怨恨によるストーカー被害!

怨恨によるストーカー被害!

ストーカー問題は、法の整備にも関係なく一向に減る傾向が見られない問題です。

ストーカー行為をしてしまう背景についてですが、全国平均では好意が約7割を占める中、青森県ではこの比率が逆転しているというのです。怨恨によるストーカー被害が多いと言うことです。

初めは好意であった気持ちが怨恨へと変わっていき、ストーカー行為の内容も悪質化するケースがあります。
そして、事態が悪化してから相談する人が多いからではないかという指摘も。
人の気持ちは変わるものです。行き場のない思いが、恨みや辛みに変化することは容易に想像がつきます。
だからこそ、人の気持ちを踏みにじるような行動や言動は慎むべきで誠意のある対応を行いたいものです。

 

ストーカー問題の実態!

警察庁の統計によれば、2013年に警察が確認したストーカー問題は2万1089件です。動機としては、約7割が好意によるものと分類され、怨恨は2割程度。加害者が精神疾患を患っているなどが計1663件でした。

一方、青森県の警察安全相談室に相談が寄せられるなどして発覚したストーカー事案は187件。うち好意によるものがが54件で約3割、そして怨恨によるものが約7割の130件で怨恨が2倍以上を占めているのです。怨恨には所有物を壊したり「殺してやる」といった危害を加える内容のメールを送るなどが含まれています。

元交際相手が加害者であり被害者でもあることが多いストーカー事件。事件の背景には様々なトラブルが起こっていることもあるのです。

 

 

放置されたストーカーの行き場のない思い!憎しみに変わったら危険です!!

多くのストーカーの加害者には、ストーカーをするにあたり様々な思いがあるように思います。
その思いを解決しない限り、ストーキングは終わらないのです。
いったん治まっていた行為も、ある時期が過ぎたらまた始まった・・・ということも起こっています。
根本的なところが解決がされていないからです。

ストーカートラブルとは、自分でも知らないうちに巻き込まれてしまうケースも少なからずございます。ひょっとしてこれストーカーかもしれないと少しでも疑問に思われるのであれば、一度ご相談下さい。その決断が早期解決へと繋がります。

警察からの注意も聞かなくなったら要注意!
今すぐ、アイ総合コンサルタントへご相談ください。
また、警察に相談することで危害を与えられたケースもあります。
ストーカートラブルの解決は、アイ総合コンサルタントへご依頼ください。

 

 

 

 


&nb

児童ポルノ問題

児童ポルノ問題

男性の性癖は様々で、時折驚くような事件がニュースを騒がせます。
女性には一生理解ができない、男性でも理解できないような性的な思考があるようです。
貴方だけではなく、大事なわが子が被害に遭っってしまったら・・・
そっとするような事件も起こっているのです。

 

性癖 性犯罪の手は児童に向けられる!

埼玉県富士見市のマンションで横浜市の2歳男児の遺体が見つかった事件。

児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)容疑で逮捕されたのは市のベビーシッターでした。

容疑者(26)の男が過去に預かった別の子供の裸などを撮影、保存していた疑いが強まっているようで、他にも被害者がいる可能性が大きいのです。

この容疑者はシッターとして預かった子供の裸などを撮影し、自宅のパソコンなどに保存した疑いが持たれています。

子供の保護者が画像を確認し、被害届を出したという。

容疑者は、遺体で見つかった男児に対する死体遺棄容疑で逮捕されたが処分保留となっていましたが、その後、男児と一緒に見つかった弟に対する保護責任者遺棄致傷容疑で逮捕、起訴され、4月28日には幼児2人の裸を撮影、保存するなどしたとして逮捕されました。

 

 

性被害は、大人だけの問題ではありません!アイ総合コンサルタントにご相談ください。

性被害は、大人だけの問題ではありません。
また、本人だけの問題でもないのです。

性被害に遭った子供の両親も苦しみます。
子どもの将来を考えて、公にせずに解決を望む方は、アイ総合コンサルタントにご相談ください。
秘密厳守でクライアント情報が外部に漏れることは、一切ありません。
警察に相談出来ない、公に出来ない様々な問題を水面下で解決するために、早期相談は不可欠です。

性犯罪被害は、自分でも知らないうちに巻き込まれてしまうケースも少なからずあります。もしかして、犯罪かもしれないと少しでも疑問に思われるのであれば、一度ご相談下さい。その決断が早期解決とトラブル悪化を最小限にとどめることができます。

 

 

キャッパー被害

キャッパー被害の解決お任せください!

ネットトラブルは、年々増加傾向にあります。
目に見えない相手から執拗な誹謗中傷を受けたり、嫌がらせが行われています。
インターネットは偽名で書き込みをしたり、メールを送り付けたりすることが容易なので、嫌がらせには都合のよい手段です。
これに、悩まされている被害者は増え続けています。

 

ザ!世〇仰天ニュースでも取り上げられた悲しい事件

先日、某テレビ番組で取り上げられていた被害。
以前からも海外ではネットに裸の写真を載せられた被害者が自殺してしまう事件が問題視されていました。
この被害、日本でも起こる可能性が十分あり、リベンジポルノ被害としても定着しつつあります。

ネットに自分の裸の映像が出ていまっただけではなく、その画像をメールでクラスメイトや会社の同僚、上司などに送られてしまったら・・・
考えただけでもぞっとしてしましますね。
それだけではなく、相手から脅迫を受けつこともあります。
どんどん被害はエスカレートし、追い詰められてしまった挙句、自ら命を絶ってしてしまうこともあるのです。
ネットの中の見えない相手は、執拗に追い詰めてくるのです。

精神的に未熟な未成者は、とっくにネットから離れられない傾向にあります。
ネットの世界での人間関係は、想像以上に重要視されています。
一旦そこでの社会に入り込んでしまうと、常にパソコンやスマートフォンに目を向けているような状態になってしまうのです。
辞めろと言われても、見てしまう・・・
見なければ気にならないことも、自ら見てしまうのです。

 

あなたのお子さんは、大丈夫ですか?

ネット社会に溶け込んだ今の子どもたちは、大人が思っている以上に広く人との係りを持っています。
例えば、昔は出会い系も限られた場所でしかできませんでしたが、今では携帯電話やスマートフォンがあればどこででも、誰でもやり取りができるのです。それも、リアルタイムでのやり取りが可能です。女子高生のおこずかい稼ぎとしての援助交際も簡単に行えます。ウエブカメラを利用したやり取りでは、一瞬の出来事もキャッパー画像として取り込まれます。ネットは便利なものですが、それを利用した犯罪は増える一方なのです。
巻き込まれたら最後、当事者での解決は難しいでしょう。

被害が拡散する前にご相談ください。