リスク回避

リスク回避

企業又は経営者は従業員の安全を確保することを怠ってはならない。このことは、企業のリスク回避としては当然考えるべきで、避けてはと売れないのである。

従業員の安全は、仕事の能率を考える上でも重要なことなのです。

労災認定

モデル事務所に所属していた名古屋市西区の大学生、女性(当時21歳)が2011年8月、派遣先の男に殺害された事件で、遺族側弁護士は21日、厚生労働省労働保険審査会が労働基準監督署の判断を覆し、女性の死を労災と認定したことを明らかにした。

遺族側弁護士によると、女性は愛知県一宮市の受刑者(49)=殺人罪などで懲役27年が確定=の自宅で刺殺され、遺族は12年11月、名古屋北労基署に遺族補償の支給を請求。労基署は、モデルが個人事業主の性格が強いなどとして不支給を決定した。

これに対し、労働保険審査会は今年1月、モデル事務所「ヴィズミックモデルエージェンシー」(東京)の指示で、女性がモデル以外にも受付業務などの仕事にも従事していたことなどから、事務所との間に使用従属性のある労働者にあたると判断。被害は業務に起因するとして、労災保険の対象と裁決した。

一方、女性が死亡したのは、事務所側が安全配慮義務を怠ったためとして遺族が1億円の損害賠償などを求めていた訴訟は21日、名古屋地裁で和解が成立した。

遺族側弁護士によると、モデル事務所と和解金の支払い(金額は非公表)遺族への謝罪、所属モデルの安全対策を取る、モデル業界と事務所の安全対策の取り組みを書面で定期的に遺族に報告する--などで合意した。

遺族は他のモデル事務所が丹羽受刑者の依頼を不審に思い、派遣に応じていなかったことなどを挙げ、事務所が安全確保を怠ったと主張。

東芝不正会計問題

東芝不正会計問題

近年、個人トラブルと同様に、企業間のトラブルも増加しております。法人は備えるべき法律を徹底的に網羅しなければトラブルに負けることが多いです。それにも関わらず、ほとんどの法人は備えるべき法的対策を打っていません。法律のトラブルにあって、一発で会社がつぶれてしまう可能性のあるトラブルに遭遇するのはもう珍しいことではありません。そんなトラブルを回避するために私たちがサポートいたします
東芝 不正発覚で株価急落、米の法律事務所が提訴

東芝の不正会計問題をめぐり、不正発覚後、株価が急落して株主が多大な損害を被ったとして、アメリカの法律事務所が東芝に対し、損害賠償を求めて提訴したことが分かりました。

訴えを起こしたのは、アメリカの有力な法律事務所の1つであるローゼン法律事務所です。訴状によりますと、法律事務所側は東芝が虚偽の決算書を開示して株価をかさ上げしていたと指摘。今年5月8日の不正処理の発表後、株価が大幅に下落したことで株主が多大な損失を被ったとして損害賠償を求めています。

ローゼン法律事務所は他の株主にも訴訟への参加を呼びかけているほか、別の法律事務所も同じく訴訟の準備を進めていることから、今後、大規模な集団訴訟に発展する可能性もあります。

違法 行政書士

違法 行政書士

日夜犯罪のニュースが後を絶ちません。いまやいつ自分の身にその犯罪が降りかかってくるかも分からないのが現在の状況ではないでしょうか?ですが実際は犯罪被害の救援には、犯罪被害者自らが立ち上がり戦わなくてはなりません。私たちは今日まで、さまざまな犯罪被害者からの相談を受け解決してきました。
今お悩みの方は一度私たちにご相談下さい。

詐欺被害、恐喝、脅迫、横領、背任,、美人局などあらゆる犯罪の対応が可能

誰のも知られることなく犯罪のトラブルを解決します。

 

行政書士が「違法」交渉

アダルトサイト高額請求

アダルトサイトの高額請求をめぐる問題に関し、本来業務としては行えない行政書士が救済を請け負い、トラブルになるケースが増えている。国民生活センターは日本行政書士会連合会に対し、「被害解決ができるなどの誤認を与える行為」をしないよう求めた。

発表によると、アダルトサイトについて行政書士が関与してトラブルになった事例は2014年度に516件あった。09~13年度は年間5~16件で、急増している。

行政書士は解約の相談に乗ることはできるが、業者と交渉を行うことは弁護士法違反(非弁行為)にあたるため、禁じられている。それなのにホームページなどで「個人情報を削除できる」「請求を止める」とうたって宣伝をしている事務所は、全国で少なくとも10カ所程度あるという。

不適切会計問題

不適切会計問題

企業のトラブルも増加しております。法人は備えるべき法律を徹底的に網羅しなければトラブルに負けることが多いです。それにも関わらず、ほとんどの法人は備えるべき法的対策を打っていません。法律のトラブルにあって、一発で会社がつぶれてしまう可能性のあるトラブルに遭遇するのはもう珍しいことではありません。そんなトラブルを回避するために私たちがサポートいたします!
東芝が不適切会計問題の調査を拡大

 

テレビ、PC、半導体も対象に

 

東芝は22日、不適切会計問題の調査対象をテレビやパソコン、半導体の事業にも拡大すると発表した。すでに明らかになっている営業利益のかさ上げ幅は500億円強。弁護士や公認会計士で構成される第三者委員会で調査が進められ、調査結果次第では、かさ上げ幅がさらに膨らむ可能性がある。

東芝は、23~25年度の決算で、修正が必要な受注案件が電力などインフラ3分野で計9件あったと明らかにしている。

それ以外の分野についても自主調査を行ったところ、会計処理の妥当性に懸念を抱かせる資料などが見つかったため、調査対象の範囲を広げる必要があると判断したという。

インフラ分野については、次世代電力計「スマートメーター」と、高速道路の自動料金収受システム「ETC」について、必要な費用を十分に予測できなかったことが利益かさ上げの主因となったことが判明している。
情報は外部に漏らさないのはもちろんのことですが、それ以外にもまずお客様を第一に考えており、常にお客様と連絡を取りながら解決していきますので、ご安心ください!私たちはトラブル解決はもちろん、お客様がお願いして良かったと思って頂けるように日々努めております。

タブー

タブー


施設の子供:職員らの虐待 届け出288件中87件認定

 厚生労働省は27日、児童養護施設などで暮らす子供への、職員らによる虐待が疑われる届け出件数が2013年度は全国で288件に上り、そのうち87件が虐待と認められたと明らかにした。いずれも厚労省が集計を取り始めた09年度以降最多だった。前年度は届け出が214件で、虐待件数は71件だった。厚労省によると、全国の施設などで暮らす子供は約4万8000人で、このうち児童養護施設は約3万人、里親家庭は約4500人。集計の対象は全国47都道府県と、児童相談所がある22市の計69都道府県市で、18歳未満の子供を養育している児童養護施設や、里親家庭などで起きた事例をまとめ、同日あった同省の専門委員会で報告された。虐待が最も多かったのは児童養護施設の49件(56.3%)で、里親家庭が13件(14.9%)。虐待の種類は身体的虐待が55件と6割以上を占めた。心理的虐待は17件、性的虐待が13件、ネグレクト(養育放棄)が2件あった。被害を受けた子供は155人(前年度は173人)に上り、小学生が57人と最多。中学生が54人、高校生が23人、就学前児童が18人だった。一方、虐待をした職員や里親は105人で、実務経験年数は5年未満が50人と最も多かった。

09年度施行の改正児童福祉法は、職員らによる子供への虐待防止と対応を明記。虐待を見つけた場合は、関係者が自治体や児童相談所へ届け出ることが義務づけられ、都道府県が毎年公表している。

担当者は虐待件数が最も多かったことについて「届け出制度の周知が図られたことが一因と考えられる。虐待防止の対応策を普及していきたい」とした。

ブラック企業は3タイプ

ブラック企業は3タイプ

生きていく上で切っても切り離す事が出来ない”仕事”。そんな仕事上でトラブルが起こった際、一人で悩む必要なんてないんです。私たちが全力でサポートさせて頂きますのでご安心ください。人生の半分を費やす時間でもある仕事をより楽しくなる未来になるよう私たちにお任せ下さい!

選別排除型、消耗使用型、秩序崩壊型

選別排除型

新入社員を大量に採用し、長時間労働に耐えられるかを選別して合格者のみ残す。

「入社後も、不合格と判断した社員にはあの手この手で退職を強要します。大手気象予報会社は入社半年の社員に月232時間の残業をさせたのち、個人面談で『予選通過は難しい』と告げたそうです。その後、この社員は自殺しました」
消耗使用型

重責を負わせた上、長時間労働で使い捨てる。

「正規社員だけでなく、非正規社員やバイトにも過度の責任とノルマを与え、徹底して働き詰めにさせます。働き手が『辞めたい』と申し出ても『無責任だ。認められない』と却下し、限界を超えるまで働かせる。体や心を消耗しきった働き手がやむなくリタイアすると、新人を入れて同じように酷使します。
秩序崩壊型

人手不足や人件費対策のため違法な労働を強要する。

「エステで新人に施術させるケースや医療事務職に注射を打たせる医療機関など、未経験・無資格者に資格外の業務をさせるタイプ。れっきとした犯罪行為です」
企業トラブル、企業においてトラブルの一つや二つあるものです。
これはどんなに健全な企業であろうが付きまとってきます。

企業トラブルと言うと、社員の横領背任、顧客トラブルを始め、事件、事故問題など様々です。

「事件」「事故」「トラブル」これらは、私たちが「ある行動」に出た途端に勢いづいて襲いかかり、最悪の場合、企業の息の根を止めるまで攻撃をし続けます。
そんな恐ろしい事態を引き起こす「ある行動」とは何か?

それは「事件・事故・トラブル対応を怠る事」、「それらから逃げる事」。

そして、事件・事故・トラブル対応の基本はひとつ。「逃げない」ことなのです。

創業家出身社長が会社をつぶすまで

創業家出身社長が会社をつぶすまで

大塚家具でも問題になっている後継者の無能問題、深刻な問題です。一般的には高学歴で米ハーバードでMBAを取得するなど優秀なのですが経営者としては失格です。

ミセスロイド」の白元の問題

慶応→米ハーバードでMBA

防虫剤「ミセスロイド」の製造で知られる日用品メーカー「白元」(東京都台東区)は29日、東京地裁に民事再生法の適用を申請した。慶応から米ハーバードのMBA(経営学修士)という創業家出身の御曹司、鎌田真社長(47)が会社を率いたが、決算の不明朗さが指摘され、四代目にして有名会社を破綻させた。

負債総額は約255億円。事業は継続する。

パラゾールやアイスノン、ホッカイロ、ソックタッチなどのヒット商品を生み出し、非上場ながら知名度が高い白元。

鎌田社長は創業者の孫で、慶応大経済学部卒業後に都市銀行を経て白元に入社。その後ハーバード大でMBAを取得し、2006年に四代目社長に就任。マスクの「快適ガードプロ」などヒットを飛ばす一方、民放テレビ局の女子アナとの交際も報じられるなど華麗な交友関係でも知られた。

09年3月期には売上高301億1400万円と公表していたが、防虫剤市場でエステーに押されるなど競争激化で業績が伸び悩み、財務状態が悪化した。
13年に住友化学が白元の第三者割当増資に応じ、白元株の19・5%を保有する筆頭株主となった。今年1月には、主力商品「ホッカイロ」の国内販売事業を医薬品メーカー「興和」に譲渡するなど資金繰りに追われた。

その後、同社のずさんな経理処理が発覚。東京商工リサーチによると、決算内容に信憑(しんぴょう)性の問題が浮上、白元は金融機関に今年3月末から6月末までの返済猶予などを要請したが、銀行団は白元支援でまとまらず、取引先も事態を重く見たことから自力再建の道が絶たれた。

29日付で引責辞任した鎌田社長。同社のウェブサイトでは「強いリーダーシップと確かなマネージメントをもって、白元に関わるすべての人を幸せへと導く」とうたいあげているが、現実ではなかった。

患者紹介ビジネスの闇

患者紹介ビジネスの闇

 

来院保証で被害数億円規模 50歯科医院
アプリを使った患者来院保証サービス

大阪のソフト会社に対し「被害者の会」結成

スマートフォンのアプリなどを使い実質無料で新規患者の来院を保証するとうたったサービスを巡り、大阪のソフトウエア会社と全国の歯科医院が金銭トラブルになっていることが分かった。大阪、東京など少なくとも21都道府県の約50医院が「患者が来ない」「IT機器のリース契約だけが残った」と被害を訴え、医院側の損失は数億円規模に上る可能性がある。医院の一部は大阪府警など警察当局に被害相談を始めた。

 

厚生労働省は「実質的な患者紹介ビジネスで不適切なサービスだ」としている。

大阪市旭区のソフトウエア会社「アルファラインジャパン」が提供したサービスで、現在は休止中だ。

歯科医院や契約書類によると、クーポンなどの特典付きで飲食店などを紹介する、東京のIT会社のアプリに医院の情報を載せることで、月10~20人の新規患者の来院を保証するという内容。医院のホームページを活用することもある。

医院側はアルファ社に料金を直接払わず、IT機器のリース契約を結んだ大手リース会社に、月5万円前後のリース代を数年かけて計200万~300万円納める。アルファ社はリース会社にIT機器を売って対価を得ていたとみられる。

契約時には毎月の新規患者数を10~20人に設定。患者がゼロならリース代金分を、足りなければその人数に応じた分をアルファ社が毎月返金するとしており、実質無料というのが特徴だ。来院数は医院に置いた専用機器に患者がスマホをかざしてカウントする。

しかし、医院の多くが患者は来ていないと主張。さらに「返金も一切なく、リース契約の支払いだけが残った」と訴える。アプリに情報自体が載っていなかったケースもあったという。

昨年10月に「被害者の会」を結成した東京の歯科医によると、大阪、東京、兵庫など21都道府県の約50の医院が被害を訴え、約10人が大阪府警や警視庁に被害を相談しているという。

アルファ社は2007年創業。アプリを運営するIT会社の代理店業務などをしていた。代理人弁護士によると、約500の歯科医院と似た契約を結んでいたが、資金繰りが悪化、昨年12月に大阪地裁に破産手続き開始の決定を受けた。

社長の男性は今年1月、毎日新聞の取材に「医院などに迷惑をかけて申し訳ない。患者の来院を報告しない医院があり、必要のない返金をして資金がなくなった。だます意図などない」と書面で回答した。

IT会社の担当者は「サービス内容を知らされておらず、迷惑している」。リース会社は「一切コメントしない」としている。

医療機関が「患者紹介」に対価を払うことは昨年4月、改正健康保険法規則で禁止された。厚労省医療課は「対価を取り戻そうと過剰診療につながる可能性があり、契約した医院側にも問題がある」としている。

ブラック企業ブラック社員

ブラック企業ブラック社員

 

今日も、ブログを読んでくださってありがとうございます。

ブラック企業の存在があれこれ騒がれていますね。

ある意味「当たり前」だと思う事もあると思いませんか?

会社にとってはブラック社員も問題です。

なかなか簡単にはなくならない社会的な問題などとも言われますが

ブラック社員もなくならない問題だと思います。

いくらやりがいのある仕事であっても、

向かないなら自ら会社を退職した方が簡単です。

会社側から社員を辞めさせるのは、たいへんです。

人がどんどん辞めていくのがブラック企業とするならば、

その企業は倒産するでしょう。

倒産しないならば、会社に力のある社員が残っているからです。

タイムカードを切ってから残業をさせられるのは、

作業スピードが遅いのかもしれません・・・

私語などで作業がおろそかになって注意される人もいますから、

一概に判断出来ません。

有給休暇を取れる雰囲気ではないぐらい会社に仕事があるならば、

その会社はしばらく安泰です。

休みが欲しいなら、暇な会社に転職した方がいいのでは?

延々休みになる可能性もあるでしょうが・・・

.売り上げやミスの調整が自腹なら、ミスをしないことです。

ミスを会社にかぶらせる社員は、迷惑です。

損失は他の社員の給料に影響が出ます。

従業員同士の会話が会社に対する不満ばかりなら、絶えきれない不満なら転職すれば良いのです。

違いますか?

 

 社内調査 内部調査

アイ総合コンサルタント

0120-007-808

 

アイ総合コンサルタントでは、
証拠を活用出来る人材
証拠調査士の育成もしています。
探偵業をされている方のステップUPのための資格です。
クライアント満足度を上げて、
収入アップにつながる資格でもあります。
お問い合わせは、

 

アイ総合コンサルタント

0120-007-808

 

虚偽表示問題

虚偽表示問題

ブログを読んでくださってありがとうございます。

 

去年は、レストランメニューなどでの食材の虚偽表示問題が次々と発覚しましたね。

消費者庁は19日、阪急阪神ホテルズ、阪神ホテルシステムズ、近畿日本鉄道(いずれも本社は大阪市)の3社に対し、景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして、再発防止を求める措置命令を出しました。

 

消費者庁によると、阪急阪神ホテルズは、直営の「大阪新阪急ホテル」のレストランで、シバエビを使用していると表示しながら、実際はバナメイエビを使うなど、12種類もの料理で虚偽表示があった。

 

阪神ホテルシステムズは、子会社が運営する「ザ・リッツ・カールトン大阪」(大阪市)で、ルームサービスで「自家製パン」と表示しながら他社製のパンを提供するなど25種類ありました。

近鉄は系列のウェスティン都ホテル京都(京都市)で牛脂を注入した加工肉を「ビーフステーキ」と表示するなど18種類の虚偽表示がありました。

 

消費者庁は、立ち入り検査などで、自主的な報告にはなかった虚偽表示が発見されたことや、虚偽表示に関する消費者への周知が8日間と短かったことなどから、再発防止に向けた取り組みが不十分と判断し、違反した際に罰則がある措置命令に踏み切ったという。

 

 

 

社内調査のご依頼は

 

アイ総合コンサルタント

 0120-007-808

 

 

 

アイ総合コンサルタントでは、

 

証拠を活用出来る人材

 

証拠調査士の育成もしています。

 

探偵業をされている方のステップUPのための資格です。

 

クライアント満足度を上げて、

 

収入アップにつながる資格でもあります。

 

お問い合わせは、

 

アイ総合コンサルタント

 0120-007-808