リベンジポルノ二次被害

リベンジポルノ二次被害

リベンジポルノ被害解決は多い依頼です

当社の依頼でコンスタントにある解決依頼がリベンジポルノです。リベンジポルノ解決のための手順はルールがあって間違えてしまうと、トラブルがこじれたり、問題が大きくなってしまうことがあるようです。リベンジポルノが発生して初期の段階の対応を間違えたばっかりに、4年後になってまた同じ問題が発生してしまった案件を今受けています。私どもは初回の問題の対応をしていなかったので現状の分析に多くの手間を割くことになり、クライアントの費用面の負担は多大なものとなっています。

リベンジポルノ、あるいは復讐ポルノとは、離婚した元配偶者や別れた元交際相手が、相手から拒否されたことの仕返しに、相手の裸の写真や動画など、相手が公開するつもりのない私的な性的画像を無断でネットの掲示板などに公開する行為のことですので、初期段階であらゆることをしておかないといけないのです。

そのうえで対策をする必要があります。

インターネット普及による情報化社会である時代においては、写真・動画がネット上で流出・拡散すると削除が困難となり、半永久的にネットに存在し続けることとなる。カメラ機能・ビデオ機能が付いたスマートフォンが普及したことで個々人が撮影と投稿を手軽に行える環境となっていることも、リベンジポルノ問題を潜在的に起こしやすくする要因の一つとなっている。また被害者加害者ともに低年齢化が進んでいる 。

無許可で撮影した他人の写真を投稿するのをプライバシー侵害として禁止する法律は各国で存在する。

しかし当社で扱った案件は、大半は被害者が撮影の許可をしたと取れない状況での撮影が多かった。

 

リベンジポルノの解決には、手順を必ず踏まないといけないことも多くあり被害解決には当事者だけでは大変です。

 

リベンジポルノでお困りならアイ総合コンサルタントに相談ください。あなたの力になります。

リベンジポルノ有罪判決  

リベンジポルノ有罪判決

まさか、交際相手に脅されるとは思ってもいない事でしょう。
もちろん、付き合い始めからリベンジポルノを考えている人は少ないのが実情で、別れ話のもつれや金銭トラブルなどがきっかけで「復讐心」を宿してしまうことが多いようです。
脅迫や恐喝にリベンジポルノを使うだけではない場合だけではなく、撮影した画像を何も言わずにネットにアップしている場合もあります。知人に知らされてからリベンジポルノに気付く被害者もいます。

リベンジポルノ被害は、相手が復讐心を持っていることから始まります。ストーカー行為を繰り返した挙句、警察が二人の男女トラブルに介入したことでネットに画像をアップし元交際相手を殺害した事件もありました。画像が被害者の弱みになるため、公の機関 警察などに相談しにくいことも問題です。当社にご相談頂くケースも、水面下での解決をご希望される方が殆どです。

女性の裸写真ばらまく

交際していた女性の裸の写真をばらまいたとして、リベンジポルノ防止法違反の罪に問われた福島県郡山市の無職宮田慎也被告(33)の判決が25日、福島地裁郡山支部であった。井下田英樹裁判長は「犯行は短絡的かつ自己中心的。被害者の精神的苦痛は大きい」と述べ、懲役1年6カ月執行猶予3年(求刑懲役1年6カ月)を言い渡した。

判決によると、宮田被告は今年1月と2月、郡山市内のショッピングセンターの駐車場で、不倫相手だった30代の女性の裸や顔が写った写真計131枚を4回にわたってばらまいた。女性に別れを告げられた後も女性宅を訪れ、ストーカーと言われたことを逆恨みし、女性を困らせようと犯行に及んだ。

宮田被告は今年2月19日、昨年11月27日に施行された同法違反容疑で全国で初めて逮捕され、3月に同罪で起訴された。

交際相手や夫婦間、浮気相手や不倫相手など仲がよい関係を保てている間は、お互いに愛情もあれば信頼関係も築けているのでしょう。しかし、二人の関係が壊れてしまったら・・・

何の問題もなくすんなり別れられる事ばかりではありません。別れ話を機会にストーカーに変貌する相手もいれば、復讐の炎が燃え上がることもよくあります。

最近よく耳にする「リベンジポルノ」被害とは、そのまま訳すと復讐ポルノです。恐ろしい響きです。復讐されれうには何らかの恨みを抱く理由があります。理不尽な別れ方や、二股、一方的に連絡を取らないなどしていませんか。交際相手に復讐したいと言う感情に相当する出来事があったであろうと想定した対策が必要です。アイ総合コンサルタントへご相談ください。

 

リベンジポルノの問題点

リベンジポルノの問題点

最近では交際期間に撮られた裸の写真などをネタに復縁を迫られたり、恐喝されることがあります。 一度画像や映像をネットに流されてしまうと、就職や結婚にも影響がでる恐ろしい被害です。
リベンジとは「復讐」です。復讐されるほど相手は追い詰められているのです。復讐心を抱かせるほどの出来事を起こしていませんか。復讐心が解消されるための対策が必要です。
リベンジポルノの問題は大きく分けて2つにわけられる

一つ目は
相談することが難しい。これは被害者ならだれでも感じることです。また相談したくないと言ったところが本音でしょう。
また、状況によっては加害者が、知り合いのこと多く警察には逝きにくいと言ったこともあります。もちろん知らない相手と言ったところもあります。

二つ目
被害拡散の防止が困難
一度インターネット上に挙げられた映像を回収することは困難なことです。当然費用もかかってきます。

リベンジポルノ防止へ「公表罪」 自民案、最高懲役3年

リベンジポルノの問題点
自民党は9日、嫌がらせ目的で元交際相手の裸の画像などをネット上に公開する「リベンジポルノ」を防ぐための法案の骨子をまとめた。加害者への罰則規定を設けるのが特徴で、最高で懲役3年を科す。被害者は増え続けており、今臨時国会で提出し、成立を目指す。

この日開かれた特命委員会(委員長=平沢勝栄衆院議員)で骨子をまとめた。性交やそれに似た行為の電子画像などを本人の同意なしに「第三者が撮影対象者を特定できる方法で、不特定多数に提供」した場合を「公表罪」と規定。3年以下の懲役か50万円以下の罰金を科す。

画像を拡散させるために、無料通信アプリ「LINE(ライン)」などへ提供した場合は「公表目的提供罪」とし、懲役1年以下か30万円以下の罰金とした。

リベンジポルノ

リベンジポルノ

まさか、交際相手に脅されるとは思ってもいない事でしょう。

もちろん、付き合い始めからリベンジポルノを考えている人は少ないのが実情で、別れ話のもつれや金銭トラブルなどがきっかけで「復讐心」を宿してしまうことが多いようです。

脅迫や恐喝にリベンジポルノを使うだけではない場合だけではなく、撮影した画像を何も言わずにネットにアップしている場合もあります。知人に知らされてからリベンジポルノに気付く被害者もいます。

 

リベンジポルノ被害は、相手が復讐心を持っていることから始まります。ストーカー行為を繰り返した挙句、警察が二人の男女トラブルに介入したことでネットに画像をアップし元交際相手を殺害した事件もありました。画像が被害者の弱みになるため、公の機関 警察などに相談しにくいことも問題です。当社にご相談頂くケースも、水面下での解決をご希望される方が殆どです。

 

別れた配偶者や恋人に対する嫌がらせ行為の一種。親密であったときに撮影したり、もらったりして所持していた相手の下着姿や裸などのプライベートな写真や動画を、インターネット上に公開することや、公開されたデータそのものをさす。報復や仕返しを意味するリベンジと、ポルノグラフィーを組み合わせた造語である。配偶者や恋人と別れた後、一方的に怒りや恨みを抱き、根拠のない雑言を触れ回ることや、相手の名誉を傷つける嫌がらせをするなどの問題行為は以前からあった。しかし、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)などに不特定多数の人が閲覧できる形で画像や動画が投稿された場合、流出を止めることも拡散してしまったデータを完全に抹消することもむずかしいため、問題は深刻化している。

日本の現行法では、リベンジポルノの一部は、対象が18歳未満では児童ポルノ法(児童買春児童ポルノ処罰法)、それ以外は猥褻(わいせつ)物頒布罪やストーカー規制法の対象となる場合がある。しかし、法律が適用されても、流出したデータの回収やプライバシー侵害には十分に対処できるものではない。2014年(平成26)2月、自民党は特命委員会を設置し、リベンジポルノを規制する法案成立を目ざした議論を開始した。

アメリカのカリフォルニア州では、無許可で他人の写真をネット上に投稿することはプライバシーの侵害であると法律に定められている。さらに同州では2013年10月、嫌がらせ目的で個人の写真や動画を流出させた場合、初犯でも最高で禁錮(きんこ)6か月の実刑か最高1000ドルの罰金刑、あるいはその両方が科せられる法律が施行された。

リベンジポルノ防止法違反

リベンジポルノ防止法違反

鳥取の男逮捕
元交際相手の裸などの写真をツイッター上に公開したとして、神奈川県警は11日、鳥取県境港市外江町の無職容疑者(39)をリベンジポルノ防止法違反の疑いで再逮捕し、発表した。容疑を認めているという。県警によると、インターネット上での性的な写真掲載に同法を適用したのは全国で初めてという。

逮捕容疑は、1月2日に元交際相手の女性の裸などの写真10点をツイッター上に公開したというもの。

県警は、同法の罰則が施行される前の昨年12月にも、同じ女性の裸の写真を公開したとするわいせつ図画公然陳列と脅迫の疑いで今年2月に逮捕していた。

買い取っても終わらない!ネットにアップされた裸の画像をどうにかしたい!

まさか、交際相手に脅されるとは思ってもいない事でしょう。
もちろん、付き合い始めからリベンジポルノを考えている人は少ないのが実情で、別れ話のもつれや金銭トラブルなどがきっかけで「復讐心」を宿してしまうことが多いようです。
脅迫や恐喝にリベンジポルノを使うだけではない場合だけではなく、撮影した画像を何も言わずにネットにアップしている場合もあります。知人に知らされてからリベンジポルノに気付く被害者もいます。

リベンジポルノ被害は、相手が復讐心を持っていることから始まります。ストーカー行為を繰り返した挙句、警察が二人の男女トラブルに介入したことでネットに画像をアップし元交際相手を殺害した事件もありました。画像が被害者の弱みになるため、公の機関 警察などに相談しにくいことも問題です。当社にご相談頂くケースも、水面下での解決をご希望される方が殆どです。

画像が拡散する前に、今すぐ解決に向けたヒアリングを行いましょう!

最近では、女性だけではなく男性からのご相談も寄せられています。早期解決が明るい未来につながります。

リベンジポルノ 米欧の対応

リベンジポルノ 米欧の対応

SNSで知り合った男女が、別れ話のもつれから殺人に至った三鷹女子高生殺人事件。犯人の男が犯行6日前にツイッターで彼女のヌード写真や動画をばらまいた。「何でこんなものを撮らせたのか」という意見も少なからずあった。以前からネットでは被害者が加害者のごとき扱いを受けたり、精神的に追い詰められることが多い。こうした事態はまずいと誰もが思いながらも、わが国では法整備されていなかったのが実情です。

米国カリフォルニア州で、リベンジポルノ別れたパートナーの猥褻な画像や動画などをネット上に晒す行為に刑事罰を科す法律が成立した。今までは合意の上で撮影された写真では、罪に問うのが難しかった。この法律では、撮影時に合意があっても悪意を持ってネットで公開し、本人に精神的苦痛を与えれば犯罪となる。

個人情報の保護より表現の自由、個人情報の活用に積極的な米国では、どちらかと言えばリベンジポルノなどの規制に消極的だった。フェイスブック、ツイッターなど大手ソーシャルメディア企業はすべて米国系である。

一方、個人情報保護に危機意識の強いEUでは、厳しいルールづくりを進めている。ネット上に公開された個人情報の削除を義務づける「忘れられる権利」がそれだ。フランスでは女性が過去の写真消去を求めて提訴、グーグルが敗訴した。国際自動車連盟前会長が自らの画像の検索結果からの削除を求めた訴訟が、現在各国の裁判所で進行中だ。

わが国は米国とEUに挟まれ、議論の行方を見守るだけで、世界をリードするような理念や価値観を打ち出せずにいる。米国ではリベンジポルノの専用サイトが問題となったが、日本では画像投稿掲示板が無数にあり、その多くがポルノ合法の海外にサーバを置き、法の抜け穴を利用して有料で運営されている。無論、画像を晒された本人は、その存在すら知らないのが現実だ。

SNSの拡散スピードに追いつかない、拡散中に複製をされて裏ルートで流通する、その有害サイトが海外にある、という現状下では、国内法で取り締まるには限界がある。有害情報を見つけたら通報する、その削除窓口を誰でも使えるように簡単にする、情報共有できる国際機関をつくるなど、日本が世界をリードできる局面はあるはずだ。

リベンジポルノ過大評価

リベンジポルノ過大評価

 

三鷹ストーカー殺人控訴審 1審破棄差し戻し

 

東京都三鷹市で平成25年10月、高3の女子生徒=当時(18)=が刺殺されたストーカー事件で、殺人罪などに問われた元交際相手の無職、被告(22)=京都市=の控訴審判決が6日、東京高裁であった。大島隆明裁判長は、被告が生徒のプライベートな画像をインターネット上に公開した「リベンジ(復讐(ふくしゅう))ポルノ」について過大評価したのは誤りで、「1審の審理の進め方には違反がある」と指摘。懲役22年とした1審東京地裁立川支部の裁判員裁判判決を破棄し、東京地裁に差し戻した。

高裁判決が確定すると、改めて裁判員を選任し1審をやり直す。審理が差し戻されれば量刑が軽くなる可能性がある。

大島裁判長は名誉毀損罪として起訴されていないリベンジポルノについて「起訴されていない犯罪事実を、被告の性格や事件の目的、情状を考慮する資料にするのは許されるが、事実上処罰する趣旨で刑を重くすることは許されない」と指摘した上で「殺人罪の刑を重くする要素とするのは不当だ」とした。さらに、こうした判断を導いた要因として、裁判官による論点整理や審理の進め方に誤りがあると判断した。

弁護側は「同種事案に比べて、1審判決は重すぎる」と主張、検察側は控訴棄却を求めていた。

1審判決によると、被告は25年10月8日午前、生徒宅に侵入。同日夕方、生徒の首や腹部をペティナイフで刺して殺害した。

セクストーション

セクストーション

 

性的脅迫「セクストーション」「リベンジポルノ」とは IPAが注意喚起

 

 

情報処理推進機構(IPA)は1日、2014年12月の呼びかけ「個人間でやりとりする写真や動画もネットに公開しているという認識を!」を発表した。

 

それによると、「スマートフォンの電話帳情報を窃取するなどの不正アプリにより、個人情報を盗まれることに加え、プライベートな動画を脅迫のネタにされた」という相談が9月から発生しているという。

具体的な例としては、安心相談窓口に「SNSを通じて知り合った異性から、プライベートな動画を見せ合おうとビデオチャット機能を持つアプリをスマートフォンにインストールするよう持ちかけられ、ビデオチャットの最中に服を脱ぐなどしてしまった。見知らぬ番号から着信があり、『あなたの電話帳の情報と動画を入手している。この動画をばらまかれたくなければ、指定の金額を払うように』という脅迫電話がかかってきた」という事例が紹介されている。

こうした手口は「セクストーション(性的脅迫)」と呼ばれており、同様の被害が増加傾向にあると考えられる。昨年日本でも注目を浴びた「リベンジポルノ」は、元恋人・配偶者などによる嫌がらせ行為であるのに対し、「セクストーション」は、最初から脅迫の意図を持って、SNSやアプリを悪用しているのが特徴となる。

IPAの今月の呼びかけでは、セクストーションやリベンジポルノの対策として、アプリは信頼できるマーケットから入手すること、会ったことのない相手に加えて友人や恋人であっても、第三者に見られたら困るプライベートな写真や動画を撮影させたりデータを送ったりしないことを呼びかけている。

リベンジポルノ

リベンジポルノ

 

ブログを読んで下さってありがとうございます。
テレビでリベンジポルノ被害、

裸の画像をネット上に流出される被害ですが

これについて「ザ!世界仰天ニュース」でしていました。

この被害、密かに日本でも広がりつつあります。

女性の方は、このリベンジポルノと言う言葉を初めて聞く方も多いのかのしれません。

男性の方がよく知っている言葉であると思います。

以前から、何度かブログにも書いていますが、

この被害、たいへん深刻なんです。

女性からの相談は、悲痛なものです。

キャッパーの被害にあった女性の動画などの画像は、

ネットのあらゆる所に出ています。

画像を保存るすキャプチャー行為。

自分が集めたキャプチャー画像を見せ合い、

際どさを競って勝ち負けを争っているキャッパーもいます。

金儲けに、アフェリエイトとして使っている人もいます。

放送していた内容は、外国で起こった事件でしたが、

少女の裸の画像は、YouTubeやポルノサイトに投稿され、

ポルノサイトのリンクが友達や職場、親にまで送りつけられ

いじめ、脅迫、

そして追いつめられた彼女は命を落としてしまう事になったのです。

日本でも、ここ数年前からどんどん増えています。

画像は脅迫や恐喝のネタになります。

若い女性は特に気をつけてください。

インターネットやSNSの普及も伴い、

この被害はますます広がる事でしょう。

 

リベンジポルノ解撤なら

アイ総合コンサルタント

0120-007-808
アイ総合コンサルタントでは、
証拠を活用出来る人材
証拠調査士の育成もしています。
探偵業をされている方のステップUPのための資格です。
クライアント満足度を上げて、
収入アップにつながる資格でもあります。
お問い合わせは、

アイ総合コンサルタント

0120-007-808

リベンジポルノ 不倫

リベンジポルノ 不倫

 

ブログを読んでくださってありがとうございます。

カップルやご夫婦で、仲が良い時に撮った写真。

これをもとに脅されている人が増えています。

別れ話が上手く行かなかった場合に多いようです。

また、別れ話が上手く行かないことをきっかけにストーカー問題が出てきます。

女性の裸の写真がある事を理由に会う事を求めたり、

金銭的な要求を行う事もあります。

また、不倫をバラすと脅してくるケースもあります。

リベンジポルノと呼ばれる被害は、

被害者に復讐する事が目的である事から、

知らない間にネットに画像や映像を流されていることもあります。

また、ネットに流していなかったのに、

被害者が警察に相談した事に逆上して流してしまったケースもあります。

怖いですね。

リベンジポルノの被害は、日本だけではありません。

外国では、自殺者も出ている大きな問題です。

男女トラブルに巻き込まれたときは、すぐにご相談ください。
~盗聴器発見調査 盗撮機発見調査~

『誰も知らないはずなのに・・・』
『どうして、昨日の会話を知っているの?』
『わたしの写真がネットに!!』
盗聴や盗撮は、個人を狙うものばかりではなく、
会社や店舗に仕掛けられる事もあります。
また、賃貸で引っ越しの際に仕掛けて出る人も・・
個人に執着したり、社内情報を盗み出したり、
趣味で行う人もいます。

おかしいな・・・
と感じたら、今すぐ盗聴器発見調査をご依頼ください。

 

アイ総合コンサルタント

0120-007-808