集団強姦事件

集団強姦事件 レイプ被害解決

インターネットの普及で見ず知らずの者同士で犯す犯罪が増えてきている。集団強姦、集団痴漢などの犯罪が実際おこっている。

加害者は自分が犯罪を犯していると知らずにその行為に及んでいるケースも多く、痴漢等では嫌がっているのもプレイの一つ、強姦も嫌がっているのもプレイの一つと考えていたケースもある。殺人もネットで参加者の募集をしていたことがあったほどである。

このような状況の中で自分の身を守るのは警察ではなく自分自身であると理解してほしい。

大阪府警箕面署の巡査部長、府警の元警官)両容疑者が集団強姦と監禁の容疑で逮捕された事件で、2人は面識がなかったとみられる。

容疑者がインターネットの掲示板に実名で登録していたことも判明。府警捜査1課は事件の詳しい経緯を調べている。
捜査関係者によると、2人は2006年4月採用の同期だったが、事件当日に初めて会ったとみられる。事件前には無料通信アプリLINE(ライン)でやりとりするなどしていたが、お互いの素性については言及していなかったという。
セクストーションとは、性的な脅迫です。交際相手などの性的な関係を持った相手から脅迫される被害です。性癖についてや浮気や不倫関係などをネタにして脅迫される被害です。羞恥の面でも相談出来ない事を知って被害に泣き寝入りしても解決にはいたりません。
警察のOBをはじめトラブル解決のプロがあらゆるトラブルの解決を手掛けています。企業トラブルもさることながら、個人のトラブル解決依頼が後をたちません。最近の傾向としては、リベンジポルノ被害やストーカー、恐喝、電磁波被害など多岐にわたるトラブルです。警察に相談出来ないトラブルを抱えている方も多く、クライアントの方々から解決できたお喜びの声を頂いております。このページをご覧になってくださっているあなたは、今、女性として、または経営者として何か大きな問題を抱えておられるのではないかと思います。アイ総合コンサルタントを通して今すぐ解決に向けて取り組みましょう。当社は、クライアントのみの対応です。無料でのご相談は行っておりません。

性犯罪前歴者 住所情報届け出

性犯罪前歴者 住所情報届け出

 

再犯率の高い犯罪は、警察も情報を把握すと必要はあるでしょう。
18歳未満の子供への性犯罪の前歴者が受刑後に大阪府内に住む場合、府治安対策課への住所の届け出を義務づける全国唯一の条例をめぐり、平成24年10月の施行後、2年半で53人が届け出たことが25日、府への取材で分かった。全国的に性犯罪を含む刑法犯の再犯者率は上昇しているが、府は住所情報をもとに性犯罪前歴者の再犯防止を支援。届け出た前歴者のほぼ半数が府独自の再犯防止プログラムなどを受けているという。

条例は「大阪府子どもを性犯罪から守る条例」。府によると、条例施行から今年6月末までの届け出は53人。条例では、届け出た前歴者に府職員が直接面会して相談に乗り、再犯防止プログラムやカウンセリングの受講も定めており、義務ではないが53人中25人が受講しているという。

犯罪白書によると、性犯罪を含む刑法犯全体の再犯者率は平成25年には46・7%を記録し、17年連続で上昇。また、強姦(ごうかん)や強制わいせつの前歴者による性犯罪再犯率は38%(22年版白書)というデータもある。

性犯罪者の再犯防止対策として、法務省も18年から全国の刑務所や保護観察所で、グループワークなどで思考のゆがみを改善する「性犯罪者処遇プログラム」を取り入れている。ただ、プログラムの提供は服役中や保護観察期間中に限られるため、出所後などは対策が途切れることが課題となっていた。

府の担当者は「条例で性犯罪の前歴者と面会できるようになり、出所後の対策につなげられるようになった。効果は今後検証したい」と話している。

大阪府子どもを性犯罪から守る条例 18歳未満の子供への強姦や強制わいせつ、わいせつ目的の連れ去りといった性犯罪で実刑となり、受刑した前歴者を対象とした条例。刑期満了後5年以内に大阪府内に住居を構えた場合、住所を自主的に届け出ることを義務づけている。届け出をしなかったり、虚偽の住所を届け出たりした際は過料5万円が科される。

監禁性的虐待事件

監禁性的虐待事件

 

女性が加害者の性的暴行事件が発覚しました。
事件は、兵庫県尼崎市のマンションの1室で中学3年の男子生徒(15)を監禁し、

性的虐待を加えたとして、県警がこの部屋に住む無職の女性X容疑者(43)と、

部屋に出入りしていた14~18歳の少年少女6人を監禁と強制わいせつの両容疑で逮捕していた。

警察は、容疑者の中学2年の長女(14)(事件当時13歳)と、

その友人で集団の一員だった男子中学生(12)も同じ非行事実で児童相談所(児相)に通告した。

少年少女6人は、容疑者が長女を通じて知り合ったり家出したりした同市などの中高生や無職、また建設作業員らである。

容疑者は家に誘い、食事などの面倒をみていたが、暴力で言うことを聞かせていた。

逮捕容疑の虐待や生活費を稼ぐ手伝いをさせていた疑いもあり、県警は実態解明を進めている。
ストーカー相談

あなたは、ストーカーに悩まされていませんか?
つきまとわれたり、いつも見られている・・・
盗聴されているなどから、
頻繁なメールや電話、どんどんエスカレートしてくる内容に
恐怖を覚えることになってきます。
リベンジポルノ被害にあう方も増えています。
事件に発展する事も多いストーカー問題は、
ご依頼ください。

アイ総合コンサルタント
 
0120-007-808

冤罪事件

冤罪事件

受刑中の男性、検察判断で釈放
「強姦被害者」の虚偽証言判明
地検は18日、強姦と強制わいせつの罪で懲役12年の実刑判決が確定し、約3年半にわたり服役していた男性について、有罪の決め手となった被害者や目撃者の証言が虚偽と判明したとして、刑の執行を同日停止し、釈放したと発表した。男性は再審請求中で、地検はこの日、再審開始を認める趣旨の意見書を大阪地裁に提出した。再審開始は決定的で、今後無罪が言い渡されるとみられる。

地検によると、男性は市内で同じ女性に性的暴行を加え、さらに同年7月にはこの女性の胸をつかんだりしたとして、強姦と強制わいせつ容疑で逮捕、起訴された。
男性は捜査段階から一貫して否認。公判でも無罪を主張したが、女性や目撃者の証言が決め手となり、23年に懲役12年の実刑判決が確定し、服役していた。
今年9月に男性の弁護人が地裁に再審請求を申し立てた。地検が再捜査を進めたところ、女性と目撃者が証言を翻し、男性の犯行を否定する新たな客観証拠が見つかったという。

釈放の理由について、地検の次席検事は「新供述や客観証拠が無罪を言い渡すべき明らかな証拠に該当する蓋然性が高いと判断した」とコメントした。

 

 トラブル解決 なら

アイ総合コンサルタント
相談ダイヤル 0120-007-808

魂の殺人

性犯罪

魂の殺人といわれる性犯罪

大阪では近年、強制わいせつや強姦の被害が増加し、インターネットでは事件を下品な言葉でちゃかす人が増殖している。
 関東地方で音楽活動をする30代の女性はプロデューサーが加害者。睡眠薬のようなものを飲まされ、襲われた。「相手が知人だから『ただのセックスにすぎないのかもしれない』と、自分を必死に納得させようとした」という。だが1人で抱え込めば抱え込むほど、心の傷は深く裂けていった。
 「被害後は命の誕生すら性欲や暴力の結果にしか思えなくなり、自分が生まれてきたこと自体を否定してしまった」と振り返る。
 府内の40代の女性は、11歳の時から実父の性虐待を受けていた。心を病み、左手首にはいくつものリストカットの痕が生々しく残っているという。被害に遭っている間、父が呼び続けた自分の名前が忌まわしくて、改名もした。
 「よそのお嬢さんにちょっとでも触れれば犯罪なのに実の娘ならいい、なんてないですよね? 父がしたことは性犯罪と呼んでいいんですよね?」。女性は今回の企画を読み、ようやく「自分が受けていた被害は犯罪だった」と気持ちを整理できたという。
 あらゆる性暴力が性犯罪であることに間違いはない。ただ、現行法では知人からの被害や幼少時の性虐待を立件するのは難しい。
 その理由の一つは、強制わいせつや強姦罪の「暴行または脅迫を用いて」という要件を必要以上に厳格に適用しがちだということ。加害者が上司や肉親など「知っている人」だった場合、脅迫や殴るなどをしなくとも、恐怖心や混乱から抵抗できなくなる。結果、加害者が「合意があった」と言い張り、その主張が認められるケースが多いのだ。
 もう一つ、性虐待では、10年という強姦罪の公訴時効が壁となる。幼い被害者が、たった10年で加害者を訴える知識と行動力を身につけられるものだろうか。
 加害者は罪に問われず、被害者だけが苦しみ続ける。そんな不条理がまかり通っているのが現実だ。だが、最近では被害を乗り越えて前向きに人生を歩もうとする「サバイバー」と呼ばれる人の存在が増え、専門機関の拡充や子供への性教育を訴える活動も始まっている。「性犯罪を許さない」という社会の意識は、たしかに高まっている。

無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。お問い合わせは無料です。

トラブル解決なら

アイ総合コンサルタント
相談ダイヤル 0120-007-808

ワイセツブライダル会社員!

ブライダル会社の社員がわいせつ事件!

今回は、ブライダル詩会社の社員が起こしたわいせつ事件です。

23歳の京都市東山区石泉院町のブライダル会社の社員は、女性に「飲みに行きませんか」と声をかけ、
女性が逃げようとするといきなり抱きつきました。
「電話番号を教えたら離してやる」と女性の携帯電話の番号を聞き出しました。
「さっきはごめんね」などと電話をかけたたことで、着信歴から逮捕されました。

 

ナンパからわいせつ事件に!悪質事件の犯人!

女性にとって、しつこいナンパほど邪魔で迷惑な行為はありません。
付きまとって来たり、周りの目を気にせず誘ってくる行為は、嫌がらせにしか過ぎないのです。
このような行為は、薄着になる夏やビーチお祭りなどイベントの多い時期に多発します。
酔った勢いから付いて行ってしまうと、とんでもない被害に遭ってしまうこともあるのです。

レイプ事件や写真を撮られるといった被害も起こっています。
中には、性病を移されたり、妊娠したけれど
相手がどこの誰だか分からない・・・
話したことで、連絡が取れなくなった・・・
と言うこともあります。
写真を撮られた場合は、後々脅迫や恐喝のネタにされることもあります。
思いもよらない二次被害へと発展するケースもあるのです。

 

性被害の多い時期!被害に遭ってしまった方は、アイ総合コンサルタントへ

性被害は、被害者の一生を大きく変えるほど肉体的にも精神的にも辛い被害です。
まさか自分が被害に遭うなんて・・・
被害者女性は、みなさん思うのです。
しかし、起きてしまった事件は現実で、一生消えない心の悩みになるのです。
この問題とどう立ち向かうかは、貴方次第です。
泣き寝入りする方は、このホームページを見ていないかもしれません。
なんとか解決したいと思って、読んでくださっている方は真剣に解決依頼をしてください。

アイ総合コンサルタントでは、無料での無責任な相談は一切行っていません。秘密厳守を徹底しているので、内容が外部に漏れることはありません。多くの女性からお喜びの言葉を頂いております。安心してご相談ください。

性犯罪トラブルは、自分の意図しないことから巻き込まれてしまいます。モラルの欠如した相手に一泡吹かせたい方は、一度、性犯罪解決コンサルタントをご依頼下さい。その決断が早期解決へと繋がります。当社では無料相談など一切行っていません。無料でできることは問い合わせのみです。ヒアリングの依頼、その決断が早期解決へと繋がります。

 

 

 


&nb

恐ろしいレイプ被害!スマホやイヤホン使用に気を付けて!

恐ろしいレイプ被害!スマホやイヤホン使用に気を付けて!

今年に入り、レイプや強姦(ごうかん)、強制わいせつの性犯罪に遭った女性のうち約2割もの人が
被害を受けた時にスマートフォンを見たり、イヤホンで音楽を聴いたりしていたことが分かりました。
スマートフォンやイヤホンを使っていると犯人が近づいても気が付きにくいということですね。
夜間外出時は特に、スマートフォンなどの利用に十分注意しましょう。

性被害は、被害者にとって一生悩まされることになる大変悲しい事件です。
少しでも被害をさけるよう、身を守る努力を日ごろから行いましょう。

犯行の際に画像や映像を撮られて、脅されているケースもあります。

 

 

レイプ被害に遭ってしまった!どうしよう・・・ 今すぐご相談ください!

スマートフォンや携帯音楽プレーヤーの普及から、これらを使う女性が性犯罪に遭う傾向が出始めました。
スマホなどを利用中に突然襲われるとパニックに陥り、事後対応も遅れがちになるというのです。
これは、なんとなく想像できることだと思います。
京都市左京区で昨年5月に連続発生した強制わいせつ事件においても、
被害女性のうち少なくとも3人がスマホやイヤホンを使って歩いていた時に被害に遭っています。
また、別の強制わいせつ事件では帰宅時に背後から男が室内に入り込んだのにイヤホンをしていたため被害者女性が気付かなかったというのだから大変危険なことがうかがえます。

京都府内の強姦と強制わいせつ事件の認知件数は2011年が186件だったのに対し13年は243件で、
今年も5月末時点で前年同期比5件増の83件に上っています。
もちろん、被害届を出さない被害者もいるのでこの数字をはるかに超えた事件が起こっているのは間違いありません。
薄着の外出が多い夏場に性犯罪は増えます。
昨年、屋外で発生した強制わいせつ事件の認知件数は5~8月が年間総数の半数に上り、
発生時間は午後10時~午前2時が全体の42%を占めているのでこの期間は特に注意を行いましょう。

 

 

水面下でレイプ被害を解決したい!アイ総合コンサルタントにご依頼ください!

レイプ被害は、警察に届けることで二次被害に遭うと表現する方もいます。
嫌なことを思い出すだけではなく、自らに起こった屈辱的な出来事を公にさらすことになってしまいます。

アイ総合コンサルタントでは、表に出さずに水面下でのトラブル解決を願う方にご好評を頂いております。
当事者間ではどうにもならない・・・
けれど、警察には相談したくない・・・

そう思った方は、今すぐアイ総合コンサルタントにご依頼ください。
トラブル解決のエキスパートがそろっています。

また、警察への相談のアドバイスもご依頼いただいております。

レイプ被害を公にするもしないも、クライアント自身が選択し優位に問題解決がすすむように考えます。アイ総合コンサルタントでは、クライアントの情報は外部に漏らさないのはもちろんのことですが、それ以外にもまずクライアントを第一に考えており、常にクライアントと連絡を取りながら解決していきますので、ご安心ください。私たちはトラブル解決はもちろん、クライアントがお願いして良かったと思って頂けるように日々努めております。

早期解決は、早期ご相談・ご依頼から始まります。
今すぐお電話でご予約をお取りください。

※無料相談はしておりません。