によると、女性は愛知県一宮市の受刑者(49)=殺人罪などで懲役27年が確定=の自宅で刺殺され、遺族は12年11月、名古屋北労基署に遺族補償の支給を請求。労基署は、モデルが個人事業主の性格が強いなどとして不支給を決定した。

これに対し、労働保険審査会は今年1月、モデル事務所「ヴィズミックモデルエージェンシー」(東京)の指示で、女性がモデル以外にも受付業務などの仕事にも従事していたことなどから、事務所との間に使用従属性のある労働者にあたると判断。被害は業務に起因するとして、労災保険の対象と裁決した。

一方、女性が死亡したのは、事務所側が安全配慮義務を怠ったためとして遺族が1億円の損害賠償などを求めていた訴訟は21日、名古屋地裁で和解が成立した。

遺族側弁護士によると、モデル事務所と和解金の支払い(金額は非公表)遺族への謝罪、所属モデルの安全対策を取る、モデル業界と事務所の安全対策の取り組みを書面で定期的に遺族に報告する--などで合意した。

遺族は他のモデル事務所が丹羽受刑者の依頼を不審に思い、派遣に応じていなかったことなどを挙げ、事務所が安全確保を怠ったと主張。

客とのトラブル

客とのトラブル

個人トラブルと同様に、企業間のトラブルも増加しております。法人は備えるべき法律を徹底的に網羅しなければトラブルに負けることが多いです。それにも関わらず、ほとんどの法人は備えるべき法的対策を打っていません。法律のトラブルにあって、一発で会社がつぶれてしまう可能性のあるトラブルに遭遇するのはもう珍しいことではありません。そんなトラブルを回避するために私たちがサポートいたします

和歌山県御坊市のホテル駐車場で25日、乗用車内から女性の遺体が見つかり、大阪府警捜査1課は同日、車の所有者で東大阪市大蓮北2の無職、容疑者(64)を死体遺棄の疑いで現行犯逮捕した。

遺体は18日から行方不明になっている大阪市生野区にあるスナック店の女性経営者(48)とみられ、同課が身元確認を急いでいる。

同課によると、容疑者は店の客で「店に行った後に車に乗せ、(遺体を)助手席に座らせていた」と容疑を認めており、死亡への関与もほのめかしているという。

容疑者は17日午後10時ごろに店を訪れ、18日午前0時以降は女性と2人きりで店内にいたとみられる。女性と連絡が取れないとして親族が同日、生野署に行方不明者届を出した。

府警が同容疑者が事情を知っているとみて行方を捜していたところ、24日夜に車を発見し、ホテルから出てきたところを現行犯逮捕。遺体は段ボールに覆われ、腐敗が進んでいた。

容疑者は女性の店を度々訪れ、3月には閉店時間を過ぎても帰らず、店側とトラブルになったこともあったという。逮捕容疑は今月24~25日、御坊市のホテルの駐車場にとめた車に女性の遺体を遺棄した疑い。

クレーマーとストーカー

クレーマーとストーカー

クレームストーカー 業務への苦情を装うため、企業などが内部で処理して警察に届け出ないケースもあるとみられ、表面化していない被害はさらに多いと指摘。平塚さんは「1人でなく複数で対応し、早期に弁護士を立てるなどしたほうがいい」とアドバイスする。
ストーカー加害者が業務への苦情を装うのは、ストーカー規制法が仕事や近隣トラブルなど恋愛感情以外の理由によるつきまといを規制対象外にしている事情がある。ただ、「恋愛感情」の目的要件を撤廃すると、取材や調査活動なども含め幅広く取り締まりの対象になる恐れがあり、専門家の間でも意見は割れている。

「金を返してほしかっただけ」。元交際相手の女性(46)宅に何度も押し掛けたとして、千葉県警に昨年3月逮捕された会社員の男(36)は調べにそう供述したという。

男は交際中、頻繁にプレゼントを送り、金銭的な援助もしていたが、県警幹部は「復縁したかっただけ」とみる。

しかし男が強く否定したため、県警はストーカー規制法違反での立件を見送り、みだりにつきまとうことを禁じた県迷惑防止条例違反容疑で逮捕した。毎日新聞の調べでは、1月8日時点で大阪や福岡、三重など34都道府県に同様の条例がある。

恋愛感情の目的要件を巡っては、昨年8月にストーカー規制の在り方について報告書をまとめた警察庁の有識者検討会でも議論になった。「撤廃すれば被害者が警察に相談しやすくなる」との意見がある一方、「規制範囲がむやみに拡大する」との懸念もあり、最終的には今後の検討課題とされた。

企業トラブル

企業トラブル

法人は備えるべき法律を徹底的に網羅しなければトラブルに負けることが多いです。それにも関わらず、ほとんどの法人は備えるべき法的対策を打っていません。法律のトラブルにあって、一発で会社がつぶれてしまう可能性のあるトラブルに遭遇するのはもう珍しいことではありません。そんなトラブルを回避するために私たちがサポートいたします

 

全従業員が退職願

 

鈴鹿市のコミュニティーFM「鈴鹿ヴォイスエフエム」で、全従業員8人が一斉に19日付で「退職願」を出して出社せず、20日午前7時~21日午後3時に自社制作の中の生放送番組を放送できなくなった。番組を納めている東京の制作会社の番組を流すなどして放送は中断しなかった。22日、総務省東海総合通信局に報告した。

運営する鈴鹿メディアパークの加藤正彦社長(55)によると、自身が3月末の取締役会で副社長から社長に昇格し、株主総会後に計画している7月からの新体制への不満が原因とみられるという。一方、従業員側は「給料未払いが原因」としている。

鈴鹿のFM局は24時間、放送している。加藤社長によると、従業員は20日から全員出勤しなかった。前従業員らに頼んで放送しようとしたが、局内のパソコンのパスワードが変えられていてすぐに対応できず、辞職願を出した従業員も連絡がつかなかったという。22日朝から平常に復帰したという。

19日は給料の支給日だったが、支払われていなかった。退職願を出した一人は「経営が厳しいとうわさで聞いていた。経営者への不信感もあった」と話す。加藤社長は「(19日は)全員に必要な額より少し足りなかったが、資金繰りもできた」と話し、22日に全員に振り込んだ。

同局は2009年に開局し、周波数78・3メガヘルツ。鈴鹿市などが出資していて、同市全域と四日市、亀山、津の各市、三重郡の一部で受信できる。災害時には緊急放送を流している。

巡査部長、オービスも、もみ消しか

 

無免許運転で事故を起こした男の違反をもみ消したなどとして、奈良県警奈良署の巡査部長、中西祥隆容疑者(44)=同県橿原市新賀町=が犯人隠避容疑などで逮捕された事件で、中西容疑者が県警高速隊に勤務していた数年前、速度違反自動監視装置(オービス)による取り締まりで別の違反者についてももみ消した疑いがあることが22日、複数の関係者への取材で分かった。

関係者によると、中西容疑者は、道路沿いに設置され、速度超過車両を自動で取り締まるオービスのチェックなどを高速隊で担当していた際にもみ消した疑いがある。

中西容疑者は今月3日、昨年1月に同県大和郡山市の西名阪自動車道で事故を起こした住所不定、風俗店経営、堀遼被告(24)=風営法違反罪などで起訴=が無免許運転をしたのに、風俗店従業員の20代男性を身代わりにさせたなどとして逮捕された。

県警などによると、中西容疑者と堀被告は初対面とみられる。中西容疑者は事故現場で現金数万円を受け取ったほか、事故後には堀被告が経営する派遣型風俗店を無償で利用した疑いがあり、県警は贈収賄容疑でも捜査している。

横領 背任

横領 背任

信頼していたはずの部下が信頼できなくなるといったこのような状況は避けたいものですが、そのような苦い経験をした方は実際には多くいらっしゃいます。きちんと仕事をしていると思っていたら、じつは、外出先で不審な行動をしていたり、顧客との過度な付き合いがあったり、社内の不正や横領などが管理者の目の届かないところで現実に大なり小なり行われています。現金や商品の横領、社員の不審な行動は貴社に大きな損害をもたらします。

領収書偽造繰り返す

大阪府高槻市の私立藤の里保育園で、元園長の女性(62)が2008年以降、領収書を偽造して運営費計数千万円を着服していたことが、園を運営する社会福祉法人への取材でわかった。元園長は「買い物依存症だった」と着服を認め、謝罪したという。同法人は刑事告訴を検討している。

同園は国と市から運営費や補助金を受けている。13年度は計約1億7千万円が交付された。

同法人によると、元園長は園長を務めていた当時、市内のスーパーで給食の食材を購入した際に領収書の金額を1桁書き足したり、白紙の領収書をもらって自分で金額を記入したりして、「保育用具」などの名目で架空請求していた。

 

保護者らの22万円着服

全額返済 「父親の病気治療に必要だった」

三重県松阪市教育委員会は20日、市立松尾小学校の男性校長(55)が保護者らから徴収した現金の一部約22万円を着服していたとして、県警松阪署に被害届を出した。

市教委によると、同校の事務職員が17日、校長室の耐火金庫に保管していた教材費や給食費など計約82万円の一部がなくなっていることに気付いた。確認した結果、計21万9500円がなくなっており、校長は市教委の調べに着服を認めた。校長は既に全額を返済しており「父親の病気治療に必要だった」と話しているという。

企業トラブル 精神障害

企業トラブル 精神障害

 

精神障害の中でも仕事上、特に注意が必要となる者があります
精神障害は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会は、著しい苦痛や機能の障害を伴っているとしている。精神疾患の語が用いられるが、厳密には精神障害である。従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きもある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また物質関連障害などといった、様々な症状を呈する状態がある。診断された者は精神障害者と呼ばれる。

症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、また脳損障害など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状であると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。

精神障害を診断するための決定的な生物学的な検査は存在しない。軽い日常的な出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。治療法も決定的なものは存在しない。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は人々を復帰させていない。自然に軽快することもある。

日本では、精神疾患の治療を担当するのは主に精神科医(精神医学・精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。

企業トラブル 人的原因

企業トラブル 人的原因

 

従業員として雇い入れたものが薬物依存だったら当然トラブルを多く起こすことがあります。

薬物依存症

薬物依存症とは、同量の薬物を摂取した場合の薬物の効果が薄れる薬物耐性が形成され、薬物に対する渇望が存在し、薬物の摂取量が減った離脱時に離脱症状を呈するといったいくつかの診断基準を満たした精神疾患である。以上のような身体症状を示す身体的依存を含まない場合は、単に薬物乱用の状態である。しかしながら、ともに生活の支障や身体への害を認識しているにもかかわらず、薬物使用の抑制が困難になっている病態である。薬物依存症は、すべての精神疾患の頻度の高い要因である。

国際的に「刑罰ではなく治療へ」というのが主流であるが、日本では精神医療の専門家でさえ厳罰化を唱えることがあり、日本では依存症の治療施設が少なく、鎮静剤による依存が増加している。1度の使用で依存が形成されることはなく、依存は継続的に使用された場合に形成される。依存症者は、意思が弱い、ろくでなしといったということではなく、治療が必要な病人である。道徳教育や、刑罰が有効であることは示されていない。日本での覚醒剤乱用者は、高い再犯率を維持しており、刑罰が依存症に効果を上げていないためである。ヤキを入れるといった行為も、すでに依存状態に陥り自信を失っている依存症者自身のさらなる失望につながり、自傷行為的な自暴自棄な薬物使用を誘う。周囲に必要とされるのは、一貫して、敬意を保ち、裁かない態度である。

依存の対象となる薬物は、精神に活性を及ぼす向精神薬が多い。1961年の麻薬に関する単一条約からはじまる国際条約において、医療用途がないスケジュールIと、医療用途があり乱用の危険度によりスケジュールII以下で分類される物質が乱用の危険性がある物質であり、規制の対象となる。その中に身体的依存を示す物質と示さない物質とが含まれる。各国は国際条約に批准しているため、アメリカでは規制物質法、イギリスでは1971年薬物乱用法、日本では麻薬及び向精神薬取締法をはじめとした薬物四法で規制されている。そのほかに例外化されているタバコとアルコールは、最も公衆衛生上の被害をもたらしている薬物依存症の原因となる物質である。

サイバーテロ 企業トラブル

サイバーテロ 企業トラブル

 

今後この問題は頻発することと思います
サイバーテロとは、ネットワークを対象に行われるテロリズムである。サイバー攻撃と呼ばれる場合もある。日本においては、犯罪の様態としては電子計算機損壊等業務妨害罪、および共同正犯に抵触する可能性のある威力業務妨害(刑法犯罪)である。また民事損害賠償請求訴訟の訴因行為となる可能性がある。

サイバーテロによって生じる被害は、主にウェブサイトの閲覧サービス機能を失わせること(DoS攻撃)や、ウェブページの改竄などである。DoS攻撃は、該当地域からのアクセスを遮断するなどして回避することが可能である。ページの改竄は、バックアップ・データの上書きによって復旧が容易であり、既知のセキュリティホールを塞ぐことによって再発がほとんど防止できると考えられている。

近年では社会の情報化によって、先進国はコンピュータとそれらを連接したネットワークが提供する多様なサービスに依存しており、特に金融や製造、輸送、情報通信といった社会の基幹的な分野のコンピュータが正常に動作しなくなると、社会全体が混乱すると懸念されている。現行では、金融や国防といった特に高い信頼性が求められる分野の通信網のほとんどがインターネットと分離されて運用されているイントラネットであるが、将来的にもこれらが外部ネットワークから侵入されないという保証はない。実際に、侵入を受けたこともある。実際の例としては、アメリカで電力施設が攻撃を受け、停電が起こった事例がある[2]。侵入の手口としては、対象組織の中に協力者を確保し、USBメモリーやパソコンなどの外部媒体を故意に持ち込ませて内部に侵入する方法がある。また、対象組織の構成員がもつ私物のパソコンをインターネットで探し出し、それが各種の作業を行う際にイントラネットに接続されることを期待して密かにクラッキングしておき、間接的に内部に侵入する機会をうかがう手口も確認されている。

特に技術的な進歩が著しい分野でもあるので、そのブラックボックス化は避けられない部分も見られ、利便性の向上を求めて相互接続を行った際に、見落とされたセキュリティホールを突破されて攻撃を受ける懸念が残されている。

近年では通常のテロリズムの問題もあり、省力化が可能なコンピュータを使っての攻撃も懸念される。アメリカ同時多発テロ事件のとき、ニューヨーク世界貿易センタービル破壊直前に不自然なデータの増加が見られ、同テロにはマネーロンダリング隠しの意図が在ったのではないかという憶測が流れた。同事件以降、金融関係の通信に監視を付けるべきだとする議論もあり、特に大規模な混乱を発生させる目的で行われるテロと並んで、サイバーテロに関する懸念も根強い。