ペットトラブル

ペットトラブル

犬のかみつき事故

小型犬ではあまり事件になりませんが、中型件以上の犬がかみついたら、けがをしたり状況によっては死亡事故にもなります。犬はしつけをすることが当然で、犬が問題をおこしたら飼い主が管理者責任を問われるのは当たり前のことです。

しつけ、管理を正しくすることが、飼い主、犬双方ともに幸せになる方法だと思います。
犬に襲われ溺死、飼い主に6300万円賠償命令
北海道白老町の海岸で昨年2月、散歩中に綱を放たれた土佐犬が同町のaさん(当時59歳)を襲って溺死させた事件で、aさんの夫bさんら遺族4人が、重過失致死罪で懲役2年6月が確定した受刑者(65)を相手取り、損害賠償を求めた訴訟の判決が札幌地裁室蘭支部であった。

沓掛遼介裁判官は請求通り慰謝料など6300万円の支払いを命じた。判決は1月28日付。

沓掛裁判官は判決で、土佐犬が危害を加えないよう未然に防止する注意義務を怠り、死亡させた過失が重大と認定した。被告側は訴訟で答弁書を提出しなかった。

bさんは「刑事裁判後も私たちの心が安まる時はなかった。(判決を)妻の一周忌までには報告したかった」と話した。

ペットの管理は飼い主が責任をもって飼育するのが義務で、飼い主は6300万円を完済することを願うばかりです。