変態

変態

パラフィリ 障害

変態は病気なのか
変態も度を過ぎると精神疾患と診断されることがあります。
パラフィリアは,再発性の強い性的興奮をもたらす空想,強い衝動,または行動で,苦痛や障害を伴い,無生物,小児,その他合意の成立していない成人を巻き込み,または自分自身や相手に苦痛や屈辱をもたらすものである。

相手や医療者にとって異常と思われる性的嗜好は,単に異常だというだけではパラフィリアとはみなされない。その興奮パターンが性的機能になくてはならないものになり(すなわち,この刺激なしには勃起やオルガスムが起こらない),不適切な相手(例,小児,合意の成立していない成人)を巻き込み,顕著な苦痛や社会的,職業的,その他重要な機能領域に支障をもたらす場合にはじめて,そのパターンは病的とみなされる。パラフィリアを有する者は,パートナーとの間に愛情に満ちた相互的な,感情的および性的に親密な関係を築く能力が損なわれているか,あるいは欠けていることがある。個人的,情緒的適応の他の側面も同様に障害されていることがある。

通常,性的興奮のパターンは思春期前にかなり発達する。これには少なくとも3つのプロセスが関係する:不安または早期の心的外傷が正常な精神性的発達を妨げる;ときに本人の性的快楽体験を強化する強烈な性体験に早期に曝されることにより,性的興奮の標準的パターンが他のものに置き換わる;そして性的興奮のパターンがしばしば象徴的な条件付けの要素を獲得する(例,フェティッシュは性的興奮の対象の象徴だが,性的好奇心,欲望,そして興奮と偶然結びつくことによってそのフェティッシュが選択されていることがある)。パラフィリアの発現が全てこのような精神力動的プロセスの結果であるのかどうかについては異論があり,一部のパラフィリア(例,小児愛)では脳機能の変化を示す何らかの証拠が存在する。

ほとんどの文化において,パラフィリアは男性の方がはるかに多い。この分布の不均衡には生物学的理由があると考えられるが,詳しくは解明されていない。

パラフィリアの多くはまれにしかみられない。最もよくみられるのは小児愛,窃視,露出症である。パラフィリアを有する者のごく一部が法を犯し,性犯罪者となる。これらの犯罪者のあるものは顕著な人格障害を有し(例,反社会性または自己愛性),これが治療を困難にする。

15歳未満の出生数

15歳未満の出生数

 

性教育

性に関する生物学的,生理学的な知識を与えるだけでなく,基本的人間関係の一形式としての性の意義を理解させ,またこれに対する態度を正しく導くための教育。性については「自然に理解し,習得すべきもの」という見解は改められ,積極的な教育の必要性が認められるようになってきたが,内容,方法について一致した見解は成立していない。
10代は、早期ではなく中期以降の中絶が多い傾向…望まぬ妊娠につながってしまうことも
女性の晩婚・晩産化に伴い、20~30歳代での出生数は減り続けている。一方、15歳未満での出生数は減っていない―そんなことが、日本産婦人科医会の調べによって分かった。7月8日の記者懇談会では、同医会の安達知子医師(愛育病院副院長)らが、10代の妊娠がもたらす多くの問題を解説。その背景には性教育の不足があり、女性の健康を守るためには早い年齢からの適切な情報提供が必要と強調した。

 

10代の妊娠には「本人たちに十分な性・健康の知識がないのだから、仕方がない」では済まない、多くの問題があるという。2013年度に報告された人口動態統計を見ると、15歳以下の人工妊娠中絶率(中絶数を出生数と中絶数の合計で割った数)は約85%に上る。
さらに、中絶を行う妊娠週数は、20歳未満では他の年代に比べて早期(妊娠7週以前)の中絶が少なく、中期以降の中絶が多い。妊娠12週以降の中絶となると陣痛誘発など出産と同じで、「若い人ほど体に負担の大きい中絶手術を受けていると言える」。

中期以降の中絶が多い背景には、「まさか自分が妊娠すると思わなかった」「つわりがなかった」「膣(ちつ)外射精でうまくいっていた」「月経中しか性交していなかった」「太ったと思っていた」など、月経や妊娠に関する誤った知識や思い込みがあると分析する。

総監督のセクハラ行為

総監督のセクハラ行為

総監督ならパワーハラスメントのほうが適切な表現なのかもしれません。

女子サッカープレナスなでしこリーグのジェフ千葉レディースは12日、所属する女子選手に対するセクハラ行為があったとして、上村崇士総監督(40)を解任した。飲酒後に呼び出し、同じ選手に複数回セクハラ行為をしたという。

島田社長らによると、上村総監督は今年に入り、酒を飲んだ後、指導者の立場を利用して呼び出し、2人きりの状況を作るなどして、同じ女子選手に複数回、重大なセクハラ行為をしたという。上村総監督の認否は非公表。

8月中旬に女子選手が同チームのコーチに被害を申し出て、8月29日に社外弁護士が調査し発覚。クラブは同日から上村総監督に自宅待機を命じ、Jリーグや日本女子サッカーリーグにも報告した。

警察に被害届を出すかどうかについては、女子選手が今後判断する。島田社長自ら月額報酬20%を3カ月カットとし、他のクラブ関係者の処分も検討。ほかにも同様行為がなかったか、選手へのアンケート調査を行っている。

上村総監督は、Jリーグジェフ千葉などで選手としてプレー後、ジェフ千葉レディースの監督(2005~06年、08~13年)を務めた。今年から総監督となり、クラブ下部組織のアカデミーでは技術指導もしていた。

島田社長は「被害を受けた選手や関係者、ファンの皆様にも大変なご心配とご迷惑をおかけしたことをおわびします」と謝罪、「選手が安心してプレーできる環境を整備し、再発防止を徹底していく」と述べた。

客とのトラブル

客とのトラブル

個人トラブルと同様に、企業間のトラブルも増加しております。法人は備えるべき法律を徹底的に網羅しなければトラブルに負けることが多いです。それにも関わらず、ほとんどの法人は備えるべき法的対策を打っていません。法律のトラブルにあって、一発で会社がつぶれてしまう可能性のあるトラブルに遭遇するのはもう珍しいことではありません。そんなトラブルを回避するために私たちがサポートいたします

和歌山県御坊市のホテル駐車場で25日、乗用車内から女性の遺体が見つかり、大阪府警捜査1課は同日、車の所有者で東大阪市大蓮北2の無職、容疑者(64)を死体遺棄の疑いで現行犯逮捕した。

遺体は18日から行方不明になっている大阪市生野区にあるスナック店の女性経営者(48)とみられ、同課が身元確認を急いでいる。

同課によると、容疑者は店の客で「店に行った後に車に乗せ、(遺体を)助手席に座らせていた」と容疑を認めており、死亡への関与もほのめかしているという。

容疑者は17日午後10時ごろに店を訪れ、18日午前0時以降は女性と2人きりで店内にいたとみられる。女性と連絡が取れないとして親族が同日、生野署に行方不明者届を出した。

府警が同容疑者が事情を知っているとみて行方を捜していたところ、24日夜に車を発見し、ホテルから出てきたところを現行犯逮捕。遺体は段ボールに覆われ、腐敗が進んでいた。

容疑者は女性の店を度々訪れ、3月には閉店時間を過ぎても帰らず、店側とトラブルになったこともあったという。逮捕容疑は今月24~25日、御坊市のホテルの駐車場にとめた車に女性の遺体を遺棄した疑い。

性犯罪前歴者 住所情報届け出

性犯罪前歴者 住所情報届け出

 

再犯率の高い犯罪は、警察も情報を把握すと必要はあるでしょう。
18歳未満の子供への性犯罪の前歴者が受刑後に大阪府内に住む場合、府治安対策課への住所の届け出を義務づける全国唯一の条例をめぐり、平成24年10月の施行後、2年半で53人が届け出たことが25日、府への取材で分かった。全国的に性犯罪を含む刑法犯の再犯者率は上昇しているが、府は住所情報をもとに性犯罪前歴者の再犯防止を支援。届け出た前歴者のほぼ半数が府独自の再犯防止プログラムなどを受けているという。

条例は「大阪府子どもを性犯罪から守る条例」。府によると、条例施行から今年6月末までの届け出は53人。条例では、届け出た前歴者に府職員が直接面会して相談に乗り、再犯防止プログラムやカウンセリングの受講も定めており、義務ではないが53人中25人が受講しているという。

犯罪白書によると、性犯罪を含む刑法犯全体の再犯者率は平成25年には46・7%を記録し、17年連続で上昇。また、強姦(ごうかん)や強制わいせつの前歴者による性犯罪再犯率は38%(22年版白書)というデータもある。

性犯罪者の再犯防止対策として、法務省も18年から全国の刑務所や保護観察所で、グループワークなどで思考のゆがみを改善する「性犯罪者処遇プログラム」を取り入れている。ただ、プログラムの提供は服役中や保護観察期間中に限られるため、出所後などは対策が途切れることが課題となっていた。

府の担当者は「条例で性犯罪の前歴者と面会できるようになり、出所後の対策につなげられるようになった。効果は今後検証したい」と話している。

大阪府子どもを性犯罪から守る条例 18歳未満の子供への強姦や強制わいせつ、わいせつ目的の連れ去りといった性犯罪で実刑となり、受刑した前歴者を対象とした条例。刑期満了後5年以内に大阪府内に住居を構えた場合、住所を自主的に届け出ることを義務づけている。届け出をしなかったり、虚偽の住所を届け出たりした際は過料5万円が科される。

自殺事件報道

自殺事件報道

マスコミの自殺事件報道について考える。教師は教師、生徒にとって他人です。自殺を予期できなくても当たり前の様な気がします。教師といえどもすべての子供の性格や現状の把握をしろという考えは明らかに行き過ぎで、子供の命に責任は家族が追うものではないかと思います。

子供が自殺するまで家族はどう対応していたのかなどが、子供の自殺対策には重要なことなのです。教師は他人で、その他人に子供の自殺原因を追及しているマスコミ、教育評論家は本質を見ていないのではないだろうかと思います。

子供の自殺原因は明らかです。責任は親にあるのです。他人を責めても子供は帰ってくることはありません。責任を持って子育て当たり前のことです。
岩手県矢巾(やはば)町の町立中学2年、村松亮さん(13)がいじめを苦に自殺したとみられる問題で、クラス担任の女性教諭が学校側の調査に対し、村松さんが生活記録ノートに書いた自殺をほのめかす文章と、教室での村松さんの言葉や表情にギャップを感じ、本当に自殺するとまでは予期できなかったとの趣旨の説明をしていることが分かった。こうした認識が、同僚教諭らとの情報共有をはばむ一因になった可能性があり、同校は26日にまとめる調査報告書に担任の当時の認識を盛り込む方針。
村松さんは、担任に毎日提出する「生活記録ノート」の6月29日の欄に「ボクがいつ消えるかはわかりません。もう市(死)ぬ場所はきまってるんですけどね」などと記載した。担任教諭は「明日からの研修たのしみましょうね」と返信を書き込んでいた。

関係者によると、担任がこの記載を確認したのは、ノートの提出を受けた同30日の給食の時間帯だった。担任席の近くに村松さんの席があるため様子を観察したが、笑顔で友人と話しており、食欲もあるように見えたという。

担任は給食の後、村松さんを呼んで状態を尋ねたところ、「大丈夫です」「心配しないでください」という趣旨の言葉が返ってきた。その直後、バスの席など翌日に控えた研修旅行に会話の内容が変わったことから、担任はノートに「研修たのしみましょう」と書いたと説明しているという

ずさんな経営 内部告発

ずさんな経営 内部告発

内部告発のリスク回避

内部告発は公益通報者保護法ができたからと言って、リスクが軽減したわけではありません。実際に内部告発をしたため職場を追われてしまうケースなど相変わらずです。

嘱託医との提携

栃木県宇都宮市の認可外保育施設で、発熱した生後9か月の女の子を放置し、死亡させたとして当時の施設長らが逮捕された事件で、この施設が提携先としていた病院とは実際には契約をしていなかったことが、新たにわかりました。

この事件は、去年7月、宇都宮市の認可外保育施設「といず」で、生後9か月の山口愛美利ちゃんが高熱などの症状があったにもかかわらず、医師の診療を受けさせずに放置し、死亡させたとして、当時の施設長・容疑者(58)ら親子3人が逮捕されたものです。

施設のパンフレットには「嘱託医を完備」「急な病気にも敏速な対応が可能」と記載されていましたが、その後の警察などへの取材で、施設側が提携先としていた宇都宮市内の病院とは、実際には契約をしていなかったことがわかりました。

「『おたくが嘱託医になってますよ』と(警察から)言われました。いち保護者としての面識はありますが、医療者として診察してお会いしたとか、そういった仕事の場でお会いしたことは全くありません」(提携先とされた病院の院長)

院長は「この施設に子どもを預けたことはあるが、嘱託医を依頼されたことはない」といいます。さらに、愛美利ちゃんの死因は熱中症でしたが、事件当日、警察が駆けつけた際、保育室では冷房が使われていなかったことが新たにわかりました。

 

取り調べに対し、容疑者らは容疑を否認していますが、警察は、冷房などで室温の管理を適切に行わなかった結果、愛美利ちゃんが死亡した可能性もあるとみて、当時の状況などを詳しく調べています。

代理婚活

代理婚活

代理婚活は今に始まったことではなく、ずいぶん昔からの行為である。形は違うがお見合いなどは親や周りの人からの出会いであり代理の婚活みたいなものである。

当然最終的には本人同士がよければ結婚へと進み夫婦となるのである。出会いが無ければ結婚も交際もできない。代理婚活はありである。

親が子どもに代わって集団お見合い会に参加して結婚相手を探す「代理婚活」が人気を集めている。人気の背景を探ると、男女ともに仕事で忙しく出会いの場が少なくなったことや、お見合い文化の衰退といった時代の変化があるようだ。

「お子さんはどこにお勤めですか」「娘の仕事は続けさせてもらえるかしら」。

「子どもの幸せのためなら何でもできるんですよ。親ばかですね」。女性は苦笑した。手にした参加者名簿には、相手の勤め先などがびっしりと書き込んであった。

双方がうまくいきそうだと思えば趣味や学歴など詳しい身上書を交換して持ち帰る。互いの子どもも好ければ実際にお見合いをするという方法。身上書は何人と交換しても構わない。

親から自立できない男女が対象といった限られた世界の話ではないのだ。女性も仕事を持つのが当たり前になった。しかも、一日の大半を送る職場では近年、ハラスメントになるのを気にしてプライバシーに踏み込むのを遠慮する風潮があるという。地域では近所づきあいも、めっきり減った現状からはこの方法は正しいのかもしれない。

下着で脅迫

下着で脅迫

下着を盗んでいながら脅すことをするとはあきれたものです。
刑法における脅迫とは「害悪の告知」をいう。脅迫罪(刑法222条)の成立が問題になる場合の他、強盗や強姦の手段として脅迫が行われた場合、強盗罪や強姦罪の成立が問題になる等、多くの犯罪類型において、行為態様の1つとして規定されている。それらの犯罪における「脅迫」の程度やその態様は、犯罪類型ごとに内容が異なる。

また強要罪とは、刑法で規定された個人的法益に対する犯罪。権利の行使を妨害し、義務なきことを強制することで成立する。保護法益は、意思の自由。「刑法 第二編 罪 第三十二章 脅迫の罪」に、脅迫罪とともに規定されている。

東京都内のアパートから女性の下着を盗み、脅迫する文言を書き込んで返したなどとして、警視庁は17日までに、窃盗と脅迫の疑いで、東京都羽村市、准看護師の男(58)を逮捕した。

警視庁は男と女性に面識はなかったとみており、詳しい経緯を捜査。2010年以降、周辺で同様の被害が数件あり関連を調べている。

逮捕容疑は3月12日、瑞穂町のアパート1階のベランダから、住人で20代のパート女性の下着2点を盗んだ疑い。3~4月には盗んだ下着を刃物で切ったり、脅迫する文言を書き、アパートの廊下に置いたりして脅した疑い。

 

セクスト―ションの解決なら当社に相談ください。あなたの力になります。

脅迫電話

脅迫電話

 

脅迫電話とは目的の如何を問わず、相手を電話脅し威嚇する行為をいう。強迫電話ともいう。
ソウル五輪イヤーを迎えた1988年の1月だった。日本陸連幹部から会社(当時ヱスビー食品)に電話があり、私は東京都内のホテルの一室へ呼び出され、こう注意された。

「代表を決めるのは陸連だから、『五輪に出る、出ない』といった話は自分からしないように」

私は2月の東京国際、3月のびわ湖毎日、どちらに出場するかさえ分からない状況だった。自分への信頼を感じつつも、「選考会の準備をしていただけるのなら、全力を尽くします」と答えるしかない立場だった。

ソウル五輪の代表選考レースは87年9月の世界選手権、同12月の福岡国際、88年の東京国際、びわ湖毎日の4つだったが、日本陸連は瀬古を含めた候補選手6人には原則として全員が福岡国際に出場するよう要請。事実上、福岡国際での日本勢上位3人が代表となる一発勝負と受け止められていた。だが、瀬古が11月の東日本実業団駅伝で左足首を骨折し、福岡国際を欠場したため、選考が混迷した

最大のライバルで福岡国際を制した中山竹通くんが「はってでも出てこい」と発言したと報道された。実際は「もし僕が瀬古さんの立場だったら、はってでも出ないと選んでもらえないでしょうね」というニュアンスだったようだ。コメントが曲解されたことで私に対する風当たりは増していった。

びわ湖毎日は優勝したものの、タイムは2時間12分41秒だった。福岡国際で日本勢3番手だった工藤一良くんの記録は私より1分以上速かった。重視するのは順位か、記録か-。選ばれたのは私だった。物議を醸した上での代表入りは、一部で反感を買った。