セクストーション

セクストーション

近年、インターネット上では嘆かわしい風潮が多く見受けられるようになりました。中でも卑劣極まりないのが性的な恐喝で、一般的に「セクストーションSextortion」Sex性的の意味とExtortionゆすり・恐喝の意味を組み合わせた造語と呼ばれています

セクストーションという造語の登場は、1950年4月5日付けのロサンゼルスタイムズ紙にまで遡ります。的搾取の一種で、犯罪者は被害者の性的な写真やビデオを入手し、公開されたくなければ言うことを聞くように脅し通常は性的な行為を要求します。

スマートフォンで撮影し脅す

愛知県警半田署は24日、栃木県青少年健全育成条例違反と脅迫の疑いで、宇都宮市川田町、スーパー店員(25)を逮捕した。

逮捕容疑は昨年8月、愛知県半田市の女子高校生(16)を宇都宮市のホテルに呼び出して、みだらな行為をし、スマートフォンで撮影。ことし5月に画像を添付したメールを送り「返事しないとさらす」と脅した疑い。

同署によると、女子高校生が県警に相談し発覚した。2人は昨年6月、ロックバンドのファンサイト上に開設された掲示板で知り合ったという。

 

セクストーション解決の問題は、被害を他社に相談することに躊躇してしまうことが多い。このことが問題を悪化させてしまう原因の一つです。

 

セクスト―ションを解決しようと思う方は勇気を出して私どもに相談ください。当社はあらゆる対応を経験していますのであなたをトラブルから救うことができます。

セクストーション加害者は警察官

セクストーション加害者は警察官

「恥ずかしい写真ばらまくぞ」ストーカー容疑で巡査部長逮捕 茨城県警人身安全対策室などは14日、脅迫とストーカー規制法違反の容疑で、水戸署地域課の巡査部長、容疑者(58)=同県那珂市菅谷=を逮捕した。容疑を認めているという。 逮捕容疑は今年1月から3月にかけて、同県内に住むパート従業員の女性(58)に、「恥ずかしい写真をばらまくぞ」「会いたい」などと20回以上メールを送信したり、わいせつな内容の手紙を郵送したほか、女性の自宅周辺で女性に付きまとうなどしたとしている。 県警によると、容疑者と女性は昨年12月まで十数年間交際しており、容疑者は「話がしたくて連絡をしたり、会いに行ってしまった」などと話しているという。 県警によると、今月10日、女性から県警本部に「知り合いの警察官にストーカーされている」と相談の電話があり発覚。14日に岩間容疑者の自宅と自家用車を家宅捜索し、わいせつな写真を100枚以上押収したという。 県警監察室の風見和幸首席監察官は「警察官としてあるまじき行為。捜査の結果を踏まえ厳正に対処する」とコメントした。 セクストーションと言えば、女性だけが陥るイメージがありますが、男性の被害者も増えています。 スマートフォンの普及から、いつでも誰とでも、どこに居てもつながることが可能です。 スマートフォンにダウンロードされたアプリから、電話帳機能が乗っ取られたり、画像や映像を取られることも可能になります。 また、SNSなどのインターネットを使ったプライベート画像のやり取りはセクストーションを行う上での良いネタになります。 個人が特定された状態でのセクストーションは、プライベート画像を貴方の電話帳機能に登録された人物に送り付けられることも想定しなければなりません。 身近な人物にプライベート画像を流される恐怖は、人生を大きく変える恐怖につながります。

セクストーション

セクストーション

 

性的脅迫「セクストーション」「リベンジポルノ」とは IPAが注意喚起

 

 

情報処理推進機構(IPA)は1日、2014年12月の呼びかけ「個人間でやりとりする写真や動画もネットに公開しているという認識を!」を発表した。

 

それによると、「スマートフォンの電話帳情報を窃取するなどの不正アプリにより、個人情報を盗まれることに加え、プライベートな動画を脅迫のネタにされた」という相談が9月から発生しているという。

具体的な例としては、安心相談窓口に「SNSを通じて知り合った異性から、プライベートな動画を見せ合おうとビデオチャット機能を持つアプリをスマートフォンにインストールするよう持ちかけられ、ビデオチャットの最中に服を脱ぐなどしてしまった。見知らぬ番号から着信があり、『あなたの電話帳の情報と動画を入手している。この動画をばらまかれたくなければ、指定の金額を払うように』という脅迫電話がかかってきた」という事例が紹介されている。

こうした手口は「セクストーション(性的脅迫)」と呼ばれており、同様の被害が増加傾向にあると考えられる。昨年日本でも注目を浴びた「リベンジポルノ」は、元恋人・配偶者などによる嫌がらせ行為であるのに対し、「セクストーション」は、最初から脅迫の意図を持って、SNSやアプリを悪用しているのが特徴となる。

IPAの今月の呼びかけでは、セクストーションやリベンジポルノの対策として、アプリは信頼できるマーケットから入手すること、会ったことのない相手に加えて友人や恋人であっても、第三者に見られたら困るプライベートな写真や動画を撮影させたりデータを送ったりしないことを呼びかけている。

キャッパー被害

キャッパー被害の解決お任せください!

ネットトラブルは、年々増加傾向にあります。
目に見えない相手から執拗な誹謗中傷を受けたり、嫌がらせが行われています。
インターネットは偽名で書き込みをしたり、メールを送り付けたりすることが容易なので、嫌がらせには都合のよい手段です。
これに、悩まされている被害者は増え続けています。

 

ザ!世〇仰天ニュースでも取り上げられた悲しい事件

先日、某テレビ番組で取り上げられていた被害。
以前からも海外ではネットに裸の写真を載せられた被害者が自殺してしまう事件が問題視されていました。
この被害、日本でも起こる可能性が十分あり、リベンジポルノ被害としても定着しつつあります。

ネットに自分の裸の映像が出ていまっただけではなく、その画像をメールでクラスメイトや会社の同僚、上司などに送られてしまったら・・・
考えただけでもぞっとしてしましますね。
それだけではなく、相手から脅迫を受けつこともあります。
どんどん被害はエスカレートし、追い詰められてしまった挙句、自ら命を絶ってしてしまうこともあるのです。
ネットの中の見えない相手は、執拗に追い詰めてくるのです。

精神的に未熟な未成者は、とっくにネットから離れられない傾向にあります。
ネットの世界での人間関係は、想像以上に重要視されています。
一旦そこでの社会に入り込んでしまうと、常にパソコンやスマートフォンに目を向けているような状態になってしまうのです。
辞めろと言われても、見てしまう・・・
見なければ気にならないことも、自ら見てしまうのです。

 

あなたのお子さんは、大丈夫ですか?

ネット社会に溶け込んだ今の子どもたちは、大人が思っている以上に広く人との係りを持っています。
例えば、昔は出会い系も限られた場所でしかできませんでしたが、今では携帯電話やスマートフォンがあればどこででも、誰でもやり取りができるのです。それも、リアルタイムでのやり取りが可能です。女子高生のおこずかい稼ぎとしての援助交際も簡単に行えます。ウエブカメラを利用したやり取りでは、一瞬の出来事もキャッパー画像として取り込まれます。ネットは便利なものですが、それを利用した犯罪は増える一方なのです。
巻き込まれたら最後、当事者での解決は難しいでしょう。

被害が拡散する前にご相談ください。