子宮がん

子宮がん

今日も、ブログを読んでくださってありがとうございます。

女性特有の病気と言えば、乳がんや子宮がんが思い浮かびますね。

子宮がんの中でも子宮頸がんの一部は、性交渉によるヒトパピロマウイルスによる物だという事が分かっています。

9~15才の女子ワクチン接種で将来の子宮頸がん70%以上予防

 

 

4月1日、子宮頸がんワクチン接種が「定期予防接種」となり、小学校6年生から高校1年生まで無料で受けられるようになった。  子宮頸がんは日本で年間約1万7700人が罹患し、約2700人が命を落とす。将来的にリスクの高い病気を思春期の接種で防ぐワクチンの無料化は朗報のはずだが、戸惑いを隠せない母親も多い。というのも、同じ時期、「子宮頸がんワクチンに重篤な副作用がある」と報じられたからだ。

 

中学2年生の娘がいる主婦(42才)が心配そうに漏らす。

 

「娘の将来を考えればワクチンを受けさせるべきですが、もし副作用が出たらと思うととても怖い。いったい、どうすればいいんでしょう」

 

多くの母親の心を揺さぶるワクチン問題。副作用の実態は? それでも定期接種を受けるべきなのだろうか?

 

子宮頸がんは頸部と呼ばれる子宮の入り口にできるがんのこと。幅広い年齢層で罹患するが、発生ピークは35才と若く、近年は20~30代の患者が急増している。自治医科大学附属さいたま医療センター産婦人科の教授は、「子宮頸がんは、原因が解明されているがんです」と説明する。

 

「子宮頸がんはほぼ100%、ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染によって生じます。HPVは性交渉によって感染するウイルスで、性体験のある女性の8割が感染します。このウイルスは感染しても自覚症状がなく、多くは体外に排出されますが、一部が5~10年という長い無症状期間を経て、前がん病変となり、がんにまで進行するのです」

 

最大の特徴は他のがんと違い、予防と検診で封じ込められることだ。前述のように多くの女性が命を落とす一方、予防効果が高く、早期発見で完治できる。著名人でも大竹しのぶ(55才)、三原じゅん子(48才)、仁科亜季子(60才)ら、この病気を患いながら克服した女性も多い。

 

予防する上で絶大なる効果をもたらすのがワクチンだ。

 

HPV感染を防ぐワクチンは2006年にアメリカで承認され、すでに海外130か国以上で1億人以上が接種している。2009年10月に初承認された日本では、「サーバリックス」「ガーダシル」という2種類のワクチンが使用されており、いずれも半年の間に3回、接種する。

 

性交渉の経験を持つ女性には、摂取をあまり勧められていませんね。

ワクチンの量や費用の問題もあるのでしょうが、

こういった病気の面からも、不特定多数の人との性交渉は危険をもたらします。

 

明確に、この調査をしてくださいと言えない場合でも、問題となっている以上対策を考えることが必要となってきます。その様な時にはヒアリングから始めてください。当社では無料相談など一切行っていません。無料でできることは問い合わせのみです。ヒアリングの依頼、その決断が早期解決へと繋がります。