硫酸事件

硫酸事件

群馬県高崎市で女性に硫酸をかけたとして無職の男が逮捕された事件で、容疑者とみられる男が女性の真後ろで不審な行動をする様子が防犯カメラに映っていたことが分かった。この男性は前かあるようです。東京で硫酸ではなく尿を女性のバックの中に入れていたようです。

 

女性会社員「何度も後をつけられた」

 

群馬県高崎市で女性が硫酸をかけられ足にやけどを負った事件で、県警は7日、傷害と器物損壊の疑いで逮捕した同市山名町、無職容疑者(30)の自宅を捜索した。

高崎市では6日までに女性計4人が液体をかけられる事件が明らかになったが、県警は、ほかにも女性1人が被害を訴えていたことを7日に公表した。

5人は衣類に穴が開くなどの被害に遭い、うち4人が足に軽いやけどを負った。県警は、一連の事件との関連を調べている。

発表によると、容疑者は2日午後7時頃、同市矢中町のショッピングセンター「アピタ高崎店」で、買い物中の同県藤岡市の女性会社員(23)に硫酸をかけて、コートやストッキングに穴を開け、足にやけどを負わせた疑い。調べに対し、容疑者は容疑を否認しているという。

県警幹部によると、女性会社員は「何度も後をつけられた」と話しており、防犯カメラに映っていた男が犯人だと証言したという。県警は北村容疑者と一致するかどうか調べる。