セクハラ処分

セクハラ処分

一般的にセクハラとは職場等で行われる性的な嫌がらせのことです。特にその多くは男性上司が女性の部下に対し自らの立場を利用して行うものがほとんどです。
そして,不満を持っているのにも関わらず職場で噂がたったりすることを恐れて何もできずに泣き寝入りしている人がほとんどだと思います。
しかし、当社では水面下でコンサルタンティングを行うので周囲に何も知られることはなく、今まで通りの生活を営むことができます。
また、裁判で訴訟を起こすことをお考えのでは場合裁判の証拠資料として採用される証拠をとることもできます。
クライアントの皆様が望む最良の形で解決することが可能です。

さまざまな嫌がらせを受けている場合もあり、複雑な人間関係が絡み合っている場合もあります。
セクハラとパワハラが同時進行で行われていることも多く、弱い立場に立たされた被害者は泣き寝入りをしているケースも多いのです。

セクハラで警官処分

同僚にみだらな言葉

 

職場で女性警察官にみだらな言葉を掛けるなどのセクハラ行為をしたとして、京都府警は23日、福知山署地域課の男性巡査部長(56)を減給10%(6カ月)の懲戒処分にしたと発表した。巡査部長は事実を認め、「つらい思いをさせて申し訳ない」と反省しているという。
府警監察官室によると、巡査部長は山科署地域課に所属していた昨年4月中旬~今年2月上旬ごろ、20代の女性警察官が不快に感じる言葉で頻繁に声を掛けたほか、複数回にわたり食事や映画に誘った。飲酒を伴う会合の帰りに手を握り、肩を抱いたこともあった。
女性が2月上旬、上司に相談して発覚した。巡査部長は「明確に拒まれず、自分に好意を持ってくれていると思った」と話しているという。