浮気の証拠とは

浮気の証拠とは

浮気の証拠とは、何をもって証拠といえるのでしょうか。
浮気の証拠はやはり「肉体関係があること」が明白であるという状況を第三者にも分かるような資料が必要となります。
浮気の定義は人それぞれですが、一般的に浮気というと肉体関係があることを指します。
したがって浮気の証拠は、浮気相手と肉体関係があることを客観的に誰が見ても分かる資料が必要になってくるのです。
浮気の証拠収集は探偵社の腕が試される部分でもあります。
浮気の証拠としてメールや電話のやり取りで肉体関係があることが明らかだと分かったとしても、それは状況証拠であり本当の証拠にはならないのです。
携帯電話から浮気が発覚することも最近は多いのですが、「ふざけてそういう内容でやり取りしていただけ」と言われて開き直られたら対処できないような証拠では証拠とならないのです。また、本人が送ったかという証拠を得る方が難しく決定的な証拠としては厳しいといえます。浮気の証拠としては、ラブホテル、シティホテル、家の出入りなどを映像で抑えるとともに、浮気相手と会っている様子を克明に記載した報告書のセットが最も有効です。
浮気の証拠の中でも状況証拠は映像とあわせることによって生きてくるのです。
浮気の証拠が揃っていない状況で相手を問い詰めたり、携帯を見たといっても逆ギレされたり警戒心が強くなるだけで逆効果のことが殆どです。
浮気の証拠を手に入れるまでは油断させておき、証拠を得てから相手に突きつけるようにしましょう