総監督のセクハラ行為

総監督のセクハラ行為

総監督ならパワーハラスメントのほうが適切な表現なのかもしれません。

女子サッカープレナスなでしこリーグのジェフ千葉レディースは12日、所属する女子選手に対するセクハラ行為があったとして、上村崇士総監督(40)を解任した。飲酒後に呼び出し、同じ選手に複数回セクハラ行為をしたという。

島田社長らによると、上村総監督は今年に入り、酒を飲んだ後、指導者の立場を利用して呼び出し、2人きりの状況を作るなどして、同じ女子選手に複数回、重大なセクハラ行為をしたという。上村総監督の認否は非公表。

8月中旬に女子選手が同チームのコーチに被害を申し出て、8月29日に社外弁護士が調査し発覚。クラブは同日から上村総監督に自宅待機を命じ、Jリーグや日本女子サッカーリーグにも報告した。

警察に被害届を出すかどうかについては、女子選手が今後判断する。島田社長自ら月額報酬20%を3カ月カットとし、他のクラブ関係者の処分も検討。ほかにも同様行為がなかったか、選手へのアンケート調査を行っている。

上村総監督は、Jリーグジェフ千葉などで選手としてプレー後、ジェフ千葉レディースの監督(2005~06年、08~13年)を務めた。今年から総監督となり、クラブ下部組織のアカデミーでは技術指導もしていた。

島田社長は「被害を受けた選手や関係者、ファンの皆様にも大変なご心配とご迷惑をおかけしたことをおわびします」と謝罪、「選手が安心してプレーできる環境を整備し、再発防止を徹底していく」と述べた。

スクールセクハラ

スクールセクハラ

学校の教職員による性的な嫌がらせ「スクールセクハラ」が深刻化している。わいせつな行為で懲戒処分や訓告を受けた公立学校の教職員は2013年度、初めて全国で200人を超えた。私立学校は含まれず、「氷山の一角」だ。

塾講師などのスクールセクハラ数字は当然反映されていないため実数はもっと多いのが現状であろう。アメリカなどでは以前からこのような大人は問題視されてきたが日本ではここ最近である。

子供へのわいせつ行為だけではない。

同僚へのセクハラ、パワハラも多く、この問題は表面化しないよう学校側も対応をとってくることである。子供相手の性的な嫌がらせは親が相手であり隠すことは困難であることが多いが、実際は被害者も表ざたにしたくないため表ざたにならないケースもある。

しかし、同僚となるとひどいケースだと見て見ぬふりと言うのも多いのだ。
「そんなにベタベタ触らないでください」
数年前、都内の高校に通っていた20代の女性は初めて、その男性教諭に強い口調で抗議した。この教諭は授業中、女性の肩をもんだり頭をなでたり、ほおや足を触ったりしてきた。
その様子は、他の生徒も目撃していたが、教諭は気にしていないように見えた。女性は「これってセクハラじゃないの?」と迷いながら、受験への影響も考え、耐えていたという。

セクハラ処分

セクハラ処分

一般的にセクハラとは職場等で行われる性的な嫌がらせのことです。特にその多くは男性上司が女性の部下に対し自らの立場を利用して行うものがほとんどです。
そして,不満を持っているのにも関わらず職場で噂がたったりすることを恐れて何もできずに泣き寝入りしている人がほとんどだと思います。
しかし、当社では水面下でコンサルタンティングを行うので周囲に何も知られることはなく、今まで通りの生活を営むことができます。
また、裁判で訴訟を起こすことをお考えのでは場合裁判の証拠資料として採用される証拠をとることもできます。
クライアントの皆様が望む最良の形で解決することが可能です。

さまざまな嫌がらせを受けている場合もあり、複雑な人間関係が絡み合っている場合もあります。
セクハラとパワハラが同時進行で行われていることも多く、弱い立場に立たされた被害者は泣き寝入りをしているケースも多いのです。

セクハラで警官処分

同僚にみだらな言葉

 

職場で女性警察官にみだらな言葉を掛けるなどのセクハラ行為をしたとして、京都府警は23日、福知山署地域課の男性巡査部長(56)を減給10%(6カ月)の懲戒処分にしたと発表した。巡査部長は事実を認め、「つらい思いをさせて申し訳ない」と反省しているという。
府警監察官室によると、巡査部長は山科署地域課に所属していた昨年4月中旬~今年2月上旬ごろ、20代の女性警察官が不快に感じる言葉で頻繁に声を掛けたほか、複数回にわたり食事や映画に誘った。飲酒を伴う会合の帰りに手を握り、肩を抱いたこともあった。
女性が2月上旬、上司に相談して発覚した。巡査部長は「明確に拒まれず、自分に好意を持ってくれていると思った」と話しているという。

女性同士のセクハラ

女性同士のセクハラ

職場では複雑に利害関係が絡んでいてトラブルを抱えてしまってもそれを誰にも言うこともできず一人で悩んでいる方が非常に多いと聞いています。
職場トラブルには大きく分けて二つあります。セクハラ、パワハラ関係とそれ以外の契約問題や過労問題などや残業日の未払い問題などです。

一般的にセクハラとは職場等で行われる性的な嫌がらせのことです。特にその多くは男性上司が女性の部下に対し自らの立場を利用して行うものがほとんどです。
そして,不満を持っているのにも関わらず職場で噂がたったりすることを恐れて何もできずに泣き寝入りしている人がほとんどだと思います。

一方、パワハラとは自分の職権的立場を利用し他人の人権や尊厳を執拗に脅かす言動のことです。

セクハラは年々増加している

同性間のセクハラ被害を訴えるケースが増えているそうです(厚生労働省調べ)。そこで、異性間だけでなく同性間の言動も職場のセクハラに該当することを盛り込んだ男女雇用機会均等法施行規則を改正する省令が公布され、今年の7月1日に施行されることになりました。セクハラって、男性が女性にするもんじゃないの? と思っているアナタ。要注意です!

女性が女性にセクハラ

同性同士だと認識が甘くなりがち。女性から女性に対して「赤ちゃんはいつ?」と個人的な家族計画について聞いたり、しつこく飲みや食事に誘ったりするのはセクハラの可能性が。あるいは飲み会の席で男性から男性に対して「脱げ~っ」と強要するなどももちろんアウト。同性同士ならいいだろうと思っていませんか? セクハラとは、「相手の意に反する性的言動」。つまり、相手がいやだと思ったらセクハラになってしまいます。

セクハラ提訴の村長

セクハラ提訴の村長
セクハラ問題で提訴され、その後、体調不良を理由に休んでいた宮城県大衡村の村長が7日、3週間ぶりに姿を見せた。会見で、自身の辞職に伴う村長選への立候補は「断念する」と述べた。

村長は先月17日以来、約3週間ぶりに報道陣の前に姿を見せ、8日の辞職を前に記者会見を開いた。

村長「改めて、村民の皆様をはじめ多くの関係者の方々に、今回の騒動についておわびを申し上げたいと思います」

村長は、セクハラやパワハラ行為を行ったとして女性職員に提訴され、その後、不信任を決議した村議会を解散。先月19日には「一身上の都合により4月8日に退職したい」と退職届を提出していた。

村長は、自身の退職に伴う今月下旬の村長選挙については「体調不良で立候補は断念したい」と述べた。一方、騒動の発端となったセクハラやパワハラについては「やっていない」として、今後、裁判で争う考えを明らかにした。
「誰にも言えない・・・」「どうしたら楽になるの・・?」

毎日不安と孤独の中でじっと耐えて続けてしまい、自分自身に大きな精神的ストレスを抱え込んでしまうのが、こ のDVです。

最近では、相対的な数は少ないものの男性のDV被害も増えているようで、DVがやめられないと言う女性の方からのご相談も頂きます。

家族の為、子供の為にと「自分さえ我慢すれば何とかなるんだ」と言い聞かせていませんか?最も 女性が受ける被害で、肉体的暴力と精神的暴力があります。

誰かに相談したくてもなかなか言い出せず、また 相談された方も家庭の中にまで踏み込めず、どのようにしてあげればよいのか判断できる人は少ないようで す。そのため長期にわたり、我慢に我慢を重ねてしまうと心と身体が病んできます。

部下へのパワハラ問題

部下へのパワハラ問題

 

大阪府教育長が辞職表明
大阪府の中原徹教育長(44)は11日、府教育委員会の臨時会議で教育長の辞職を表明した。職員らへのパワーハラスメントや威圧的言動を府教委の第三者委員会に認定され、「現場に迷惑をかけており決断した」としている。松井一郎知事には伝えており、知事も同意する見通しだ。

会議後に記者会見した中原氏は「組織のトップとしてけじめをつけなければいけないと思った」などと説明。2月に府立高校入試でミスがあったことも挙げ、「『トップがしっかりしていないから』と因果関係をとられてもおかしくない」とした。だが、職員へのパワハラを認定した第三者委の報告書については「真実が反映されていない」と反論した。

中原氏をめぐっては、第三者委が2月20日に公表された報告書の中で、意見が異なる職員4人に配置転換や解職をほのめかし、立川さおり教育委員(41)に罷免(ひめん)要求をちらつかせたと認定。中原氏は「結果を重く受け止めるが教育改革を進めたい」と続投に意欲を示し、教育委員の任命権者の松井知事も支持していた。

だが、府議会の公明、自民、民主系の3会派が2日、辞職勧告決議案を議長に提出。10日には大阪、堺両市を除く府内41市町村の教育長が「毅然(きぜん)とした対応」を求める要望書を府教委に出すなど、中原氏への批判が高まっていた。

ろくでなし村長

ろくでなし村長

大衡村長を書類送検 元職員の公金着服隠避容疑

宮城県大衡村の水道事業担当の元職員による公金着服事件をめぐり、県警大和署が村長(65)と当時の村幹部3人を、虚偽有印公文書作成・行使と犯人隠避の疑いで書類送検したことが26日、関係者の話で分かった。現職首長らが同容疑で立件されるのは極めて異例。

ほかに書類送検されたのは、当時の副村長と総務課長、都市整備課長。
村議3人が昨年9月、村は着服事件の全容を明らかにしようとせず元職員の犯罪を隠しているとして、村長に対する告発状を大和署に提出、受理されていた。
関係者によると、送検は24日。同署は村側が着服発覚当初、金額を実際より少なく記載し、村議会に説明したことなどが、虚偽の文書作成や隠蔽(いんぺい)の疑いがあると判断したとみられる。
着服は2011年9月に発覚。元職員は12年6月に懲戒免職となり、13年3月、詐欺などの疑いで逮捕、起訴された。
仙台地裁は、水道事業を担当していた元職員が11年2~3月、「給水承認通知書」と「水道加入金等請求書」を偽造し、村内にアパートを建設する業者から計約400万円をだまし取ったとして、詐欺などの罪で懲役2年、執行猶予4年の判決を言い渡した。
村議会内には、着服総額や使途などの解明へ向け、村に追加調査を求める声があったが、跡部村長は「できることは尽くした」と、否定的だった。このため村議会が特別委を設置し調べたが、全容は解明できなかった。村長は村を通じ「検察の捜査が行われると思うので、コメントは差し控えたい」との談話を出した。
大衡村長セクハラメール1500通 職員が提訴へ

宮城県大衡村の跡部昌洋村長(66)から性行為を強要された上、メールを執拗(しつよう)に送りつけられるなどセクハラを受けたとして、村の女性職員が村長に1000万円の損害賠償を求める訴えを近く仙台地裁に起こすことが12日、分かった。代理人弁護士によると、現職首長に対するセクハラ訴訟は全国的にも極めて異例。

代理人らによると、跡部村長は昨年4月、県選出国会議員へのあいさつ回りで上京した際、宿泊先のホテルで、同行した職員に性行為を迫った。
その後も、出張先や検査入院した病院の個室などで計10回以上、性行為を求めたという。
所有するアパートの合鍵を渡し、関係を強いる誓約書に署名、押印させたほか、「2人でお酒を飲もう」「そのような態度では異動させる」といったメール約1500通を職員の携帯電話に送った。
職員がメールなどを無視すると、業務の決裁を拒否するなどした。職員は上司に相談したが「聞かなかったことにしてほしい」などと取り合ってもらえなかったという。
跡部村長は10日の村議会3月定例会の一般質問で、「セクハラ行為をしていないか」との質問に対し、「当然していない」と答弁。村側も「セクハラもパワハラも起きていない」と答えた。

セクハラ発言

セクハラ発言

 


海遊館「セクハラ発言」訴訟で逆転判決 処分は適法と最高裁

大阪市港区の第3セクターの水族館「海遊館」が、男性管理職2人に対し女性への「性的言動」を「セクハラ発言」と認定して出勤停止とした処分の適否が争われた訴訟の上告審判決が26日、最高裁第1小法廷(金築(かねつき)誠志(せいし)裁判長)であった。同小法廷は、重すぎるとして処分を無効にした2審大阪高裁判決を破棄し、「処分は妥当だった」と海遊館側の逆転勝訴を言い渡した。

男女雇用機会均等法は職場での「性的言動」の防止を義務づけており、企業は同法や厚生労働省の指針に基づきセクハラの処分をしている。最高裁の判断は企業の対応に影響を与えそうだ。

1、2審判決によると、課長代理だった40代の男性2人は派遣社員の女性らに「俺の性欲は年々増すねん」「夜の仕事とかせえへんのか」などと性的な発言を繰り返したとして、平成24年2月、それぞれ出勤停止30日間と10日間の懲戒処分を受け、降格された。

男性側は、「出勤停止は懲戒解雇に次いで重い処分。事前の注意や警告をしないで処分したことは不当だ」として提訴した。

1審大阪地裁は、発言内容が就業規則で禁止されたセクハラにあたると認定し、「上司であるのに、弱い立場にある女性従業員らに強い不快感を与える発言を繰り返し、セクハラ行為をしたことは悪質だ」として処分が有効と判断。男性側の訴えを棄却した。

しかし2審は「セクハラ行為が軽微とはいえないが、事前の警告がない重い処分で酷だ」として、男性側の逆転勝訴としていた

増える同性婚

増える同性婚

法律で結婚が認められないからこそ、式だけでも挙げたい。そんな同性カップルを受け入れるホテルや式場が増えている。後押ししているのは同性婚を認める海外の流れだ。国内では、実生活で法律婚と同等の権利が保障されていない。式を挙げやすくなったのは、ささやかな一歩だ。

「結婚おめでとう」

手をつないで赤じゅうたんを歩く男性2人が、祝福の声に包まれた。左指には交換したばかりの指輪。「幸せ」「自信になった」。2人は笑い合った。

10月11日、大阪市北区で開かれた性的少数者の祭典「関西レインボーフェスタ」。公募で選ばれた男性カップルが結婚式を挙げた。性的少数者の結婚式をプロデュースする団体「glitter(グリッター)」(大阪市中央区)の桜井秀人さん(35)が企画した。桜井さんは両性愛者。「結婚は誰でも平等にできると伝えたい」

フェスタに初めて協賛、出展したホテルグランヴィア京都(京都市下京区)は3月、「同性婚式プラン」を発売した。寺院での挙式と、ホテルでの3泊朝食付きで77万7千円。当面は外国人客が対象だが、日本人からの問い合わせにも応じる。池内志帆・担当室長(46)は「式と観光を兼ねたハネムーンにすることで、旅行に壁を感じてきた人に踏み出してほしい」。

式場となる「春光院」(京都市右京区)は4年前から同性婚式を受け入れている。米国留学中、同性愛者の友人がいた川上全龍副住職(36)は「支援者が増えれば安心して式を挙げられる。ここでできるよ、と伝えていきたい」と話す。

こうした同性婚式を受け入れる動きは広がってきた。昨年3月には元宝塚歌劇団員の東小雪さん(29)とパートナーの増原裕子さん(36)が東京ディズニーリゾートで式を挙げ、注目された。

変態タクシー運転手の事件

変態タクシー運転手の事件

 

こんなタクシー、絶対乗りたくない!

最低変態タクシー運転手の事件です。

この変態運転手は、女性の「トイレに行きたい」という訴えを聞き入れず、タクシーを走らせ続けたといいます。

しかも、利尿剤をクリームに混ぜたクラッカーを食べさせたというから怖すぎます

暴行と監禁の疑いで逮捕された変態タクシー運転手は、大阪府のタクシー運転手で41才の男性。

「女性が尿意を我慢する表情やしぐさに、性的興奮を覚えていた」と供述しているそうです。

クラッカーを食べさた10分後、

女性が「トイレに行きたい」と訴えたが、タクシーは高速道路を走行。

激しい尿意を訴える女性に変態タクシー運転手は、「車内でしてもいいですよ」と言い、

タクシーを止めることを拒み、女性を車内に監禁した。

介護用吸水シートを手渡されて排尿を促された被害者の女性は、車内で用を足したという。

しかも、その様子をカメラで撮影していたというから最低です。

自宅からは、女性が失禁する様子を撮影した映像や、利尿剤フロセミドの錠剤およそ120錠が押収されたそうです。

 

アイ総合コンサルタント

0120-007-808
アイ総合コンサルタントでは、
証拠を活用出来る人材
証拠調査士の育成もしています。
探偵業をされている方のステップUPのための資格です。
クライアント満足度を上げて、
収入アップにつながる資格でもあります。
お問い合わせは、

アイ総合コンサルタント

0120-007-808