不謹慎なホームページ インターネット使った嫌がらせ

不謹慎なホームページ

 

インターネット使った嫌がらせ

私たちの国でも、日夜犯罪のニュースが後を絶ちません。いまやいつ自分の身にその犯罪が降りかかってくるかも分からないのが現在の状況ではないでしょうか?ですが実際は犯罪被害の救援には、犯罪被害者自らが立ち上がり戦わなくてはなりません。私たちは今日まで、さまざまな犯罪被害者からの相談を受け解決してきました。
今お悩みの方は一度私たちにご相談下さい。

犯罪トラブルとは、自分でも知らないうちに巻き込まれてしまうケースも少なからずございます。ひょっとしてこれ犯罪かもしれない?と少しでも疑問に思われるのであれば、一度ご相談下さい。その決断が早期解決へと繋がります。
必要であれば各種専門家をご紹介いたしますのでご安心ください。警察OBも在籍

このホームページは少年Aと協力者が作ったものか、だれかが話題つくりに作ったものと私は考えます。悪質で被害者の心情を逆なでするもので許せない行動です。また販促行為の一つとも考えられます。

プロフィール

 

1982年 市生まれ。

1997年 連続児童殺傷事件(事件)を起こし、医療少年院に収容される。

2004年 年ヶ月の収容生活を終え社会復帰。

 

身長165.6cm 体重54.3kg

視力 右0.03 左0.05

血液型 型

大動脈心臓部に雑音あり

性格類型 型

誇大妄想癖あり

 

出版に寄せて

 

2015年6月11日、少年A初の自叙伝 を上梓しました。

少年A事件に関する書籍はこれまでにも数多く出版され、ほとんど出尽くしている感がありますが、少年A本人が自分の言葉で語ったものは、このが最初で最後です。

 

事件、被害者、家族、社会復帰後の生活について、これまで誰にも明かせなかった胸の内を、包み隠さず、丹念に、精魂込めて赤裸々に書き綴りました。

 

事件から仮面の下に隠された“少年Aの素顔”が、この本の中で浮き彫りになっています。

 

「少年Aについて知りたければ、この一冊を読めば事足りる」

そう言っても差支えないほどの、究極の「少年A本」です。

 

一人でも多くの方に手に取っていただければ幸いです。

 

様々なお悩みを抱えておられる方が近年増加しています。「でもどこに相談すればいいのか分からない」というのが本音ではないでしょうか?そういったお悩みも私たちにご相談下さい。専門のスタッフがあなたのお悩みの早期解決のお手伝いをさせて頂きます。
一人で悩まず、私共にご相談頂ければ、必ずやあなたのお力になれます!秘密厳守も徹底しておりますので、安心してご相談ください。あらゆるネットワークを備え、どんなお悩みごと、問題ごとにも柔軟に対応し、解決させて頂きます。この状勢下、様々なお悩み事や問題事を抱えておられる方が近年増加しています。「だけど、どこに相談すればいいのか分からない」というのが気持ちもある事と思います。

男女のもつれや近隣とのやっかい事、金銭や犯罪にまつわる問題だけでなく、家族・親族間での心配事は勿論の事、職場や企業における悩み事、商取引における衝突などにも対応させて頂きます。これら以外にも諸々のご相談事を承っておりますので、該当するものがないと思われるケースに遭遇しておられる方も、是非一度当方までお問い合わせ頂ければ、専門スタッフがご相談に応じさせて頂きます。

ネット掲示板の悪用

ネット掲示板の悪用

 

 

出会い系サイトに21歳の女子大生の顔写真付きでこんな書き込みがされた。すぐに男たちからメールが殺到し、彼女は約30人の男性にレイプ願望がありますといったメッセージとともに女性の自宅の住所を書き込みしたのだ。

その数日後、自宅近辺で見知らぬ男が彼女に声をかけた。もともとレイプ願望などなく現実にならなかった。そもそも彼女が掲示板に書き込みしたものではなかった。彼女は自宅住所を男に送ってもいなかった。

この事件で、この女子大生になりすまし、無断で掲示板に写真などを掲載したとして野村証券社員が名誉棄損の疑いで警視庁に逮捕された。

「犯人は彼女の知人で、ずっと好意を寄せ、繰り返しメールを送ったことでストーカー規制法に基づく警告を受けていた。今回の書き込みは彼女への身勝手な復讐心が原因だったようだ」

幸いにもこのケースは女性に身体的危害が加えられることなく犯人が逮捕されたが、北海道で実際に女性が集団強姦されるという事件が起きている。男性会社員がネット掲示板で知人女性へのレイプを呼びかけた。

彼女も私もレイプ願望があり、リアルに告知無しで複数レイプしたいと考えています。生外出しでお願いしたく考えており、協力頂ける方いましたらご連絡お待ちしていますと掲示板に書き込みがあったようである。

男はこの書き込みに反応した見ず知らずの男2人と共にその女性を強姦したが、女性は合意しておらず3人は集団強姦の疑いで逮捕・起訴された。呼びかけた男は「交際を断わられた腹いせにやった」と供述している。

ネット上にはさまざまな性癖を満たすことを目的とした出会い系サイトが乱立している。その一種で、疑似レイプのパートナーを誘うアダルト掲示板がこうした「レイプ」に悪用されている。

マニア向けの掲示板は無料レンタルサーバーを借りて個人が運営しているケースが多い、住所や電話番号などの個人情報が掲載されるとユーザーの通報を受けて管理人が削除するケースが多いが、この手の掲示板は管理体制が整っておらず、放置されやすい。それをいいことに、復讐や嫌がらせ目的で女性の個人情報を晒し、あたかもレイプ願望があるように見せかける例が増えている。

ネット掲示板に書き込み

ネット掲示板に書き込み

情報とは、

1.あるものごとの内容や事情についての知らせのこと。
2.文字・数字などの記号やシンボルの媒体によって伝達され、受け手において、状況に対する知識をもたらしたり、適切な判断を助けたりするもののこと。
3.生体が働くために用いられている指令や信号のこと。
4.(情報理論(通信理論)での用法)価値判断を除いて、量的な存在としてとらえたそれ
日本年金機構がサイバー攻撃を受け、約125万件の個人情報が流出した問題で、民主党は2日、国会内で対策本部の会合を開いた。蓮舫本部長は、機構が流出の事実を公表する前にインターネット上の掲示板に関連する書き込みがあったことを取り上げ、「内部しか知り得ない情報だ。誰が漏らしたのか」と機構の情報管理を厳しく批判した。
同党によると、1日の公表前に、ネット掲示板「2ちゃんねる」に「個人情報でも流出したのかな」などの書き込みがあった。これに対し会合に出席した厚生労働省の樽見英樹官房年金管理審議官は「(組織の)中でしか知り得ない情報を外に出している。まさに守秘義務違反だ」と述べた。
蓮舫氏は「『消えた年金』ならぬ、『漏れた年金』。事は相当大きい」と述べ、政府の対応などを国会で厳しく追及する考えを示した

ネットで被害者を中傷

ネットで被害者を中傷

警察で即対応をとれない場合は個人で対応しなければなりません。

容疑者は数年前から、インターネットで一家や之さん一家の中傷を繰り返していたとみられる。最近は毅さんらの写真や、浩之さんの自宅地図を掲示するなどエスカレート。毅さんの家族は事件の5日前、兵庫県洲本市の法律相談で、弁護士に「近隣トラブル」として相談していた。

容疑者は短文投稿サイト「ツイッター」などで、毅さんや家族の実名をたびたび記載し、「集団ストーカー犯罪とテクノロジー犯罪の常習犯」などと一方的に中傷していた。

また、aさんの知人によると、aさんは1、2カ月前に「矛先が自分に向いてきた。わしが変な宗教に入っとることにされとる」などと話したが、受け流している様子だったという。

そんな容疑者が「ネット上で誹謗(ひぼう)中傷ばかり書き込んでいる」と地域で話題になり始めたのは4、5年前という。近所の女性は「お父さんとの付き合いもあり、近所では文句を言う気もないし、しょうがないな、という感じだった」と話した。

さらに、容疑者は、aさんら近隣住民や親類のほか、警察、行政、病院関係者ら約140人・団体の実名、住所を「スパイリスト」としてネットに公表し、「電磁波犯罪とギャングストーキングを各地で行っている」などと記載していた。

リストに実名を掲載された洲本市の男性の妻(43)は「夫も私も容疑者と面識はなく、夫婦で『やばい人ね』と話していた。一方的に記載されて、とても怖い」と話した。

 

ネットの人権侵害

ネットの人権侵害

4割増で過去最多に 書き込み 動画 いじめ 体罰も

法務省は14日、全国の法務局が昨年に救済手続きを開始した人権侵害事件の概要を公表した。昨年扱われた人権侵害事件は2万2437件で前年より493件減少。救済手続きに入った事件の総数は平成16年以降、年間2万1千件から2万3千件台で推移している。

昨年手続きに入った事件で特徴的な傾向としては、(1)無断で個人情報を掲載するなどインターネットを使った人権侵害(2)学校でのいじめ(3)教職員による体罰-の3つが急増。ネットによる事件は前年比42.6%増の957件となり、現行と同方法の統計が残る平成13年以降で最多だった。学校でのいじめは4034件(前年比1.2%増)、教職員による体罰は887件(同139.7%増)にのぼり、いずれも過去最多となった。

法務省人権擁護局によると、ネットによる人権侵害の内訳は、住所や電話番号、顔写真を無断で掲載するなどのプライバシー侵害が600件、掲示板での中傷といった名誉毀損が342件。女性被害者の氏名や携帯電話番号に加えてわいせつな内容の書き込みがされたり、動画投稿サイトに男子生徒が同級生からいじめを受けている様子を撮影した動画がアップされたりした事例があった。各法務局はプロバイダーに削除を求めるなどした。
教職員の体罰が増えた原因について法務省は「大阪市立桜宮高の問題を受けて、多くの体罰が新たに発覚したためではないか」との見方を示した。教師が生徒指導の際、男子生徒からばかにされたように感じ、背後から腕を生徒の首に回して締め付けた事例や、24年に発覚した事件の中には、授業中に机に突っ伏していた児童に教師が黒板消しを投げつけ当たった事例などが見られた。法務局は校長らに改善を求めた。

このほか、障害があることを理由に子供が音楽教室の体験入学申し込みを断られたとして母親から法務局に相談があり、法務局で音楽教室に事情を確認すると、具体的な症状を聞かずに「対応できないのではないか」との心配から拒否してしまったことが判明。合理的理由がない拒否はしないよう、法務局が言い聞かせた事例もあった。

 

ネットでの嫌がらせ

ネットでの嫌がらせ

今夜も、ブログを読んで下さってありがとうございます。
慶応大学の元准教授が

教え子に約330万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決が言い渡されました。

裁判官は「元准教授の社会的評価を低下させた」として、約180万円の支払いを命じたとの事です。

在学中に元准教授のゼミに所属していた男性は、この元准教授について

掲示板に「楽しそうにハラスメントしてんじゃねーよ」などと匿名で書き込んでいました。

男性側は、書き込んだ理由について「元准教授から不当な扱いを受けた」とする一方で、

書き込みは一般的な表現で社会的評価は低下していないなどとも主張をしているそうです。

しかし裁判官は、元准教授の名誉を毀損したと認定しました。

600近いサイトへの転載分も含めた慰謝料として100万円のほか、

書き込んだ人物の調査費用約70万円の支払いも加えて命じています。

ネットでの誹謗中傷被害は増えています。
ストーカー対策

あなたは、ストーカーに悩まされていませんか?
つきまとわれたり、いつも見られている・・・
また、好意が怨恨に転じている場合や
復縁を要求するなど一方的に好意を抱いている場合、
また目的が分からない事もあります。

盗聴されていることもあり、あなたの情報を集めている場合もあります。
頻繁なメールや電話、どんどんエスカレートしてくる内容に
恐怖を覚えることになってきます。
リベンジポルノ被害にあう方も増えています。
事件に発展する事も多いストーカー問題は、
ご依頼ください。
ストーカーになってしまいそうな方は、今すぐお電話ください。

 

 

アイ総合コンサルタント

0120-007-808