ストーカートラブル

ストーカートラブル

無くならないストーカートラブル。

他人任せでは解決できない現状を認識すべきです。いのとを奪われ空では遅いにです。

52歳女性が刺され死亡 逮捕男、娘にストーカー行為などトラブル

同じアパートの男に襲われ、女性が死亡した事件で、男は、この女性の娘にストーカー行為を繰り返すなど、度々トラブルを起こしていた。

近所の人は「特に若い人に興味があるみたい。娘さんがターゲットだった」と話した。このように他人が見ても明らかなストーカーが行われていました。

63歳も年下の女性に、つきまとい行為を繰り返していた84歳の男が、最悪の事態を引き起こした。

1階に女性が、実家に戻っていた娘と2人でいたところ、突然、男が刃物のようなものを持って部屋に侵入してきた。

被害者の娘は「いきなり男が侵入してきて刺した」と話した。

そして、男は、女性の胸のあたりを刺し、娘は外に逃げ、助けを求めた。

通報を受けた警察官が現場に駆けつけると、女性は、部屋の中で胸から血を流して死亡していた。

そして警察は、アパートの2階に住む加害者(84)を、殺人未遂の現行犯で逮捕した。

加害者について、近所の人は「お酒飲むと、気性が荒くなる。(アパートの前で)火を使っていろいろ燃やして、警察に補導されたこともある」と話した。

近所で、度々トラブルを起こしていた加害者。

川上さん親子も標的になっていた。

加害者は被害者の娘に卑わいな言葉をかけたとして書類送検され、起訴猶予処分となっていた。

しかし、その後も娘に、つきまとい行為を繰り返していたという。

高齢者ストーカーの特徴として、警察も裁判も全く気に掛けないということが多いのが特徴です。

ストーカーのトラブルでお困りなら当社に相談ください。

ストーカー対策

ストーカー対策

ストーカーの被害者が増えていると言うことは、裏を返すとストーカー行為に及ぶ人も増えていると言うことです。
ストーカー殺人事件をきっかけに、法の整備も整いつつあるストーカー被害ですが、減る傾向は見られず、
今もニュースを騒がすような事件が起こっています。男性が多いと思われがちですが、女性の加害者も増えています。
残念ながら、簡単に解決できる問題ではないのです。

付きまとわれている気がする。 通勤帰宅がいつも一緒の人がいる。 下着や洗濯物を盗まれる。 非通知で着信がかかる。 家で電話していると雑音が入る。 家の中の出来事なのに周りの人に知られている。
このようなことが身近で起こっているともしかするとストーカーや盗聴の被害に会われているかもしれません。
女性の前で爆発させ自殺

知人女性にメールを繰り返し送ったとしてストーカー規制法違反容疑で東京都世田谷区の介護士、小谷周平被告(32)=同法違反罪で起訴=が逮捕された事件で、警視庁は10日、爆竹を解体したとして火薬類取締法違反容疑で小谷被告を再逮捕した。同庁によると容疑を認め、「女性の前で爆発させて自殺したかった」と話している。

小谷容疑者は1月、女性宅に侵入したとして住居侵入容疑で現行犯逮捕されていた。このとき小谷容疑者は小瓶に詰めた粉末を所持。同庁の鑑定で爆竹をほぐした火薬類とわかった。ただ不純物が多く、点火しても爆発しなかった。

小谷容疑者は、インターネットで爆弾の作り方を知ったと話している。爆竹もネットで注文しており、1万本以上の購入履歴があったという。

逮捕容疑は12月下旬ごろ、正当な理由がないのに自宅で爆竹の中身を取り出し火薬類を変形したとしている。

住人がグルになり監視

住人がグルになり監視

近隣の方とトラブルを起こさないために大事なのは、そこに住んでおられる方々とのコミュニケーションが大事となってきます。ですが、近年は昔とは違いそのコミュニケーション自体が希薄になってきている傾向があり、トラブルにも発展しやすいのが現状です。もしあなたが現在近隣トラブルでお悩みなのでしたら、一度私たちにご相談下さい。

大阪府豊中市のマンションで6階の住人の(33)が殺害された事件で、同じ階に住む容疑者(53)=殺人容疑で送検=が取り調べの中で、「6階の住人が『グル』になり自分を監視していた」と供述していることが29日、大阪府警への取材で分かった。被害妄想を膨らませた末、犯行に至った可能性があるとみて、府警が供述内容を精査している。

府警によると、容疑者は「いろんな人から嫌がらせを受けていた。監視されたり、ストーカーをされたりしており、我慢できなかった」と供述している。しかし、容疑者の供述には事実関係があいまいな部分が多いという。

一方、府警はこれまでに、容疑者の自宅から血液が付着した凶器とみられるサバイバルナイフを押収しているが、さらにこれとは別のサバイバルナイフや特殊警棒も押収。容疑者は「ナイフは持ち歩いていた」と供述しており、府警はこれらの購入目的などを調べている。
様々なお悩みを抱えておられる方が近年増加しています。「でもどこに相談すればいいのか分からない」というのが本音ではないでしょうか?そういったお悩みも私たちにご相談下さい。専門のスタッフがあなたのお悩みの早期解決のお手伝いをさせて頂きます。

レズビアンストーカー

レズビアンストーカー

ネットに投稿、女ストーカー「名誉毀損」

 

インターネット上での名誉毀損やプライバシー侵害などの人権侵害が急増している。法務省の統計では、ネット上の人権侵害にあたるという悪質な事案は昨年1年間で過去最多の957件に上った。中には事件になるケースも少なくないという。

神戸地裁が3月28日、女性同士の交際のもつれから元交際相手の女性の氏名や、この女性が「タトゥーを入れている」などと書き込んだとして、名誉毀損罪に問われたさいたま市大宮区の無職、被告(50)に懲役6月の実刑判決を言い渡した。

知らない間に、本人とその近い人物しか知り得ない情報が拡散する-という事件。法務省の担当者は「今後も増える恐れがあり、啓発していかないといけない」とするが、サイト運営側は「違法性と表現の自由の兼ね合いがあり、画一的な基準は作れない」と明かすなど、対策の糸口が見えない状態が続いている。

ヤフー知恵袋に質問で刑事事件に

「OOさん49才を探してます。ご存じの方、教えて下さい。左腕にドラゴンのOOがあります」

昨年10月17日、兵庫県警生活安全企画課の警察官が、質問サイト「Yahoo!知恵袋」でこんな書き込みを発見した。女性に連絡を取とると、かつて交際していた女の被告からストーカー被害を受けていることがわかった。

女性と被告は平成18年に出会い系サイトを通じて知り合い、交際を始めた。だが、女性同士の交際も24年10月に女性が別れ話を切り出しすと、被告は「別れる理由を知りたい」と訴え、しつこくつきまとうなどのストーカー行為をするようになった。女性は警察に相談、女性宅前に居座るなどしたとして、被告はストーカー規制法違反の罪で25年3月に罰金刑を受けた。

ネット上で繰り返される人権侵害

刑事事件には至っていないものの、人権侵害に当たるような書き込みがされることは少なくない。

法務省によると、ネット上のトラブルをめぐって全国の法務局に寄せられた相談件数は、昨年1年間で4320件(前年同期比394件増)。このうち、法務局側が人権侵害に当たると判断したのは957件(同286件増)。前年と比べ42・6%増加し、過去最多となった。同省担当者は「相談を持ちかけられてないケースもまだ多くある。氷山の一角に過ぎない可能性がある」と、現状に対して危機感を抱いている。

同中学生の男子生徒がいじめを受けている様子を撮影した動画が投稿されるなど、悪質な場合には、サイトの運営者に削除を要請している。しかし、削除要請には法的な強制力はなく、同省担当者は「6割方応じてもらえるが、中には無視されたり、『悪質ではない』と拒否される例もある」と返答が返ってくることもある。

ストーカー体質

ストーカー体質

 

別れるなら、死ぬ!と言う人
ブログを読んでくださってありがとうございます。

男女トラブルで多いのがストーカー問題。

千葉県警山武署は10日、元交際相手にメールを執拗に送信したなどとして、
同署交通課巡査、〇〇容疑者(26)=同県銚子市長塚町2=をストーカー規制法違反の疑いで逮捕した。

逮捕容疑としては、11月5~15日の間に、県内に住む元交際相手の20代女性に対して

「本当に死にたくなった。一緒に居てください。連絡来ないなら死にます。」

などのメールを71通送信し、15日に女性宅付近で女性の所持品を投げ捨てるなどしたとされる。

◯◯容疑者は2006年4月に県警に入り、12年9月から同署に勤務していた。

「恋愛感情があり、やってしまった」と容疑を認めているという。

同署の署長は「犯罪を取り締まるべき立場の警察官が、このような事案を発生させ、被害者および県民の皆様に深くおわびします」
と述べている。

男性も女性も加害者になることはあり、被害者にもなります。

ニュースでは、女性が被害者になっている事が多いですが、

実際はどちらもあるのです。

 

アイ総合コンサルタント

0120-007-808

 

アイ総合コンサルタントでは、

証拠を活用出来る人材

証拠調査士の育成もしています。

探偵業をされている方のステップUPのための資格です。

クライアント満足度を上げて、

収入アップにつながる資格でもあります。

お問い合わせは、

 

アイ総合コンサルタント

0120-007-808

 

会社と自分

会社と自分

ブログを読んでくださってありがとうございます。

人に流されやすいか?というと、

たぶん、流されやすいタイプだと思います。

流されやすのも、流されにくいのも

どちらも問題があると思います。

周りの空気を読める事が大切なのではないかと思います。

日本人は協調性を重んじる人種です。

特に学校と会社ではそう思います。

あなたは、職場で孤独を感じる瞬間はありませんか?

会社に馴染めなかった経験のある人は多いのではないでしょうか。

みなさん、どのような時に会社に馴染めないかのランキングでは、

1位 会話に入れない時
2位 知らない話題で盛り上がった時
3位 飲み会に誘われなかった時
4位 ランチに一人誘われなかった時
5位 日誰とも喋らなかった時

1位は会話に入れない時、

2位は知らない話題で盛り上がった時でした。

見ていないテレビドラマやよくわからないタレントなどの話で盛り上がっている中には、

会話の糸口がつかめないまま輪に入っていけず寂しくなることがありますよね。

3位には飲み会に誘われなかった時、

4位にはランチに一人誘われなかった時。

自分だけ誘われなかったら、孤独を感じるのは当然です。

職場でのいじめは、子供社会とは違った裏がある場合もあります。


アイ総合コンサルタント

0120-007-808

ストーカー相談

あなたは、ストーカーに悩まされていませんか?
つきまとわれたり、いつも見られている・・・
盗聴されているなどから、
頻繁なメールや電話、どんどんエスカレートしてくる内容に
恐怖を覚えることになってきます。
リベンジポルノ被害にあう方も増えています。
事件に発展する事も多いストーカー問題は、
ご依頼ください。

アイ総合コンサルタント

0120-007-808

元彼、元カノがストーカー加害者

元彼、元カノがストーカー加害者

昨年のストーカー相談件数は2万件近くありました。これは、過去最高の相談件数となります。各種機関へ相談の段階で解決すればよいのですが、中には、殺傷事件に発展するようなストーカー被害に遭ってしまう方もいます。
LINEやFacebookなどのSNSが発達する今だからこそ、こうしたストーカー事件も軒並み増える傾向にあります。
過去にストーカー被害に遭っていない方からすれば、他人ごとのようにと思われるでしょう。実際に被害に遭った方も、そう思っていたのです。
元彼、元カノがストーカーとなれば、あなたの個人情報は把握されているでしょう。自宅や勤務先から始まり、生活パターンから割り出される移動手段や使用車両、立ち寄り先などです。ブログやツイッターなどで、「どこそにいます」といった情報発信もストーカー相手に筒抜けになっているケースがあります。
ストーカー被害を警察に相談したからといって、24時間身辺警護してもらえるケースはまずありません。
それでも以前より親身の対応をしてくれるようになりました。自分で身を守るというよりも、そういった状況の一歩手前である、相手と接触しないことが先決です。
しかしのようなことを現実的にできるならストーカー被害は起こることもありません。
ストーカー被害に遭う方の多くは、普段の行動パターン・時間帯を犯人に把握されています。恋人同士だった期間にどのくらいプライベートな情報を相手に与えてしまったかを思い出し、ひとつずつ繋がる情報を消していく努力も必要です。
誰かが守ってくれるという気持ちのが少しでもあれば後手に回ります。

ストーカー被害を解決しようと思うなら当社にストーカー対策の依頼をしてください
あなたの力になります

トラブル解決の

アイ総合コンサルタント

0120-007-808

美容外科トラブル

美容外科トラブル

 

ブログを読んでくださってありがとうございます。

 

美容のトラブルは身体的な被害だけではなく、

精神的にも被害を与えられる大きな問題です。

体の傷はなかなか消えず(消えない場合もあります。)

原因を作ったエステティシャンや美容外科医に対する思いはとても重くつらいものです。

特に『顔』に関する美容トラブルは絶対に避けたいもの。

その気持ちは女性なら誰でも理解出来ますよね。

美容整形の失敗は、ドクターにとっては失敗でないと言い切られる事例が多く、

やり直すことで新たなキズを残すリスクすらあります。

だからといって、泣き寝入りが出来ますか?

美容外科でのトラブルでお悩みの方は、

岡山 アンバサダー調査事務所へご相談ください。

086-226-1099

 

 
~お知らせ~

ストーカー被害でお困りの方は、

アイ総合コンサルタントにご相談ください。

 

先日倉敷市でも女性が胸を刺される被害にあっています。

対応を誤ると事件に発展するトラブルです。

自分自身を守れるようにストーカー対策をご依頼ください。

アイ総合コンサルタントでは、十分なヒアリングからストーカー問題の真相を探ります。
必要な場合は、調査も行い事実関係を把握することから解決策を見出すのです。
警察とは違い費用はかかりますが、公にしない解決をご希望の方にはたいへん喜ばれています。

ストーカー被害者の多くは、警察に相談はしてもその後、警告をすることを拒むケースが多く、
拒むには理由があるのです。公にしたくないその理由は人それぞれですが、アイ総

アイ総合コンサルタント

0120-007-808

ストーカー防止  ストーカー対策

ストーカー防止 ストーカー対策

今日も、ブログを読んでくださってありがとうございます。

社会人になると飲み会に参加することが多いですよね。

先輩との付き合いや友達との約束、実際には行きたくなくても、参加することになってしまった以上、付き合いには波風を立てたくはありません。

そんな自分では乗り気ではない飲み会では、先輩や友達の顔に泥を塗ることなく、できればその場をスムーズに終わらせたい、と思うことはありませんか?

しかし、そんな飲み会にかぎって、どうしても「連絡先を教えたくない」「この人とは連絡をとりたくないな」と思った人から、連絡先を聞かれたらどうしますか?

「携帯持ってないんです」→このご時世、こんなウソは通用しません。
「彼氏がいるんで」→「自意識過剰」と変に勘違いされるかもしれません。
「パソコンのアドレスで」→印象が悪くなります。

傷つけることなく、なんとかしてうまく断りたくても、スムーズに断れない!

「SNSやってます? ぜひ友達申請してください~」とSNSでのつながりを促す

現在本当にたくさんの人がSNSを利用しています。そんな中「していない」との返事は中々言われないと思います。

最近ではメールアドレスや携帯電話番号などを教えなくても簡単に文字で人と交流ができるアプリなども出てきていますよね。

優秀なことにこれらは、自分が望まない人からの申請や友達表示をブロックしたり、非表示にすることができるのです。その場では、相手に悪い印象を与えることもなく、つながりを受け入れたように思い込ませることができますね。

もし、相手がSNSをしていなかったとしても「私、登録しているので登録してつながりましょうよ!」 の一言で大丈夫。電話番号、メールアドレス等教えなくても、相手に「つながっている」と錯覚させることができるのです。
しかし、自分に明らかに好意を寄せている相手に対しては、

きちんと断るようにしましょう。

中途半端な態度や、思わせぶりな態度は失礼です!

のちのちのトラブルの防止の為にもハッキリ断る事が大事です。

ストーカー 報道

ストーカー 報道

壇蜜、ストーカー報道に初言及「正直怖い」
先日、一部スポーツ紙にて深刻なストーカー被害に悩まされていると報じられた壇蜜。

バラエティ番組などで自宅を紹介したことがきっかけとなり一部の熱狂的ファンが住所を突き止めストーカー化し、ポストの郵便物が盗まれたり等の実害も出ているというものです。

ストーカー被害について話が及ぶと「そうなんですよ。公共料金もいたずら心で奪っていくなら払って下さい」とご立腹の様子。「ポストにチラシがごっそり入っていたりタバコの吸殻が散らかっていたりイタズラされていたことは事実。正直怖い」と不安を漏らすも、「部屋の前に人が立っていたことはないので大袈裟に書かれている部分はある。今は経過観察中」と説明した。

また、タバコの吸殻対策のために自宅前に灰皿を置いたという壇蜜。引越しの予定を聞かれると「(ストーカーが)公共料金を払ってくれて吸殻を灰皿に入れてくれたらしつけが完了かなって思ってます」と。
さすが、檀蜜さん。ユーモアを含んだコメントですが、

ストーカーは本当に気持ち悪く、怖いもの・・・

ストーカー被害でお困りの方は、

アイ総合コンサルタントまでご相談ください。

無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。お問い合わせは無料です。

0120-007-808

 

~お知らせ~

誰しも、弱みはあります。

ヌード写真など恥ずかしい写真や映像をネタに恐喝されるトラブルがよくあります。

秘密厳守ですので、安心してご依頼ください。

アイ総合コンサルタントまでご相談ください。

0120-007-808