スパイ 博物館

スパイ 博物館

スパイは実在するのです。情報は活用すればあらゆることが可能となって来るのです。
ワシントン発 米国の初代大統領だったジョージ・ワシントンは、スパイを利用することに並はずれて長けていた。
かつて米中央情報局(CIA)で科学諜報責任者を務めていたユージン・ポティート氏によると、ワシントンが1775年の独立戦争において圧倒的な勝利を収めた原因は、軍人としての才覚だけでなく、諜報活動の手腕を備えていたことが大きかった可能性があるという。
ワシントンDCに新設された『国際スパイ博物館』では、これ以外にもたくさんの面白い発見がある。この博物館(写真)はスパイの発展の歴史をたどる(写真)だけでなく、いま世界で起きている出来事で諜報活動が果たしている役割にもメスを入れている。
「国際スパイ博物館に行くと、スパイがつねに最先端で最高の技術を利用してきたこと、今では一般消費者向けに広く普及している技術の中にも、もとはスパイ活動のために開発されたものがあるということがわかる」とポティート氏は語る。同氏はこの博物館の諮問委員会メンバーであり、『元諜報部員の会』(Association of Former Intelligence Officers)の会長でもある。

アイ総合コンサルタントでは水面下でコンサルタンティングを行うので周囲に何も知られることはなく、今まで通りの生活を営むことができます。